ウスベニヒゴスミレの育て方

ウスベニヒゴスミレの育て方

ウスベニヒゴスミレはガーデニングでも適した植物と言われていて、専門家も性質も強く園芸的にも優れていると太鼓判を押している植物ですので、試してみるのも面白いですが、狭い場所でのガーデニング、例えばマンションやアパートなどでは、それら植物だけではなく、その場所も雰囲気作りをすると、ますます狭い場所でもい癒される別世界を作ることができます。

育てる環境について

ウスベニヒゴスミレは、スミレ専門の図鑑などによると、朝鮮半島が元々の原産地なのではないかとも言われていますが、詳しいことはわかっていないようで、わかっているのは生息地が中国や朝鮮半島から日本の本州の中部地方などの沿岸沿いと、ロシアにも生息しているということで、非常に広範囲に広まっている野草ということになります。

そして花も非常に愛らしく美しいので、園芸用に育てられやすく、それで園芸用の植物になっていったのではないかということです。またこの植物のルーツは、同じような地域に分布しているナンザンスミレではないかと言われていて、こちらも非常に近い種類ですが、同じように生息し栽培されているということになります。

またヒゴスミレという種類もあり、これも変種ですが、そのようにいろいろな変種が生まれているという歴史もある種類なので、育て方でも多くの体験者がいますから、インターネットなども活用すると、より育てやすくなるということになります。基本的にスミレということなので、スミレ関係で検索してみたりすると、自分の庭やベランダなどでも育てやすくなるのではないかということになります。

また生息環境では自生している場所ということですが、日当たりの良いやや乾燥気味な場所で自生していますが、イメージとしてもスミレのお花畑ということで、草原的な気候の温暖なところなどに咲いているという感じでわかるだろうということになります。女の子たちが花輪などを作って遊んでいるイメージです。

種付けや水やり、肥料について

また育て方でも狭いベランダなどでは、フラワースタンドなどで、上の部分の空間も利用すると、よりたくさんの植物を育てることができます。このスミレ類は大きくなることはないので、鉢植えで十分育てられますが、その場合には4段ぐらいの普通のフラワースタンドを購入して、いろいろな種類を育ててみると、便利なガーデニングが出来ます。

また色々な変種のこれらのスミレだけを育ててみるのも面白いのではないかということにもなります。このベニハナヒゴスミレは、紅花と言われているように花が淡い紅色をしていて、ぱっと見では白い花という感じがしますが、日本人には、その淡さが好まれているのではないかということです。

花茎も土から出て花までが細く赤っぽいので、その花茎も花の美しさを、なお深めているという感じもします。とても愛らしい花ですので、初心者のガーデニングには、満足感を得られるのではないかという感じの花です。また花茎が柔らかいので、育つと花が自然に垂れてきて下を向いたりするので、そのことでも愛らしさや奥ゆかしさを表す花という印象が生まれます。

色は白が基本ですが、中心が緑になるものもあるということです。それぞれの環境で、わずかずつ変化している植物でもあるのでしょう。また葉も独特で、葉のイメージの丸い感じではなく、細長く尖った感じに分かれているような葉になっています。また園芸品種ということでは、ウスベニヒゴスミレが流通しているようで、この花が手に入れやすいということになります。

増やし方や害虫について

また咲いている小さなこの植物は数百円で購入できるので、趣味としての園芸でも安価に楽しめる花でもあります。スミレ科スミレ属の花で花言葉は、手のひらいっぱいの愛情ということですので、愛らしさをそのまま表現していて、誰もがそのようなイメージを持っている花ということがわかりますから、園芸での栽培には適している花でもあります。

自生している花ですので日本での耐寒性は高い花です。また春の花ですので開花は3月から5月で、背の高さも10センチぐらいですから、育てやすい花でもあります。また日当たりの良い所を好むので、そのような場所で、かつ風通しの良い所で良く育ちます。また土が乾いたところで、水を与えるようにすると良いという植物です。

また肥料は春と秋に与えるようにしますが、夏に与えると根腐れを起こしてしまう場合があるので夏は与えないようにしたほうが良いということで、この花も他の春に花を咲かせる多年草と同じ扱いということになります。肥料は開花期に10日に1度ぐらいが良いようですが、日当たりが良い時にはあっという間に花が咲いてしまい、

すぐに終わってしまうので、日当たりもうまく当てて、半日陰と交互に置くなどすると、長い期間花を楽しめるということです。育てている人でも小さな鉢植えをひとつ買ってきて育てているうちに20年以上になり、たくさんの花が咲くようになったという人もいましたので、初心者でも育てやすい花ということですから、初心者の方々は挑戦すると良い植物ということになります。

ウスベニヒゴスミレの歴史

最近はガーデニングの特集なども組まれていて、特に狭いベランダや庭で如何にガーデニングをしていくかという方法などが載せられています。また園芸専門のサイトなどでも、野草などを栽培しながら如何に楽しくガーデニングが出来るかや、具体的に育てる為のポイントなどもアドバイををしています。

特に野草専門で株などを販売しているサイトなどでは、初心者でも育てやすいようにアドバイスをされていたりします。また一緒に色々な野草を育てて悩みながら、初心者が育てやすい方法を探求している良心的な園芸関係の会社などもあり、初心者からすれば非常にわかりやすいのでチャレンジしがいがあります。

ウスベニヒゴスミレなどもそのひとつで、様々な変種があるのですが、園芸用に育てやすいし変種になっていて、このウスベニヒゴスミレもそのような育てやすい変種のひとつとして売られています。また初心者がガーデニングをする場合には、マナーも大切になります。例えばマンションなどでは、部屋がベランダも含めてつながっています。

特にベランダは、排水などでもつながっていたりします。そうするとガーデニングの落ち葉や、枯れた花や幹や枝、また臭いなどで隣に迷惑をかけるということもあります。また階下にそれらが落ちたり、水が落ちたり、また風で飛ばされたりして、時には危なくなる場合もあります。育てる場合には、そのようなマナーも十分注意して挑戦してみるということが必要になります。

ウスベニヒゴスミレの特徴

ウスベニヒゴスミレはガーデニングでも適した植物と言われていて、専門家も性質も強く園芸的にも優れていると太鼓判を押している植物ですので、試してみるのも面白いですが、狭い場所でのガーデニング、例えばマンションやアパートなどでは、それら植物だけではなく、その場所も雰囲気作りをすると、ますます狭い場所でもい癒される別世界を作ることができます。

例えばウッドデッキなども誰でも組み立てられる安価なものが販売されているので、それを敷き詰めるなどすると、改装をしなくても非常に癒やされる空間ができます。そしてウスベニヒゴスミレなどの美しい植物を栽培すると、ますます楽しむことが出来る空間ができ、作った本人も驚くほどのガーデニングが出来る場合もあります。

そのような工夫もできるのが、今のガーデニングです。またそのような植物のように、狭いところでも鉢植えやプランターなどでも育てることができるので、誰でも簡単に楽しむことができるということになりますし、初心者用からセミプロ用まで、様々な植物を育てられるので、その面でも飽きずに長い期間楽しむことができます。

何よりも精神的に癒やされるので、その点がストレス社会では大きなメリットになります。特に女性に最適の趣味ではないかということになります。また土自体をいじるという園芸ですから、その感触からも癒やされます。やはり人間や水と土と光で癒やされて活力が高まる動物のようです。その意味でもガーデニングは最適な趣味です。

pixta_sanseberia

サンセベリア(Sansevieria)の育て方

サンセベリアの原産地は、アフリカ、南アジア、マダガスカルなどです。熱帯の乾燥した地域を好んで生息地としており、約60種類...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物になります。日本で良く見られるアロエは”コダチアロエ”と呼ばれ、...

pixta_sirobananojisumire

シロハナノジスミレの育て方

スミレ科スミレ属の多年草ですが日本ではどこでも比較的見られる品種で、本来のスミレよりも鮮やかな色で、素朴なスミレらしさは...

pixta_hakusai

ハクサイの育て方

ハクサイは漬物や鍋の中に入れる野菜、中華料理の食材や野菜炒めなどでもお馴染みの野菜です。色々な料理に利用出来る万能野菜と...

pixta_texiaretahiti

ティアレ・タヒチの育て方

ティアレ・タヒチのティアレとはタヒチ語で花という意味があります。つまりティアレ・タヒチはそのままタヒチの花という意味の名...

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡からも数多くの栗が出土しています。そのため有史以前から...

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_runaria

ルナリアの育て方

別名にゴウダソウやギンセンソウの名を持つルナリアは、学名Lunariaannuaで他にマネープラントという名を持つ二年草...

pixta_feifox

フォックスフェイスの育て方

フォックスフェイスはブラジル原産のナス属の植物とされ、ナス属は世界の熱帯から温帯にかけて1700種ほどが分布しています。...

pixta_habanero

ハバネロの育て方

ハバネロはトウガラシの一種で、原産地はアマゾンかその周辺の地域だといわれており、そこからユカタン半島に伝わったと考えられ...

スポンサーリンク

pixta_amarisu

アマリリスの育て方

アマリリスが世の中に知られたのは17世紀の後半。ヨーロッ...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方に...

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国か...

pixta_naitofurokusu

ナイトフロックスの育...

ナイトフロックス(nightphlox)とは属名に「ザル...