シロハナノジスミレの育て方

シロハナノジスミレの育て方

スミレ科スミレ属の多年草ですが日本ではどこでも比較的見られる品種で、本来のスミレよりも鮮やかな色で、素朴なスミレらしさは、本来のスミレよりもあるように感じたりもします。

育てる環境について

また環境の好みは、他のスミレ類と同じで、日当たりの良いやや乾燥したところが好きなようなので、ガーデニングでも、そのような環境を用意して育ててあげると、愛らしい花を咲かせ続けてくれるということですし、うまく育てれば何十年でも花を咲かせ続けてくれるという強さもありますので、その点でも経済効率の良い美しい花ということが言えます。

購入する場合でも数百円ですむからです。それで何年も何十年も楽しむことができるのですから、非常に家計にも優しい優秀な栽培用の植物ということができます。この白い花を見ているだけでも非常に癒されますし、仕事などや家庭での人間関係などに疲れていても、これらの花を育てて見ているだけでも、癒してくれる大切な花にもなります。

そのように感じさせてくれる花もあまりないようにも感じますが、白い色というのは何故か身も心も清めてくれるという感じにもさせてくれます。またこの花言葉も面白くて、無邪気な恋というのだそうで、なるほどという感じもする花言葉でもあり、よくそのようにイメージをしながら考えつくものだと感心しますが、

確かにピッタリの花言葉でもあります。そのような無邪気な可憐さもあるということなのでしょう。また育て方では、環境はあまり選ばないということで、野草としても生きているので強さは非常にあるということですから初心者用には良い植物ということになります。日当たりさえ良ければ土も選びません。

種付けや水やり、肥料について

そのようなスミレですので、手間がかからず誰にでも育てることができます。日当たりの良い所であればノジスミレというぐらいですから、道端でも育てることができるという植物です。それで人気もあるのでしょうが、春の時期には、ぜひ育ててみてほしい植物でもあります。

後は水を欠かさないようにすれば、頑強な植物ですので、綺麗な花を咲かせてくれます。これで紫色と白い色のガーデニングは、どのような場所でもできるということになりますが、本当にガーデニングをしている人たちには、心強い植物ということになります。育てる環境ということでは、日本全国で育てることができます。

肥料は11月頃から4月頃与えておきます。開花は3月から4月ですが、花が咲いている植物を購入する場合には500円以下で購入できますので、その点もガーデニングを始めるには良い植物ということになります。田舎の方では道端にも咲いている植物ですので、それらを鉢植えなどで育ててみるのも面白いかもしれません。またスミレ類ではどの花もそうですが、

水を与えすぎると根腐れを起こすので、その点は十分注意する必要があります。特に夏などは、庭の環境によっては、湿気が多すぎる場合もありますので、そのような時には場所を変えて育てるということも考えるべきということになります。なかなか日本の夏は厄介で、特に都会などの庭やベランダは、日差しや湿気などや風通しの問題もあるので、よくそのことを理解して環境を調節して育てるということが必要になります。

増やし方や害虫について

育て方の基本はスミレ類では共通している場合が多ういのですが基本的には、誰でも育てることができるというガーデニングでは初心者から育てられる簡単な植物ということですが、それでも基本的には、日当たりが良い所で育てます。次に水を欠かさないようにしますが、与えすぎると根腐れの心配があるということです。

また花が咲いた後は、ひとまわり大きな鉢に植え替えて、来年の開花のために準備をします。また土は水はけが良い土を混ぜます。赤玉土、鹿沼土、軽石などで、同量入れておきます。また鉢底石を入れます。またその時の作業は他の植物と基本的には同じです。また注視点としては夏の高温多湿で、直射日光もきつすぎるので避けます。

その場合も根腐れを起こしやすくなるからです。また受粉も自家受粉してくれるので安心ですが、種を採集する時には、さやが横向きから上向きの時に採集しておきます。その時の注意点としては、採集した時点で種を蒔いてしまい、発芽するまで水を切らさないとういうことが重要だそうです。また発芽は10日から2週間ほどですが種類や環境によって期間は変わってきます。

また蒔いた種から育ったものは来春には花が咲きますので、何年も待たされる植物ではないということも初心者には良い所です。このように非常に初心者向きですが害虫ではアブラムシやヨトウムシがつきますので、その都度駆除することが必要ですが、専門の殺虫剤があるのでそれらを利用して駆除します。またナメクジなどの場合には、その都度取り除くのが一番簡単です。

シロハナノジスミレの歴史

ガーデニングでは、基本的には素人がコツコツ植物を育てていくというイメージですので、育てる花も育てやすい花から入っていくということが良いように感じますが、例えばスミレ類などは小さいですし、多くの人達が育てていて、購入も安価で、失敗も少ないということで、中には何十年も育てているという人までいますから、

狭いベランダや庭などでも、失敗も少ない花として育てられる植物です。また仮に失敗しても、安価なので何度でも挑戦ができる植物ですから、特にガーデニングを始めて見ようという人には始めやすい植物です。スミレ類でも色々な種類がありますが、やはり初心者用ということでは、日本で自生しているそれらの植物の栽培用、園芸用に進化している種類が良いということになります。

スミレ類ではノジスミレも、その中のひとつで、スミレ科スミレ属の多年草ですが日本ではどこでも比較的見られる品種で、本来のスミレよりも鮮やかな色で、素朴なスミレらしさは、本来のスミレよりもあるように感じたりもします。ノジスミレのノジは野路という漢字ですので、だいたいイメージ的にわかりますが、

その野路スミレの中でもシロハナノジスミレなども育てるのには良い花ということですが、ノジスミレは鮮やかな紫色をしていますが、このシロハナノジスミレは、名前の通り花が真っ白で、純白とはこのような色だろうというほどに美しい白い花です。ひとめ見ると育ててみたくなる花で、ほんとうに美しい白いスミレの花という植物でもあります。

シロハナノジスミレの特徴

このノジスミレ類は、原産地が日本のや朝鮮半島や中国ということで、生息地も、その地域ということになりますが、日本では北限が秋田県あたりのようです。この植物はスミレ科スミレ属で、日本でも多くの種類が自生したり栽培されたりしていますが、その中でも白い花は珍しいので、園芸用に育てても面白い花です。

また学名にも、江戸という名前が入っていますので、日本でも昔から馴染み深い品種ということになります。学名からしても古くから日本では自生していて愛でられていた植物ということがわかります。多年草ですので、毎年楽しめますし、小さな植物ですので場所も取らずにガーデニングもできるということでも扱いやすい植物ということにあります。

ノジスミレは自生していますが、日本では土手や道端などによく見られる野草です。また高さは10センチぐらいで、花も小さいので非常に愛らしい植物です。また花の特徴は、波打っているようで、きりっとしていない感じですが、そこがまた儚さを演出しているようで日本人には好まれる植物ではないかということです。

また中国では漢方薬としても利用されているということですので、その点でも人の役に立ってきた植物ということが言えます。またこの植物で花が白いものがシロハナノジスミレになりますが、こちらの方も人目を引くので人気がある植物です。このようにガーデニングでも初心者から楽しめるスミレ類の植物ということがわかる植物でもあります。

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

pixta_rindou

リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科、リンドウ属になります。和名は、リンドウ(竜胆)、その他の名前は、ササリンドウ、疫病草(えやみぐさ...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知られるアフリカ北東部です。エジプトでは紀元前から栽培されていまし...

pixta_yuri

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の育て方

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の歴史は古く日本では最も古い文献古事記に桓武天皇が、ユリを摘んでいた若い女性に心を奪...

pixta_miltniopsis

ミルトニオプシスの育て方

花の種類としては、ラン科、ミルトニオプシス属になります。園芸の分類としてはランになり、多年草として楽しむことが出来る花に...

pixta_brokkori

ブロッコリーの育て方

サラダやスープ、炒めものにも使えて、非常に栄養価の高い万能野菜であるブロッコリーは、地中海沿岸が生息地といわれています。...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの育て方

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライラック・ハイビスカスといいます。属名はギリシャ語の結合したや分割...

pixta_graptpetarm

グラプトペタラムの育て方

グラプトペタラムは様々な品種があり日本ではアロエやサボテンの仲間として扱われることが多く、多肉植物の愛好家の間でとても人...

pixta_kifugetou

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウガ属の高さ1メートル以上になる熱帯性多年草です。日本でも沖縄県か...

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

pixta_yutyaris

ユーチャリスの育て方

ユーチャリスという名前はギリシア語でかなり目を惹く、とい...

pixta_kamisonia

カミソニアの育て方

カミソニアとは北アメリカの西部を原産とする植物であり、6...

pixta_torikabuto

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持っ...

pixta_sisirintium

シシリンチウムの育て...

シシリンチウムは原産地が北アメリカの常緑多年草となってい...