ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

ジャガイモの特徴

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

栄養価についてはビタミンCは熱に非常に強く壊れにくいのも特徴で、ビタミンCが・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・鉄・カリウムがなど含まれています。ジャガイモの生まれ故郷は、南米アンデス高原で、ヨーロッパへはスペイン兵が天正年間に伝えられ1珍しい植物として観賞用として扱われていました。

特徴としてガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や美容に良い栄養がたっぷり含まれる健康野菜で、発芽の適温は18から20度で生育の適温は15から30度です。

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方として土寄せが重要となりイモが地上に出てきたまま育てると緑色に変色するため、覆土は最初少なめにしてその都度足していくのがコツです。

ジャガイモの栽培には市販の培養土をそのまま使用するか、苦土石灰150グラム、化学肥料20グラム、赤玉土、砂、バーミキュライトを5対2対3での割合で配合して使用していきます。

種いもは、ウイルスなど病気があるので検査に合格した専用の種イモを使用すると、市販されたジャガイモよりも上手に育てることができます。種いもを切る場合は、一個の重さ辺り30から40グラムを、芽の数がだいたい同じぐらいになるよう縦半分に切り、どの切片にも頂部近くの芽が着くように切ることがポイントです。

大きな種いもは切り分けた後は2から3日ほど日光を当てて乾燥させると発芽が良くなります。 畝の中央に深さ15センチの溝を掘り、舌から順番に堆肥、化成肥料、間土を入れ株間30センチに植えていきます。

ジャガイモの栽培時の注意点

種いもは、上に向けると発芽までに腐りやすいから切り口を下にして深さ15センチ位に植えつけるのがベストです。ジャガイモは生育期間が短いので元肥を主体に育てることが収穫量を増やすポイントになります。

種いもを植え付けた後は、たっぷりと水やりを行い、用土が乾いた頃合になれば水やりをして乾燥気味に育てるようにします。植え付けてから約30日ほどすると草丈が10センチ程度に成長し、一つの種イモからたくさんの芽が出るので、生育の良い芽だけを残すように間引く茎以外の根元を手で押さえるようにする感覚で上手に引き抜け、2本ぐらいまで間引きを行ないます。

ジャガイモは、発芽してから20日経過すると土の中で実が肥大化し1カ月経過した頃から、追肥と芽かきを同時に行ないます。ジャガイモの収穫のタイミングは、花が咲き終わって葉や茎葉が黄色くなってきた頃になります。晴天が続いた日に収穫をしていくのがポイントです。

ジャガイモの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ジャガイモの育て方

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_kazania

ガザニアの育て方

ガザニアはキク科ガザニア属で勲章菊という別名を持っています。ガザニアという名前はギリシャ人が語源とされており、ラテン語の...

pixta_engulishlabenda_01

イングリッシュ ラベンダーの育て方

イングリッシュ ラベンダーは、シソ科のラベンダー属、半耐寒性の小低木の植物です。ハーブの女王としてゆるぎない地位を確立し...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て方

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布地域について触れて起きます。分布地域としては関東以西の暖地に広く...

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のような形に伸びており、その中へ虫を落として食べることで有名です。生...

pixta_sikakumame

シカクマメの育て方

シカクマメは日本でも食されるようになってきましたが、どちらかというと熱帯を原産とする植物です。元々の生息地は東南アジアや...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_jamankamomiru

ジャーマンカモミールの育て方

ジャーマンカモミールは生息地のヨーロッパなどでは古くから薬草として用いられ、生活には欠かせないハーブです。ヨーロッパから...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれています。16世紀末にコロンブスが新大陸を発見した時に、さやいんげ...

スポンサーリンク

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て...

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本...

pixta_mekonopusisu

メコノプシスの育て方

ヒマラヤの青いケシと呼ばれる、メコノプシス・グランディス...

pixta_freesea

フリーセアの育て方

フリーセアとは、ブラジル等、熱帯アメリカ原産の、パイナッ...

pixta_denfare

デンファレの育て方

日本で洋ランと言えば、コチョウランと同じくらい有名なデン...