ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

ジャガイモの特徴

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

栄養価についてはビタミンCは熱に非常に強く壊れにくいのも特徴で、ビタミンCが・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・鉄・カリウムがなど含まれています。ジャガイモの生まれ故郷は、南米アンデス高原で、ヨーロッパへはスペイン兵が天正年間に伝えられ1珍しい植物として観賞用として扱われていました。

特徴としてガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や美容に良い栄養がたっぷり含まれる健康野菜で、発芽の適温は18から20度で生育の適温は15から30度です。

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方として土寄せが重要となりイモが地上に出てきたまま育てると緑色に変色するため、覆土は最初少なめにしてその都度足していくのがコツです。

ジャガイモの栽培には市販の培養土をそのまま使用するか、苦土石灰150グラム、化学肥料20グラム、赤玉土、砂、バーミキュライトを5対2対3での割合で配合して使用していきます。

種いもは、ウイルスなど病気があるので検査に合格した専用の種イモを使用すると、市販されたジャガイモよりも上手に育てることができます。種いもを切る場合は、一個の重さ辺り30から40グラムを、芽の数がだいたい同じぐらいになるよう縦半分に切り、どの切片にも頂部近くの芽が着くように切ることがポイントです。

大きな種いもは切り分けた後は2から3日ほど日光を当てて乾燥させると発芽が良くなります。 畝の中央に深さ15センチの溝を掘り、舌から順番に堆肥、化成肥料、間土を入れ株間30センチに植えていきます。

ジャガイモの栽培時の注意点

種いもは、上に向けると発芽までに腐りやすいから切り口を下にして深さ15センチ位に植えつけるのがベストです。ジャガイモは生育期間が短いので元肥を主体に育てることが収穫量を増やすポイントになります。

種いもを植え付けた後は、たっぷりと水やりを行い、用土が乾いた頃合になれば水やりをして乾燥気味に育てるようにします。植え付けてから約30日ほどすると草丈が10センチ程度に成長し、一つの種イモからたくさんの芽が出るので、生育の良い芽だけを残すように間引く茎以外の根元を手で押さえるようにする感覚で上手に引き抜け、2本ぐらいまで間引きを行ないます。

ジャガイモは、発芽してから20日経過すると土の中で実が肥大化し1カ月経過した頃から、追肥と芽かきを同時に行ないます。ジャガイモの収穫のタイミングは、花が咲き終わって葉や茎葉が黄色くなってきた頃になります。晴天が続いた日に収穫をしていくのがポイントです。

ジャガイモの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ジャガイモの育て方

pixta_okanori

オカノリの育て方

オカノリの原産国は諸説ですが、中国が有力とみなされています。ある説ではヨーロッパが原産と考えられ、現在でもフランス料理で...

pixta_kometuga

コメツガ(米栂)の育て方

コメツガは、昔から庭の木としても利用されてきましたが、マツ科のツガ属ということで、マツの系統の植物ということになります。...

pixta_shusuran

シュスランの育て方

シュスランはラン科の植物です。ランという名前がついていますが、洋ランのように大きな花を咲かす植物ではなく、比較的小ぶりの...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培や育て方、トウモロコシの種まきと育て方

トウガラシのなかの一つで甘味料のある緑果をピーマンと呼んでいます。ピーマンの種まき時期は5月中旬頃でナスと同じ時期です。...

pixta_tiriayame

チリアヤメの育て方

チリアヤメ(チリ菖蒲/知里菖蒲 Herbertia lahue=Herbertia amoena=Alophia amo...

pixta_taitanbikas

タイタンビカスの育て方

タイタンビカスの特徴といえばやはり色の鮮やかさと力強さでしょう。先程も述べましたが日本で開発されたまったく新しい品種です...

pixta_tyanoki

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元々は熱帯地方の植物で、ツバキ科ツバキ属の常緑樹ということですから...

pixta_nirenbergia

ニーレンベルギアの育て方

ニーレンベルギアはナス科の植物で、紫色や白色などの花を咲かせる草花です。古くから人気が高い草花の一種であり、杯状に整う花...

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育て方

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知られる中米原産です。スペイン人によりヨーロッパに持ち帰られたの...

pixta_sedam

セダムの育て方

セダムとは、ベンケイソウ科マンネングサ属(マンネングサぞく、学名: Sedum)に属する植物の総称で、園芸の世界では、学...

pixta_browaria

ブロワリアの育て方

この花については、学名としてはブロワリア・スペキオーサ、...

pixta_matorikaria

マトリカリアの育て方

花の特徴は、キク科のヨモギギク属とされています。タナセツ...

pixta_iwashajin

イワシャジンの育て方

イワシャジンは関東地方の南西部や中部地方の南東部の山地の...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持ってい...