ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

ジャガイモの特徴

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておくと、その年の11月から12月頃には収穫ができます。

栄養価についてはビタミンCは熱に非常に強く壊れにくいのも特徴で、ビタミンCが・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・鉄・カリウムがなど含まれています。ジャガイモの生まれ故郷は、南米アンデス高原で、ヨーロッパへはスペイン兵が天正年間に伝えられ1珍しい植物として観賞用として扱われていました。

特徴としてガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や美容に良い栄養がたっぷり含まれる健康野菜で、発芽の適温は18から20度で生育の適温は15から30度です。

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方として土寄せが重要となりイモが地上に出てきたまま育てると緑色に変色するため、覆土は最初少なめにしてその都度足していくのがコツです。

ジャガイモの栽培には市販の培養土をそのまま使用するか、苦土石灰150グラム、化学肥料20グラム、赤玉土、砂、バーミキュライトを5対2対3での割合で配合して使用していきます。

種いもは、ウイルスなど病気があるので検査に合格した専用の種イモを使用すると、市販されたジャガイモよりも上手に育てることができます。種いもを切る場合は、一個の重さ辺り30から40グラムを、芽の数がだいたい同じぐらいになるよう縦半分に切り、どの切片にも頂部近くの芽が着くように切ることがポイントです。

大きな種いもは切り分けた後は2から3日ほど日光を当てて乾燥させると発芽が良くなります。 畝の中央に深さ15センチの溝を掘り、舌から順番に堆肥、化成肥料、間土を入れ株間30センチに植えていきます。

ジャガイモの栽培時の注意点

種いもは、上に向けると発芽までに腐りやすいから切り口を下にして深さ15センチ位に植えつけるのがベストです。ジャガイモは生育期間が短いので元肥を主体に育てることが収穫量を増やすポイントになります。

種いもを植え付けた後は、たっぷりと水やりを行い、用土が乾いた頃合になれば水やりをして乾燥気味に育てるようにします。植え付けてから約30日ほどすると草丈が10センチ程度に成長し、一つの種イモからたくさんの芽が出るので、生育の良い芽だけを残すように間引く茎以外の根元を手で押さえるようにする感覚で上手に引き抜け、2本ぐらいまで間引きを行ないます。

ジャガイモは、発芽してから20日経過すると土の中で実が肥大化し1カ月経過した頃から、追肥と芽かきを同時に行ないます。ジャガイモの収穫のタイミングは、花が咲き終わって葉や茎葉が黄色くなってきた頃になります。晴天が続いた日に収穫をしていくのがポイントです。

ジャガイモの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ジャガイモの育て方

pixta_rodansemamu

ローダンセマムの育て方

ローダンセマムの開花時期は春から初夏の間です。一般的な色は、薄く淡いピンク色やホワイトなどがあります。ひまわりのように丸...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_kotyouran_01

コチョウランの育て方

コチョウランは、18世紀中頃に発見された熱帯植物で、原産地は赤道付近の高温多湿地帯です。インドネシア、フィリピン、台湾南...

pixta_jagaimo11

じゃがいもの品種と育て方

じゃがいもは、寒さに強い植物です。人気は男爵やメークイン、キタアカリです。男爵は粉質が強いので、じゃがバター・ポテトフラ...

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれている木のひとつです。しだれ海の原産は中国ですが、現在では日本で...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱しても使用される万能野菜です。またその栄養価も非常に高い野菜でもあ...

pixta_gurifinia

グリフィニアの育て方

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古代エジプトにおいては、太陽の象徴とされ大事にされていましたし、仏...

pixta_seanosas

セアノサスの育て方

セアノサスはカナダ南部や北アメリカにあるメキシコ北部が原産となっています。花の付き方が似ているという理由から、別名をカリ...

pixta_maizurusou

マイヅルソウの育て方

こちらの草花の特徴としてクサスギカズラ目、クサスギカズラ科、スズラン亜科となっています。見た目は確かにスズランに似ていま...

pixta_jamankamomiru

ジャーマンカモミール...

ジャーマンカモミールは生息地のヨーロッパなどでは古くから...

pixta_erigeron

エリゲロン・カルビン...

エリゲロン・カルビンスキアヌはロッキー山脈からメキシコに...

pixta_santanka

サンタンカの育て方

サンタンカは、アカネ科の植物で、別名ではイクソラとも呼ば...

pixta_putitomato

家庭菜園で野菜を育て...

毎日何気ない一日を過ごしていると、何かを始めてみたくなる...