ゴーヤーの育て方

ゴーヤーの育て方

苦瓜とも呼ばれるものですが、沖縄地方で主に育てられている野菜です。比較的育てやすいものでありますが、好みがはっきりと分かれてしまう食べ物なのではないでしょうか。原産国はインドからの輸入ものであり、どの様に沖縄で生産されるようになったのかは分かっていない、そんなゴーヤーですが、独特の苦みがあるので苦手な人も多いものですが、炒め物などに使用する事により美味しく食べられます。

ゴーヤーの植える時期

あまり植物や野菜などを育てた事がないが、何か一つでも育ててみたいというのであれば初心者でも簡単に育てることができる物がありますので、それに挑戦してみましょう。ゴーヤーを育てようと言うのであれば、先ずはいつの時期に植えたら良いのかということが、必要になってきます。

種を購入して実がなるまで半年くらいはかかりますので、暖かい地方で育つものですので冬に育てるというのは難しいことです。種付けをすると言うことでは、春先頃から植えるのが一番良いでしょう。苗を植えるのであれば、5月頃に植えるのが葉が一番伸びやすい時期ですので、すぐに育ちます。

栽培するのは難しいのではと言う人もいるかも知れませんが、ゴーヤーは初心者でも最も育てやすい野菜です。肥料とお水を適度にあげることにより、比較的太陽のあたる場所に置いてあげると、ある程度は育ちます。種付けをする時期なども考慮しながら、どの様に育てるのが良いのかということを考える必要も出てきます。

育て方が難しいというと、そうではないのでやってみると必ず育ちます。種付けの時期を間違える事なく植えておくと、育てやすくなりますので育ててみたいというのであれば、育ててみましょう。種付けからするのは時間がかかるというのであれば、苗を植えるというのも一つの方法です。

冬場に植えると早いですので、少し暖かくなってきた頃に植えておくと、育ちもよく夏頃には美味しい実がなります。美味しいものが食べられるように、毎日こまめに様子を見るようにしましょう。収穫が出来るようになるまで、水などを枯らすことなく与えてあげるとより良い物が、育てられます。

ゴーヤーの栽培方法と育て方

地植えをするのも良いですがプランターなどでも、充分に育てることができますので、場所を選ばず育てることが可能です。ツルが伸びやすいので、頻繁に整備するということも必要になりますので、ほったらかしにしておくと大変なことになります。

伸びすぎたツルは出来るだけ、取り除くようにしておかないとゴーヤーも育ちが悪くなってしまいますので、こまめに手入れをしておくようにしましょう。重なり合う葉があると、太陽の光も当たらなくなり育ちの悪いものになってしまいますので、そう言ったお手入れをしてあげるということも必要になります。

虫なども付きやすく、葉を食べてしまう害虫もいますので、その様な虫がついてしまったのならば、すぐさま駆除する様にしておかないと、葉っぱがあっという間に無くなってしまいます。ある程度育ってくると虫のことも気にしながら、育てていく必要がありますので虫が居ないか、チェックする事も大切です。

育ちも早いものですので、育ってくると一気に育ちますし環境が良ければ、沢山の実がなります。そのまま収穫せずにほったらかしにしておくと、色も黄ばんできてしまいますのでちょうど良い頃に収穫してみましょう。収穫すると、達成感が出て自分でも作れるという自信が湧いてきます。

育て方一つで光りを遮るカーテンにもなる

暑い夏場にはツルを利用することにより、光りを遮るカーテンにもなるという事から、育てたいと言う人も沢山増えています。窓際に置いておき、ツルを工夫させることによりカーテン風に仕上げることにより、暑い日差しを遮る事が可能になるので、部屋の温度も多少は下がりますので効果が期待されます。

涼しくなるとエアコンもつける必要もありませんので、電気代もかなり変わります。 緑色のものなので目にも良いですし、実がなれば収穫することもできますので、良い事だらけのゴーヤーです。

育て方にも一工夫するだけで、様々な便利なものに変わったりしますので、自分なりに考えてやってみるということも、楽しめるのではないでしょうか。カーテン風にするのであれば、気をつけなくてはいけないのは近所迷惑にならない様にする事です。

ツルが伸びやすいですので、ほったらかしにしておくと気づかないうちに隣まで伸びているという事がありますので、そうならないようにするためには、こまめにツルの整備をする様に心掛けましょう。

伸びやすいので、高い窓にも簡単に届くようになりますので、家の壁の壁一面に伸ばすことができます。暑い夏を緑のカーテンで過ごすというのも、良いかもしれませんね。ガーデニングなどにも利用されていますので、その様に庭などを工夫しているのであれば、ゴーヤーなども栽培してみるとその良さが分かってくるのではないでしょうか。

栽培から収穫まで時間はあまりかかりませんので、初心者でも育てやすい植物です。食べるのは好き嫌いがあったりしますが、苦みがなく食べられるという方法もありますので、その方法を教えてもらうなどして自分なりに工夫をしてみるというのも、良い方法ですので何事も工夫をするということが大切ですので、是非とも美味しく食べる事が出来るものがあれば、調理してみてください。

こちらのハヤトウリの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

ゴーヤーの歴史とは

苦瓜とも呼ばれるものですが、沖縄地方で主に育てられている野菜です。 比較的育てやすいものでありますが、好みがはっきりと分かれてしまう食べ物なのではないでしょうか。

原産国はインドからの輸入ものであり、どの様に沖縄で生産されるようになったのかは分かっていない、そんなゴーヤーですが、独特の苦みがあるので苦手な人も多いものですが、炒め物などに使用する事により美味しく食べられます。

ゴーヤーの呼び方にも沖縄でも様々で、ゴーヤーだったりにがうりだったり様々です。 暖かい地方で育ちやすいものですが、ハウス栽培と言うものを利用することにより、年じゅう食べることができるようになりました。

昔は野菜という感覚ではなく、苦みを生かしたお薬という感覚で食べられていました。 その事から、栄養価がとても高く暑い夏でもこれを食べることにより体力消耗を防ぐことができるので、食べている人も増えています。

ゴーヤーの特徴とは

俗に苦瓜とも呼ばれるものですが、独特の形と苦みがあるのが特徴です。 苦みが苦手なのであればその苦みを抑えて、食べることも出来る方法もありますので、そういった事をやってみると食べる事が出来なかったけれども、食べられらるようになるので料理にも工夫をしてみることが、大切です。

苦み成分が夏バテを防止してくれますので、夏バテしやすいというのであれば食べやすい料理で、食べてみるのも良いのではないでしょうか。 この生息地は沖縄で主に食べられていますが、ドラマの影響により全国でも食べられるようになった物ですので、知られるということも大切なので好き嫌いが激しい事もありますが、食べてみると美味しいですので、苦みが取れる方法としては炒め物に使う前には水に少しつけておくと良いですし、白い綿の部分も全部取るようにすると苦みも消えて、美味しく食べることができます。

美味しい食べ方を調べてみて、苦みのある特徴の食べ物ですので、その苦みを取り除くという事が出来る方法で、食べるようにしたいですね。苦手を克服するというのも、なかなか難しいですが工夫することにより食べれるようになりますので、食べてみたいと言うのであれば、是非とも食べてみてください。

色んな事を調べてみるというのも、ゴーヤーに対して興味を持ったり、面白いことが分かりますので、自分なりに調べてみるということも、勉強になったりするので良いのではないでしょうか。

こちらのゴーヤーの育て方のポイントもかなり参考になります♪

pixta_seri

セリの育て方

特徴としては種類がどのようになっているかです。キキョウ類、セリ目となっています。別名としてシロネグサとの名前がついていま...

pixta_senryou

センリョウの育て方

センリョウは日本や中国、台湾、朝鮮半島、インド、マレーシアなどが原産の、センリョウ科センリョウ属の常緑性の低木です。 ...

pixta_kumagaisou

クマガイソウの育て方

ラン科の植物として有名であり、近い品種としては、タイワンクマガイソウ、アツモリソウなどがあります。クマガイソウの特徴とし...

pixta_gyoryubai

ギョリュウバイの育て方

ギョリュウバイはニュージーランドとオーストラリアの南東部が原産のフトモモ科のギョリュウバイ属に分類されている常緑樹で、日...

pixta_sukabiosa

スカビオーサの育て方

別名を西洋マツムシソウといいます。英名ではピンクッションフラワーやエジプシャンローズ、スイートスカビオスなどあります。ス...

pixta_onfarodes

オンファロデスの育て方

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属)です。オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原...

pixta_hoya

ホヤ(サクララン)の育て方

花の名前からラン科、さくらの科であるバラ科のように考えている人もいるかもしれませんが、どちらにも該当しない花になります。...

pixta_satoukibi

サトウキビの育て方

サトウキビはイネ科の多年草で、東南アジアや、インド、ニューギニア島などが原産と言います。また、インドの中でもガンジス川流...

pixta_shakuyaku

シャクヤクの育て方

シャクヤクの最も古い記述については、中国で紀元前五世紀には栽培されていたという記録が残っており、宋の時代には品種改良が行...

pixta_niwatoko

ニワトコの仲間の育て方

ニワトコの仲間は、ヨーロッパや中国や朝鮮にもありますが、日本でも、寒い北国を除く、ほとんどを原産地として、分布している、...

スポンサーリンク

pixta_housenka_01

ホウセンカの育て方

ホウセンカは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草で、東...

pixta_paseri_01

パセリの育て方

その歴史は古く、紀元前にまでさかのぼります。特徴的な香り...

pixta_himeturusoba

ヒメツルソバの育て方

ヒメツルソバは原産国がヒマラヤの、タデ科の植物です。姫蔓...

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販され...