プチトマトの育て方について

プチトマトの育て方について

今回はプチトマトの栽培の方法と、育て方について説明します。プチトマトは、カロテンとビタミンCという栄養が豊富なので、体にいい植物、野菜と呼ばれています。ミニトマトは日光が必要で、また乾燥している空気を好みます。よって、日光はとても大切になります。

プチトマトの栽培の方法

この場合は苗から育てる場合について話します。苗は、緑が濃くて、茎が太く、全体的に丈夫な苗を選ぶことが大切です。苗選びは今後の結果を左右するので、見た目が良いものを選びましょう。

次に土づくりです。土は排水の能力が高いものを選びます。なぜなら、先ほども述べたようにあまり湿気を好まないからです。そして、苗を土に植えます。若いときには苗は驚くほど成長します。
しかし、時々異常な形(奇形)の花や葉、実などが出てきますので、それらは取り除くのが賢明でしょう。土に植え替えてから数週間後、必要だなと感じれば支柱を立てます。支柱は直径1cmより小さめのものが良いでしょう。

この辺で重要になるのは水やりです。あまり大量に水をやってしまうと、根腐れを起こす可能性が非常に高くなりますので、水やりは慎重に行うようにしてください。

プチトマトの栽培時の注意点

時々、わきに芽ができることがあります。これらをとるべしという意見もありますが、私はとらなくて困ったことは特にありませんので、とる必要はないかなと思います。しかし気になるな、という人はとってもいいと思います。

ここまで進めてくると、ミニトマトはかなり成長してくることでしょう。必要になれば、追肥や植え替えを適宜行いましょう。これらの作業は場合によってやり方を変えなくてはいけないので、ここで一色単に説明することは難しいです。

それぞれの様子に合わせてインターネット等で調べてみることをお勧めいたします。しかし、先ほど述べたところまで育てれば、十分な数のミニトマトは収穫することは出来ますので、特に問題はないと思います。

プチトマトの特徴

余談ですがここでプチトマトの栄養について説明したいと思います。上で述べたカロテンやビタミンCの他にビタミンA、ビタミンE、リコピン、鉄分・・・などここでは紹介しきれないほど多くの栄養素が含まれています。トマトが赤くなれば、医者が青くなるということわざがあるほどトマトには健康に絶大な効果をもたらします。

苗を買えば、同じ土壌で三~四年でトマトが育ちます(そのあとは接ぎ木などが必要となります)。苗自体は高くないのに、たくさんのトマトを収穫でき、料理やお弁当に使えるうえ、何度も述べているように多くの栄養が摂取できます。

なのでもちろんスーパーなどでトマトをかい、そのまま食べるのもいいのですが、ぜひ自分の手を使って、苗の時から育てていけば、ますますおいしく食べられると思います。

pixta_kabotya111

カボチャの育て方

カボチャは、日本国内の分類では「日本カボチャ」と「西洋カボチャ」と「ペポカボチャ」との3つがある野菜です。特に日本・西洋...

pixta_nasu11

失敗しない植物の育て方または野菜の栽培の方法

植物や野菜の育て方は、難しいと思われがちですが、植物や野菜の栽培が初心者だという人には、家庭菜園をお勧めします。プランタ...

pixta_hanakaidou

ハナカイドウの育て方

ハナカイドウは、原産は中国です。「カイドウ」と呼ばれることもあります。中国では華やかな花を咲かせると言うことから、古くか...

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ科パキフィツム属の植物は、多肉植物の中でも、肉厚な種類として有名...

pixta_akinokirinsou

アキノキリンソウの育て方

アキノキリンソウは、古くから日本にありました。キク科植物は世界中にありますが、その歴史は非常に古いです。約5千年前に南米...

pixta_yakon

ヤーコンの育て方

特徴としてはまずはキク類、真正キク類、キク目、キク科、キク亜科、メナモミ連、スマランサス属となっています。キクの仲間であ...

pixta_senpelbium

センペルビウムの育て方

センペルビウムはヨーロッパの中部や南部、コーカサス、中央ロシアの山岳地帯に分布している植物で、ヨーロッパやアメリカでは栽...

pixta_sukabiosa11

スカビオサの育て方

スカビオサは別名西洋マツムシソウとも呼ばれるもので、同じ系統のマツムシソウは日本を生息地としていて古くから日本人に親しま...

pixta_shusuran

シュスランの育て方

シュスランはラン科の植物です。ランという名前がついていますが、洋ランのように大きな花を咲かす植物ではなく、比較的小ぶりの...

pixta_ominaesi

オミナエシの育て方

オミナエシは多年草で無病息災を願って食べる秋の七草の一つです。原産や生息地は日本を始めとした東アジア一帯です。草丈は20...

スポンサーリンク

pixta_kariburakoa

カリブラコアの育て方

カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学...

pixta_kuretimasu

クレマチス ネリー・...

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポ...

pixta_naganegi_01

長ネギの育て方

昔から和食をメインとしてきた日本にとって、長ネギは馴染み...

tomato01

トマトの栽培における...

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食...