プチトマトの育て方について

プチトマトの育て方について

今回はプチトマトの栽培の方法と、育て方について説明します。プチトマトは、カロテンとビタミンCという栄養が豊富なので、体にいい植物、野菜と呼ばれています。ミニトマトは日光が必要で、また乾燥している空気を好みます。よって、日光はとても大切になります。

プチトマトの栽培の方法

この場合は苗から育てる場合について話します。苗は、緑が濃くて、茎が太く、全体的に丈夫な苗を選ぶことが大切です。苗選びは今後の結果を左右するので、見た目が良いものを選びましょう。

次に土づくりです。土は排水の能力が高いものを選びます。なぜなら、先ほども述べたようにあまり湿気を好まないからです。そして、苗を土に植えます。若いときには苗は驚くほど成長します。
しかし、時々異常な形(奇形)の花や葉、実などが出てきますので、それらは取り除くのが賢明でしょう。土に植え替えてから数週間後、必要だなと感じれば支柱を立てます。支柱は直径1cmより小さめのものが良いでしょう。

この辺で重要になるのは水やりです。あまり大量に水をやってしまうと、根腐れを起こす可能性が非常に高くなりますので、水やりは慎重に行うようにしてください。

プチトマトの栽培時の注意点

時々、わきに芽ができることがあります。これらをとるべしという意見もありますが、私はとらなくて困ったことは特にありませんので、とる必要はないかなと思います。しかし気になるな、という人はとってもいいと思います。

ここまで進めてくると、ミニトマトはかなり成長してくることでしょう。必要になれば、追肥や植え替えを適宜行いましょう。これらの作業は場合によってやり方を変えなくてはいけないので、ここで一色単に説明することは難しいです。

それぞれの様子に合わせてインターネット等で調べてみることをお勧めいたします。しかし、先ほど述べたところまで育てれば、十分な数のミニトマトは収穫することは出来ますので、特に問題はないと思います。

プチトマトの特徴

余談ですがここでプチトマトの栄養について説明したいと思います。上で述べたカロテンやビタミンCの他にビタミンA、ビタミンE、リコピン、鉄分・・・などここでは紹介しきれないほど多くの栄養素が含まれています。トマトが赤くなれば、医者が青くなるということわざがあるほどトマトには健康に絶大な効果をもたらします。

苗を買えば、同じ土壌で三~四年でトマトが育ちます(そのあとは接ぎ木などが必要となります)。苗自体は高くないのに、たくさんのトマトを収穫でき、料理やお弁当に使えるうえ、何度も述べているように多くの栄養が摂取できます。

なのでもちろんスーパーなどでトマトをかい、そのまま食べるのもいいのですが、ぜひ自分の手を使って、苗の時から育てていけば、ますますおいしく食べられると思います。

pixta_hoteiaoi

ホテイアオイの育て方

ホテイアオイという水草の原産地は南米大陸であり、現在では北米大陸や欧州やアジアなど、多くの国々を生息地として分布されてい...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセラの育て方

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知られていないのですが、本来自生しているものは周種類であるとされてい...

pixta_kumamosou

西洋クモマソウの育て方

原産地はヨーロッパ北部といわれています。漢字で書くと雲間草で、ユキノシタ科の植物です。雲に届きそうな高い山間部に生息する...

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生息地は北陸から北の日本海沿岸から北海等、南千島などの高山や海岸で...

pixta_ofarium

レティクラツム・オウァリウムの育て方

この花についてはキツネノマゴ科、プセウデランテムム属となります。園芸上の分類としては熱帯植物です。また暖かいところに生息...

pixta_blackberry

ブラックベリーの育て方

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼることができるほど古いです。このブラックベリーは人々から野生種として...

pixta_ayame

アヤメの育て方

アヤメは日本国内でも非常にポピュラーな植物として知られており、歴史的に見ても日本とは非常に深い関係があります。日本人とア...

pixta_goya_02

グリーンカーテンの栽培方法。

地球は温暖化の一途を辿っています。日本では、温暖化対策の1つとして、グリーンカーテンを導入している家庭や市区町村が増えて...

pixta_nashi

ナシの育て方

ナシの歴史は、中国の西部から南西部を中心として、世界中に広がりました。原産地となる中国から、東に伝わって品種改良が進んだ...

pixta_odontgrosam

オドントグロッサムの育て方

オドントグロッサムはラン科の植物で様々な品種が含まれています。オンシジウムに近い植物で花弁が大きくて、斑紋が入っているも...

スポンサーリンク

pixta_kureson

クレソン(オランダガ...

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜり...

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質...

pixta_tokiwamansaku

トキワマンサクの育て...

トキワマンサクは日本をはじめ中国やインド、台湾などにも生...

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさま...