プチトマトの育て方について

プチトマトの育て方について

今回はプチトマトの栽培の方法と、育て方について説明します。プチトマトは、カロテンとビタミンCという栄養が豊富なので、体にいい植物、野菜と呼ばれています。ミニトマトは日光が必要で、また乾燥している空気を好みます。よって、日光はとても大切になります。

プチトマトの栽培の方法

この場合は苗から育てる場合について話します。苗は、緑が濃くて、茎が太く、全体的に丈夫な苗を選ぶことが大切です。苗選びは今後の結果を左右するので、見た目が良いものを選びましょう。

次に土づくりです。土は排水の能力が高いものを選びます。なぜなら、先ほども述べたようにあまり湿気を好まないからです。そして、苗を土に植えます。若いときには苗は驚くほど成長します。
しかし、時々異常な形(奇形)の花や葉、実などが出てきますので、それらは取り除くのが賢明でしょう。土に植え替えてから数週間後、必要だなと感じれば支柱を立てます。支柱は直径1cmより小さめのものが良いでしょう。

この辺で重要になるのは水やりです。あまり大量に水をやってしまうと、根腐れを起こす可能性が非常に高くなりますので、水やりは慎重に行うようにしてください。

プチトマトの栽培時の注意点

時々、わきに芽ができることがあります。これらをとるべしという意見もありますが、私はとらなくて困ったことは特にありませんので、とる必要はないかなと思います。しかし気になるな、という人はとってもいいと思います。

ここまで進めてくると、ミニトマトはかなり成長してくることでしょう。必要になれば、追肥や植え替えを適宜行いましょう。これらの作業は場合によってやり方を変えなくてはいけないので、ここで一色単に説明することは難しいです。

それぞれの様子に合わせてインターネット等で調べてみることをお勧めいたします。しかし、先ほど述べたところまで育てれば、十分な数のミニトマトは収穫することは出来ますので、特に問題はないと思います。

プチトマトの特徴

余談ですがここでプチトマトの栄養について説明したいと思います。上で述べたカロテンやビタミンCの他にビタミンA、ビタミンE、リコピン、鉄分・・・などここでは紹介しきれないほど多くの栄養素が含まれています。トマトが赤くなれば、医者が青くなるということわざがあるほどトマトには健康に絶大な効果をもたらします。

苗を買えば、同じ土壌で三~四年でトマトが育ちます(そのあとは接ぎ木などが必要となります)。苗自体は高くないのに、たくさんのトマトを収穫でき、料理やお弁当に使えるうえ、何度も述べているように多くの栄養が摂取できます。

なのでもちろんスーパーなどでトマトをかい、そのまま食べるのもいいのですが、ぜひ自分の手を使って、苗の時から育てていけば、ますますおいしく食べられると思います。

pixta_karin

カリンの育て方

カリンは昔から咳止めの効果があると言われてきており、現在ではのど飴に利用されていたりします。かつてはカリン酒等に利用され...

pixta_taisanboku

タイサンボクの育て方

タイサンボクはモクレン科モクレン属の常緑高木で、北米中南部が原産です。タイサンボクの木は大山木や泰山木という字も使用され...

pixta_tamanegi

タマネギの育て方

タマネギはユリ科に属する野菜で、100グラムあたりリンが30mg、カリウムは160mg、ビタミンB1が0.04mg、食物...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_rasseria

ラッセリアの育て方

この花については、オオバコ科、ハナチョウジ属とされています。科としてはゴマノハグサ科に分類されることもあるようです。原産...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホット)の育て方

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺りを原産地とする植物であり、茎の根元に付く芋は良質な食料となるた...

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯...

pixta_sanginaria

サンギナリア・カナデンシスの育て方

サンギナリア・カナデンシスとはケシ科サンギナリア属の多年草の植物です。カナデンシスという名の由来はカナダで発見されたこと...

pixta_sinjugaya

シンジュガヤの育て方

イネ科やカヤツリグサ科などで、日本でも種類は多いのですが注目をあまりされない植物群です。その中でわりと注目されている植物...

pixta_nerine

ネリネの育て方

ネリネという名前の由来はギリシア神話の海の女神であるネレイデスにちなんだものです。花びらに金粉やラメをちりばめたようなき...

スポンサーリンク

pixta_taimu

タイムの育て方

学名はThyme、分類はシソ科イブキジャコウソウ属に当た...

pixta_nusubitohagi

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っ...

pixta_ootyouji

オオチョウジガマズミ...

原産地である日本では、長崎県の対馬市のみに自生する植物に...

pixta_fennel

フェンネルの育て方

フェンネルは原産が地中海沿岸だとされています。かなり古い...