ムギセンノウ(アグロステンマ)の育て方

ムギセンノウ(アグロステンマ)の育て方

アグロステンマはナデシコ科の植物で、ナデシコのように小さな花がたくさん咲いて、また葉っぱが細長いのが特徴です。アグロステンマは別名ムギセンノウといわれてる植物であって、育て方も比較的簡単で初心者の方でも育てやすい植物になっています。そして栽培をする際にも、あまり手間のかからない植物です。

育てる環境について

アグロステンマの育てる場所に関しては、鉢植えの場合は種をまいてから発芽するまでは日陰で管理しないといけないです。鉢植えの場合はいろいろと移動させることができますので、発芽するまでは大事に慎重に育てないといけないです。そして発芽をしてからは、日なたに移してあげるといいです。

比較的日なたが好む植物になるので、発芽をしてからは日当たりのいいところに移してあげると大きく成長します。そして寒い土地に植えてる場合は苗を冬越しさせるためには、何か入れ物などにいれて寒さを防いで冬越しさせます。しかしそんなに寒くない場所では、冬中でも戸外で育てることができます。

そしてもし庭植えをするとなった場合には、水はけのよい日なたに植えることがおすすめです。比較的日なたを好む植物になりますので、日なたの明るい場所に育てて、水はけのいい土と風通しのよい場所がアグロステンマには、いい環境の場所です。だから環境のいいところに育てることができた場合は、植えた後は特に管理することなく、自然に育てることができるので簡単です。

背が高くて茎が柔らかい性質の植物になりますので、あまり風が吹くところだったり、日陰になっていたりすると、うまく育てることができないです。だから明るい場所で育ててあげて、種を植えたとしても、簡単に育てることができます。そしてうまく育てることができたら、長い間花の時期を楽しむことができますので、日なたで水はけのいい場所が大事です。

種付けや水やり、肥料について

アグロステンマは乾燥には比較的強い植物です。水やりに関してのことでは庭で植えてるものに関しては特に水を与える必要がないです。自然の雨などに任せておけばいいので、植えたらそんなにお手入れがいらないです。しかし鉢植えの場合になれば栽培をしていると、水を与えないといけないときがやってきます。

そして水を与えるときは植木鉢の土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えてあげます。過湿になってしまった場合は、根ぐされが起きてしまいます。だから対策としては過湿を防ぐためには、鉢の中に底石をひいたりして過湿をしないように対策をして、水はけのいい土に植えてあげることが大事です。

そしてもうひとつ水やりで気をつけないといけないことは、水を与える際には、株の上から水をかけるのではなく、根元から水を与えるといいです。上のほうから水をかけてしまったりすると、うぶ毛に水分が付いて蒸れやすくなってきます。

だから水やりをする場合に関しては、株元に水を与えるようにします。そして肥料に関してのことは特に頻繁に肥料を与えないといけないということはないです。庭植えになってる場合は、特に肥料の必要はないです。しかし鉢植えの場合に関しては10月から4月に肥料を与えます。

あまりいろいろと気にすることなく、痩せ気味の土地であっても育てることができますし、また肥料もそんなに多くなくてもいいです。あまり肥料を与えてしまいすぎてしまうと、草丈が伸びすぎて倒れやすくなってしまいますので、注意をしておかないといけないです。

増やし方や害虫について

アグロステンマは特に気になる害虫や病気はないので、安心して育てることができます。丈夫で特に気にすることがない植物になりますが、どうしてもそのままにしてると、株が混みあってきてしまいます。そうなった場合は株が混みあって風通しが悪くなってきてしまいます。風通しが悪くなってしまうと、どうしても蒸れてしまって害虫が発生してしまったりします。

だから葉や茎が重なってしまって密集してしまってるところに関しては、間引きをしてあげたり切って風通しをよくしてあげたりします。そして特に多く発生するのは新芽などに発生することが多いです。よく観察をして、害虫が付いていないかの確認は必要です。雨のときが多くなってくるときには害虫が発生しやすい季節になりますので、

気をつけないといけないです。そして増やし方に関しては、種をまくことによって増やすことができます。種まきは9月から10月などがいい時期になります。そして発芽に必要な気温というのは、20℃前後になってきます。だから真夏の暑さが少し和らいだ季節に植えるといいです。アグロステンマは一年草です。

だから花が咲き終わったら枯れてしまったりして、毎年種から育てることになります。花が咲き終わった後、地面にこぼれたタネから自然発芽したりします。発芽の力は非常に強いので、種がこぼれただけでも発芽します。植木鉢に種をばら撒いて発芽したら間引きをしたりすると、簡単に育てることができます。

ムギセンノウ(アグロステンマ)の歴史

アグロステンマはナデシコ科の植物で、ナデシコのように小さな花がたくさん咲いて、また葉っぱが細長いのが特徴です。アグロステンマは別名ムギセンノウといわれてる植物であって、育て方も比較的簡単で初心者の方でも育てやすい植物になっています。そして栽培をする際にも、あまり手間のかからない植物です。

生息地に関しては、地中海沿岸が原産になっていて、ヨーロッパや西アジアなどで育てられています。そして花の見所に関しては、4月から7月ぐらいです。アグロステンマは一年草の即物になります。秋に種をまいて、翌年の初夏に花を楽しむことができる一年草で、秋まきになっています。そして花が咲いた後は枯れてしまいます。

日本にアグロステンマが普及しはじめたころは、切花として広まってます。しかし切花だけではもったいなく、性質が丈夫ですぐに発芽してくれるので、花壇などにそのまま植えていたりします。植えているだけで、種がまたこぼれてその種が成長したりしますので、手間がかからないです。それに庭ならば気にすることなく、育てることができます。

そしてどんどん成長していって、背丈も高くなってしまいます。だから背丈が伸びすぎてしまわないように切り戻しなどを行なうといいです。そして日本各地ではアグロステンマはほとんど野生化してるのも多いです。自然に生えて、露地などや草むらなどに群植してることが多いです。風になびいたりしますのできれいで涼しげです。

ムギセンノウ(アグロステンマ)の特徴

アグロステンマは風でなびくような柔らかい茎の植物です。風になびきながら美しいピンクの花を咲かせてくれます。このピンクの花が上品で、清楚な雰囲気です。葉っぱの特徴は細長くて、ナデシコ科の特徴はしっかりとある植物になっています。花は比較的大きいので目立ちます。それに自然の環境にとてもなじむ植物になっています。

アグロステンマは日当たりのいいところで、水はけのいい土を使って、また風通しのいいところが理想的な場所になっています。そしてきちんといい場所を選んで植えたとしたら、その後は特に何もしなくても育てることができます。簡単に育てることができるので、初心者の方でも簡単です。

そして植える際に種から育てるという方でも比較的簡単に育てることができます。また種を自分できちんと植えるのではなく、こぼれ種の場合でもきれいに咲かせることができます。そして植物のお手入れに関しては花が咲き終わった場合には、花茎の付け根から切り取ります。花が咲き終わったとしても何もしないでそのままにしておくと、

余計に無駄な栄養が使われて体力が消耗してしまいます。だから花が終ったらしっかりと切り取っておくことによって、次々と新しい花が咲いてくれます。そして長い期間花を楽しむことが可能になっています。特に気をつけて育てることはあまりないので、簡単に育てて長い間花を楽しむことができます。自然に生えてる植物のように、自然体の植物になっています。

pixta_shakunage

シャクナゲの育て方

シャクナゲは、ネパール、ブータンを中心にアジア、ヨーロッパ、北米に約300種が分布します。主に、日本や中国が原産となって...

pixta_nanbangiseru

ナンバンギセルの育て方

ナンバンギセルはハマウツボ科でナンバンギゼル属に属し、別名がオモイグサと呼ばれています。原産地は東アジアから東南アジア、...

pixta_koubai

コウバイの育て方

楽しみ方としても、小さなうちは盆栽などで楽しみ、大きくなってきたら、ガーデニングということで、庭に植えるということもでき...

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味とし...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。...

pixta_utugi

ウツギの育て方

ウツギは、ユキノシタ科の植物です。生息地は北海道から九州、奄美大島までの日本の山野や、中国原産のものもあります。落葉性の...

pixta_pepromia

ペペロミア(Peperomia ssp.)の育て方

ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存...

pixta_yamajinohototogis

ヤマジノホトトギスの育て方

ヤマジノホトトギスはユリ科の植物です。そのため、ユリのように花被片があり、ヤマジノホトトギスの場合は6つの花被片がありま...

pixta_purimurapowansa

プリムラ・ポリアンサの育て方

プリムラ・ポリアンサは、ヨーロッパを原産でクリンザクラとも呼ばれています。17世紀には、プリムラの野生種から幾つかの品種...

pixta_kanhizakura

カンヒザクラの育て方

通常の花といいますと太陽の方に向いて咲く、つまりは上向きに咲くことが多いように感じられます。スズランなど例外的な花もあり...

スポンサーリンク

pixta_karasina

マスタード(カラシナ...

特徴として、フウチョウソウ目、アブラナ科、アブラナ属とな...

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育...

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。...

pixta_dawinia

ダーウィニアの育て方

ダーウィニアの特徴を挙げていきます。まずは、植物の分類で...

pixta_shefrera11

シェフレラの育て方

シェフレラは台湾や中国南部を原産としたウコギ科の常緑低木...