クガイソウの育て方

クガイソウの育て方

クガイソウは、日本でも古くから知られていた植物で、昔の植物の書物にも載せてあるくらいですから、相当有名な薬草だったということになります。花も独特で小さな花がたくさん三角形のわたぼうしのように咲いているということで、花をみると惹きつけられるような不思議な美しさがあります。

育てる環境について

この植物の大きさということでは、高さが1メートルぐらいになります。自生している群生地などでは花がさくと壮観ですが、非常に美しく清々しいという表現がピッタリの植物です。また漢方薬として利用する場合には根を使うようで、7,8月頃のクガイソウの根を採集して、水でよく洗い天日干しにして乾燥させて使います。他の漢方薬と同じように、

それらの乾いた根を煎じて飲むということですが、これも漢方薬の摂取の仕方では一般的な方法です。要するにお茶のようにして飲むということになります。また他の利用方法としては、食用として食べられるということですが、その場合には、春先の若芽を茹でてから晒して食用にします。また香りが良くて保温効果もあるということなので、

お風呂に入れると美容に良いということだそうです。またクガイソウにトウキ、シシウド、ヨモギなどを入れた入浴剤もあり、非常に疲れがとれて、ゆっくり寝られるそうです。そのようにガーデニングでも観賞用から食用、また薬用や入浴にまで利用できるという優れものの野草ということになります。

また他の食用の野草のように似ている毒草もないので、その点も間違わずに利用できるということになりますが、案外食べられる野草が多いのには驚かされます。しかし野菜も元々は野草でしたから、当たり前といえば当たり前です。

そのようにガーデニングでもクガイソウなどは、育ててみる価値のある野草ということになります。また販売もされているので、育っているクガイソウを購入して繁殖させるという方法も初心者には育てやすいということになります。

種付けや水やり、肥料について

また育て方ということで日本に自生しているということでは、日本の庭などのガーデニングには最適ですが、寒さにも暑さにも強いということでも栽培しやすい植物ということになります。花は初夏に咲きますが、日当たりの良い所などを好みます。あるいは半日陰のところなどでも育てることができるということになります。

また北海道でも生息していますので、寒さにも強いということでも、日本の庭などでの越冬も大丈夫ということになります、また大きめの植物ですので、花壇などの背景としてまとめて育てると、花が咲いた時には美し景観になります。そのような楽しみ方もできる野草です。そのような野草なので初心者にも育てやすいということですし、

食用や漢方薬のような利用の仕方も、インターネットなどで調べながら楽しむと良いのではないかということになります。また初心者として育てる場合には、ある程度育ったものを購入して育てると良いのではということですが、価格も低価格ですので、まとめて購入しても、それほど経済的な負担にはなりません。インターネットの場合には、

特に価格を比較できるので、安いところで購入することもできます。しかし相談などができるお店などが良いので、育て方も詳しく親切にわかりやすいサイトなどを利用すると育てやすくなります。それらを含めた料金と考えて購入するようにしたほうが良いかもしれません。いずれにしてもこの植物は購入しやすい植物ということになります。

増やし方や害虫について

また種から育てる場合には4月頃から芽が出てきますが、かなり気温が高くないと発芽しにくいという話もあります。また水はけの良い所で多湿ではないような環境が発芽から育てるには良いようです。また害虫では、家庭菜園でも大きな被害を引き起こすヨトウムシなどの被害もあるようで、中には葉をすべて食べられてしまったというような被害もありました。

食欲旺盛な害虫ですので駆除も気をつけてしなければいけないということで、特に種から育てる場合には葉も小さいですから、あっという間に葉も無くなってしまうので、気をつけるべきです。またこの害虫は夜間に行動するので見つけにくいということがあり、見つけた時には被害が甚大になっているという害虫です。

幼虫は10月から11月に発生するようです。また駆除では、専用の防除剤がありますので、それらを利用しながら駆除するのが良いということでした。また野草関係の内容などもインターネットでは参考になりますが、育てる野草が、

どのような系列の野草かなども調べてみて、それに自宅の環境なども考慮に入れてケースバイケースで育てるべきではないかということになります。特に野草系でも暑さに強いものや、そうでないものなどでも、同じ自宅の庭でも育て方や植える場所を変えるべきですが、

特に日当たりは大切で、夏の期間は要注意期間です。日が当たりすぎて枯れてしまうとか弱ってしまう野草もあるからです。害虫なども注意点ですが、後はできるだけ水はけの良い風通しの良い環境にしておくということは基本ではないかということになります。

クガイソウの歴史

最近はガーデニングでも野草を育てるという場合も多くなっていて、それらの野草を専門に販売しているところもあるようですし、通販などでも多くが販売されています。そして珍しい植物はオークションなどでも手に入れられるということですので、それらの人気の程もわかります。インターネットでも以前はパソコンだけでしたが、

最近は誰でもスマホを持っていますので、スマホを操作するだけでインターネットで探すことができ、手に入れることができるということになります。そのように便利な世の中になりましたが、だからといって野草などを簡単に育てられるかというとそうでもないようで、特に山野などで自生している野草などは難しいようです。

同じ日本なので簡単なように感じますが、なかなかそうもいかないということです。理由としては、庭の状態ということになります。特に都会などでは庭が狭くて日当たりが悪くなるということもありますし、土壌を選ぶことができないということや、水はけの問題もあります。

また近所との関係で木をあまり高くできないとか、落葉樹が困るとかもあります。ですのでガーデニングなどでも、育てやすい植物が良いということになります。また日本に自生している日本原産の生息地も日本の植物ということでは、漢方薬になる植物も育ててみるのには面白いでしょう。

例えば昔から有名な薬草ということではクガイソウがあります。江戸時代の漢方薬の書物にも出ている植物ですが、花も綺麗で紫ですし、葉も独特の形なので面白いのではないかという植物です。

クガイソウの特徴

クガイソウは、日本でも古くから知られていた植物で、昔の植物の書物にも載せてあるくらいですから、相当有名な薬草だったということになります。花も独特で小さな花がたくさん三角形のわたぼうしのように咲いているということで、花をみると惹きつけられるような不思議な美しさがあります。それだけでも育ててみたいということになりますが、

葉も面白い形をしていて、規則正しく茎の周りに整然と水平に並んでいるという感じです。原産地及び生息地は日本の本州で、花の色は青紫、葉は緑色をしています。ゴマノハグサ科クガイソウ属ということで、紫色の花が特徴の植物になります。育て方ということでは、土は有機質の水はけの良い土が良いということで、環境が適していれば、

大きく育つという植物です。またクガイソウを漢字で書くと九階草ということで、葉が九層になっているところからそのような名前になったということです。ただし厳密に九層ではないということでした。またゴマノハグサ科のゴマノハグサは胡麻葉草と書くようです。また漢方薬の名前では、草本威霊仙と呼ばれているそうで、

リュウマチや関節炎などの利用されているということでした。なかなか役に立つ植物ですが、観賞用としても良いですし、薬草としても使えるということですので、日本人には非常に役立っている植物ということになります。生息地ということでは、山地や草原、林などに自生する多年草ということです。新潟県などでも群生地があるそうなので、寒さにも強いのでしょう。

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方について

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜園などで自家製のほうれん草作りを楽しんでいる人も少なくありません...

pixta_shuraburose

バラ(シュラブ・ローズ)の育て方

バラの歴史はとても古く、恐竜が世界を支配していたころから始まります。さらに初めに文字として誕生したのは古代メソポタミア文...

pixta_sentorea

セントーレアの育て方

セントーレアの歴史は、古くやギリシャ時代にまでさかのぼります。今現在、一般的に使われているセントーレアという属名は、ギリ...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方について

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に用いられる植物の総称です。人の手が必要になる野菜とは異なり、...

pixta_siperas

シペラスの育て方

シペラスは、カヤツリグサ科カヤツリグザ(シぺラス)属に分類される、常緑多年草(非耐寒性多年草)です。別名パピルス、カミヤ...

pixta_taniutugi

タニウツギの育て方

タニウツギはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。スイカズラ科の多くは木本で一部はつる性や草本です。タニウツギは田植...

pixta_pakisutakisu

パキスタキスの育て方

キツネノマゴ科に分類される低木です。樹高は0.5mから1m程度ですが、放置すると2mほどになることもあります。熱帯性なの...

pixta_chingensai

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイの原産地は、中国の華中、華南といった地域が原産地ではなかったかと考えられています。アブラナ科で原種とされるも...

pixta_ingen_01

家庭菜園でサヤのインゲンの育て方

サヤインゲンには、つるあり種とつるなし種があります。つるあり種は、つるが1.5m以上に伸びますし、側枝もよく発生するので...

雪割草の育て方

さまざまな種類がありますが、その中でも小さくて可愛らしいイメージがあるのが雪割草で、キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草の園...

スポンサーリンク

pixta_sanshuyu

サンシュユの育て方

サンシュユはミズキ目ミズキ科の落葉小高木です。アキサンゴ...

pixta_usuyukisou

ウスユキソウの育て方

ウスユキソウは漢字で書くと「薄雪草」と書きますが、この植...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地である...

pixta_benibana

ベニバナの育て方

ベニバナに関しては見ると何の種類か想像しやすい花かも知れ...