ほうれん草の育て方について

ほうれん草の育て方について

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜園などで自家製のほうれん草作りを楽しんでいる人も少なくありません。家庭菜園で栽培される野菜は多岐に渡りますが、その中でもほうれん草は比較的栽培がしやすい野菜です。

ほうれん草の育て方

今まで野菜作りをしたことがないような人でも気軽に栽培することができるため、家庭菜園ビギナーにとってはうってつけの野菜とも言えます。ほうれん草の種まきは概ね春と秋の2回に分けることができます。種まきをしてから収穫できるようになるまで大体1ヶ月から2ヶ月くらいです。

春の収穫を考える場合は3月ごろに種まきをして、4月から5月ごろに収穫をします。秋の場合は9月から10月ごろに種まきをして、11月から12月ごろが収穫の時期になります。栽培をする地域の気候や生育の具合によっては、種まきや収穫の時期を若干前後させてあげる必要があります。

ほうれん草は寒さに強い一方で暑さには弱いため、野菜の育て方にあまり慣れていない人にとっては、春まきよりも秋まきのほうがベターです。もちろん寒さに強いとは言っても極端に冷え込んだ気候の中で育てていると生育も鈍ってしまうので気をつけなければいけません。

ほうれん草の栽培時の注意点

ほうれん草の栽培を始めるにあたって注意しなければいけないのは、酸性の土壌では生育しにくい性質を持っているということです。仮に発芽したとしてもまともに育つことは期待できないのです。これを防ぐために使われるのが苦土石灰です。

苦土石灰を混ぜ込むことによって酸性を中和し、ほうれん草がきちんと生育できる土壌に変えてしまうのです。種まきをする2週間ほど前にこの作業をしておき、1週間前には元肥を施しておきます。こうしてしっかり準備された土に溝を掘って1センチ間隔を目安に種をまきます。

ほうれん草の種まきは他の野菜ほど間隔に気を使う必要がないので気楽に作業できます。間隔が狭くて生育に影響が出るということがほうれん草では少ないのです。種をまいたら土を1センチほどかぶせて水やりをしますが、最初はたっぷり与えておくことが大切です。

ほうれん草の収穫まで

芽が出てくるまでは乾燥に十分注意して水やりをします。種まきをしてから1週間もすれば芽が出てきます。芽が出始めたころは茎がまだしっかりしていないため、雨などが当たって折れてしまうことも珍しくありません。そういった事態を引き起こさないためにも初期の雨対策は重要です。

芽が生育してきて混み合ってくると生育の悪いものを間引きして調整します。大きく育てたい場合には間引きを重ねて間隔を広く取ってあげることです。間引きに合わせて追肥を施してやると生育が良くなります。草丈が20センチくらいになってくると収穫のタイミングです。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:オカノリの育て方

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

pixta_kormnea

コルムネアの育て方

コルムネア属の植物は熱帯アメリカに自生していて、熱帯雨林に生えている樹木の幹の部分や露出している岩の部分などに付着しなが...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持っていて、ブドウ科の植物なので葉っぱの裏側には白い樹液のかたまりが付着...

pixta_festuka

フェスツカ・グラウカの育て方

フェスツカ・グラウカは、ヨーロッパ原産の、イネ科の植物です。寒冷地などに多く自生している、細い葉が特徴の植物で、6月から...

pixta_panzyzeranium

パンジーゼラニウムの育て方

パンジーゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物です。品種改良によって、南アフリカ原産のトリコロル種とオウァーレ...

pixta_momo

桃の育て方

桃の歴史は紀元前にまで遡り、明確な時期は明かされておりませんが、中国北西部の黄河上流が原産地とされています。当時の果実は...

pixta_nobiru

ノビルの育て方

原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、すりおろして痒み止めやかぶれ等の付け薬にしているということでした。...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

pixta_ramuzuiya

ラムズイヤーの育て方

この植物は被子植物になります。双子葉植物綱になります。キク亜綱、シソ目、シソ科、イヌゴマ属となります。園芸上の分類として...

pixta_hakusai

ハクサイの育て方

ハクサイは漬物や鍋の中に入れる野菜、中華料理の食材や野菜炒めなどでもお馴染みの野菜です。色々な料理に利用出来る万能野菜と...

スポンサーリンク

pixta_prumeria

プルメリアの育て方

プルメリアの原産地は熱帯アメリカで、生息地も熱帯がほとん...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。...

pixta_sennitikobou

アルテルナンテラ‘千...

園芸店や生花店などでは千日小坊という常緑多年草が売られて...

pixta_skteraria

スクテラリアの育て方

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては...