アシダンセラの育て方

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。

育てる環境について

生息地としては暖かいところがメインの花ですが、栽培をするにあたってはどのように環境設定をしていく必要がある家です。アフリカの中央部分の国が原産になっています。この花についてはまずは日当たりのあるところで栽培する必要があります。まずは花を咲かせることが第一の目標になってくるでしょう。

この花については日光がないとつけづらい、咲きにくいとされています。となるとある程度日光が強いところに置いたり、育てたりしないといけないことがわかります。決してどこにでもある環境とは言えませんが、自宅の中などにおいてある程度日光が得られるところを探しておく必要があるでしょう。

アフリカといいますとかなり強い日差しが1年を通して当たるイメージがあります。それなら日本の強い日差しでも問題なく育てることができそうですが、真夏の直射日光に関しては決して強い植物ではありません。一応は一年間日差しがあるところ、日光が当たるところで育てることを考えますが、真夏において日差しが強くなる時においては

遮光ネットなどを利用して直射日光を少し遮るようにすれば良いかもしれません。遮光ネットに関してはホームセンターで売られていますし、何らかの同じような役割を持つシートなどを利用しても行うことができます。それ以外には半日陰状態のところに置くこともあります。植木鉢で育てようとするなら移動させることが可能になるので、夏の間だけでもそちらに置きます。

種付けや水やり、肥料について

育て方として土の配合はどのようにしていくのがベストの状態になるかですが、肥沃な土作りを行うようにします。室については特に選ぶ必要はありません。水はけが良いタイプが好まれます。赤玉土の小粒が7割、腐葉土が3割ほどの配合であればかなりピッタリ合う土が用意できるでしょう。

鉢植えにおいても、庭植えにおいてもそのような配合を目指して作るようにします。水やりの方針としてはどのように行っていくかです。生育中については水をたっぷり与えることを考えながらになります。鉢植えで育てることが多くなりそうですが、その時には土の表面の様子を見ることで水やりのタイミングを知ることができます。

表面が乾いてきたら水やりのタイミングと考えます。そのためには毎日のように様子を見るようにします。そうでないと昨日は湿っていたけども今日は乾いているのか状態がわかりません。乾いた状態を続けるのはあまり良くありません。花については咲き終わった状態になれば少しずつ水やりの回数を減らすようにします。

その後は乾かし気味の管理をしていきます。そのうち茎や葉っぱが枯れてくるようになるので、そうなったら水やりについてはストップします。庭植えで行うときは水やりはほとんど必要ありません。肥料を与えるときにおいては、球根を植え付けるときにおいて行うようにします。ゆっくり効くタイプがあるので、それを置くようにします。粒状のものであれば効き目もゆっくりになります。

増やし方や害虫について

増やし方としては、球根を分ける方法があります。花が咲いて、その後枯れるようになります。秋になって球根を掘りあげてみましょう。そうすると新しい球根ができている場合があります。そうなるとそれを分けることが出来るかもしれません。球根において木子と呼ばれる小さい球根ができていることがあるので、

そこからどんどん増やせるようになっています。木子に関しては保存の方法を考慮します。適当に置いておけば良いわけではなく、球根と同じような扱いをするのが基本となります。冬においては寒いところ、冷たいところなどにおかないようにします。種などにおいてはよく野菜室などで保存するのが良いとされることがありますが、

球根については必ずしもそのような管理が良いわけではありません。暖かいところに置いたほうが良いことがあるので、気をつける必要があります。植え付ける時期としては5月頃が良いとされます。植え付けをした後、液体肥料を与えるようにします。液体タイプだと固体よりも少しは効き目が早くなります。

11月頃になると葉が枯れてくるのでそれを掘りあげて保存するようにします。植えた年に関して花が咲かなくても特に問題はありません。ほとんどはその年に咲くことはありません。次の年にしっかり咲かせるのを目標にします。病気については特に困るようなことはありません。害虫として出て来やすいのがナメクジです。食害にあうことがあるので注意が必要です。

アシダンセラの歴史

花屋さんにおいてはいろいろな形で花を購入することができます。ただ、街の花屋さんなどでは花束として販売するようなところが多いようです。バラの花束であったり、その他の花束のための花が売られていることが多いように感じます。花束の花といいますと切り花と言われるタイプになるため、基本的には長くもたせることはできません。

水に生けるなどすることで数日から数週間楽しむぐらいで、種をとったり、土に植えたりして育てるタイプではありません。そのようにして育てたいなら鉢植えのものなどを購入するしか無いでしょう。アシダンセラと呼ばれる花があります。非常にきれいな花を咲かせるタイプなので花屋さんでも見かけることがあるかもしれません。

原産地はアフリカのエチオピアになります。南国の花のようなイメージを持たせてくれます。この花についてはグラジオラスの一種として分類されますが、かつての花の分類から今の花の名前が残るようになっています。名前の由来としてはとがった葯になります。確かに特徴的な形をしています。

最も栽培されているものとしてはピコロルと呼ばれる種類とミュリエリアエと呼ばれる種類になります。それらについては日本には1935年ごろに到来したとされています。外交などがすでにある時代ですが、戦争もある時代のさなかにきていたようです。この時の用途としては主に切り花用としての導入になります。楽しむためで、育てるためではなかったようです。

アシダンセラの特徴

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。花においては白い花びらが印象的な花になります。

花びらの数としては5枚ぐらいつくタイプが一般的になります。花びらにおいては真っ白の色だけがあるわけではなく、すべての花について少し特徴的な模様がつくことがあります。花びらの付け根の辺りに何か虫の目のような模様が入ります。色としては茶色っぽい色になります。虫のようにも見えますし、鳥のように見えることがあるかもしれません。

もしかすると何らかの動物に似せようとして咲いているとも考えられます。花に関しては上に向いてしっかりと咲くタイプではなく、あやめ同様に横向き、もしくは少し斜め下を向くような形で咲いています。1本の花茎においては5つから6つぐらいの花を咲かせることが多くなります。

花が咲くと非常に良い香りがして、そのあたりにいい香りを与えてくれます。葉っぱに関しては薄いタイプになります。少し尖ったような形になります。基本的には花を楽しむための花になりますが、花が咲く前、咲いた後に茎や葉っぱだけが残った状態においても比較的楽しむことができそうな花といえるかもしれません。長く見ることができます。

pixta_stromante

ストロマンテの育て方

ストロマンテと呼ばれている花は日本においてはウラベニショウという名前が使用されているケースがあります。これは南アメリカ、...

pixta_sasage

三尺ササゲの育て方

三尺ササゲは別名ジュウロクササゲ、長ササゲともよばれるマメ科ササゲ属ササゲの亜種で見た目はインゲンのようですが別の種類に...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

pixta_koruderine

コルディリネ(Cordyline)の育て方

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさないためにも、日に充分当ててあげることが必要です。5度を超え、霜...

pixta_dimorufoseka

ディモルフォセカの育て方

ディモルフォセカは、南アフリカ原産のキク科の一年草で、日本名ではアフリカキンセンカと呼ばれています。よく似た花に、多年草...

pixta_yasiruia

ヤシ類の育て方

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であることです。広く知られているものとしてはココヤシ、アレカヤシ、テーブル...

pixta_blackcat

ブラックキャットの育て方

ブラックキャットはインドおよび東南アジアを原産地とする植物で、熱帯・亜熱帯の森林の中を生息地としています。外見が大変特徴...

pixta_dorakyura

ドラキュラの育て方

ラン科の植物は、非常に美しく奇をてらった造形の花が多いのですが、それが美しさに起因しているので、その美しさからガーデニン...

pixta_watermashroom

ウォーターマッシュルームの育て方

ウォーターマッシュルームは本来ウチワゼニクサという名前になります。生息地は湿地や河川などの水の多い場所で育つ特徴がありま...

pixta_kabotya

かぼちゃの栽培の方法を教えます。

かぼちゃの栽培場所ですが、出来るだけ乾燥気味の土地で、水はけと日当たりが良い所を選びます。ウリ科の作物は連作障害が出やす...

スポンサーリンク

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多...

pixta_kutenante

クテナンテの育て方

クテナンテは熱帯アメリカ原産の植物で、葉の色や模様などが...

pixta_arstromeria

アルストロメーリアの...

特徴として、ユリ目に該当します。ユリズイセン科の種類には...

pixta_uguisukagura

ウグイスカグラの育て...

ウグイスカグラは、落葉性の低木です。スイカズラ科スイカズ...