アシダンセラの育て方

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。

育てる環境について

生息地としては暖かいところがメインの花ですが、栽培をするにあたってはどのように環境設定をしていく必要がある家です。アフリカの中央部分の国が原産になっています。この花についてはまずは日当たりのあるところで栽培する必要があります。まずは花を咲かせることが第一の目標になってくるでしょう。

この花については日光がないとつけづらい、咲きにくいとされています。となるとある程度日光が強いところに置いたり、育てたりしないといけないことがわかります。決してどこにでもある環境とは言えませんが、自宅の中などにおいてある程度日光が得られるところを探しておく必要があるでしょう。

アフリカといいますとかなり強い日差しが1年を通して当たるイメージがあります。それなら日本の強い日差しでも問題なく育てることができそうですが、真夏の直射日光に関しては決して強い植物ではありません。一応は一年間日差しがあるところ、日光が当たるところで育てることを考えますが、真夏において日差しが強くなる時においては

遮光ネットなどを利用して直射日光を少し遮るようにすれば良いかもしれません。遮光ネットに関してはホームセンターで売られていますし、何らかの同じような役割を持つシートなどを利用しても行うことができます。それ以外には半日陰状態のところに置くこともあります。植木鉢で育てようとするなら移動させることが可能になるので、夏の間だけでもそちらに置きます。

種付けや水やり、肥料について

育て方として土の配合はどのようにしていくのがベストの状態になるかですが、肥沃な土作りを行うようにします。室については特に選ぶ必要はありません。水はけが良いタイプが好まれます。赤玉土の小粒が7割、腐葉土が3割ほどの配合であればかなりピッタリ合う土が用意できるでしょう。

鉢植えにおいても、庭植えにおいてもそのような配合を目指して作るようにします。水やりの方針としてはどのように行っていくかです。生育中については水をたっぷり与えることを考えながらになります。鉢植えで育てることが多くなりそうですが、その時には土の表面の様子を見ることで水やりのタイミングを知ることができます。

表面が乾いてきたら水やりのタイミングと考えます。そのためには毎日のように様子を見るようにします。そうでないと昨日は湿っていたけども今日は乾いているのか状態がわかりません。乾いた状態を続けるのはあまり良くありません。花については咲き終わった状態になれば少しずつ水やりの回数を減らすようにします。

その後は乾かし気味の管理をしていきます。そのうち茎や葉っぱが枯れてくるようになるので、そうなったら水やりについてはストップします。庭植えで行うときは水やりはほとんど必要ありません。肥料を与えるときにおいては、球根を植え付けるときにおいて行うようにします。ゆっくり効くタイプがあるので、それを置くようにします。粒状のものであれば効き目もゆっくりになります。

増やし方や害虫について

増やし方としては、球根を分ける方法があります。花が咲いて、その後枯れるようになります。秋になって球根を掘りあげてみましょう。そうすると新しい球根ができている場合があります。そうなるとそれを分けることが出来るかもしれません。球根において木子と呼ばれる小さい球根ができていることがあるので、

そこからどんどん増やせるようになっています。木子に関しては保存の方法を考慮します。適当に置いておけば良いわけではなく、球根と同じような扱いをするのが基本となります。冬においては寒いところ、冷たいところなどにおかないようにします。種などにおいてはよく野菜室などで保存するのが良いとされることがありますが、

球根については必ずしもそのような管理が良いわけではありません。暖かいところに置いたほうが良いことがあるので、気をつける必要があります。植え付ける時期としては5月頃が良いとされます。植え付けをした後、液体肥料を与えるようにします。液体タイプだと固体よりも少しは効き目が早くなります。

11月頃になると葉が枯れてくるのでそれを掘りあげて保存するようにします。植えた年に関して花が咲かなくても特に問題はありません。ほとんどはその年に咲くことはありません。次の年にしっかり咲かせるのを目標にします。病気については特に困るようなことはありません。害虫として出て来やすいのがナメクジです。食害にあうことがあるので注意が必要です。

アシダンセラの歴史

花屋さんにおいてはいろいろな形で花を購入することができます。ただ、街の花屋さんなどでは花束として販売するようなところが多いようです。バラの花束であったり、その他の花束のための花が売られていることが多いように感じます。花束の花といいますと切り花と言われるタイプになるため、基本的には長くもたせることはできません。

水に生けるなどすることで数日から数週間楽しむぐらいで、種をとったり、土に植えたりして育てるタイプではありません。そのようにして育てたいなら鉢植えのものなどを購入するしか無いでしょう。アシダンセラと呼ばれる花があります。非常にきれいな花を咲かせるタイプなので花屋さんでも見かけることがあるかもしれません。

原産地はアフリカのエチオピアになります。南国の花のようなイメージを持たせてくれます。この花についてはグラジオラスの一種として分類されますが、かつての花の分類から今の花の名前が残るようになっています。名前の由来としてはとがった葯になります。確かに特徴的な形をしています。

最も栽培されているものとしてはピコロルと呼ばれる種類とミュリエリアエと呼ばれる種類になります。それらについては日本には1935年ごろに到来したとされています。外交などがすでにある時代ですが、戦争もある時代のさなかにきていたようです。この時の用途としては主に切り花用としての導入になります。楽しむためで、育てるためではなかったようです。

アシダンセラの特徴

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋で9月から10月ぐらいに咲くことが多いようです。たねか球根で育てるかについては、こちらは球根を植え付けて育てるタイプになります。春植え球根の代表ともされてます。花においては白い花びらが印象的な花になります。

花びらの数としては5枚ぐらいつくタイプが一般的になります。花びらにおいては真っ白の色だけがあるわけではなく、すべての花について少し特徴的な模様がつくことがあります。花びらの付け根の辺りに何か虫の目のような模様が入ります。色としては茶色っぽい色になります。虫のようにも見えますし、鳥のように見えることがあるかもしれません。

もしかすると何らかの動物に似せようとして咲いているとも考えられます。花に関しては上に向いてしっかりと咲くタイプではなく、あやめ同様に横向き、もしくは少し斜め下を向くような形で咲いています。1本の花茎においては5つから6つぐらいの花を咲かせることが多くなります。

花が咲くと非常に良い香りがして、そのあたりにいい香りを与えてくれます。葉っぱに関しては薄いタイプになります。少し尖ったような形になります。基本的には花を楽しむための花になりますが、花が咲く前、咲いた後に茎や葉っぱだけが残った状態においても比較的楽しむことができそうな花といえるかもしれません。長く見ることができます。

pixta_kotyouran_01

コチョウランの育て方

コチョウランは、18世紀中頃に発見された熱帯植物で、原産地は赤道付近の高温多湿地帯です。インドネシア、フィリピン、台湾南...

pixta_fenix

フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れておかなければなりません。ですから、植え付けは5月から7月くらいに行...

pixta_kridansas

クリダンサスの育て方

クリダンサスの特徴としてはやはり見た目と香りでしょう。鮮やかな黄色の花を咲かせて香りは花のフレグランスとも呼ばれているよ...

pixta_himeodorikosou

ヒメオドリコソウの育て方

春先の3月から5月頃にかけて花を咲かせるヨーロッパ原産のシソ科の草花である”ヒメオドリコソウ”。学名をLamiumpur...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持っていて、ブドウ科の植物なので葉っぱの裏側には白い樹液のかたまりが付着...

pixta_panpasuglasu

パンパスグラスの育て方

パンパスグラスの原産地はアルゼンチン・ブラジル南部とされていて、南米のパンパと言われる地域に自生している事からこの名前が...

pixta_hanaberia

ハベナリアの育て方

ハベナリアはラン科の植物で、草丈は15cmから60cmほどになります。洋ランの中でもその品種が非常に多い植物でもあります...

pixta_mukuge

ムクゲの育て方

ムクゲはインドや中国原産とされる落葉樹です。生息地は広く、中近東になどにも分布しています。韓国の国花として知られています...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

スポンサーリンク

pixta_himenokaris

ヒメノカリスの育て方

ヒメノカリスはヒガンバナ科の植物で原産地は北アメリカ南部...

pixta_hanaume

ウメ(花ウメ)の育て...

ウメの系統をたどっていくと、サクラやモモと同じように、も...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明...