オーストラリアビーンズの育て方

オーストラリアビーンズの育て方

オーストラリアビーンズは学名をCastanospermumaustraleといい、マメ科になる植物です。名前にもビーンズとついていますのでわかりますが、豆から芽をだししっかりと育っていきます。またこの植物に関しては童話の「ジャックと豆の木」などにでてくる豆としても知られています。

育てる環境について

オーストラリアビーンズの育て方としてはやはりその成長スピードを理解してあげるという事でしょう。どんどん葉を増やして成長して行きますのでお手入れも欠かせません。また原産地では公園などに多く生息しているのですが、やはり大木に育ちますので使っている鉢にあわせた葉の処理をしていかないといけません。

栽培する環境については日当たりがとても重要です。太陽の光が大好きですので日当たりのいい場所に置いてたくさん日光を浴びさせてあげましょう。ただまだ苗や小さいうちはそこまでする必要もないでしょう。日陰でも十分育ちますので大丈夫です。日向と比べると若干成長する速度は遅くなりますが、特に問題もないでしょう。

また乾燥には弱いのでエアコンなどの空調設備のそばに置くのは避けた方がよさそうです。その他、寒さにも比較的強く耐寒温度は5度くらいと言われていますが、場合によっては0度くらいまで大丈夫な場合もあります。一部地域では寒さに強いという事で冬場でも屋外で育てることもあるようです。

ただすべてがそうとも限りませんし枯れてしまっても困りますので、できるのなら屋内で育ててあげた方がいいでしょう。寒さには強いので室内の日当たりのいい場所にいれてあげるだけでも十分かもしれません。またより緑を楽しみたければ室温を15度程度にしてあげると葉をたくさんつけるのでいいようです。室内の温度設定によっては冬場でもキレイな緑が楽しめるのではないでしょうか。

種付けや水やり、肥料について

オーストラリアビーンズの場合は先程の育てる環境についてもありましたが、乾燥するのを嫌がります。ですから水分補給はしっかりとやってあげるようにしましょう。鉢植えなどの土の表面をよく観察し、乾いているようなら水分をしっかりたっぷり補給してあげるといいでしょう。室内の湿度などにも気を配り、エアコンの風が直接あたらないように置く場所なども考えます。

また植物周辺にも霧吹きなどで湿気を補ったり、必要なら葉っぱにも霧吹きでかけてあげましょう。肥料についてはだいたい春から秋にかけてあげるといいようです。だいたい月に1、2回くらいを目安にして肥料をあげてみましょう。液体肥料を使いますが、あまりたくさん与える必要はないでしょう。

日当たりのいい場所において環境を整えておけばぐんぐん葉っぱを増やして延びていきます。心配になってつい肥料をあげたくなるのですが、逆に育ち過ぎてお手入れが大変になることもあるようです。どういう状態で育てているかにもよりますが、鉢植えの場合は育ち過ぎると困ることもあるでしょう。

ですから肥料を与える際はただ決められているから与えるというのでなく、植物の成長度合いや様子をしっかりと観察しながらにするといいでしょう。無駄な手間がかかってしまいますし、肥料ももったいないです。また冬場は肥料を与える必要がありませんのでお手入れも楽でしょう。春から秋にかけての間だけ様子をみながら与えていきます。

増やし方や害虫について

オーストラリアビーンズの増やし方についてですが、さし木や種まきをする事で増やす事ができます。さし木をするのなら6月頃が適していますが、その時に使用するものはできるだけ新しいものがいいようです。やはりその年にできた新しい枝を使うのが最適です。また種まきについては鉢植えなどに種をおいて育てていきます。

置く向きなどを間違えないように注意しながら育てていきますが、十分な水分を日当たりを確保してあげましょう。適温は20度から25度くらいと言われています。また上から見て特に変化がなくても土の中に向かってすでに根がでている場合もありますのでしばらく様子をみながら育てるようにしましょう。

その他、害虫についても注意が必要です。カイガラムシという害虫がつきやすいので気をつけます。特に風通しが悪いとつきやすいので環境には注意を払いましょう。万が一こうした害虫がついてしまったときは薬を使って排除します。虫が成虫になってしまうとややとりにくいのですが、そういう場合は薬ではなく歯ブラシなどで直接こすってあげると落とす事ができます。

やや手間がかかりますが、そうならないためにも早目に害虫をみつけて駆除してあげるようにしましょう。またカイガラムシの排せつ物が原因で葉の色が一部黒くなるスス病にかかることもあります。できるだけ毎日観察し、小さな変化も見逃さないようにしたいですね。早目の対処をしておけばそれほど深刻な状態にはならないでしょう。

オーストラリアビーンズの歴史

オーストラリアビーンズは学名をCastanospermumaustraleといい、マメ科になる植物です。名前にもビーンズとついていますのでわかりますが、豆から芽をだししっかりと育っていきます。またこの植物に関しては童話の「ジャックと豆の木」などにでてくる豆としても知られています。オーストラリアビーンズと言われてもわからない人もいるかもしれませんが、

子供の頃から読まれている絵本に登場するなど身近にある植物としても親しまれているでしょう。またこの植物の原産はオーストラリアとなります。名前にも含まれていますが、観光地としても人気のあるオーストラリアが原産となっています。こちらの植物は落葉性の高木となりますが、生息地としてはオーストラリアの公園などでよく見られるでしょう。

公園はたくさんの人が集まる憩いの場所です。しっかりとした葉をたくさんつけてくれますし大きな豆もできますので、こういった植物が公園にあると緑も豊かで癒し効果もあるのではないでしょうか。また見た目にも大きな豆がつくので大人だけでなく子どもたちにも人気がありそうです。

最近では鉢植えなどにして観賞用としても人気がありますが、他の植物とは違い、豆から直接植物が生えてくるのでその様子を観察するなど育てる際も楽しみが増えそうです。比較的手軽に育てることができますので、興味のある人は小さな鉢植えからでも始めてみるといいのではないでしょうか。

オーストラリアビーンズの特徴

オーストラリアビーンズの特徴といえばやはり大きな豆でしょう。豆と言われるとどうしても小さくて可愛らしいものをイメージしてしまうかもしれませんが、この植物の場合はとても大きくてどっしりとしているが特徴です。童話にもでてくるほどですからやはり印象的なものとなっていますが、だいたい4センチくらいはあるのではないでしょうか。

もちろん多少大きさに差はありますが、だいたいそのくらいになります。手のひらにのせるとその大きさに驚かされるでしょう。また面白いのはこれを鉢植えの上においておけばそこから芽がでてくるという点です。豆を土の上にのせる際に皮をとっておいたり、下準備や土に置く向きなどもありますが、他の植物のように土の中に埋めてしばらく様子がわからないというのではありません。

大きな豆を土の上にのせているだけですから変化していく様子などもよくわかります。ちょこんとのせておくと次第に色がかわって芽がでてくるのでそれだけでもとても面白いでしょう。普通に植物を育てる際は、なかなかこうした光景は見られないのではないでしょうか。

また芽がでてくる時は豆が真っ二つに割れますので、そういう姿もとても興味深いです。芽がでてくるまでの豆の変化が間近で見られるという点と、また豆自体がとても大きいため、日々の変化もとてもわかりやすく観察する事ができます。植物に興味があまりない人でもこういうのだと楽しめるかもしれませんね。

pixta_siknotyes

シクノチェスの育て方

シクノチェスはラン科の植物で独特の花を咲かせることから世界中で人気となっている品種で、15000種以上の品種があるとされ...

pixta_tatunamisou

タツナミソウの育て方

タツナミソウはシソ科の仲間で世界中に分布している植物なので日本でも全国的に見ることができます。花の形が独特であるという理...

pixta_ramuzuiya

ラムズイヤーの育て方

この植物は被子植物になります。双子葉植物綱になります。キク亜綱、シソ目、シソ科、イヌゴマ属となります。園芸上の分類として...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み自生しています。日本ではドライフラワーなどに良くつかわれています...

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て方

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでしょう。特に華やかな花が咲くわけではありませんが、肉厚の葉がとても...

pixta_arukemira

アルケミラ・モリスの育て方

アルケミラ・モリスは、ハゴロモグサ属でバラ科の植物です。アラビア語のAlkemelych、錬金術に由来しています。アルケ...

pixta_shukkonasuta

宿根アスターの育て方

アスターは、キク科の中でも約500種類の品種を有する大きな属です。宿根アスター属は、中国北部の冷涼な乾燥地帯を生息地とす...

pixta_pakira

パキラ(Pachira glabra)の育て方

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉植物としての人気が非常に高いです。原種は約77種ほどあって、中に...

pixta_ezogiku

エゾギク(アスター)の育て方

中国や朝鮮が原産の”アスター”。和名で「エゾギク(蝦夷菊)」と呼ばれている花になります。半耐寒性一年草で、草の高さは3c...

pixta_yanagiran

ヤナギランの育て方

花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラン属の種類となっています。多年草なので1年を通して葉などをつけて...

スポンサーリンク

pixta_taasai

タアサイの育て方

中国が原産となるタアサイの歴史は中国の長江付近となる華中...

pixta_hereborsniger

ヘレボルス・ニゲルの...

ヘレボルス・ニゲルはキンポウゲ科クリスマスローズ属の植物...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言...

pixta_chingensai

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイの原産地は、中国の華中、華南といった地域が原...