アイビーの育て方について

アイビーの育て方について

観葉植物にも色々な種類が有りますが、その中でもアイビーは非常に丈夫な上に育てやすいので初心者や、観葉植物の育て方が分からない栽培したこと無いという人にも非常に人気です。

アイビーの置き場所

アイビーですが、育てやすいとは言ってもより見栄えよく育てるには最低限のきちんとした知識が必要です。まず、置き場所についてです。アイビーは、寒さや乾燥、陰に強いのでそこまで神経質になる必要は有りません。

ただし、葉に班が入る種類のものは日の光をしっかり浴びさせないと、班が小さくなったり時には消えてしまう事もあります。日当たりが良いと成長も促進されますし、葉の色つやなども良くなるので出来るだけ日当たりの良い場所が理想です。

ただし、日当たりが良い場所で真夏に強い日光を浴びてしまうと葉が焼けてしまう事もあるので、夏場は少々気をつける必要があります。アイビーの用土に関してですが、観葉植物用のものを使えば問題ないです。自身でブレンドして使う場合は、赤玉土と腐葉土をブレンドした物を使えば大丈夫です。

アイビーの水やり

アイビーは夏場に成長する植物です。したがって、夏場は非常に水分を必要とします。土の表面が乾燥してきたら与えると言うのがアイビーの水やりの基本になっていますが、夏場に関しては毎日与えないと不足してしまうので注意です。

逆に冬場はそれほど神経質になる必要もなく、むしろ水を与えすぎてしまうと耐寒力が落ちてしまいます。あまり与えなくても良いくらいです。植物を育てる上で欠かせないのが肥料の存在ですが、アイビーは痩せた土でも育つくらい強いので2.3ヶ月に1回程度与えるので十分になっています。

アイビーの栽培時の注意点

与える肥料は緩効性肥料でゆっくり長く効果を与えるタイプのものにします。アイビーを育てる場合、地表を覆うグランドカバーとして使う場合やブロックフェンスに這わせるなどする場合の他に、最も身近な方法として鉢植えで育てると言う物があります。

鉢植えでもアイビーは十分に楽しめるのですが、鉢植えの場合特に夏なんかだと生育が激しく、鉢の中がすぐに根で一杯になってしまう事があります。そうなると水を吸い上げられ無くなってしまうので、植え替えを数年に1度行なう必要があります。

植え替えは季節も重要になっていて、気温の高い初夏から初秋までの間に行うのが理想になっています。アイビーを育てる上で注意するのは冬の過ごし方です。寒さに強いと言っても、霜の降るような場所は避ける必要があります。

アイビーのトラブルとしてカイガラムシなどの害虫が出る場合があります。カイガラムシなどは出来るだけ早めに対処する事が大切になるので、もし発見したらすぐにスミチオン乳剤などを散布する事が大切です。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アイビーゼラニウムの育て方

pixta_sterunbergia

ステルンベルギアの育て方

ステルンベルギアの名前の由来は19世紀に活躍したオーストラリアの植物学者であるシュテルンベルク氏に因んだものです。他にも...

pixta_marubatakebuki

マルバタケブキの育て方

マルバタケブキはキク科メタカラコウ属の植物です。原産が日本です。漢字による表記は、丸葉岳蕗です。生息地は日本と中国に分布...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニアの育て方

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物のひとつで、鉢植えにして室内で楽しむ植物としても高い人気を誇ります...

pixta_siyoutanpopo

セイヨウタンポポの育て方

セイヨウタンポポは外国原産でそういうところから持ち込まれたタンポポであり、今では我が国を生息地として生えているタンポポで...

pixta_poinsetia

ポインセチアの育て方

特徴としてはなんといっても赤い花びらと緑の葉でしょう。クリスマスにピッタリの色合いです。そう考えて購入する人もいるでしょ...

◎

ボロニアの育て方

ボロニアはミカン科、ボロニア属になります。ボロニアは、3月から4月にかけて綺麗な花を咲かせる樹木になります。ですので、寒...

pixta_riefretasu

リーフレタスの育て方

紀元前6世紀にはペルシャ王の食卓に供されたというレタスですが野菜としての歴史は非常に古く、4500年前のエジプトの壁画に...

pixta_sakura11

サクラの育て方

原産地はヒマラヤの近郊ではないかといわれています。現在サクラの生息地はヨーロッパや西シベリア、日本、中国、米国、カナダな...

pixta_senbri

センブリの育て方

センブリはリンドウ科センブリ属の二年草です。漢字で「千振」と書き、その学名は、Swertiajaponicaとなっていま...

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園芸をする上でどのように分類されているかですが、まずは庭木であった...

スポンサーリンク

pixta_toumorokoshi_01

とうもろこしの育て方

昔の生息地や原産地、起源は正確には分かっておらず、現在の...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカ...

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽...

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森...

pixta_emadaginaru

エマルギナダ(ヒムネ...

この花についてはマメ科、カリアンドラ属となっています。和...