ビギナー向けの育てやすい植物

ビギナー向けの育てやすい植物

カラフルな花を観賞するだけではなく、現在では多くの方が育て方・栽培法を専門誌やサイトなどから得て植物を育てていらっしゃいます。

栽培する植物を選択するポイント

育て方が難しいのは剪定・花切りなどが必要な種類で、特に果樹は結実になるまでには長い期間の栽培が必要となるため、ビギナーには手入れがあまり必要ない種類の植物を選択することが枯らさずに楽しめるポイントとなり、

季節に応じた花やグリーンリーフを選ぶことがポイントになります。例えば、夏には向日葵・冬にはパンジーなど、季節に合わせて開花する種類は暑さや寒さなどの気温の変化に柔軟に対応してくれる魅力があり、ビギナーでも育てやすい魅力があります。

例えば、冬の時期の植物がスミレ科のパンジーですが、晩秋から春にかけて花が次々に咲いてくれるので長い期間楽しむことができます。育て方も比較的ラクですし、寄せ植えにも最適で、花色は黄色・青色・紫・ピン クなどのバリエーションが豊富で、複色咲きやフリル咲きなどの形もオシャレです。

パンジーの育て方についてが参考になります♪

パンジーの育て方

育て方としては追肥が唯一必要となります。パンジーは第一・第二と次々に花が咲くために育成に定期的な追肥が必要で、苗を植えつける時に適量の粒状肥料を与えた後は、根つきが良くなってから月に2回程度液体肥料を与えるとイキイキと育ってくれます。

水やりは土の表面が乾きはじめてからたっぷりと水を与えるのが適していますが、育て方のポイントとしては冬の植物であり寒さに強いのですが、土が凍る寒い日には夕方以降ではなく、午前中に水やりを行うのが適しています。

さらにパンジーは日当たりを好む植物でもあり、冬の時期でも日中は日差しもあるので寄せ植えで楽しむ場合には日当たりの良い場所に置いておき、風当たりが強い場所は茎が折れてしまったり葉が変色しやすくなるため避けることもポイントとなります。

こちらのパンジーの育て方が詳しくて参考になります♪

ヒヤシンスの育て方

さらにビギナー向けの植物の栽培で適しているのがユリ科の球根植物であるヒヤシンスで、ダッチ系・ローマン系の種類がありダッチ系は手軽な水栽培で育てられるため、小さなお子さまにも気軽に育てることができます。

さらに水栽培によるヒヤシンスは第一・第二と約4ヶ月近く次々と花が咲くので長く楽しめるのも魅力の1つです。秋植えヒヤシンスは気温が低くなることで開花するのが特徴で、暖冬の際には1ヶ月ほど温度が一定である冷蔵庫に入れて育てるのもポイントです。

ポットに水を入れて球根をセットして冷蔵庫で保管していくと根が徐々に伸びはじめ、5cmほど伸びてきたら水の水位を下げて球根が水に浸らないように配慮します。

水替えは週1回で良く、約1ヶ月すると芽が出始め、冷蔵庫から出して室内の日当たりの良い場所で育てます。その後はつぼみがつき、小さな花が次々に開花し、約4ヶ月近く花を楽しむことができます。

花の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:トレニアの育て方
タイトル:花壇や水耕栽培でも楽しめるヒヤシンスの育て方

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agleonema)の育て方

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の多年草です。インドから東南アジア、中国南部にかけて約50種類が生...

pixta_seiyoumurasak

セイヨウムラサキの育て方

セイヨウムラサキの特徴について書いていきます。日本を本来の生息地とするムラサキと比較してみると、茎に特徴があります。茎が...

pixta_erose

植物栽培の楽しみ方について。

私たちは、身近に植物が生息しているのを知っています。いわゆる雑草は、育て方を教えなくても、年から年中、切っても切っても生...

pixta_tomato02

種から育てよう~トマトの栽培方法~

トマトは私たちにとても身近な野菜です。トマトの成分・効能として、ビタミンAなどのビタミン類が豊富に含まれていること、リコ...

pixta_pontederia

ポンテデリアの育て方

ポンテデリアの生息地は主にアメリカとなります。原産地は北米南部となっていますが、北アメリカから南アメリカの淡水の湿地など...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_asperula

アスペルラの育て方

アスペルラはクルマバソウとも呼ばれていて歴史的にはトルコの周辺が原産であるとされていて、生息地としてはアジアやコーカサス...

pixta_ionopsijium

イオノプシジウム,育て方,栽培,原産,生息地

花の分類としてはアブラナ科に属します。花については庭植えとして育てられることが多く、咲き方としては1年草になっています。...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

スポンサーリンク

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにし...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育...

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは...

pixta_fennel

フェンネルの育て方

フェンネルは原産が地中海沿岸だとされています。かなり古い...

pixta_akinokirinsou

アキノキリンソウの育...

アキノキリンソウは、古くから日本にありました。キク科植物...