サフィニアの育て方

サフィニアの育て方

この花の特徴としては、キク亜綱、ナス目、ナス科、ペチュニア属に属する花になります。元々ペチュニアが原種ですが、日本の会社によって開発された園芸品種とされています。草花の種類になり、草の高さとしては10センチから30センチ位になります。

育てる環境について

育て方としてどのような環境下ですが、生息地は南アメリカです。でも日本で改良が進められたこともあり、日本の気候にもそれなりに対応しています。日本といえば夏に蒸し暑くなる気候がありますが、暑さについてはそれなりに耐暑性を持っています。日当たりが必要な花で、日の当たる場所で管理しないといけないとされます。

日光が当たらないと花つきが悪くなります。常に屋外で育てることが出来るかですが、この花の弱点としては雨があります。多少の雨であれば当然水分補給にもなってよいですが、あまり継続的に降るような雨、ジメジメとした雨だと影響することがあります。日本は6月ぐらいに梅雨の時期があり、その時には雨が続くことがあります。

この雨にさらされると、蒸れて葉っぱが傷んでしまうことがあります。そして花としてもそのまま終わってしまうことがあります。梅雨でも空梅雨のこともあるのでその年の状況によるでしょうが、雨が続くようであれば雨の当たらないところに移動するのが良いとされます。これは梅雨の時期だけでなく春や秋、

また夏に台風が来た時などに雨が断続的に降るときも同様になります。雨が止めばすぐに日当たりに移動させるようにします。冬に関してはどのようにするかですが、日当たりの良い室内での管理によって冬越を行います。屋外でも寒い風が当たらない、霜が降りないようなところであれば管理をすることができます。昼間は外で、夜は室内でなども可能です。

種付けや水やり、肥料について

栽培するときの用土においては、赤玉土の小粒タイプを5割、腐葉土を3割、そして酸度の調整をしたビートモスを2割配合した土などを利用します。雨などの湿気をあまり好みません。水はけが良くて、有機物が多く含まれた土を好みます。酸性が強い状態にあるとあまり育たないことがあります。弱酸性の土が良いとされるので石灰などをいれずに土を用意します。

生育があまり良くない時は酸性に傾いていることがありますから、酸度を調整していないピートモスを加えたりして酸度の調整を変更すると良い状態に変わることがあります。水やりに関しては気をつけなければいけないでしょう。ペチュニアについては別名をツクバネアサガオと言います。その名の通りかなり朝顔に似ています。

夏によく似合う、水滴がよく似合う花です。朝顔に水をやるついでにこちらにもどんどんかけてしまう人がいます。でもこれはあまり水を好みません。土が乾いているときに水をしっかり与える程度で、土が濡れている時にもどんどん与えてしまうと蒸れやすくなるので注意が必要です。

夏場や生育期においては水を欲しがることが多くなりますから、その時には少し多めにあげることもあります。庭植えにおいても真夏になると雨だけでは足りないこともあります。水を与えるときは花には水をかけないようにするのが基本になります。植木鉢の部分に水をいれるようにします。肥料に関しては、与えるなら継続的に与えるようにします。

増やし方や害虫について

増やし方としては種まきがあります。春の3月から5月に行う方法と秋の9月に行う方法があります。9月に置くときは冬越がありますから、冬には室内などにおいて霜や冷たい風から守るようにした方がいいでしょう。さし芽を利用して増やすことも可能です。こちらに関しては春から夏の間に行うことができます。

秋の9月から10月ぐらいにも行えます。植え付けを行うときにおいては、土をしっかりと管理して行います。新しい土を購入して行うときと以前から使っている土を使う時があります。適度に葉っぱなどが入っていて肥料になりそうだからとそのまま使うことがあるかもしれませんが、あまり葉っぱなどが残っているものは良くありません。

花がらなどは取ってから植えつけるようにしなければいけません。植えるときにはあまり深くに植えないようにしなければいけません。病気が少し心配で、灰色かび病にかかることがります。雨や水分があまり好きではありません。水分補給としての水は必要ですが、過剰な水はそれによって腐ることの原因になります。

花が落ちたり葉っぱが落ちたりするときもそれを丁寧に取って病気を広がらないようにします。害虫としてはアブラムシが発生します。発生するのは1年を通して出ます。冬にも出ますから油断しないようにします。発見したら防除するようにしていきます。オオタバコガなどが夏から秋にかけて発生します。それらの幼虫がついてつぼみや花を食害してしまいます。

サフィニアの歴史

花においてはいろいろな会社が研究をしてきれいな花、新しい品種の開発をしていることがあります。まさにナ花の種や苗、栽培のための土などを主に行っている会社もあれば、親会社などは全く別の製品を作っているメーカーなどでその事業の一環として行っているところもあります。

食品を製造するメーカー等であればバイオ技術などがあるのでそういった研究をしていることもあるようです。サフィニアと呼ばれる花があります。こちらに関しては原産地としてはブラジルとされています。元々はペチュニアと呼ばれる品種において知られていて、これをある会社の駐在員が持ち帰った上で品種改良を行い、

その上で新たに開発された花とされています。ですから生み出されたのは日本と言ってもいいかもしれません。元々のペチュニアについては非常に美しい花だけに花壇栽培に特化して出回ることが多かったようですが、サフィニアへの改良によって繁殖を容易にすることが出来る品種として変更されたようです。

日本における園芸上における記念的な品種とも言われています。日本では古くから花が楽しまれていましたが、どちらかといいますと日本的な花の栽培が多かったようです。それが1990年代からのガーデニングブームでヨーロッパなどの方法やヨーロッパの花などが非常に人気になることがありました。その時にもこの花は非常に注目されたと言われています。日本の花には無い華やかさを持っていたとされてます。

サフィニアの特徴

この花の特徴としては、キク亜綱、ナス目、ナス科、ペチュニア属に属する花になります。元々ペチュニアが原種ですが、日本の会社によって開発された園芸品種とされています。草花の種類になり、草の高さとしては10センチから30センチ位になります。花の開花時期は非常に長くて、4月くらいから10月くらいまで咲くことが出来る花になります。

花の色は様々で、赤やピンクが良く知られています。青、紫、白などの色も人気があるとされています。冬には花をつけませんから耐寒性としてはあまり強いとは言えません。耐暑性としては元々ペチュニアの時からありましたが、更にそれよりも耐暑性が強まったとされています。

これまでの種類だと夏にへばってしまうことがあったようですが、この花においてはうまく環境を整えてあげることでそれ程夏越えが難しくなくなっているとされています。ただしペチュニア同様にあまり雨には強くないとされていますから注意が必要になります。匍匐性が強い花で、プランターなどで増やしながら育てるようにするのが良いとされています。

花に関しては大きな花びらが5枚ついたタイプになります。完全に開ききるタイプではなく、根元部分は少しラッパのように残っていて、色はその部分だけが白くなっています。ピンク色の場合だと広がっている部分がピンクになります。葉っぱの形は一般的な楕円形です。特につやがあるわけではない薄いタイプの葉っぱが花の下に付きます。

pixta_seironbenkei

セイロンベンケイの育て方

セイロンベンケイというのは、ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の植物で別名トウロウソウと呼ばれることがあります。ベンケ...

pixta_saboten

サボテンやアロエなどの多肉植物の育て方

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテン科、アロエ科、ハマミズ科、ベンケイソウ科など様々な種類があ...

pixta_hiberutexia

ヒベルティアの育て方

ディレニア科ヒベルティア属は、害虫被害に遭いにくい植物です。原産地をオーストラリアとするヒベルティアという花は、種類にも...

pixta_reptsifon

レプトシフォンの育て方

この花についてはハナシノブ科、リムナンツス属になります。属に関しては少しずつ変化しています。園芸における分類としては草花...

pixta_karumia

カルミアの育て方

カルミアはツツジ科に属している植物のことで約7種類が世界で認められています。北アメリカやキューバが原産とされていて、主に...

pixta_nezumimoti

植物栽培と育て方について

最近、植物の栽培が趣味として人気になっています。昔は植物を育てる趣味というのは、主に高齢者のものでした。その代表が盆栽で...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て方について

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも育て方としては、比較的栽培しやすい方だと思われているかと思います...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことでしょうが明智光秀の家紋として使用されているのが、このキキョウなの...

pixta_hekorinia

ヘリコニアの育て方

ヘリコニアは単子葉植物のショウガ目に属する植物です。大きく芭蕉のような葉っぱから以前はバショウ科に属させていましたが、現...

pixta_kokabu_01

小かぶの育て方

原産地を示す説はアジア系とヨーロッパ系に分かれており定かにはなっておりません。諸説ある中でも地中海沿岸と西アジアのアフガ...

スポンサーリンク

pixta_austrariabeans

オーストラリアビーン...

オーストラリアビーンズは学名をCastanospermu...

pixta_yuugirisou

ユウギリソウの育て方

キキョウ科に属することから花の形を想像することがあるかも...

pixta_ionopsijium

イオノプシジウム,育...

花の分類としてはアブラナ科に属します。花については庭植え...

pixta_karanse

カランセの育て方

カランセはラン科エビネ属の多年草です。日本が原産地となっ...