ヤマジノホトトギスの育て方

ヤマジノホトトギスの育て方

ヤマジノホトトギスはユリ科の植物です。そのため、ユリのように花被片があり、ヤマジノホトトギスの場合は6つの花被片があります。見た目からもユリに似ているため、すぐに同じ科と分かることができます。また、花を支える花柄には毛が多く生えているため、そこからも見極めることができます。

育てる環境について

ヤマジノホトトギスは、前述の通り、山道を歩いていると見つけることができることから、その名前がつきました。それでは、自分の家のガーデニングや、畑のちょっとしたところに植えて愛でることはできないのかというと、そういうことはありません。元々の生息地は日本の固有の植物で、日本原産です。

そのため、山道で多く見ることができますが、ガーデニングに向かないわけではなく、育てることももちろんできます。育て方も難しい方ではなく、日光を好むため、日光が当たる場所に植えることがコツです。そのため、他の草花の陰にならなければ、ほとんどの場合簡単に育てることができます。

また、多年草であることを忘れず、何年かはその場所で花を咲かせるため、先に計画して植えることが大切です。そうすることによって、季節感を味わいながら、毎年同じ場所に咲いているヤマジノホトトギスを見ることができます。また、葉が広がって大きいため、他の植物の邪魔にならないことも計画に入れなければなりません。

元々は山道に生えていましたから、より多くの日光を取り込み、栄養にしなければならなかった環境から考えると、葉の大きさの意味はよく分かり、それを理解し、青く広い葉の特徴を活かしたガーデニングの計画をすると、調和が取れ、綺麗に仕上げることができます。それから、乾燥を避けることが大切です。ジメジメというよりも、水分を含んだ土が好きであるため、注意が必要です。

種付けや水やり、肥料について

ヤマジノホトトギスの場合、水をあげ過ぎず、少なさ過ぎずが一番のコツです。水やりによって失敗する可能性は低いですが、それでも気をつけるとうまく咲くことが多く、そこから学ぶこともあります。また、水はけがいいことも増やすコツですから、水はけの良い場所を選ぶことも大切です。ヤマジノホトトギスは、水やりの水が好きなため、土が乾燥していると感じた際にあげることが必要です。

そのため、気をつけながら水をあげることで育っていきます。水やりだけではなく、土の種類ですが、上記の通り、水はけが良いものを選ぶ必要があります。そのため、多孔質のもの同士を混ぜ合わせて専用の土を作ることで、水はけを良くすることができます。そのような土を好みますから、きちんと合わせてあげることが必要です。

それから、植木鉢はあまり小さなものを好みません。広く深い植木鉢を用意することで、広々と長く成長することができます。株の大きさにもよりますが、その大きさによって植木鉢を選ぶことが大切で、長く愛でることができます。また、大きいと乾燥しにくいという利点があります。

水はけは土に任せ、乾燥しにくさは植木鉢に任せると上手くいくことが多いです。整理すると、他の植物の陰が邪魔をせず、土は水はけの良いものを混ぜたものを用意し、植木鉢は大きめの深いものにすると、綺麗に咲かせることが多く、失敗することはありません。乾燥しないよう、水やりには注意しましょう。

増やし方や害虫について

ヤマジノホトトギスの植え方は、株分けによって増やすことができます。植木鉢からの植え替えを行う際がちょうど良く、株分けさえできれば簡単に増やすことができます。また、生えたヤマジノホトトギスから種子を摘み取ることで、増やすことが可能となっています。摘み取った種子は長く放っておかず、すぐに別の場所に植えることで、

栽培に成功する可能性が高くなります。この時も、十分に水を含ませた土を用意することが大切です。また、ヤマジノホトトギスは秋にその花を咲かせることができます。そのため育った経過によって植え替えをしていくと、段々花を咲かせることができます。植え替えの場合注意したいのは、根っこを傷めないことです。

根っこが痛むと土の栄養を吸収することができず、結果的に失敗に終わってしまうこともあります。そのため、植え替えの時には注意をしましょう。植え替えの時期も、大体は1年から2年の間に1度、春に植え替えをすることで成長することができます。そして気になる害虫ですが、やはり葉や根を食べてしまう害虫に注意が必要です。

また、寄生するタイプもいますから、それを見つけた時はすぐに離すことが大切です。また、葉を食べられすぎると光合成ができないため、必要があれば害虫駆除の薬を撒くことが大切ですが、あまりやりすぎると枯れてしまうため、やりすぎず、少量で済ませることが必要です。毎日注意の目を光らせておくことで、守ることができます。

ヤマジノホトトギスの歴史

山道を散策していると、沢山の野草に出会うことができます。普段は気にしない山道でも、ふと足元を見てみると、青々している葉や、面白い形の花、不思議な色の花など、沢山の種類が自生しており、覚えきることはなかなか難しいです。ヤマジノホトトギスは、このような山道に自生している花の一種です。山の中に咲いており、花は斑点と不思議な模様の花でもあります。

ヤマジノホトトギスの名前の由来は、有名な山鳥である、ホトトギスからきています。ホトトギスの胸元は斑点模様ですから、ここからこの名前が付けられています。また、ヤマジというのは「山路」と書き、山道を歩いているとすぐに見つけられることから、ヤマジノホトトギスと呼ばれるようになったとされています。

特徴的な花が咲くため見つけやすく、昔の人もそのような名前をつけて愛でていたことが分かります。今でも山道を歩いているとすぐに見つけることができるため、ふと足を止めて眺めてみてもいいかもしれません。このように、花や草にはその見え方や似ているものから名前を付けられたものが多く、見る者に印象を与えます。

独立したその姿も凛々しいため、カメラで写真を撮ると、後から帰って観ることができます。このくらい分かりやすく、名前も覚えやすいため、昔からヤマジノホトトギスが人々に愛されているのが分かり、今も山道を歩く人の目を楽しませてくれます。小さな花であるため、分かりにくい時もありますが、それでも見つけると楽しませてくれる植物です。

ヤマジノホトトギスの特徴

ヤマジノホトトギスの特徴は、何と言ってもその花です。上記の通り、ホトトギスの胸元に似ていることからその名前が付いたため、斑点ということは名前で理解することができます。また、その斑点模様も普通の斑点ではなく、白の花びらに黒の斑点が色づけられています。また、ヤマジノホトトギスはユリ科の植物です。

そのため、ユリのように花被片があり、ヤマジノホトトギスの場合は6つの花被片があります。見た目からもユリに似ているため、すぐに同じ科と分かることができます。また、花を支える花柄には毛が多く生えているため、そこからも見極めることができます。また、ヤマホトトギスという非常によく似た植物もありますが、見極める違いとしては、

ヤマホトトギスは花被片が反り返っているため、ここから違いを見ることができます。ヤマジノホトトギスはホトトギス属に属しているため、似たような名前を持つものや、似たような形の花が多くありますが、それぞれが別の名前となっており、別の種類ですから、間違えないようにすることが大切です。

また、花は1、2輪しか咲かないことも特徴です。そして多年草ですから、一年だけではなく、複数の年数、その姿を楽しむことができます。このため、越冬をしますから、次の年に、同じ山道を歩いていると毎年同じ場所に花を咲かせている姿を見ることができます。このため、同じ場所を歩くだけで季節感を味わうことができ、楽しむことができます。

pixta_sagisou

サギソウの育て方

サギソウはラン科サギソウ属サギソウ種の多年草で、日本や台湾、朝鮮半島が原産となっています。日本では北海道や青森などを除い...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なってくるものの、マツ属に含まれるものは、基本的に木本であり、草本が...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)の育て方

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当たりを非常に好むため、できるだけ日の当たる場所で栽培します。特にユ...

pixta_narukiss

ナルキッスス・バルボコディウムの育て方

ナルキッスス・バルボコディウムのナルキッススとは、ギリシャ神話に出てくる青年の名前からつけられています。

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ科パキフィツム属の植物は、多肉植物の中でも、肉厚な種類として有名...

pixta_karekusu

カレックスの育て方

カレックスはカヤツリグサ科の植物の一つ属です。ですから一つの種を指すのではなく、実際には多くの種が含まれます。変異しやす...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_taitanbikas

タイタンビカスの育て方

タイタンビカスの特徴といえばやはり色の鮮やかさと力強さでしょう。先程も述べましたが日本で開発されたまったく新しい品種です...

pixta_shinbijiumu

シンビジウムの育て方

ランはヒマラヤから中国、日本、オーストラリア、南米など広範囲に分布していますが、その中でもシンビジウムは約50種ほどある...

スポンサーリンク

pixta_hiiraginanten

ヒイラギナンテンの育...

ヒイラギナンテンの原産地は中国や台湾で、東アジアや東南ア...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラの仲間の...

カンパニュラはラテン語で「釣鐘」を意味しています。和名も...

pixta_kokabu_01

植物の栽培とこの育て...

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野...

pixta_arusutoromeria

アルストロメリアの育...

アルストロメリアは、南米原産の単子葉植物の属の一つで、ア...