家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園ではプチトマトやゴーヤなど育てやすい野菜を育てるのが人気です。ですが、冬野菜でもある大根の栽培でも、手軽にすることができます。大根の種まきは、「春まき」「夏まき」「秋まき」と3回することができます。中でも、害虫がいちばん少なくなっている「秋まき」が一番おすすめです。

大根の育て方

大根の育て方ですが、根まで地中深く入っていく野菜です。そのなかで石や塊があると、たこ足になったり曲がってしまったりすることがあります。ですので、大根の育て方で最も重要なことは、土をしっかりと耕しておくことです。

さらに、最初から元肥として鶏ふんや堆肥、米ぬかなどを入れますが、大根の実に触れてしまうとたこ足の原因になりますので、直接触れない位置に入れておきます。大根の種まきは、60センチの幅で畝を立ててまいていきます。スペースの関係で狭い庭で育てようとするならば、

30センチメートル間隔で4~5粒の種をまいていきます。このように、大根は根が40センチメートル以上になり、そして地中に張る野菜のため庭で育てていくことが必要になります。しかし、品種によってはプランターで育てることができる大根もあります。

こちらの大根の育て方はもっと詳しく記載しております♪

大根の品種

たとえば、辛味大根のような短めの品種や、中国で広く栽培されている紅芯大根のような品種ですと、短めに育ちますのでプランターでの栽培が可能です。さらには、品種改良によって葉ダイコンという葉を食べるための品種ですと狭い範囲でも栽培できます。

カイワレダイコンのようにキッチンで栽培できる品種もありますし、家庭菜園でよく見ることのあるラディッシュも、大根と同じ品種です。大根の種まきをしてから発芽までは、だいたい3日程度、遅くても1週間程度かかります。双葉が発芽してきますが、それがカイワレダイコンです。

ミズナの育て方もかなり参考になります♪

大根の栽培時の注意点

そうすると、1回目の間引きを行います。本葉が7から8枚になったら2回目の間引きを行います。その後二週間ほどたったら3回目の間引きを行います。収穫までに何度か間引きを行うことで、最終的に30センチメートルに1本くらいの間隔になるようにします。

間引きをしている葉は、炒めものにしたりして食べることができます。種をまいてからだいたい70日ほどで収穫できるようになります。葉が横へ広がってきたら収穫します。大根は日がたつと固くなったり、秋まき大根ならば気温が10度以下になると生育しなくなりますので、その前に収穫することが必要です。

このように、大根は冬以外には1年間を通して春まき、夏まき、秋まきというように何度かまくことができますので、比較的手軽に育てていくことができます。たとえば大根ならラディッシュのような小さくてかわいい品種もあります。子どもと一緒に育ててもよいです。

こちらのブロッコリーの育て方もかなり参考になります♪

pixta_saboten

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から...

pixta_fukurokazura

フウセンカズラの育て方

フウセンカズラは、熱帯地方原産の植物です。アメリカ南部、アフリカ、インド、東南アジアなどを生息地とし、湿気の多い雑木林や...

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、現時点で67種類が確認されています。この植物はシベリアを生息地と...

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育て方

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの名前からもわかるように、花を咲かせた姿が白鷺が舞っているようにも...

pixta_asagao

アサガオの育て方

日本で古くから親しまれている日本で最も発達した園芸植物です。それは小学校の教材でも用いられる程で、育成の容易さも示してい...

pixta_siratamanoki

シラタマノキの育て方

シラタマノキは学名をGaultheriamiquelianaといい、ツツジ科のシラタマノキ属になります。漢字にすると「白...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_narukiss

ナルキッスス・バルボコディウムの育て方

ナルキッスス・バルボコディウムのナルキッススとは、ギリシャ神話に出てくる青年の名前からつけられています。

pixta_serori

セロリの育て方

セロリはセリ科の食物でヨーロッパや中近東などが原産で、冷涼な湿原地域が生息地だとされています。古代ローマやギリシャなどで...

pixta_sukabiosa11

マツムシソウの育て方

マツムシソウは科名をマツムシソウ科と呼ばれており、原産地はヨーロッパを中心にアジア、アフリカもカバーしています。草丈は幅...

スポンサーリンク

pixta_yuugirisou

ユウギリソウの育て方

キキョウ科に属することから花の形を想像することがあるかも...

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。...

pixta_toritereia

トリテレイアの育て方

トリテレイアは、ユリ科に属する球根性の多年生植物で、かつ...

pixta_minimeron

メロンの育て方

園芸分野では実を食用とする野菜、「果菜」とされています。...