家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園ではプチトマトやゴーヤなど育てやすい野菜を育てるのが人気です。ですが、冬野菜でもある大根の栽培でも、手軽にすることができます。大根の種まきは、「春まき」「夏まき」「秋まき」と3回することができます。中でも、害虫がいちばん少なくなっている「秋まき」が一番おすすめです。

大根の育て方

大根の育て方ですが、根まで地中深く入っていく野菜です。そのなかで石や塊があると、たこ足になったり曲がってしまったりすることがあります。ですので、大根の育て方で最も重要なことは、土をしっかりと耕しておくことです。

さらに、最初から元肥として鶏ふんや堆肥、米ぬかなどを入れますが、大根の実に触れてしまうとたこ足の原因になりますので、直接触れない位置に入れておきます。大根の種まきは、60センチの幅で畝を立ててまいていきます。スペースの関係で狭い庭で育てようとするならば、

30センチメートル間隔で4~5粒の種をまいていきます。このように、大根は根が40センチメートル以上になり、そして地中に張る野菜のため庭で育てていくことが必要になります。しかし、品種によってはプランターで育てることができる大根もあります。

こちらの大根の育て方はもっと詳しく記載しております♪

大根の品種

たとえば、辛味大根のような短めの品種や、中国で広く栽培されている紅芯大根のような品種ですと、短めに育ちますのでプランターでの栽培が可能です。さらには、品種改良によって葉ダイコンという葉を食べるための品種ですと狭い範囲でも栽培できます。

カイワレダイコンのようにキッチンで栽培できる品種もありますし、家庭菜園でよく見ることのあるラディッシュも、大根と同じ品種です。大根の種まきをしてから発芽までは、だいたい3日程度、遅くても1週間程度かかります。双葉が発芽してきますが、それがカイワレダイコンです。

ミズナの育て方もかなり参考になります♪

大根の栽培時の注意点

そうすると、1回目の間引きを行います。本葉が7から8枚になったら2回目の間引きを行います。その後二週間ほどたったら3回目の間引きを行います。収穫までに何度か間引きを行うことで、最終的に30センチメートルに1本くらいの間隔になるようにします。

間引きをしている葉は、炒めものにしたりして食べることができます。種をまいてからだいたい70日ほどで収穫できるようになります。葉が横へ広がってきたら収穫します。大根は日がたつと固くなったり、秋まき大根ならば気温が10度以下になると生育しなくなりますので、その前に収穫することが必要です。

このように、大根は冬以外には1年間を通して春まき、夏まき、秋まきというように何度かまくことができますので、比較的手軽に育てていくことができます。たとえば大根ならラディッシュのような小さくてかわいい品種もあります。子どもと一緒に育ててもよいです。

こちらのブロッコリーの育て方もかなり参考になります♪

pixta_nemofira

ネモフィラの育て方

北アメリカで10数種類以上分布し、花が咲いた後に枯れる一年草です。草丈はあまり高くなることはないのですが、細かく枝分かれ...

pixta_rairakku

ライラックの育て方

ライラックの特徴としてあるのはモクセイ科ハシドイ属の花となります。北海道で見られる事が多いことでもわかるように耐寒性があ...

pixta_abokado

アボカドのたねは捨てずに育てよう

「森のバター」とも呼ばれている果実をご存知でしょうか。これは、アボカドの事を指しますが、栄養価が高く、幅広い年代に人気の...

pixta_dioskorea

ディオスコレアの育て方

観葉植物として栽培され、日本でも人気を集めているのがディオスコレアであり、特に普及しているのがディオスコレアエレファンテ...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニスという美少年が流した血から生まれた花という説もあり、古くからヨー...

pixta_roubai

ロウバイの育て方

強い香りをあたりに漂わせ、どの樹木よりもいち早く春の訪れを告げる花ですが、江戸時代の終わり頃に、中国から朝鮮半島を経て伝...

gibanakosumos

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_asperula

アスペルラの育て方

アスペルラはクルマバソウとも呼ばれていて歴史的にはトルコの周辺が原産であるとされていて、生息地としてはアジアやコーカサス...

pixta_oorikyura

オーリキュラの育て方

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産...

スポンサーリンク

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。...

pixta_brakikam

ブラキカムの育て方

ブラキガムは、キク科、ヒメコスモス属(ブラキスコメ属)に...

pixta_yasiruia

ヤシ類の育て方

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であること...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物...