簡単な人参の栽培の仕方について

簡単な人参の栽培の仕方について

野菜作りなどの趣味の範囲でも、人参の栽培は簡単に作る事ができます。ベランダなどでのプランター栽培でも作る事ができるのでおすすめです。人参は、栄養価も高く、気軽に育てて食べても、美味しいです。栄養価が特に高い葉っぱに近い部分も普段は食べる事ができませんが、栽培すれば食べる事ができるのも魅力のひとつです。

人参の育て方

人参の育て方は、まずプランターの場合は少し深めの物を用意します。60センチ以上のプランターがよいとされています。実の部分が地中に生えるのと、根っこの部分もあるので、深い方がよく育ちます。地植えでももちろんできますが、土づくりも肝心です。バランスを考えた上に、露地栽培の場合は苦土石灰も必要になってきます。

初心者の方は野菜によって種のまき方が違うということを案外知らないかもしれませんが、人参の種まきの場合は、筋蒔きです。棒状にタテに割り箸などで線をつけてそこに指で少しずつ種を筋状に落していきます。

これも野菜によってちがうのですが、人参は発芽するために日光が必要になるので、ごく浅く土をかぶせる程度にしておいてください。まるでかぶせないのも種が飛んでしまったり、鳥などに食べられたりする事もあるかもしれないので、薄くかぶせる程度がいいでしょう。その後はたっぷり水をやって、芽が出るのを待ちましょう。

こちらの人参の育て方は詳細に記載していて凄く参考になります♪

人参の育て方 間引き

種から芽が生えてきて少し育ってくると、今度は間引きという作業が必要になります。たくさん密集して生えすぎていると、養分を取り合ったり育つ場所がなくなるため、みんな小さくなってしまうためです。良く育ちそうなものを残して、少しずつ間引いて取り除いていきます。

この作業は意外と細かく集中力が必要になります。おいしい人参を育てるためがんばってみましょう。間引きは育っていく間に、約3回ほど行いますが、最初の間引きの後はまだ苗が小さいため土寄せの必要はないですが、2回目間引いた後、少し土を苗に寄せて、土寄せという土の柔らかいものを寄せる作業をしておきます。

人参の育て方 色々な注意点

間引きも適度にし、追肥(後でやる追加の肥料)や水やりのタイミングも、きちんとしていれば、やがて、根元が人参らしく育ってくると思います。自分でも人参らしい人参を作る事ができると思うと新たな発見や嬉しい事があるはずです。人参も種類によって収穫時期が微妙に違ってくるので、種をまいた日や品種を記録しておくこともしておきましょう。

それに基本的な事ですが、寒い土地暖かい土地によっても微妙に蒔くのに最適な時期も違ってきますし、季節外れにまいてもとうぜんうまくいきません。このへんは、テレビでもやさいを育てる番組が存在していて、時期にあった物が放送されているのでとてもおすすめです。作り方から、収穫したあとの食べ方までレクチャーされている事もあります。

pixta_fritiraria

フリチラリアの育て方

フリチラリアはユリ科の植物でフリチラリア属に属します。生息地は北半球独自の品種であることから、地中海沿岸地方から日本、カ...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

pixta_bururesu

ブルーレースフラワーの育て方

ブルーレースフラワーはオーストラリア西部を原産とする植物です。現在では色々な地域で栽培されていますが、もともとはオースト...

pixta_shoujoubakama

ショウジョウバカマの育て方

ショウジョウバカマは日本から南千島、サハリン南部を原産地とするユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。北は北海道から南は...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方

どうせガーデニングをするのであれば、収穫の楽しみを味わうことができる植物も植えたいと希望する人が少なくありません。キレイ...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_renankyurasu

レナンキュラスの育て方

レナンキュラスはキンポウゲ科・キンポウゲ属に分類され、Ranunculusasiaticsの学名を持ち、ヨーロッパを原産...

pixta_seiyouiwanannten

セイヨウイワナンテンの育て方

セイヨウイワナンテンはツツジ科の常緑低木で北アメリカが主な原産地です。バーニジア州、ジョージア州、テネシー州などに分布し...

pixta_musharindou

ムシャリンドウの育て方

ムシャリンドウという花は名前を聞けばリンドウの仲間なのではないかと考える人は多いでしょう。ですが実際は、リンドウとは何の...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

スポンサーリンク

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方

中央アジアから西アジアの地域を原産地とするほうれん草が、...

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりは...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方に...

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息...