苺の種まきや苺の育て方や苺の栽培について

苺の種まきや苺の育て方や苺の栽培について

冬になると、苺がスーパーなどで店頭に並ぶため、苺の種まきは夏に行っていると思う人も居るかも知れませんが、ハウス栽培でなければ、3月が苺の種まきシーズンとなります。

苺の栽培方法

苺の栽培方法は基本的にハウス栽培です。というのも、本来の季節に合わせて露地栽培をすると大量の農薬を使うことになってしまうため、それを避けるために、虫の少ない冬に少量の農薬で作っています。苺の育て方として、昔はいわゆる畑に直接植えていましたが、

近年ではプランターを人間の腰辺りの高さに設置し育てるやり方がもっとも一般的になっています。これは摘み取りの作業が楽だということだけでなく、余分な水分を下に落とすことが出来ますし、何と言っても、地面から直接虫が寄って来れないという利点があります。

苺狩りなどで、直接摘み取った苺をそのまま食べるのに抵抗を感じた方は多いのでは無いでしょうか?多くのハウス栽培ではハウス内にニワトリを放し雑草駆除と芋虫などの駆除が出来る仕組みにしています。そのため農薬は最低限のものしか使いませんし、苺狩りをやっている施設ではその日の早朝にシャワーをして洗い流しているから問題がありません。

こちらのイチゴの育て方も凄く参考になります♪

家での栽培方法

さて、ご家庭で苺の栽培にチャレンジしてみたいという人も多いのでは無いでしょうか、また、既にチャレンジはしたものの、虫に喰われたり、鳥に先を越されてしまい失敗した人も多いと思います。もし、ご家庭で綺麗で安全な苺の栽培をしてみたいという方は、

ぜひ苺のハウス栽培にチャレンジしてみてください。苺のハウス栽培をご家庭でするためには、プランター2つか3つとそれが入る大きさの簡易ハウスを購入しましょう。ハウスはホームセンターに行けば売っています。またインターネットでも販売をしているので探してみましょう。

家での栽培時の注意点

そして、次に苺の育て方ですが、実を付けるまでは虫の心配はあまり必要ありませんので、気温と水だけを注意してください。しかし青い実が付き始めた頃から虫に注意が必要となります。基本的には苺用に希釈した農薬を霧吹きで散布すれば大丈夫ですが、

かけ過ぎには注意しましょう。失敗したことのある人でも、ハウスで作るだけで以外にも簡単に苺の栽培が出来ることが分かると思います。収穫期になると次々に実を実らせてくれます。実際に収穫した苺を食べてみると、スーパーで買ったものとは違い、

かなりワイルドな酸味があると思いますが、それが本来の苺です。しかし、プロが育てたものと同じように甘くしたいと思うのであれば、翌年は土作りから始めましょう。農業の基本は土です、その植物に合った土を上手くブレンドする必要があります。

鳴門金時が甘いのは砂地で栄養不足にして育てるため、栄養分を一生懸命取ろうとして芋が甘くなります。どんな環境で何を食べて成長するかによって人間も違う育ち方をするのと同じです。ぜひチャレンジしてみてください。

pixta_pimerea

ピメレアの育て方

ピメレアは育てるのに、簡単で丈夫な植物になりますが、どうしても夏場は気をつけてあげないといけないです。夏場は高温になって...

pixta_kinkan

キンカンの育て方

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインドや東南アジアだと考えられています。この地域のものが中国で栽培され...

pixta_korizema

コリゼマの育て方

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間もない植物になります。花の色がとても鮮やかなオレンジ色をしており...

pixta_kabotya

かぼちゃの育て方

生息地はインドのネイル河沿岸やペルー、南アジアやアンゴラなど様々な説があったのですが、ここ数年の間に研究が進められ、中南...

pixta_bazil_01

お料理に重宝バジルの栽培のコツ

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストで...

pixta_virjiniastock

バージニアストックの育て方

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの仲間です。花がストックに似ていることからこのような名前が付けられ...

pixta_kianera

キアネラの育て方

キアネラの特徴について書いていきます。キアネラの原産地は南アフリカを生息地としています。ケープ南西部に9種のうち8種が生...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況とはまったく違う日常生活になっています。そうなると飢餓に慣れ...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培方法

ピーマンは夏を代表する野菜となっています。小さな子供は苦手と言うことが多くなっていますが、その苦みがうまみを増やすという...

pixta_serastium

セラスチウムの育て方

セラスチウムは、20センチ前後の、あまり大きくない花になります。ですが、上へと伸びるのではなく、どんどんと横に伸びていき...

スポンサーリンク

pixta_hiyodorijougo

ヒヨドリジョウゴの育...

ヒヨドリジョウゴの特徴は外観と有毒性が挙げられます。外観...

pixta_turubakia

ツルバキアの育て方

ツルバキアは、原産、生息地共に南アフリカのものが多くあり...

pixta_tutuji

ツツジの育て方

ツツジもまたピンク色のものから赤っぽいもの、紫や白いもの...

pixta_sirobanahebiitigo

シロバナノヘビイチゴ...

シロバナノヘビイチゴの特徴は何と言っても、その花が白いこ...