おいしいトマトを作りましょう

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気に掛かりやすく栽培が難しいとされてきました。最近では品種改良が進んで、生長しやすい品種や、糖度の高い苗が多く販売されています。

トマトを栽培する前の下準備

まずは好みの品種を選定しましょう。自宅の庭でも比較的簡単に実り、庭のない家庭でも深型のプランターで育てることができます。背が高くなるので、マンションのベランダで栽培される人は、強風による落下などに気をつけましょう。

トマトの種まきは4月後半から5月上旬にはじめ、7月から8月に収穫できます。連作が出来ないため、毎年の栽培をするには畑のスペースを考えながら配置場所を決めましょう。トマトの育て方を説明する前に、事前準備をしましょう。植え付けの1か月ほど前から、畑に元肥をたっぷり入れておきます。

トマトの育て方

肥料には石灰と配合肥料を使用します。ベッドの高さは70センチほどにし、中央に30センチほどの溝を掘ります。溝の内部に元肥を施し、埋め直してさらに高いベッドを作ります。そして、トマトは天高く伸びるため、支柱を立てます。支柱は2.5メートルほどの高さにし、合掌造りのような組み方をします。

実をつけるとかなりの重量になるので、丈夫な構造にしておきましょう。そして苗の植え付けを始めます。花房が向いている方向に実が付くので苗の植える方向を揃えましょう。苗は支柱に結び付け、しっかりと水やりをしましょう。

良い苗は、1番目の花房の花が咲き始めの頃が良いといわれています。根が張り出してきたら過度に水を与えないようにしましょう。開花後は根がさらに奥まで伸びるので、奥の根が乾燥すると枯れてしまいます。水やりは適量を心掛けましょう。

トマトの栽培時の注意点

成長していくと、葉の付け根部分からわき芽が伸びていきます。早めにこのわき芽を取り除きましょう。この時期はアブラムシが付きやすくなります。病気の原因にもなるので小まめに取り除きましょう。苗が支柱の高さまでたどり着いたら、主枝の成長を止めるために摘心の作業をします。

摘心は、主枝の一番先頭の部分を摘み取る作業で、これをやることで植物内の栄養素が分散せずに蓄えられます。実がプチトマトほどの大きさになったら追肥を行います。追肥は2週間おきに実施し、肥料が枝に直接触れないように気をつけましょう。

開花後から50日ほど過ぎたものが収穫時期です。背の高すぎる部分や低すぎる部分に実ったものより中間部の実がおいしいといわれています。トマトはがん予防や動脈硬化、高血圧など老化現象を助ける食材として有名です。自ら育てたトマトで自分自身もリフレッシュできれば幸いです。

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽しみ方

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森のバターとしてもよく知られています。美容効果もあり、女性にとって...

pixta_papaiya

パパイヤの育て方

パパイヤはメキシコ南部から西インド諸島などが原産と言われており、日本国内においても熱帯地方が主な生息地になっており、南国...

pixta_kakiodosi

カキドオシの育て方

カキドオシは草地に生息する年中草です。特徴としては茎はまっすぐと伸びるのですが成長するにつれて地面に倒れます。開花すると...

pixta_kemansou

ケマンソウの育て方

ケマンソウの生息地は、森林や谷間などの半日陰を中心に広がっています。中国から朝鮮半島一帯を原産とする、寒さに強く暑さに弱...

pixta_sennou

センノウの育て方

センノウは鎌倉時代の末か室町時代の初めごろ、中国から渡来したと言われている多年草です。中国名は「剪紅紗花」と書き、センコ...

pixta_fuirigetou

植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾燥している場所で育つ植物以外は、基本的にこれらによって育っていき...

pixta_serojine

セロジネの育て方

セロジネはラン科の植物でほとんどの品種が白っぽい花を穂のような形につけていきます。古くから栽培されている品種で、原産地は...

pixta_ekeberia

エケベリアの育て方

エケベリアはその学名を「Echeveria sp」といい、バラ目ベンケイソウ科エケベリア属の植物です。常緑の植物で、多肉...

pixta_keratosutexuguma

ケラトスティグマの育て方

中国西部を原産としているケラトスティグマは明治時代に日本に渡ってきたとされています。ケラトスティグマの科名は、イソマツ科...

pixta_tororiusu

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

スポンサーリンク

pixta_pseuderantemm

プセウデランテムムの...

プセウデランテムムは、キツネノマゴ科プセウデランテムム属...

pixta_pirea

植物の育て方について

タイトルにもあるように、私達に生活に溶け込んでいる植物で...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観...

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て...

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでし...