おいしいトマトを作りましょう

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気に掛かりやすく栽培が難しいとされてきました。最近では品種改良が進んで、生長しやすい品種や、糖度の高い苗が多く販売されています。

トマトを栽培する前の下準備

まずは好みの品種を選定しましょう。自宅の庭でも比較的簡単に実り、庭のない家庭でも深型のプランターで育てることができます。背が高くなるので、マンションのベランダで栽培される人は、強風による落下などに気をつけましょう。

トマトの種まきは4月後半から5月上旬にはじめ、7月から8月に収穫できます。連作が出来ないため、毎年の栽培をするには畑のスペースを考えながら配置場所を決めましょう。トマトの育て方を説明する前に、事前準備をしましょう。植え付けの1か月ほど前から、畑に元肥をたっぷり入れておきます。

トマトの育て方

肥料には石灰と配合肥料を使用します。ベッドの高さは70センチほどにし、中央に30センチほどの溝を掘ります。溝の内部に元肥を施し、埋め直してさらに高いベッドを作ります。そして、トマトは天高く伸びるため、支柱を立てます。支柱は2.5メートルほどの高さにし、合掌造りのような組み方をします。

実をつけるとかなりの重量になるので、丈夫な構造にしておきましょう。そして苗の植え付けを始めます。花房が向いている方向に実が付くので苗の植える方向を揃えましょう。苗は支柱に結び付け、しっかりと水やりをしましょう。

良い苗は、1番目の花房の花が咲き始めの頃が良いといわれています。根が張り出してきたら過度に水を与えないようにしましょう。開花後は根がさらに奥まで伸びるので、奥の根が乾燥すると枯れてしまいます。水やりは適量を心掛けましょう。

トマトの栽培時の注意点

成長していくと、葉の付け根部分からわき芽が伸びていきます。早めにこのわき芽を取り除きましょう。この時期はアブラムシが付きやすくなります。病気の原因にもなるので小まめに取り除きましょう。苗が支柱の高さまでたどり着いたら、主枝の成長を止めるために摘心の作業をします。

摘心は、主枝の一番先頭の部分を摘み取る作業で、これをやることで植物内の栄養素が分散せずに蓄えられます。実がプチトマトほどの大きさになったら追肥を行います。追肥は2週間おきに実施し、肥料が枝に直接触れないように気をつけましょう。

開花後から50日ほど過ぎたものが収穫時期です。背の高すぎる部分や低すぎる部分に実ったものより中間部の実がおいしいといわれています。トマトはがん予防や動脈硬化、高血圧など老化現象を助ける食材として有名です。自ら育てたトマトで自分自身もリフレッシュできれば幸いです。

pixta_hanashoubbu

ハナショウブの育て方

ハナショウブとは6月の梅雨の時期に花を咲かせる花弁の美しいアヤメ科の多年草です。原産は日本や中国などのアジア圏になります...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

pixta_gaura

ガウラの育て方

ガウラは北アメリカを原産地としている花ですが、北アメリカでは「雑草」と認識されているようです。主な生息地はアメリカ合衆国...

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがあります。春の七草で良く知られている雑草は、キク科であり、シソ科のもの...

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッシュ)の育て方

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は日本においては、原産地である南アメリカのボリビアから沖縄の生産者...

pixta_blackberry

ブラックベリーの育て方

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼることができるほど古いです。このブラックベリーは人々から野生種として...

pixta_abokado

アボカドの育て方

アボカドは7000年以上前から栽培されているという言い伝えがあります。アボカドは南アメリカ北部からメキシコ高地が原産で、...

pixta_kamisonia

カミソニアの育て方

カミソニアとは北アメリカの西部を原産とする植物であり、62種類もの品種があります。アカバナ科ですが、開花後に枯れてしまう...

pixta_suisen01

スイセンとシクラメンの育て方について

ここでは、植物の育て方についてお伝えします。秋に植えつけをする花といえば、スイセンやシクラメンがありますね。スイセンとい...

pixta_kyabetsu_01

きゃべつの育て方を教えます。是非、挑戦してみて下さい。

きゃべつは涼しい所を好み低温に強い作物です。また、冬を越して作られる品種は甘みが強く、生食でも加熱しても食べる事が出来ま...

スポンサーリンク

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがありま...

Plumeria,white flower.

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし...

pixta_pakira

鉢植え乾燥地帯原産地...

鉢植え「パキラ」は東急ハンズ等で購入できる乾燥地地帯であ...