おいしいトマトを作りましょう

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気に掛かりやすく栽培が難しいとされてきました。最近では品種改良が進んで、生長しやすい品種や、糖度の高い苗が多く販売されています。

トマトを栽培する前の下準備

まずは好みの品種を選定しましょう。自宅の庭でも比較的簡単に実り、庭のない家庭でも深型のプランターで育てることができます。背が高くなるので、マンションのベランダで栽培される人は、強風による落下などに気をつけましょう。

トマトの種まきは4月後半から5月上旬にはじめ、7月から8月に収穫できます。連作が出来ないため、毎年の栽培をするには畑のスペースを考えながら配置場所を決めましょう。トマトの育て方を説明する前に、事前準備をしましょう。植え付けの1か月ほど前から、畑に元肥をたっぷり入れておきます。

トマトの育て方

肥料には石灰と配合肥料を使用します。ベッドの高さは70センチほどにし、中央に30センチほどの溝を掘ります。溝の内部に元肥を施し、埋め直してさらに高いベッドを作ります。そして、トマトは天高く伸びるため、支柱を立てます。支柱は2.5メートルほどの高さにし、合掌造りのような組み方をします。

実をつけるとかなりの重量になるので、丈夫な構造にしておきましょう。そして苗の植え付けを始めます。花房が向いている方向に実が付くので苗の植える方向を揃えましょう。苗は支柱に結び付け、しっかりと水やりをしましょう。

良い苗は、1番目の花房の花が咲き始めの頃が良いといわれています。根が張り出してきたら過度に水を与えないようにしましょう。開花後は根がさらに奥まで伸びるので、奥の根が乾燥すると枯れてしまいます。水やりは適量を心掛けましょう。

トマトの栽培時の注意点

成長していくと、葉の付け根部分からわき芽が伸びていきます。早めにこのわき芽を取り除きましょう。この時期はアブラムシが付きやすくなります。病気の原因にもなるので小まめに取り除きましょう。苗が支柱の高さまでたどり着いたら、主枝の成長を止めるために摘心の作業をします。

摘心は、主枝の一番先頭の部分を摘み取る作業で、これをやることで植物内の栄養素が分散せずに蓄えられます。実がプチトマトほどの大きさになったら追肥を行います。追肥は2週間おきに実施し、肥料が枝に直接触れないように気をつけましょう。

開花後から50日ほど過ぎたものが収穫時期です。背の高すぎる部分や低すぎる部分に実ったものより中間部の実がおいしいといわれています。トマトはがん予防や動脈硬化、高血圧など老化現象を助ける食材として有名です。自ら育てたトマトで自分自身もリフレッシュできれば幸いです。

pixta_haetorigusa

ハエトリグサの育て方

ハエトリグサは北アメリカを原産とするモウセンゴケ科・ディオネア属の食虫植物です。開いた貝殻のような形の葉が印象的で、その...

pixta_simatorineko

シマトネリコの育て方

シマトネリコは、近年シンボルツリーとして非常に人気を集めている樹木です。トネリコと混同している人も多いですが、日本が原産...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方

カモミールは、現在では色々な国で栽培されていますが、原産は西アジアからヨーロッパです。西アジアからヨーロッパを主な生息地...

pixta_kurumi

クルミの育て方

クルミは美味しい半面高カロリーである食材としても知られています。しかし一日の摂取量にさえ注意すれば決して悪いものではなく...

pixta_shakobasaboten

シャコバサボテンの育て方

現在観葉植物として流通しているシャコバサボテンはブラジルのリオデジャネイロを原産地とする観葉植物であり、標高1000~1...

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_ofarium

レティクラツム・オウァリウムの育て方

この花についてはキツネノマゴ科、プセウデランテムム属となります。園芸上の分類としては熱帯植物です。また暖かいところに生息...

pixta_jigopetaram

ジゴペタラムの育て方

ジゴペタラムの科名は、ラン科で属名は、ジゴペタラム属となります。また、その他の名前は、紫香蘭(しこうらん)と呼ばれていま...

pixta_musukari

ムスカリの育て方

ムスカリは、ユリ科ムスカリ属の球根植物で、ヒヤシンスの近縁とも言える植物です。約30~50ほどの品種があるといわれ、その...

スポンサーリンク

pixta_sanseberia

サンセベリア(San...

サンセベリアの原産地は、アフリカ、南アジア、マダガスカル...

pixta_mokkoubara_01

モッコウバラの育て方

花の中でも王様と呼ばれるほどバラに魅了される人は多いです...

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て...

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチ...

pixta_erinjium

エリンジウムの育て方

エリンジウムはセリ科のヒゴタイサイコ属の植物です。同じヒ...