二十日大根の栽培方法

二十日大根の栽培方法

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます。家庭でできる野菜の栽培の中でも二十日大根の育て方はとても簡単です。小さいお子さんと一緒に作ってもいいですね。

二十日大根の育て方

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます。家庭でできる野菜の栽培の中でも二十日大根の育て方はとても簡単です。小さいお子さんと一緒に作ってもいいですね。

まず、二十日大根の種まきをやってみましょう。まくときは土に筋を作って種まきをしやすくします。これを筋蒔きと言います。育てたい量に応じて筋の数を増やしてくださいね。筋を作ったらそこにパラパラと種をまきます。

二十日大根の種はとても小さいので、風で飛ばないように土をふんわりとかけてあげましょう。ただ、二十日大根の種は嫌光性といって光があたると発芽しにくいですから、種が土から顔をださないようにしてあげてください。

ここまできたら、あとは種にお水をかけてあげれば第一段階終了です。お水をあげるときは、柔らかいシャワーであげてくださいね。種が水で流されてしまいますから。さて、あとは毎日観察とお世話をしてあげましょう。

二十日大根の水やり

二十日大根の水やりは芽が出るまでは土が乾かないように毎日あげてください。暖かい時期であれば2~3日で芽が出てくると思います。ここで、初めて家庭菜園をされる方にちょっとした試練が待っています。

二十日大根の種はとても小さいため筋に沿ってパラパラまきますが、このやり方だとどうしても密集して芽を出すので、せっかく顔を出した芽を抜いて間引きという作業をしなければならないのです。

この作業、初めての方からすると可哀想な気がして躊躇するのではないでしょうか。でもこの作業をしないと二十日大根が育つ場所がなくなってしまいますからね。

二十日大根の葉は栄養もしっかりあって、ビタミンCや消化酵素であるジアスターゼが含まれていますので、ここは抜いたかわいらしい芽はカイワレ大根として美味しくいただきましょう。間引く時期と間隔は1回目が葉が1枚のころ。3cmほどの間隔で間引きしてください。2回目は葉が3枚のころ。5~6cmほどの間隔を開けて間引きしてください。

二十日大根の収穫まで

ここからは土が乾かないように様子を見てあげて、土が乾いているようであげれば水やりを忘れないようにしてくださいね。そうこうするうちにだんだんと葉の根元が膨らんでくるのに気づくと思います。

これがあの赤い二十日大根の根の部分です。根が膨らんできたら、土から根が出すぎないように土を足して上から押さえるようにしてください。二十日大根の収穫は大体根の直径が2~3cmになったぐらいと言われています。

ここが迷うところですが、収穫時期を過ぎてしまうと根が割れたりスが入ったりしてしまうので注意が必要です。二十日大根は虫がついてかじられてしまうこともあるので、虫が苦手だったりせっかく育てた二十日大根をかじられたくない場合はネットをかぶせるなどして対処しましょう。

こちらの大根の育て方も凄く参考になります♪

pixta_torebisu

チコリ、トレビスの仲間の育て方

チコリはキク科キクニガナ属の植物で、和名はキクニガナと言います。フランスではアンディーヴと言う名の野菜で、広く生産されて...

pixta_hoteiaoi

ホテイアオイの育て方

ホテイアオイという水草の原産地は南米大陸であり、現在では北米大陸や欧州やアジアなど、多くの国々を生息地として分布されてい...

pixta_minimeron

緑のカーテンを育てよう

ツルを伸ばし、何かに巻き付く性質を持つ植物で作る自然のカーテンのことを「緑のカーテン」と言います。直射日光を遮ることがで...

pixta_itirinsou

イチリンソウの育て方

イチリンソウは日本の山などに自生している多年生の野草でキンポウゲ科イチリンソウ属の植物です。元々日本でも自生している植物...

pixta_rengetutuji

レンゲツツジの育て方

この花の特徴は、ビワモドキ亜綱、ツツジ目、ツツジ科、ツツジ属になります。見た目を見てもツツジに非常に近い植物であることが...

pixta_yuri

ゆりの育て方

ゆりは日本国であれば古代の時期から存在していました。有名な古事記には神武天皇がゆりを摘んでいた娘に一目惚れして妻にしたと...

pixta_mekyabetu

メキャベツの育て方

キャベツを小さくしたような形の”メキャベツ”。キャベツと同じアブナ科になります。キャベツの芽と勘違いする人もいますが、メ...

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジューム/サトイモ科・ハイモ属(カラジウム属)カラジウムは、涼しげ...

pixta_pankratium

パンクラチウムの育て方

パンクラチウムはヒガンバナ科パンクラチウム属の植物です。原産はスリランカで、地中海沿岸に生息地が分布しています。17世紀...

pixta_susuki

ススキの育て方

ススキはイネ科ススキ属の植物で、秋の七草の一つです。十五夜の月見にはハギとともにススキが飾られていることが多いです。沖縄...

スポンサーリンク

pixta_okinagusa

オキナグサの育て方

オキナグサはキンポウゲ科に属する多年草です。日本での歴史...

pixta_ibukijakousou

イブキジャコウソウの...

イブキジャコウソウなどのタイムの原産地は南ヨーロッパで、...

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のよ...

pixta_shefurera

シェフレラ・アルボリ...

台湾や中国南部が原産地のウコギ科セイバ属の植物です。生息...