アボカドの育て方・楽しみ方

アボカドの育て方・楽しみ方

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森のバターとしてもよく知られています。美容効果もあり、女性にとっても嬉しい食べ物です。サラダとして食べたり、ワサビ醤油で食べたりと食べ方も様々。実を割ってみると大きな種があるのが特徴ですが、この種から、アボカドの木を育てる事が出来ます。

アボカドの特徴など

アボカドは品種によって耐寒性が異なりますが、暖かい場所であれば、室内でなくても、育てる事が出来ます。1本では結実しにくいですが、常緑の高木としてなら十分、楽しめます。花も咲くので、それも、また楽しみです。

アボカドの育て方

まず、アボカドの種まきからですが、季節は5月から8月頃が適しています。取り出した種を綺麗に洗い、すぐに蒔くと良いでしょう。種には上下があり、平らになている方から根が出てくるので、そちらを下にして蒔きます。種を乾燥させてしまうと、発芽しなくなるので注意が必要です。

また、一般のスーパーなどで売られているアボカドの種から育てる場合は、冷蔵されていたアボカドだと発芽しない場合がありますので、苗木を買ってきて育てるのが最も適しています。

北風の当たらない、暖かい場所を選びましょう。もし冬場に葉っぱが全て落ちてしまっても、茎が残っていれば、また春に葉っぱが出てくるので大丈夫です。冬に、暖かい場所へ移すために室内に入れるのは良いのですが、湿度が高いと、根腐れを起こす事もあるので、乾燥と同じく注意して下さい。

アボカドの土作りと水やり

次にアボカドの育て方ですが、土は水はけの良いものを選びます。赤玉土の小粒のものと、腐葉土を配合したものなどを用意し、7:3くらいの割合で混ぜ合わせます。土の表面が乾いてきたら水やりをしますが、根づくまでは、水切れに注意しましょう。

ただし、成長してきた葉っぱが黄色くなってきたら、水をやり過ぎというサインなので、しばらくは水をやらずに放置します。アボカドの栽培で重要なのは剪定です。アボカドの木は成長が早く、葉っぱが、たくさん茂ってきます。剪定して風の通しを良くする事で、病気や害虫から守りましょう。

pixta_boogenvilia

ブーゲンビレアの育て方

今ではよく知られており、人気も高いブーゲンビレアは中央アメリカから南アメリカが原産地となっています。生息地はブラジルから...

pixta_shungiku_01

春菊の育て方

春菊の原産地はトルコやギリシャの地中海沿岸を生息地としていたと言われています。その後地中海沿岸から東アジアの地域へ伝わっ...

pixta_hahakogusa

ハハコグサの育て方

このハハコグサは育て方といっても、日本で自生している野草なので、一般的な育て方で十分で、ガーデニングでも家庭菜園でも、庭...

pixta_feifox

フォックスフェイスの育て方

フォックスフェイスはブラジル原産のナス属の植物とされ、ナス属は世界の熱帯から温帯にかけて1700種ほどが分布しています。...

pixta_shikonnobotan

シコンノボタンの育て方

シコンノボタンは野牡丹の一種です。野牡丹の生息地は、熱帯や亜熱帯で、比較的暖かい地域が原産です。日本にも自生しているもの...

pixta_konfuri

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受け入れられ始めた明治時代に日本に牧草として元々は入ってきたとされ...

pixta_arekayasi

良い植物の選び方と栽培のコツ

植物は見る人の心を癒してくれます。また、植物を育てることは心の健康にも良いとされ、園芸療法などにも利用されています。せっ...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育て方

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属です。漢字で記載すると深山金鳳花となります。高山に主に生えることが...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_sanshou

サンショウ(実)の育て方

学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、この...

スポンサーリンク

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育...

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオ(カクト...

種類としては、シソ目、シソ科に属します。多年草の草花で、...

雪割草の育て方

さまざまな種類がありますが、その中でも小さくて可愛らしい...

pixta_gyoryubai

ギョリュウバイの育て...

ギョリュウバイはニュージーランドとオーストラリアの南東部...