スリナムチェリーの育て方

スリナムチェリーの育て方

スリナムチェリーはフトモモ科の常緑の低木でこの樹木の歴史は非常に古くブラジルの先住民族が赤い実を意味するスリナムチェリーと名づけたのが果物として食用にされていた時代であるとされています。

育てる環境について

育てる環境についてはもともとブラジルなどの熱帯樹林帯で繁殖している樹木なので日当たりの良い場所を好む傾向があるのですが、室内においた場合には世話をしなくても冬の寒さに耐えることができます。また本州などでは寒さがあまり厳しくないので野生でも十分に繁殖することができるので、

育てる環境に関しては日本の場合は庭でも室内でも十分に対応することができます。暑い地域の樹木なので暑さには強いのですが、寒さに関しても非常に強いので、マイナス3度くらいの気温まで耐えることができます。害虫や病気にも非常に強い耐性を持っているので

あまり細かい世話をしなくても枯れる心配はありません。土に関しては赤玉土の小粒と腐葉土を配合したものが良いとされていて、清潔な用土と使うことによって、根の部分を健康に育てることができます。また鉢植えで育てる場合には根詰まりしてしまうと生育が止まってしまうので、

1年から2年に1度程度の植え替えが必要で、定期的に植え替えを行うことによって、赤い実をたくさん付けるようになります。庭に植える場合には深く植えてしまうと腐ることが多いとされているので、根が表土に少し露出する程度の深さに植えることで

良好な環境で栽培することができます。庭に植えてしまうと予想外に繁殖をする可能性もあるので取り扱いに関しては注意が必要で、繁殖されて困る場合には赤い実を摘んでしまったり、室内で栽培をするなどの工夫を必要とします。

種付けや水やり、肥料について

肥料に関しては春から秋にかけての成長が大きい時期に与えるのが理想的で三要素が含まれているもので良いのですが、リン酸が多めの肥料を使うことでしっかりとした赤い実を付けることができます。庭に植え付ける場合は肥料などの心配はいらないので自然のままで生育させることができます。

スリナムチェリーはブラジルの熱帯雨林の樹木なのですが、暑さにも寒さにも強いという特徴があるので、東京などで庭に植える場合には温度管理などの心配はないので、生け垣として自由に植えつけることができます。必要な作業としては伸びすぎた枝を剪定することや枝を横方向に伸ばすようにすることで、

上方向に枝を伸ばすよりも横方向に伸ばしたほうが実が付きやすくなるので果実を収穫する場合は横方向に枝を伸ばす必要があります。多めに剪定をする場合には果実を収穫したあとにすることが重要で、果実の収穫前にたくさんの枝を落としてしまうと果実がならない場合があります。

水やりに関しては鉢植えの場合には表面が乾燥してから水を与える程度で十分で、冬は乾燥させた状態を維持していても水分が不足することはありません。庭に植えている場合には種付けなどの必要がないので、自然のままに生育を続けることで種が下に落ちていくので、

それを拾うことで翌年に撒くための種を増やすことができるのですが、スリナムチェリーは繁殖力が非常に強いので沖縄などでも非常に多くなっています。下に落ちた種を放置しておくとそのまま増えてしまう可能性があります。

増やし方や害虫について

増やし方に関しては基本的には種をまくことによってスリナムチェリーを増やすことができるのですが、観賞用として室内で鉢植えしている場合には収穫した果実の中に入っている種の部分を清潔な用土の中にまくことによって、6年から8年後に果実を収穫できるようになります。

また開花している時期には刷毛などを使って人工授粉をすることで実がなる確率が高まります。庭で育てている場合には果実が落ちた場所から発芽をしてそのまま6年以上経過するとスリナムチェリーが増えていることがあるのですが、東京のような気候の場合には

自然に増殖することが難しいとされているのですが、現在の沖縄や九州の気候は熱帯雨林とあまり違いがないことから、自生している樹木が自然に繁殖してしまうことが懸念されています。実際に沖縄ではスリナムチェリーが徐々に数を増やしていて、日本固有の植物の自生地を圧迫し始めています。

害虫や病気に関しては心配する必要がないとされていて、病気に非常に強いことからブラジルでは生け垣として利用されていて、害虫に関しても強い耐性を持っているので、日本の樹木よりも強い繁殖力を維持しています。ブラジルなどでは熟した果実を

加工してアイスクリームなどにしているので、今後は日本においても利用される可能性があります。またフトモモ科は繁殖力が強くて病気や害虫にも強いというメリットがあるのですが、外来種として考えた場合には日本固有の植物に対して悪い影響を与える可能性もあります。

スリナムチェリーの歴史

スリナムチェリーはフトモモ科の常緑の低木でこの樹木の歴史は非常に古くブラジルの先住民族が赤い実を意味するスリナムチェリーと名づけたのが果物として食用にされていた時代であるとされています。南米の熱帯地方の原産なので基本的には暑さに強いのですが、

日本で栽培をする場合には育て方などに気をつける点が多いので注意が必要です。生息地としてはブラジルのアマゾンなどのジャングルで、この地域にはたくさんの先住民族が現在でも暮らしているのですが、この地で暮らしている女性は世界的の平均的な女性と比べると発育が早いことで知られていて、

その要因の一つとしてスリナムチェリーなどの果物を毎日たくさん食していることなどがあげられています。この熱帯果実の実の形はかぼちゃに似ていることから日本ではカボチャアデクとも呼ばれています。スリナムチェリーの赤い実は食欲を増進させる色なので、

古くから食用に利用されていて、またこの樹木は繁殖力が非常に強いのでたくさんの食料を先住民族に供給することのできる果実として先住民族のビタミンやミネラルの供給源にされてきました。現在でもジャムやジュース、ゼリー、アイスクリームなどの

食べ物や果実酒としても飲まれています。皮の部分が薄すぎるために日本には果実として輸出されることはないので、認知度は非常に低いのですが、熱帯地方では庭木や生垣用の樹木として数多く植えられています。日本では沖縄などでも見ることができます。

スリナムチェリーの特徴

スリナムチェリーの特徴としてはその強力な繁殖力で、ブラジルなどの熱帯地方では普通に見ることができる樹木として親しまれているのですが、実を地面に植えることで簡単に増殖していく樹木なので古くからの植生が残されているバミューダ諸島などではものすごい勢いで繁殖をしてしまって、

住民が手に負えない事態にまでなっています。日本でも沖縄などでは徐々に増えつつあるので、昔から日本に自生している固有種を減らしてしまうのではないかと心配されています。フトモモ科の植物の中には繁殖力が強いために世界の外来種ワースト100などの

リストに入っているものも数多くあるので、スリナムチェリーに関しても注意をしておかないと日本の植物の自生地を荒らしてしまう可能性もあります。また寒さにも強いという特徴があるために本州などの温暖な地域でも繁殖が可能であるとされていて、

さらに病害虫や乾燥にも強いことから温暖化などの影響によって、日本各地で繁殖することが予想されています。スリナムチェリーを観葉植物として楽しむ場合には小さくて可愛らしい果実が特徴的で、熟すと真っ赤になり生のままで食べることができたり、

さらに果実酒などとしても飲むことができるのでブラジルなどでは盛んに栽培がされています。8メートル以上の高さになって寒さや暑さにも強いことから生け垣として使っている家庭が多く見られていて、原産地のブラジルでは観賞用ではなく生け垣としての利用が一般的です。

庭木の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ギンバイカ(マートル)の育て方
タイトル:キンシバイの育て方
タイトル:カラント類の育て方

pixta_himeyuzuriha

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ...

pixta_musitorisumire

ムシトリスミレの仲間の育て方

この花については、キク亜綱、ゴマノハグサ目、タヌキモ科となっています。その他の名前としてはピンギキュラと言われていて、ピ...

pixta_masdebaria

マスデバリアの育て方

花の分類についてはラン目、ラン科になります。一般的に洋ランと言われる種類の一つとされます。萼片飲みが発達した花として、見...

pixta_bluedazy

ブルーデージーの育て方

ブルーデージーは、キク科フェリシア属であり、このキク科フェリシア属は熱帯から南アフリカあたりを原産として約80種類が分布...

pixta_tuwabuki

ツワブキの育て方

ツワブキは海沿いの草原や崖、林の縁などを生息地としている常緑の多年草です。原産は日本・中国・台湾・朝鮮半島で、日本国内で...

pixta_ayame

アヤメの育て方

アヤメは日本国内でも非常にポピュラーな植物として知られており、歴史的に見ても日本とは非常に深い関係があります。日本人とア...

pixta_inutuge

イヌツゲの育て方

イヌツゲはモチノキ科のモチノキ属の常緑性の木です。一般的には庭木に活用されていることが多いため、低木で知られていますが、...

pixta_murasakikatabami

ムラサキカタバミの育て方

この植物は、カタバミ科カタバミ属の植物で、日本にもカタバミという植物がありますが180種以上あるということです。また広く...

pixta_kinmokusei

キンモクセイの育て方

キンモクセイはギンモクセイの亜種で江戸時代に中国から伝わってきました。九州には自生するウスギモクセイが変異した説もあり、...

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。球根によって生育をしていく植物で、多年草として楽しむことができま...

スポンサーリンク

pixta_faiusu

ファイウスの育て方

花においては、ラン目、ラン科、カンゼキラン属とされていま...

pixta_boogenvilia

ブーゲンビレアの育て...

今ではよく知られており、人気も高いブーゲンビレアは中央ア...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育...

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き...