アスパラガス(観葉植物)の育て方

アスパラガス(観葉植物)の育て方

アスパラガスの原産地というのは、南ヨーロッパ地中海沿岸あたりと言われています。ロシア南部やウクライナ、ベラルーシの一体が発端であり、歴史としても古いものです。栽培されていた歴史は古くて、さかのぼること、紀元前7世紀から6世紀にまでなります。

育てる環境について

栽培環境として適しているのは、明るさのある日陰です。もしくは、お日様の光がほどよく当たる場所で、育てることができます。気温も下がって冬がやってきたら、室内において楽しみましょう。室内では、奥ポジションにも気をつけてみると良いです。

観葉植物にもタイプがありますが、アスパラガスの場合は、冬場も穏やかなお日様の光は求めるものですから、窓際近くに置いて、ガラス越しのポカポカした日差しが当たるようにすることです。ボディバランスとしても、美しい見た目を維持するためにも、

通年を通して、お日様の光にでは、できるだけ当ててたげて、穏やかに育ててあげましょう。お日様の光に当たらないと、日朝不足になります。そうなると茎は間 延びしますし、イキイキしていたと思っていたのが、いつのまにかひょろひょろになってしまうケースもあります。

なよなよした感じだけではなく、困ったことに葉も落ちてきてしまいます。お日様の自然な光を、心地よいと思える程度に当ててあげることは、非常に大切です。気をつけたいのが、真夏の日光についてです。真夏の太陽の光は、人間であっても長時間はあたってはいられませんし、

真夏本番は直射日光は、まずギブな状態です。植物だって同じですかた、直射日光に長時間晒すのは控えましょう。葉焼けを起こす可能性もあります。明るさのある日陰へ移してあげることです。耐寒温度としては、だいたい3℃から5℃くらいです。冬の時期は、できるだけ暖かい日差しが入る場所で管理します。

種付けや水やり、肥料について

植えつけや植え替えに関してですが、サイズも大きく成長をした株は、季節もよくなってくる5月から、秋もはじまりの意色合いを見せ始める9月頃に植え替えをすると良いです。植え替えをする時に、もしも伸びすぎているな、と感じた茎があればカットして構いません。

植え替えや植え付けで知っておきたいのが、この植物の根の生育というのは、非常に旺盛であるということです。何もお手入れしないでおくと、あっという間に根詰まりします。そんな根詰まり防止のためにも、植え替えは毎年行います。植え替えをすると気には、

ニョキニョキと伸びすぎてしまった茎葉も、キチンと整枝するのも良い方法です。植え替えでプランターのサイズを、ワンサイズアップし たいなど、大きさを変えたい時には、かぶ上をすると良いです。水やりですが、1年間を通して大きな差はなく、土を見て乾いたと思ったら水を与えてあげましょう。

まだ、土が湿っていおるのであれば、もう少し様子を見ていいです。土表面が乾いたら水やりをすることです。アスパラガスの特徴として、乾燥に対してすぐに負けることなく、適応能力は強めです。根を見てみると、所々がポコッとダンゴ状にふくらんでいます。

その部分に、密かに随分を蓄えることができるためです。しかし加湿にはめっぽう弱いという弱点もあります。そのため、過剰な水やりはしなくて良いです。肥料ですが、月に1回から2回くらい、速効性の液体肥料を施すようにアウルと良いです。

増やし方や害虫について

アスパラガスを育てていくと、成長したなと嬉しい気持ちになるくらいのタイミングで登場する害虫が、ジュウシホシクビナガハムシです。もちろんほかにも害虫はいますが、この植物をそだてていると、ほとんどの確率で遭遇する虫です。農薬をまいてみたり、

あまりにも害虫が元気に突進するさまを目のあたりにするようなら、防虫ネットでしばらく様子を見るという手段もあります。害虫は、年間を通しているものだと、割り切って上手に付き合っていったほうが、気持ちも楽です。アブラムシやハダニ、カイガラムシなどの害虫も登場しやすいです。

病気という面で言うと、さび病や炭そ病などには注意が必要です。炭そ病やさび病は、春から秋にかけて発生しやすくなります。害虫は、葉っぱの裏側 や茎、新しい葉などに発生しやすく、1年を通して気を抜けません。増やし方としては、株分けするか、タネまきの方法があります。

株分けに適している時期は、5月から9月にかけてです。多肉質な根っこを持っていますから、鉢土をよく落としてからの作業になります。2つか3つほどの株に分けますが、よく切れる包丁やのこぎりを使います。もしも根っこ部分を痛めてしまったら、適切な対応をします。

タネまきですが、古くなった株というのは、よく結実するものです。そして赤くなってくれば、タネをとることができます。果皮は洗い、赤玉土にまくとよいです。明るさのある風通し良い日陰に置いて、土をカラカラに乾燥させないようにすることです。そうすれば、ひと月ほどで発芽します。

アスパラガス(観葉植物)の歴史

アスパラガスの原産地というのは、南ヨーロッパ地中海沿岸あたりと言われています。ロシア南部やウクライナ、ベラルーシの一体が発端であり、歴史としても古いものです。栽培されていた歴史は古くて、さかのぼること、紀元前7世紀から6世紀にまでなります。

生息地はギリシャで、既にその頃栽培はスタートしていたという、記録まで残っています。ギリシャでの栽培から始まって、そのあとからヨーロッパ一帯においても栽培されるようになりました。アメリカ大陸に伝えられたのは、移民によってだとされています。

天明元年、西暦でいうと1781年に、日本へ伝えられました。オランダ人によって日本へ入ってきたアスパラガスは、観葉植物として伝わってきた ものです。当時の日本人にしてみれば、まさかその観葉植物が、後に食卓に上がる人気者の野菜になるとは夢にも思わなかったでしょう。

サラダにも、洋食屋和食にも、品の良い姿で登場しますが、入ってきた当初は観葉植物のみの存在でした。当時も栽培されていましたが、育て方も食べ物としての意識はなく、すべてが観葉植物用です。見て素敵なグリーンが、国内で食用として注目を集め始めたのは、明治の時代に入ってからのことです。

フランスやアメリカより、北海道の開拓使が輸入した種子のよって広がりました。しかし当時は、缶詰用に育てられており、種類もホワイトアスパラガスでした。今ではホワイトよりも、グリーンが一般的です。グリーンのものが広がったのは、更にあとの昭和40年以降に なります。

アスパラガス(観葉植物)の特徴

アスパラガスには、平たい茎の葉状茎があるのも特徴的です。種類も豊富であり、アフリカ大陸やユーラシア大陸といった、島々には、約120モノ種類が自生していると言われています。見て楽しく観賞用で栽培されるものは、サラダなどでパクパク食べる野菜用とは異なる種類です。

葉っぱのような状態に変化した枝が、葉っぱのように見える仮葉になります。トゲ状であったり、鱗片状などに葉は退化していきます。そして茎より出ていて、根茎八日にある多肉質なタイプです。形状としは多年生であり、丈も低めです。

丈はスモールサイズからなが目が合って、10cmくらいから、伸びると200cmにもなります。耐寒性としては特に際立ったことはなく普通で、耐暑 性については割と強いほうです。上よせもできまsh氏、花壇でも育てることができます。見た目にもすガシガシいですし、

初心者であっても育てやすい植物です。あまりにも高温は話が別ですが、暖かなお日様の光は好きで、明るさキープの日陰が絶好のポジションです。育て易さがありますから、観葉植物に初めての挑戦を考えている人にも、トライの価値はあるでしょう。主な作業としては、つるきりの作業があります。

茎がひょろひょろと、つるのような状態で伸びすぎてしまうと、株のバランスも良くはなくなります。そうなったら、適切な長さにカットしましょう。仮葉が落ちるのは、茎が古くなったアイズでもあるので、下葉を見て枯れ上がっている茎を見つけたら、早い段階でカットしましょう。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ヒューケラの育て方
タイトル:イワギボウシの育て方

pixta_erekuta

ドゥランタ・エレクタ(Duranta erecta)の育て方

ドゥランタ・エレクタは南アメリカ原産の植物ですが、日本でも容易に栽培できるのが特徴です。植え付けをする際には肥沃で水はけ...

pixta_soapwart

サポナリアの育て方

サポナリアの科名は、ナデシコ科で属名は、シャボンソウ属(サポナリア属)となります。また、和名は、シャボンソウでその他の名...

pixta_soramame_03

ソラマメの栽培~ソラマメの種まきからソラマメの育て方

ソラマメの種まきは関東を標準にしますと10月下旬から11月上旬になります。地域によって種まきの適期は異なるので種袋で確認...

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agleonema)の育て方

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の多年草です。インドから東南アジア、中国南部にかけて約50種類が生...

pixta_matubagiku

マツバギクの育て方

原産地が南アフリカなどの砂漠地です。日本には明治の初期に暖地で広がりました。マツバギクは葉が松葉のような形をしてサボテン...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_attuzakura

アッツザクラの育て方

アッツザクラはアッツという名前はつきますが、アッツ島にあるものではなく、原産や生息地は南アフリカです。ではなぜアッツザク...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。...

pixta_homeria

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

pixta_baikakaramatu

バイカカラマツの育て方

バイカカラマツとはキンポウゲ科の植物で、和風な見た目やその名前から、日本の植物のように考えている人も少なくありませんが、...

スポンサーリンク

pixta_akkesisou

アッケシソウ(シーア...

アッケシソウはシーアスパラガスと呼ばれているプラントであ...

pixta_misohagi

ミソハギの育て方

種類としては、バラ亜綱、フトモモ目、ミソハギ科となります...

pixta_konronka

八重咲きコンロンカ(...

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチ...

pixta_gurokisinia

グロキシニアの育て方

グロキシニアの科名は、イワタバコ科 / 属名は、シンニン...