バージニアストックの育て方

バージニアストックの育て方

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの仲間です。花がストックに似ていることからこのような名前が付けられたと言われています。茎は横に方向に広がって伸びるのが特徴で、径1cmほどの大きさの花びらを4枚つけ、十字形の花が咲くのが特徴です。

育てる環境について

バージニアストックは秋まきと春まきの2回行える植物で、秋まきの場合の種まきは9月から10月の半ば頃に行い、春まきは5月頃に行います。また、開花時期は秋まきの場合は翌年の4月から5月にかけて、春まきの場合は9月から10月にかけて開花となります。

育てる環境と言うのは、日当たりが良い場所であり、且つ、水はけが良い土壌に植え付けを行うのがコツです。庭植えでも鉢植えの場合でも陽当たりと適度な湿度を好みます。花壇や庭などに直まきをする場合や苗を植え付ける場合などでは、日当たりと水はけなどの環境を持つ場所を選ぶ事がポイントとなります。

尚、耐寒性は強い植物ではあるのですが、凍らせないようにするなどの防寒は必須と言えます。また、高温多湿に弱いため、夏場の暑さに対する対策も必要です。花壇や庭などで栽培する場合などでは、出来る限り風通しが良い場所を選んで育てる子tが大切です。

但し、秋まきで栽培を行う場合は、9月から10月中旬頃に種まきとなりますので、暑さ対策は特別必要が無く、開花も翌年の4月から5月になるため、夏になる頃には関係なくなりますので、初めて育てる人などの場合は春まきよりも秋まきの方が成功率は高くなりますのでお勧めなのですが、

秋まきの場合は冬越をさせなければなりませんので、何れの場合も温度管理や湿気などの管理は重要となります。尚、育てるポイントと言うのは、露地においては凍らさないようにすること、高温多湿に注意する事などが挙げられます。

種付けや水やり、肥料について

バージニアストックの株と言うのは、横に張らないため、多少なり詰め気味に植え付けを行って構いません。むしろ、株間を取り過ぎてしまうと開花した時に華やかさに欠けしまい、寂しい感じになるので、多少なり詰め気味にしておいた方が豪華さを感じる事が出来ます。

肥料は植え付ける場所にあらかじめゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおけばそれ以上要りません。但し、育てる環境を選ぶ事は重要な事で有り、高温多湿に弱い植物である事からも、夏の暑さを苦手としています。そのため、植え付けを行う場合には出来る限り風通しが良く、涼しい環境下を選ぶ事が大切。

肥料については、植え付ける場所に予め、ゆっくりと効果が出るタイプの肥料を混ぜて耕しておくことでそれ以上は必要が有りませんので、追肥などを後か施すと言った事が不要になりますので、栽培が楽に行えるなどのメリットも有ります。十字の形に4枚の花弁を作るバージニアストックは、

庭先などに植える事で、花の中心部分の色が同じ株の中でも様々であり、一つの株から複数の色を持つ花びらを探せる植物と言う魅力が有ります。鉢植えでも栽培は可能であり、鉢植えの場合も最初に肥料を与えておけば追肥を与える必要はありませんし、

種をとって再び種をまいて栽培する場合も、元肥と混ぜ合わせる事で肥料を施すことなく栽培を行う事が出来ます。尚、種をまいた後は勿論の事、土の状態を見て乾いている時などはたっぷりと水をあげるようにします。

増やし方や害虫について

バージニアストックはそれほど手間がかからない植物であり、最初に肥料を与えて上げれば育て方も特別難しいものではありません。また、花が咲き終わると沢山の種を取ることが出来るため、その種を使えば増やせますし、種まきは、秋まきの場合は9月下旬から10月上旬、春まきなら5月頃が適していますが、

それぞれの開花時期は秋まきの場合は4月から5月にかけて、9月から10月となり、開花して花が落ちた後に種が出来る事になるため、翌年の種をその時に取っておけば、多くの花を翌年には咲かせることが出来ます。そのため、その都度種をとってはまくと言う事を繰り返して行くことで、

庭中をバージニアストックにすると言う事も可能になってきます。尚、春まきの場合は生育期が高温多湿時期と重なるため、秋まきと比べると栽培の難易度は高くなりますが、寒冷地などでは夏の高温期が少ないため、春まきの方が適していると言えます。

そのため、その地域毎に春まきが良いか、秋まきが良いのかが異なりますが、どちらの場合でも難易度はそれほど高く無い事からも初心者でも容易に花を育てる事が出来るのです。また、かかりやすい病気や害虫についても特別問題が無いので育てやすいと言えますが、

鉢植えなどの場合はナメクジなどが寄ってくることも有るので注意が必要です。特に鉢の裏側などにナメクジが付いていると根にも悪影響を与えるため、定期的に確認をするなどして防除しておくことが大切です。

バージニアストックの歴史

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの仲間です。花がストックに似ていることからこのような名前が付けられたと言われています。茎は横に方向に広がって伸びるのが特徴で、径1cmほどの大きさの花びらを4枚つけ、十字形の花が咲くのが特徴です。

咲き始めの頃の花色は白色なのですが、成長するとともに次第に桃色や青色に変わるため、白色、桃色、青色などの花が混ざっているように見えるなどの特徴を持ち、鑑賞用の花としても人気が在ると言います。バージニアストックは、地中海原産の植物で、

一般的には秋まきの耐寒性の一年草として知られており、花期は3月から5月の春時期となりますが、寒地においては3月から4月種をまくことで、6月から8月頃に開花するため、様々な地域で栽培が出来るなどのメリットが有ります。ストックに似ている事からもこのような名前が付けられたわけですが、

命名した人は目にしたものを何かの物に例え、このような名前を付けて行くと言う特徴が有ります。バージニアストックの最大の特徴は、1つの株で色々な色を楽しめる事に在ります。これは異なる色の花が複数咲くと言うよりも、花は常に色の変化が起きるため、

時間の経過と共に色々な花の色がそこに出来、異なる色の品種を1つの鉢などに植えてあるように見えると言った特徴が有る花であり、古くから園芸用の花として人気が在ると言います。尚、品種により、淡黄色の花を咲かせるものあると言われており、開花を楽しむ事が出来る植物です。

バージニアストックの特徴

花にはそれぞれ花言葉と呼ばれるものが在りますが、バージニアストックにおける花言葉と言うのは、「繊細」や「優美」だと言います。一輪の花だけでは解りませんが、1つの株の中にある花は、成長過程により花の色の変化が起き、

1つの株の中にある花はそれぞれ異なる種類の花を植えているのかごとく楽しめると言うメリットが有ります。尚、バージニアストックの園芸分類は草花であり、形態は一年草になります。一般的な開花時期は4月頃から5月頃となり、草丈は20センチから40センチほどの大きさに成長します。

アブラナ科の植物は多数ありますが、花の色を変化させるものはバージニアストックの特徴と言えます。尚、原産地および生息地は地中海沿岸地域と言われています。因みに、淡黄色の花を咲かせる品種も在ると言われており、海外などでは花壇に幅広く利用されており、

属名となるマルコミアはイギリスの種苗商マルコムの名前に由来していると言います。また、日光を好む植物であり、日当たりが良い環境に鉢を置いて管理をしたり、水はけや日当たりが良い花壇などに植えて育てていきます。尚、花が終わると種を取ることが出来るので、

その種をとっておけば、秋になった時に種まきをして毎年楽しむ事が出来るなどの特徴も有りますし、肥料は元肥を利用する事で追肥を使わずに栽培する事も出来るのです。因みに、アブラナ科の植物にはストックと呼ばれるものも在りますが、これはバージニアストックとは異なる種類であり、別属の品種です。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:バンダの育て方

pixta_miltniopsis

ミルトニオプシスの育て方

花の種類としては、ラン科、ミルトニオプシス属になります。園芸の分類としてはランになり、多年草として楽しむことが出来る花に...

pixta_kasiwaajisai

カシワバアジサイの育て方

カシワバアジサイは古くからアジサイ類の仲間として広く親しまれてきました。日本でも奈良時代後期の万葉集にアジサイのことが詠...

pixta_kifugetou

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウガ属の高さ1メートル以上になる熱帯性多年草です。日本でも沖縄県か...

pixta_hedexikium

ヘディキウムの育て方

ヘディキウムは東南アジアを中心に約50種類が分布されています。花が美しいものが多く、種間交雑により育成された品種もありま...

pixta_sentorea

セントーレアの育て方

セントーレアの歴史は、古くやギリシャ時代にまでさかのぼります。今現在、一般的に使われているセントーレアという属名は、ギリ...

pixta_kyuuri

夏野菜の育て方と種まき

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生活を楽しむ人が増えています。種をまき、または小さな苗から育ててい...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

pixta_rinamu

リナムの育て方

この花の特徴としてはアマ科の植物になります。草丈としては50センチから70センチぐらいになることがあります。花の時期とし...

pixta_abokado

アボカドのたねは捨てずに育てよう

「森のバター」とも呼ばれている果実をご存知でしょうか。これは、アボカドの事を指しますが、栄養価が高く、幅広い年代に人気の...

pixta_housenka_01

ホウセンカの育て方

ホウセンカは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草で、東南アジアが原産です。中国では、花を鳳凰に見立てて羽ばたいているよ...

スポンサーリンク

pixta_siperas

シペラスの育て方

シペラスは、カヤツリグサ科カヤツリグザ(シぺラス)属に分...

pixta_turukokemomo

ツルコケモモの育て方

原産地は北アメリカ、東部で、果樹・庭木・花木として植えら...

pixta_kareplant

カレープランツの育て...

カレープランツは地中海沿岸に原生しており、乾燥した岩場ま...

pixta_orewnjiumu

オンシジウム育て方

オンシジウムの一種で特にランは熱帯地域で種類も多くさまざ...