観葉植物としても人気があるイチゴの育て方

観葉植物としても人気があるイチゴの育て方

イチゴは収穫が多く病気や虫に強いので、家庭菜園で人気です。イチゴの中でも比較的葉が多いワイルドストロベリーは観葉植物として人気があります。

イチゴの育て方

一般的にイチゴは苗で販売されているので苗から栽培を始める人が多いです。1株植えると初夏にランナーが出てくるのでそれを切らずに植え付けると新たな苗として植え付けができます。子株が大きく育つ8月頃が苗作りの適期ですので、その頃にランナーを切り離して別の場所へ移植しましょう。

イチゴの苗の植え付けは10月頃が適期です。なるべく浅く植えて、株もとに生えているクラウンと呼ばれる短い茎の部分が土に埋まらないようにします。クラウンは成長点ですので埋めてしまうと成長がストップしてしまうことがありますので注意しましょう。

イチゴは冬になると落葉します。新しい数枚の葉だけ残し、あとは茶色く枯れてしまいます。枯れてしまった葉は根元から取り除きます。暖地の場合はそのまま管理して構いませんが、雪や北風がつよい地域は葉が弱ってしまいますので風よけや雪よけのために株元をワラで覆うと良いです。

イチゴの育て方についても参考になります♪

イチゴの栽培時の注意点

イチゴの育て方で一番難しいのが水やりです。水をやり過ぎても乾燥させても苗が弱ってしまいます。土が乾いてきたらたっぷりと水をあげ管理します。実がよくなるように肥料を沢山あげてしまうのもあまり良くありません。

観葉植物として葉を楽しむ場合は窒素が多く含まれている肥料をあげることで茎や葉が元気に育ちます。しかし実はあまり成長しません。バランスの良い有機肥料などを使って植え付け後と成長期前の2月頃に適量与えると良いでしょう。

イチゴを種から育てるもかなり参考になります♪

その他の注意点や収穫に関して

暖かくなってくると株が元気に成長を始めます。芽やつぼみがつき始めます。花が咲くと1ヶ月ほどで収穫することができます。ワラを敷いていた場合は、新しいワラに取り替えることで水やりの際の土の飛び散りを防ぐことができますので綺麗な実を収穫できます。

地植えの場合は昆虫が自然と受粉活動を行ってくれるので放置していても実はつきますが、より多く収穫したい場合は花が咲いたら筆や綿棒で受粉させるといいでしょう。人間の手で受粉させる方が大きく形の整った実ができやすいです。

実は上まで赤くなったら食べごろです。鳥や虫はイチゴをよく好んで食べるので赤くなったらすぐに収穫するようにしましょう。収穫はなるべく朝の涼しいうちに行なうのが一番瑞々しく美味しいです。プランターで栽培していた場合は日照不足に注意が必要です。

よく日が当たり寒くない窓辺などで管理するといいでしょう。ベランダの場合は北風など寒い風が当たる場所は避けて置きましょう。イチゴは比較的病気や虫に強いですが、時により灰色カビ病やウドンコ病にかかってしまいますので注意しましょう。

こちらのラズベリーの育て方もかなり参考になります♪

daiansasu

ダイアンサスの育て方

ダイアンサスは、世界中に生息地が広がる常緑性植物です。品種によって、ヨーロッパ・アジア・北アメリカ・南アフリカなどが原産...

pixta_orurea

オルレアの育て方

オルレア(オルラヤ)は、ヨーロッパ原産のセリ科の一年草です。日本でのオルレアの栽培の歴史はまだ浅いですが、最近、急激に庭...

pixta_sekkoku

セッコクの育て方

セッコクは単子葉植物ラン科の植物で日本の中部以南に分布しています。主な生息地は岩の上や大木で、土壌に根を下ろさず、他の木...

pixta_matubotan

マツバボタンの育て方

原産地はブラジルで日本には江戸時代に入ってきたといわれるマツバボタンは、コロンブスがアメリカに進出したことでヨーロッパに...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観葉植物)の育て方

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレクトランサスの生息地はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯や亜...

pixta_hanabisisou

ハナビシソウの育て方

盃のように大きく開いた花の形で、鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。カリフォルニア原産の小型種で淡い黄色の花がたくさん咲...

pixta_matu

マツの育て方

マツ属はマツ科の属の一つで、原産はインドネシアから北側はロシアやカナダなどが挙げられます。大部分が生息地として北半球にあ...

pixta_konofitumu

コノフィツムの育て方

コノフィツムは、アフリカ南部(南アフリカ・ナミビア南部)が原産の生息地の多肉植物です。また、ハマミズナ科コノフィツム属に...

pixta_guramato

グラマトフィラムの育て方

グラマトフィラムの原産は東南アジアで、暑い地域の植物です。生息地では12種の原種があります。洋蘭の一種で、熱帯からヨーロ...

pixta_rudobekia

ルドベキアの育て方

ルドベキアは北米を生息地としており、15種類ほどの自生種がある、アメリカを原産とする植物です。和名ではオオハンゴウソウ属...

スポンサーリンク

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょ...

pixta_kurosandora

クロッサンドラの育て...

クロッサンドラは、促音を抜いたクロサンドラとしても呼ばれ...

pixta_arekayasi

アレカヤシ(Dyps...

アレカヤシという観葉植物をご存知でしょうか。園芸店などで...

pixta_habransasu

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨...