イチゴの育て方について

イチゴの育て方について

イチゴは粒が大きくて甘味が強いのが当たり前だと思っている人が少なくありませんが、スーパーの店頭などで売られている栽培イチゴが誕生したのは、今から300年程前のことです。

イチゴの特徴

それ以前から日本国内で自生していたイチゴは、酸っぱくて粒が小さいヘビイチゴやナワシロイチゴだけでした。でも、現在イチゴと言った場合には、甘い栽培イチゴのことを指すのが一般的になっています。

バラ科の多年草植物であるイチゴは、冷涼な気候を好みます。夏の暑さには弱いですが、耐寒性が非常に強く雪に埋もれてしまっても枯れずに生き続けます。ですので、自宅の庭やプランターでイチゴを栽培する場合には、10月中旬から11月上旬頃にかけてが苗の植え付け時期ということになります。そのまま越冬させて、3月と4月に追肥するのが一般的な露地イチゴの育て方です。

イチゴがスーパーの店頭に最も多く並ぶのは12月から1月頃となっていますので、真冬がイチゴの旬だと思っている人が多いですが、人為的に生育時期をずらしてハウス栽培を行っているためにあのようになっているだけのことです。自然な環境で育てたイチゴの旬は、5月から6月にかけての時期ということになります。

こちらのイチゴを種から育てるも参考になります♪

イチゴの育て方

イチゴの育て方自体はそれほど難しくありませんので、ポイントさえ押さえておけば、自宅で育てた甘いイチゴを堪能することが可能になります。まず、先程も述べた通り、植え付けの適期は10月中旬から11月上旬です。その時期になると園芸店の店頭にイチゴの苗がたくさん出回るようになりますので、健康そうな苗を選んで購入するとよいでしょう。

イチゴは浅根性の植物なので、植え付けも浅めにする必要があります。イチゴの葉の根元にはクラウンと呼ばれるギザギザの部分があるのですが、クラウンが完全に埋まってしまうほど深く植え込んではいけません。

このクラウンが半分くらい土の表面に顔を出すように植え付けするのがコツということになります。また、根が土の浅い部分をはうようにして伸びますので、乾燥にとても弱いという特徴があります。ですので、水やりはたっぷりしてやることが大切です。

こちらの苺の種まきや苺の育て方や苺の栽培についても勉強になります!

イチゴの栽培の注意点

真冬になると、イチゴはいったん休眠期に入ります。成長がストップして部分的に枯れたりすることもありますが、根っこ部分は生きています。なので、暖かい春になったら元気に成長を再開できるように、枯れた葉はこまめに取り除いておいてやることが必要です。

枯葉をそのまま放置しておくと、病気が発生してしまうおそれがありますので、要注意です。5月に美味しいイチゴを食べられるようになるかどうかは、寒冷期の手入れにかかっていると言っても過言ではありません。寒さがあまりにも厳しい場合には、マルチングを施してやるようにするとよいでしょう。

こちらのいちごの育て方もかなり参考になります♪

タイトル:イチゴの育て方

pixta_habransasu

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。...

pixta_miyakowasure

ミヤコワスレの育て方

ミヤコワスレ日本に広く生息している花ですが、もともとはミヤマヨメナという植物を指しています。日本では広く分布している植物...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホット)の育て方

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺りを原産地とする植物であり、茎の根元に付く芋は良質な食料となるた...

pixta_hego

ヘゴの育て方

ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7〜8m近くにまで伸びる熱帯性の植物です。日本では一般的には沖縄や鹿児島などの南...

pixta_newginia

ニューギニア・インパチエンスの育て方

ニューギニア・インパチエンスはツリフネソウ科の常緑多年草で、学名を「Impatiens hawkeri」と言います。イン...

pixta_kanenonaruki

カネノナルキの育て方

多年草であるカネノナルキは、大変日光を好む植物です。しかし、日陰で育てても特に枯れるわけではありません。非常に生命力溢れ...

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて大きくしよう

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高いものなど様々あります。料理やハーブティーに使えてとても利用効果...

pixta_sazanka

サザンカの育て方

サザンカは、元々日本に自生している植物です。ツバキとは種が異なりますが、属のレベルではツバキと同じですから、近縁種だと言...

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

pixta_tomato02

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害...

スポンサーリンク

pixta_tubaki

ツバキの育て方

ツバキ属は科の1属で、生息地は日本や中華人民共和国、東南...

pixta_smoketree

スモークツリーの育て...

スモークツリーはウルシ科コティヌス属の雌雄異株の落葉樹に...

pixta_niwazekishou

ニワゼキショウの育て...

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカ...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワー...

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名は...