ハッカクレンの育て方

ハッカクレンの育て方

ハッカクレンは、メギ科の多年草となっています。原産地は中国となっており、古くから薬用植物として珍重されてきたという歴史があります。そしで日本でも最近では山草愛好家が育てているというようなこともあります。

育てる環境について

ハッカクレンはそれほど育てにくいという植物ではありません。育て方としては1年を通して日陰でゆっくりと育てるようにします。しかし芽が出てから開花をするまでの時期は少し明るめの所におくようにします。このときの目安としては、30パーセントの遮光の下の明るい日陰のなかで間のびをさせないようにします。

花が開いた後には遮光が50パーセントから70パーセントの環境にし、風を通しながらゆっくりと管理をします。こうすることで上手に育てていくことができます。秋に入り彼岸を過ぎた頃になると、次の年の芽をしっかりと育てることができるように管理をします。

冬はできるだけ寒すぎなような凍らない程度の環境にします。ここでゆっくりと休眠をさせると言うことが大切です。花が開いた後には種を取らない物に関してはその後、花がらを摘むようにします。開花の時期は4月の下旬から6月の上旬となっています。

植え付けや植え替えをしなければいけないようになっていますが、これは2月から3月に行います。肥料は置き肥は4月や6月や9月に行いますが、液体肥料に関しては、4月の下旬から10月まで様子を見て与えると言うことが必要になります。

肥料をとても好むという特徴があります。タネマキは11月にとりまきを行います。これらの作業は温度などが関係してくるので地域によって異なっています。秋までも目安なので、実際のハッカクレンの状態を確認しながら作業を進めていくと言うことが大切です。

種付けや水やり、肥料について

大きな植物であるということで水やりはしっかりと行うようにします。したがって1日1回はしっかりと水やりをします。このときにたっぷりの水分を土に含ませるようにします。根が鉢に部分いっぱいに広がっているので、根詰まりをしやすくなっています。

したがって水やりをするときには鉢の底の部分から水が抜けるまでしっかりと水を与えるようにします。また肥料に関してですが、ハッカクレンは肥料を大変好むという特徴があります。春になり芽が出てきた頃には肥料を与えるようにします。しかしこの時期だけではありません。

他には梅雨の時期や秋の彼岸前後にも肥料を与えるようにします。すなわち年間で3回置き肥をするということになります。芽が出た後から休眠をするまでは、生育の様子を見ながら肥料を与えるようにします。このときに使うのは液体肥料になります。

様子を見ながら液体肥料を月に2回程度与えるとしっかりと育てることができます。使う鉢はできるだけ大きな物を用意するようにします。根の発達がとても早いと言うことで、株よりも二回り大きな鉢を用意することが理想です。用土は赤玉土と鹿沼土の2ミリメートルから10ミリメートル経の物を均等に混ぜるようにします。

このときに水はけを良くしたいと考えているときには、軽石を1割程度混ぜると良いです。このようにして用意した鉢を、あまり直射日光の当たらない日陰でゆっくりと育てるようにします。芽が出て花が開くまでは少し明るめの所におきます。

増やし方や害虫について

ハッカクレンを育てるなかで植え付けや植え替えをするときには、どちらも休眠中に行うようにします。冬の時期には凍結と言うことを考えますが、凍結のことを考えると11月と3月にこれらの作業を行うのが理想的です。その方法は鉢から抜いて根をしっかりとほぐすと言うことを行います。

こうするととても大きくなります。これをゆったりと広めの鉢に根の部分を広げて植えるようにします。このときに芽を2センチメートル程度土で覆います。植え込みをした後は芽が出るまで凍らないようにしっかりと管理をすることが大切です。植え替えの時期に関してですが、

2年から3年に1回は行うようにします。用土の栄養分が少なくなってくると、葉の色が退色してきます。このようなときには2年や3年経過していなくても植え替えをするようにします。しっかりと植物の様子を確認して判断をするということが大切です。

植え替えをするときには、増えている分に関しては株分けをします。大きな株に関しては、古い地下の茎を外すことで根伏せができるようになっています。長くて太い根に関しては、切って1センチメートル程度土をかぶせておくと芽が出てくるようになっています。

種ができればとりまきをします。ハッカクレンは病気には強いですが、それでも白絹病や芽腐れの可能性があります。とくに芽が出る頃には注意をします。凍結や霜によって芽が腐ることもあります。害虫としてはナメクジやヨトウムシの食害にも注意をするようにします。

ハッカクレンの歴史

多くの植物がルなかで、ハッカクレンと呼ばれている物があります。これはミヤオソウとも呼ばれることがありますが、その状態から葉が八角になり、葉の中心部分から葉の柄が出ているということから蓮にもにています。属名はギリシア語の足と葉をあわせたた言葉となっています。

これはメギ科の多年草となっています。原産地は中国となっており、古くから薬用植物として珍重されてきたという歴史があります。そしで日本でも最近では山草愛好家が育てているというようなこともあります。それだけ多くの人に古くから愛されている植物と言うことになります。

葉の姿はその名前の通り少し珍しい形をしています。同時に花の形も珍しいと言うことでこれが人気の理由の一つとなっています。ハッカクレンは有毒植物となっているので注意が必要になります。生息地は中国が多くなっていますが、横に連なったような茎があります。

葉の縁にはとげのような物があります。花弁は6枚で根茎が薬用として現在でも広く利用されています。花が咲く時期は5月から6月となっています。やや茶色がかった花が咲き、このまま絵は中国から語から由来しています。台湾や中国の深い山の林床に生息している比較的大型の植物と言うことで、

室内ではなく庭先で育てているという人が多くなっています。蓮に似ている葉の角の数によってこの名前が呼ばれるようになったとされています。2枚の葉がありますが、これは広がった状態で成長を止めるという特徴があります。

ハッカクレンの特徴

ハッカクレンは太い茎の先の方に大きな角のある葉を2枚広げるようにして成長をします。そして葉の下に赤褐色の花が抱えるようにして咲きます。この花が数輪咲くようになっています。2枚の葉の付け根の部分に花が咲くという物がありますが、これはタイワンハッカクレンと呼ばれています。

これに対して茎の途中に花が咲く物をチュウゴクハッカクレンと呼びます。花は咲いたままで成長を止めますが、この後に花はボールのような実に変化します。そしてやがてこの実がはじけます。冬になる前には茎がしっかりとしていますが、冬になるとこの茎が柔らかくなり倒れて葉が落ち休眠します。

このとき土の中はどのようになっているのかというと、地下には堅いバルブ状の根茎が連なった状態になっています。そしてここで次の芽が形成されていくのです。見た目は大きくとても迫力のある植物となっていますが、大きくなると言うことで栽培をするときには広い場所が必要になります。

したがって庭があるような所では栽培に適しています。日陰の庭でも十分に育てることができます。園芸分類では山野草ということになります。形態は多年草で花の色は赤褐色やピンク色になります。

大きい物では1メートルを超えるまでに成長します。原産地は中国や台湾で、花は4月下旬から6月上旬に咲きます。寒さや暑さにそれほど弱いと言うことはありません。落葉性で日陰でも育てることができるというのが大きな特徴です。

pixta_kinmokusei

キンモクセイの育て方

キンモクセイはギンモクセイの亜種で江戸時代に中国から伝わってきました。九州には自生するウスギモクセイが変異した説もあり、...

pixta_fukkisou

フッキソウの育て方

フッキソウは日本原産のツゲ科の植物です。北海道から九州まで日本のどこでも見つけることができます。フッキソウは半低木で、そ...

pixta_reirandohinoki

レイランドヒノキの育て方

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類としては、庭木、花を楽しむ木、コニファーとしての利用があります。木の...

pixta_kariflower

カリフラワーの育て方

カリフラワーはブロッコリーが突然変異で白くなったもので、原産地は地中海沿岸です。ブロッコリーと同様野生のカンランから派生...

pixta_hetima

ヘチマの育て方と食べ方

ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)は熱帯アジア原産のつる性の一年草で、キュウリやゴーヤなどと同じく巻き鬚で他物に絡み付きます。ヘチマ...

pixta_hourensou_01

プランターで栽培できるほうれん草

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°C以下でも育成できますが、育ちが悪くなってしまうので注意が必要で...

pixta_orewnjiumu

オンシジウム育て方

オンシジウムの一種で特にランは熱帯地域で種類も多くさまざまな形のものが見られることが知られています。それらを洋蘭と呼び、...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_siperas

シペラスの育て方

シペラスは、カヤツリグサ科カヤツリグザ(シぺラス)属に分類される、常緑多年草(非耐寒性多年草)です。別名パピルス、カミヤ...

pixta_natutubaki

ナツツバキの育て方

ナツツバキの原産地は日本で、主な生息地は本州から九州にか...

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方

苦瓜とも呼ばれるものですが、沖縄地方で主に育てられている...

pixta_maranta

マランタの育て方

こちらの植物においては、クズウコン科、クズウコン属となっ...

pixta_jigopetaram

ジゴペタラムの育て方

ジゴペタラムの科名は、ラン科で属名は、ジゴペタラム属とな...