キョウチクトウの育て方

キョウチクトウの育て方

キョウチクトウとご存知すか、漢字では夾竹桃、学名はNerium oleander var. indicumといって、キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木、もしくは常緑小高木になります。和名となった理由は、葉がタケに似ていること、そして花がモモに似ていることからになるのです。

キョウチクトウの育てる環境について

そして育てる環境についてですが、かなり感想や大気汚染の中という劣悪な状態でも大丈夫なのです。そのため工場緑化や道路わきの街路樹として多く使われていて、季節によっては花の美しさを愛でることもできるのです。特に例として挙げられるのが神奈川県の川崎市で、

長年の公害の影響によって他の樹木が衰えたり枯死してしまう中で、キョウチクトウだけはよく耐えて生育してくれたために、現在に至るまで同市の緑化樹として広く植栽されているのです。また広島市もかつての原爆によって植物が全滅して、75年間は草木が生えてこない、

育たないと言われていたのですが、キョウチクトウは焦土にいち早く生えてきて花を咲かせたので、復興のシンボルとなって広島市の花に認定されたのです。そういうわけでどんな環境でも育てられる栽培者としては楽なものであるのですが、

唯一日当たりに関してだけは気にしなければいけなく、日当たりが悪いと花付きが悪くなってしまうのですが、基本的な目的が緑化のために栽培されているので、あまりそういうことを気にすることはなかったりするのです。それゆえ自宅での栽培を考えている人、

花の美しさを愛でたい人は、土壌や大気などに気を配ることはないのですが、日光に関してだけは注意をしなければいけないのです。とにかくキョウチクトウは育てる環境を選びませんので、花を咲かせる際だけ、日光のことを考えて植えることが大事になってくるのです。

種付けや水やり、肥料について

それではキョウチクトウをどうやって植えれば、育てればいいのかというと、本来は種子から育っていく食部なのですが、日本では適切な花粉媒介者がいないために、挿し木で繁殖したクローンを植えることになるのです。とにかく生命力に強いものなので、

普通に地面に植えてやれば特に肥料をやることも、場合によっては自然の雨だけでも十分なので、日照りが続く場合を除いて水やりさえも必要のない育てるのがとても楽な植物なのです。ただしその反面、常緑の小高木で、主幹は作らず、根元から分岐して株立ちしていくので、

放っておくとどこまでも繁殖してしまう危険性があるのです。そのため手入れはむしろ増やさない方向にするのが必要となってきて、キョウチクトウそのものは植えてしまえばまず枯れることはなく、その生命力の高さに驚かれるはずです。

肥料も必要ないので、庭の目隠し用の植木としては最適なのですが、毒性が強いために小さな子供がいる、ペットなどの動物を飼っている場合は、絶対に口に入れさせないようにしないと死に至る恐れもあるのです。また繁殖力が強く場合によっては枝などを切る必要もあるのですが、

処分する際にも燃やすなどをすると毒性の煙が出ますので、よく注意して地域のゴミ捨てのルールに従って、安全対策をしっかりとして処分するようにしなければいけないのです。育てるよりもむしろ処分の方に気を使わなければいけない植物、ある意味でそう考えるのが必要です。

増やし方や害虫について

増やし方としては、キョウチクトウの生息地であるインドでは種子から自然発生するのですが、日本の場合、適切な花粉媒介者が存在していませんので、挿し木で繁殖したクローンを植えて育てていくことになるのです。ただし一度植えると生命力も繁殖力も強いので、

根元から分岐して株立ちしてどんどん増えていってしまうのです。それゆえ手間暇をかけて育てるというよりも、一定の間隔で伐採して必要量を保つことが大事となってくるのです。また害虫についてですが、キョウチクトウそのものが強い毒性を持っているので、

だいたいの虫は恐れて近付くことがないのですが、例外もあって、キョウチクトウアブラムシが、新しく伸びた枝に寄生してきたり、新芽やつぼみをシロマダラノメイガの幼虫が糸で綴って内部を食べたりすることがあるのです。また九州の一部や南西諸島では、

キョウチクトウスズメの幼虫が、葉を食べて育つのです。ただしこれらはそれほど数が多くはありませんし、繁殖力も十分なので、特に対策する必要もないのです。また殺虫剤にも強いので、厄介だと思ったら使用してもキョウチクトウの本体そのものにはそれほど影響が出ることはないのです。

非常に育てやすいもので、唯一注意するのは日光だけなので、日当たりの保障されている道路わきの街路樹などにはふさわしく、また虫もごく一部をのぞいてやってきませんので、都会の緑化効果に抜群の効果を持っている植物になるのです。

キョウチクトウの歴史

キョウチクトウとご存知すか、漢字では夾竹桃、学名はNerium oleander var. indicumといって、キョウチクトウキョウチクトウ属の常緑低木、もしくは常緑小高木になります。和名となった理由は、葉がタケに似ていること、そして花がモモに似ていることからになるのです。

そしてインドが原産になっていて、中国を介して江戸時代中期、享保9年(1724年)に日本にやってきたのです。それゆえキョウチクトウは日本に渡ってきたのが短く、まだそれほど歴史が深くないために、和歌や詩歌、文芸にモチーフとして取り上げられていることはないのです。

探せば現代のものならあるかもしれませんが、江戸中期より前には存在されもしていなかったので、歴史の中や文芸集で出てくることはないのです。ただし江戸時代の「本草薬名備考」の中でキョウチクトウの名前が出てくることもあるのですが、

これが現在のものと同一であるのか完全に確認はされてはいないのです。それゆえまだまだ歴史の浅いものですが、繁殖力が強く、育て方が楽であり乾燥に強く、潮風や公害にも耐えられますので、工場緑化、公園、道路脇や街路樹などによく植栽されているのです。

それゆえ品種改良も活発に行われていて新しいタイプのものが次々と生まれてきているのです。時代的に近代とまでは言えませんが、それほど歴史が深くないにも関わらず生活全般に取り入れられて、よく見知ったものとなっているのです。

キョウチクトウの特徴

それではキョウチクトウの特徴ですが、最も注意したい点として葉や枝など全体的に強い毒性があって、もしも誤って食べてしまうと激しい嘔吐や痙攣を起こしてしまい、また呼吸麻痺を引き起こすこともあって、最悪の場合は死に至る恐れもあるのです。

そのために決して口にしてはいけないのですが、一方で漢方薬としての効用もあって、強心や利尿などの作用があるのですが、あくまで専門家が容量を守って使用することが大事となっていますので、素人が勝手な判断で口にすると死に至る可能性もあるのです。

また周辺の土壌にも毒性がありますし、生木を燃やした煙にも毒が混じってしまい処分の際には十分に気を付ける必要があるのです。。腐葉土にしても一年間は毒性が残るため注意が必要で、とにかくキョウチクトウは毒性だということを覚えておくのが大切なのです。

そして毒性を語るエピソードとして、枝を箸代わりにして中毒を起こした、フランスで串焼きに利用して死亡した、日本でも乳牛の飼料の中に混じってしまい食べた牛が死亡したという事件が起こっているのです。そのため、小学校に植えられていたキョウチクトウを撤去したこともあり、注意が必要となるのです。

ただし乾燥や潮風に強く丈夫で育てやすいので、工場緑化や道路わきの街路樹などの裁判には適していて、緑化効果に役立っているので、毒性が強いというデメリットと上手くバランスを取りながら使うことが大事になってくるのです。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アラマンダの育て方
タイトル:ハツユキカズラの育て方
タイトル:クリナムの育て方

pixta_fuirigetou

フイリゲットウ(Alpinia sanderae)の育て方

ニューギニアが原産や生息地です。フイリゲットウとはフイリとは斑入りという意味ですが、ゲットウという名前がついていてもゲッ...

pixta_tionodokusa

チオノドクサの育て方

チオノドクサという植物は東地中海クレタ島やトルコの高山が原産で、現在ではヨーロッパの山々を生息地とする高山植物の一種です...

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

pixta_zeranium

ゼラニウムについての説明と育て方

フウロウソウ科であるゼラニウムは、南アフリカに自生する温帯性の宿根草であり、欧米ではベランダや窓辺の花として最も多く目に...

pixta_habransasu

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種...

pixta_inunaki

イヌマキの育て方

イヌマキはマキ科マキ属の常緑針葉高木で原産は関東から四国、九州、沖縄、台湾の比較的暖かいところの沿岸部を生息地にしていま...

pixta_kemansou

ケマンソウの育て方

ケマンソウの生息地は、森林や谷間などの半日陰を中心に広がっています。中国から朝鮮半島一帯を原産とする、寒さに強く暑さに弱...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

pixta_benijium

ベニジウムの育て方

ベニジウムは南アフリカ原産の一年草です。分類としてはキク科ペニジウム属で、そのVenidiumfastuosumです。英...

スポンサーリンク

pixta_brakikam

ブラキカムの育て方

ブラキガムは、キク科、ヒメコスモス属(ブラキスコメ属)に...

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て...

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチ...

pixta_shungiku_01

春菊の育て方

春菊の原産地はトルコやギリシャの地中海沿岸を生息地として...

pixta_brnnera

ブルンネラの育て方

ブルンネラはユーラシア西部を原産とするムラサキ科の多年草...