ニューサイランの育て方

ニューサイランの育て方

ニューサイランはニュージーランドを原産地としている植物であり、多年草に分類されています。ニューサイランはキジカクシ科、フォルミウム属(マオラン属)になります。

育てる環境について

ニューサイランはニュージーランドを主な生息地としている植物であり、温暖な気候を好みます。寒さにはやや弱い品種から強い品種までいくらかの違いがありますが、およそ温帯地域であれば育つことが出来るでしょう。一方耐暑性は普通であり、日本の夏の暑さにも耐えることが出来るでしょう。

このニューサイランは日当たりのよい環境を好みます。その様な条件に加えて水はけのよい土壌であることが重要視されるものであると考えておくと良いでしょう。その様な環境下で良く育ちます。一方で日陰にも適応するという性質がありますが、

日向で育てると葉が堅くまっすぐに伸びて行くという特徴があります。夏の乾燥と冬の寒風が苦手ですので、その様な環境をじょうずにさけることができるしくみを 検討する様にすると良いでしょう。日本においては暖かい環境であれば戸外での栽培も可能になります。

しかし品種によっては通常の寒さにも適応できない種が存在していますので、その様なケースにおいてはマルチングをして傍観したり、鉢上げをして室内に取り込むという選択を行うのも良いでしょう。一般にニューサイランには様々な色彩の株が存在していますが、

葉の色がカラフルであるほどに耐寒性が弱いという傾向が指摘されています。そのため綺麗な花を咲かせたいと願っているのであれば、適切な環境で生育させることが出来るように対応して行くようにすると良いでしょう。ニューサイランはその様な植物です。

種付けや水やり、肥料について

ニューサイランの植え付けには成長が始まる3月中旬から4月上旬にかけてが最適であると言えます。株分けする場合にも同じ時期に行うと良いでしょう。その際に注意したいのは根を傷めないようにすることです。根を傷めてしまうと、その程度にもよりますが枯れ込みやすくなってしまいます。

その様な事態は避けるようにしなければなりません。ぽっと苗を入手した場合には、根鉢を崩すことなくそのまま植えこむようにすると良いでしょう。あまり深く植えすぎないように株元をやや高くして植えると水はけが良くなります。鉢植えで育てる場合には

良く根が回りますので1~2年に一回程度は鉢を植え替えるようにしましょう。その様な対応が必要であると言えます。水やりに関しては鉢植えの場合も庭に植える場合も十分に水を上げることが大切です。土が加湿状態になることは望ましくありませんが、

水が切れてしまうことも同様に避けなければならない問題ですので注意するようにしましょう。肥料に関しては植え付けの際に元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおくと良いでしょう。追肥は鉢植えの場合のみ発行油かすなどの緩効性化成肥料を

置き肥しておくようにすると効果があると言えるでしょう。この様な対応が必要になるという育て方を習得しておけば、このニューサイランはそれほど栽培に関する難易度の高い植物ではないと言えるでしょう。その様な仕組みであることを十分に理解して行うようにしましょう。

増やし方や害虫について

ニューサイランを増やしていこうとするのであれば株分けと言う方法を検討することが望ましいと言えるでしょう。この株分けと言う作業は根が張っている状態ではなかなか難しいものですので、スコップなどを利用して株を半分に割ってしまうと良いでしょう。

この様な作業に適しているタイミングとしては3月中旬から4月上旬の時期に関してであり、若干のダメージを与えてしまうことになりますので注意して行いましょう。この時期は成長の時期に当たり、株分けによって受けてしまうダメージを徐々に癒していくことが可能になります。

そのためこの時期に関しては歯科kりと守ることが必要になります。成長の時期以外に株分けをしてしまうとダメージから回復することが出来ずに株が大幅に弱ってしまう事態にもなりかねません。この点に関しては特に注意しておく必要があると言えます。

一方このニューサイランは病気や害虫に関してはかなり強いことでも知られています。およそ心配が必要な病気とは縁がありませんし、害虫が付いてしまうという事例も多くありません。敷いて気をつけなければならないことがあるとすれば、それは水のやり過ぎによる根腐れの問題です。

多くの水を上げんがために大量にあげ過ぎてしまうと土壌がびしょびしょうになってしまい水分過多になりかねません。その様な環境を好む植物もありますが、苦手とする植物もあります。一般的には水分過多はマイナス要因となりますのでよく注意しておきましょう。

ニューサイランの歴史

ニューサイランはニュージーランドを生息地とする植物です。日本においては明治時代の初期に導入されましたが、北九州地方を中心として栽培されるようになった程度の普及をした後、急速に普及が止まりました。現在では一部の植物園などを除けば

自然環境の中でニューサイランが栽培されるということはなくなりました。日本におおいては観賞用の植物でしかないニューサイランですが、現地ニュージーランドではマオリ人が葉から繊維を採って利用するという活用法を編み出しており、

イギリス人がこれを広く世界中に普及させたとされています。このニュー採卵は株分けで増やすことが出来ますので計画的に増やして行って繊維を採るための植物としての栽培が行われるようになってきました。歴史的にはこの様な取り扱いをする植物として生活を支えてきたのです。

年に1,2回ほど新葉を1~2枚程残して全ての葉を刈り取り、葉の繊維の実を使用して精製するという方法で作り上げるニューサイランの繊維はマニラアサなどよりも柔軟で弾力と光沢がある高級な素材として利用されるようにもなってきています。腐りにくいという特徴を活かして敷物や網策、帆布、

製紙原料としても盛んに活用されているものです。またマニラアサやサイザル等の他の繊維と混ぜあわせることで新しい繊維を作ることにも力を注いでいます。ニューサイランは日本においては観賞用の歴史しかありませんが、原産地域においてはこの様な生活に密着している素材として活用されています。

ニューサイランの特徴

ニューサイランはニュージーランドを原産地としている植物であり、多年草に分類されています。常緑性の草であり、草丈は60センチから3メートル程度までの大きさになることがある非常に大きな植物であると言えます。そんなニューサイランは狭義には

フォルミウム・テナックスのことを指し示す言葉ですが、同じ種類の植物であるフォルミウム・クッキアナムと両者んの交配種を含めてニューサイランという名前で呼ばれています。この植物はすらりとした葉を株元から扇状につける草であり、非常に丈夫であることから

繊維を取って織物やマット、漁網を作ることが出来ます。他にも根を焼いてからすり下ろしてシップ剤にしたり、花茎を利用して筏を組んだりもします。花から蜜を採るなど様々な用途がある非常に有用な植物としても知られています。

主たる生息地であるであるニュージーランドでは経済を支える重要な作物として知られています。日本においてはその美しい草の姿が園芸植物として評価されています。そのため庭園で栽培されたり、葉を折り曲げたり割いたりしてアレンジを行う生け花やフラワーアレンジメントに活用されることが

多い品種として楽しまれています。夏になると葉の間から長い花茎を伸ばして暗赤色、もしくは黄色の花をつけます。品種によって葉に特徴があり、クリーム色や黄色の班が入るものもあれな、銅葉や紫葉、赤葉なども多彩であり、園芸用に最適なバリエーションのある品種として知られています。

pixta_crownbeti

クラウンベッチの育て方

クラウンベッチはヨーロッパが原産であり、ツルの性質を持つ、マメ目マメ科の多年草です。また、日本におけるクラウンベッチの歴...

pixta_ikisia

イキシアの育て方

イキシアはアヤメ科の植物で、原産地は南アフリカになります。また、別名として「ヤリズイセン(槍水仙)」、「コーン・リリー」...

pixta_orurea

オルレアの育て方

オルレア(オルラヤ)は、ヨーロッパ原産のセリ科の一年草です。日本でのオルレアの栽培の歴史はまだ浅いですが、最近、急激に庭...

pixta_haetorigusa

ハエトリグサの育て方

ハエトリグサは北アメリカを原産とするモウセンゴケ科・ディオネア属の食虫植物です。開いた貝殻のような形の葉が印象的で、その...

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさまざまな工夫がなされます。つる性の草のカーテンもそのひとつだと言え...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型になります。シャガとよく似ており絶滅危惧植物に指定されている耐寒性...

pixta_sischard

スイスチャードの育て方

スイスチャードという野菜はまだあまり耳慣れないという人が多いかもしれません。スイスチャードはアカザ科で、地中海沿岸が原産...

pixta_kokabu_01

小かぶの育て方

原産地を示す説はアジア系とヨーロッパ系に分かれており定かにはなっておりません。諸説ある中でも地中海沿岸と西アジアのアフガ...

pixta_ooaraseitou

オオアラセイトウの育て方

オオアラセイトウは別名ショカツサイとも言われる中国原産のアブラナ科の植物です。紫色が美しい小花はその昔三国志で有名な軍師...

スポンサーリンク

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム...

SONY DSC

アゲラタムの育て方

アゲラタムは熱帯アメリカ原産で、生息地には約40種ほどが...

pixta_stock

一重咲きストック(ア...

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原...

pixta_arekayasi

良い植物の選び方と栽...

植物は見る人の心を癒してくれます。また、植物を育てること...