観葉植物を育ててみよう

観葉植物を育ててみよう

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の育て方について記述していきます。まず、観葉植物と一口に言っても、種類によって様々な性質があります。その性質を理解することにより、簡単に育てることが出来るようになります。

観葉植物について

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の育て方について記述していきます。まず、観葉植物と一口に言っても、種類によって様々な性質があります。その性質を理解することにより、簡単に育てることが出来るようになります。

室内で育てることを前提とするのであれば、葉が落ちにくく手入れがしやすい、乾燥に強く頻繁に水やりをする必要がない、病害虫に強いというものを選ぶようにします。

観葉植物の育て方

「多幸の木」とも呼ばれ、多くの幸せをもたらすとも言われるカジュマルは、形が個性的で、人気があります。インテリアとしても様々な部屋にマッチするため、オシャレな空間を醸し出すことが出来ます。丈夫で育てやすいということも人気の理由の一つです。

水を与え過ぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうので、注意が必要です。水は、土がある程度乾燥してから与えるようにします。横に広がらないので、場所を取らず、丈夫で育てやすいと人気なのが、「トラノオ」です。

玄関先などに置くことにより、家の中に邪気が入ることを防ぐことが出来るとも言われています。ただし、日光が好きな植物ですので出来るだけ日に当てるようにしましょう。室内ではなく、ベランダやテラスなどで育てるという場合には、寒さに強く、病害虫に強いタイプを選ぶようにします。

平和の象徴としてよく用いられる木に「オリーブ」があります。寒さと乾燥に強いので、簡単に育てることが出来ます。葉の色は、シルバーと涼しげな印象を与えます。観賞用として人気があります。

観賞植物の中には、大きく成長するタイプもあります。そのような性質を知らずに購入してしまうと、処分に困る場合もあるので、購入する際にはどの程度大きくなるのかを確認するようにしましょう。

観葉植物の栽培時の注意点

また、育てる環境により適している種類が異なります。寒冷地では耐寒性のあるものを選ぶようにしましょう。観葉植物を育てる上で、失敗する理由はいくつかあります。最も多いものとしては、水の与え過ぎがあります。

根腐れを防ぐためには、土の表面が乾くまでみずは与えないようにします。環境により乾く速度は異なりますので、土の表面が白っぽく乾いたら、底から水が流れるまでタップリと与えるようにします。

受け皿などを使用している場合、その受け皿に水が残っていると、根腐れの原因になりかねないので、溜まった水は必ず捨てるようにします。室内で育てることが出来る植物であっても、太陽光は欠かすことが出来ないものです。

全く光の届かない場所や、室内の照明だけでは成長に支障をきたすばあいもあります。時々太陽の光を浴びることが出来る場所に移動するようにしましょう。種類によっては、直射日光を当てると葉焼けを起こしてしまう場合もあるので、光の届く明るい日陰で育てるようにしましょう。

観葉植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ベンジャミンの育て方

pixta_dyuranta

デュランタの育て方

クマツヅラ科ハリマツリ族(デュランタ属)の熱帯植物です。形態は低木です。和名には、ハリマツリ、タイワンレンギョウ、などの...

pixta_kuko

クコ(キホウズキ)の育て方

この植物はナス科クコ属の落葉小低木ですが、ナスの仲間ということで、その実からは何となく似ているかなという感じですが、色は...

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Ficus elastica)の育て方

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では鉢植えで育てます。ミニサイズの鉢から大型のものまで、様々な趣のあ...

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこの植物を見に行くことを紅葉狩りといい、秋の風物詩として古くからた...

pixta_aberia

アベリアの育て方

アベリアはハナゾノツクバネウツギのことで、ラテン語の属名アベリアで呼ばれています。公園などで植え込みとしてよく植えられて...

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て方

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本州以南と朝鮮半島が原産の植物になります。名前の由来は、葉に入った...

pixta_tyuriparajin

チューリップ(アラジン)の育て方

チューリップにおいては日本に来たのは江戸時代とされています。その時にはほとんど普及することはなかったようですが大正時代に...

pixta_ingen_01

インゲンの育て方

豆の栽培は農耕文化が誕生したときから穀類と並んで始まったと言われています。乾燥豆は品質を低下させずに長い期間貯蔵できるこ...

pixta_endou_02

初心者でも栽培しやすいえんどう豆の育て方について説明します。

えんどう豆の栽培は、マメ科なので前回マメを育てた場所での栽培は避けた方が無難です。しかし、えんどう豆は日当たりが良く水は...

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッタ・サルバティカ」といいますが、「サルバティカ」というのは「野生...

スポンサーリンク

pixta_trajiskantia

トラデスカンチアの育...

トラデスカンチアは北アメリカの温帯から熱帯アメリカにかけ...

pixta_keitou

ケイトウの育て方

ケイトウの原産地は、アフリカやアジアの熱帯地方であるとさ...

pixta_anisuhip

アニスヒソップの育て...

アニスヒソップはシソ科 カワミドリ属の常緑多年草です。原...

pixta_kobansou

コバンソウの育て方

コバンソウはイネ科の植物で、大振りの稲穂がしなだれている...