セロペギアの育て方

セロペギアの育て方

セロペギアはガガイモ科の植物です。横に這うように茎が伸びて成長していきます。そして原産はカナリア諸島やアフリカやマダガスカルやインドや中国南部などに生息地として栽培されています。その中で一種がニュージーランドとオーストラリアで栽培されています。比較的暖かいところを好む植物になっていて、育て方も寒くならなければ丈夫で育てやすい植物です。

育てる環境について

セロペギアの育てる環境に関しては、やはり日当たりがよくて、気温が高いことが一番成長にいいです。セロペギアの置き場所に関しては、一年を通じて日当たりの良い場所がいいです。そして日当たりがいい場所で育てることによってつぼみをたくさんつけてくれます。また室内で管理していたセロペギアを春になってきたら屋外に移動させてあげます。

屋外に移動させてあげるタイミングに関しては、夜間が15℃以上になったら日当たりのいい場所に置いてあげます。そして夏に関しては、明るい場所で育てます。日陰でも育つことはできますが、成長がしにくくなってあまりたくさんの花が咲かなかったりします。だから午前中だけでも日当たりがいいところに移動させてあげると花もたくさん咲いてくれます。

花のためにも、日に当ててあげることが大事になってきます。そして秋になったら早めに屋内に取り入れてあげます。そして室内の明るい窓辺などで管理します。そうすることによって、秋でも最低温度が15℃ぐらいになるまでは室内で咲いてくれます。そして冬になってくると冬越しし易いように管理してあげます。

多肉の性質を持っている植物になるので、水はあまり与えなくても育てることができます。あげすぎてしまうと、根ぐされの原因になってしまうので乾燥気味です。そして冬越しをすることができるように10℃以上で管理できるようにしてあげることによって、また春に花を楽しむことができますので、冬は温度に気をつけます。

種付けや水やり、肥料について

セロペギアを植木鉢で育てる場合はあまり頻繁に土が乾かない状態で与えるのではなく、しっかりと乾いた状態になったら与えるようにします。そのときは乾いた土にたっぷりと垂れるまで与えてあげます。そして受け皿などには水は貯めないようにしないといけないです。どうしても水を貯めておいたりすると、蒸れの原因になってしまったりします。

しっかりと乾いたらそのつど水は与えてあげるようにしていきます。そして冬の水やりに関しては、土が乾いてすぐに水を与えてあげるのではなく、1日や2日ぐらいは置いてから水を与えてあげるといいです。あまり与えすぎないように気をつけてあげます。水を与える回数などは多くなくて済む植物です。そして育ち方は横に茎が伸びていきます。

だから土のところなどに花が枯れてしまったりと、どうしても土のあたりが枯れ葉が出来てしまったり、雨水がたまったりと、蒸れてしまう原因になってきます。だから土の当たりはしっかりとお手入れをして、汚れないようにしてあげるといいです。そして風通しをよくして育てます。また肥料の与え方に関しては、ある程度与えるほうがいいです。

しかし他の植物よりも肥料を好むものではないので、あまり与えすぎなくてもいいです。少し少なめに春から夏に与えてあげるようにしておけばいいです。置き肥料などを置いておくのもとても便利です。簡単な肥料を与えておくだけでいいので管理はとても簡単にして育てることができます。

増やし方や害虫について

セロペギアは比較的簡単に増やすことができる植物です。セロペギアの性質として、横に茎が這っていって成長していきます。だからどんどん横に這っていって育っていきますので、這って行ってるところを隣の鉢に伸ばして茎の節を土をかぶせておきます。そうすることによって、隣の鉢に根を出してそこで育ってくれます。

ある程度しっかりと隣の鉢に根が出てきたら、適当な場所かた切ってしっかりと育ててあげます。また剪定してきり戻したりするときに切った茎を葉を数枚残して挿し木で増やすこともできます。だから要らなくなった茎などを挿し木にしてあげてもいいですし、また這わせて根を出させてあげても育てることができます。

どちらの増やし方にするかはそのときによって決めるといいです。這わせて根を出させる方法のほうが確実に根を出すことができたりしますのでおすすめの方法です。隣の鉢以外でも、その場で根が出てるのを切って植えるという方法もあり、比較的簡単に増やすことが可能になっています。

また害虫に関しては、セロペギアは特にほとんど心配することはないです。しかし夏になってくると、蒸れてしまったり葉っぱが乾燥してしまいます。そういったときに、害虫の被害にあいやすいです。だから害虫の被害にあわないようにするためにも、葉っぱを葉水をしたりして乾燥をしないように予防することが大事になってきます。そして風通しのいいところにおいて、できるだけ乾燥や蒸れを防ぎます。

セロペギアの歴史

セロペギアはガガイモ科の植物です。横に這うように茎が伸びて成長していきます。そして原産はカナリア諸島やアフリカやマダガスカルやインドや中国南部などに生息地として栽培されています。その中で一種がニュージーランドとオーストラリアで栽培されています。比較的暖かいところを好む植物になっていて、育て方も寒くならなければ丈夫で育てやすい植物です。

白い花とつるのように伸びていきますので、這わせて育てることができます。そして暖かければ周年花が咲いてくれる植物です。多肉性の常緑多年草つる植物ですので、長い間楽しむことができます。管理も簡単で、肥料もあまり与えないでいいですし、また水やりなどに関しても、

乾いたら与えるようにしておけばそんなに頻繁に与える必要がないのでおすすめです。冬が寒い地域で育てないといけない場合に関しては、寒い冬の間は室内に移動させてできるだけ暖かい環境で育ててあげるようにしておくことが大事です。あまり日本ではなじみのない植物になっていますが、しっかりと暖かく育てておけば花をいつまでも楽しむことができますし、

また育てやすい植物です。害虫の被害などもほとんどなくて、夏の蒸れやすい時期や乾燥してしまうときなどには葉の裏などに害虫が発生してしまうことがでてきたりしますので、注意が必要です。できるだけ風通しをよくしてあげることが大事です。どうしても這って育つ植物になりますので、土の近くなどは蒸れやすくなってしまいます。

セロペギアの特徴

セロペギアは日本であまりなじみのある植物ではないです。だから育て方に正解がまだはっきと解ってるものではないですが、比較的暖かいところで育てるようにしておくといいです。そして開花する花がしおれてしまうまでは短くなってしまいます。しかし温度に気をつけて、日当たりをしっかりとしておくと、一年中咲いてくれる性質があります。

だから上手に育てることができたら、かなり長い期間楽しむことが可能な植物です。そして花の咲く時期に関しては、常温の場合で花が咲き始めるのは5月頃からです。そして10月下旬位まで外でしっかりと咲いてくれます。だからその月下旬以降になってくると寒くなってきますので、室内に移動させてあげるといいです。

できるだけ花を長い間楽しみたいという場合は、温度が高めでしっかりと根を張って大きくなってくれると、どんどん花も咲いて楽しむことができます。だからセロペギアは日当たりと温度をしっかりと管理して育てていったらいいです。日当たりがいいことがたくさんの花を咲かせてくれる条件になってきます。肥料に関しては、

あまり与えなくてもいい植物になりますが、与える時期は張るから夏にかけての成長期になります。成長期にあまり与えすぎない程度に与えておくとよく育ってくれます。そして水やりに関しては、土が乾いたら与えるようにして、土が湿った状態のときに水を与えてしまうと、蒸れの原因になってしまったりします。乾き美味が一番いいです。

pixta_baobabu

バオバブ(Adansonia)の育て方

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木です。人類が2足歩行をする400万年前以前からフルーツや葉を食料と...

pixta_besseraeregans

ベッセラ・エレガンスの育て方

この花については、ユリ科のベッセラ属に属します。花としては球根植物になります。メキシコが生息地になっていますから、暑さに...

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多年性草本です。ブラジルから西インド諸島へと分布し、ガラパゴス諸島...

pixta_rueria

ルエリアの育て方

ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草で生息地はアメリカ、アジア、南アフリカの熱帯地域などです。その名前は、フランス...

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園芸をする上でどのように分類されているかですが、まずは庭木であった...

pixta_kannyou01

植物の上手な育て方を知る

生活の中に植物を取り入れることで、とても豊な気持ちになれます。また、癒しの効果もあって、育てていく過程も楽しめます。キレ...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」(太陽の門)と呼ばれている広場が有ります。この広場はスペイン全土...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

tomato01

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっ...

pixta_gardenshikuramen

ガーデンシクラメンの育て方

シクラメンの原産はトルコからイスラエルのあたりです。現在でも原種の生息地となっていて、受粉後に花がらせん状になることから...

スポンサーリンク

pixta_yukimotisou

ユキモチソウの育て方

ユキモチソウ(雪餅草)は非常にユニークな花を咲かせます。...

pixta_aptenia

アプテニアの育て方

この花については、ナデシコ目、ハマミズナ科となっています...

pixta_rantana

ランタナの育て方

一つの花の中にとても多くの色を持つランタナは、とても人気...

pixta_amerikaazena

アメリカアゼナの育て...

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが...