ポリキセナの育て方

ポリキセナの育て方

この花の特徴としては、ヒアシンス科になります。種から植えるタイプではなく、球根から育てるタイプになります。多年草のタイプですから、1年を通して育てることが出来るようになっています。花の高さとしては5センチから15センチぐらいなのでそれ程高くはありません。

育てる環境について

栽培をするときにおいては育て方として場所を知っておく必要があります。この花が最も成長するのが秋から冬になります。夏の間は何をしているかですが、この間は休眠期感になるので寝ています。成長をしない時期になります。夏に日差しを受ける場合においては強いところだと避けないといけないこともありますが、

夏はあまり関係がないのでそれなりの日当たりのところを選ぶようにします。あまり日当たりがないと、晩秋に花をつけるまでの間に成長することができなくなります。太平洋側であれば庭に植えることが出来るとされています。この花に関しては、冬に咲く花として知られていますが寒さがものすごく強いわけではありません。

霜などに強いわけでもありません。となるとどこでも好きなところに植えて育てるわけには行かないところもあります。植木鉢を利用すれば、季節に合わせて移動させることができますから、そうすれば寒さで弱まっている時には室内などに入れることも可能になります。夏の間の管理の方法としては、鉢に植えたまま日陰で乾燥させるようにします。

寒さにはどれくらい耐えられるかですが、軽い霜ぐらいであれば、それですぐに根がやられてしまうことはありません。たまたまの霜ぐらいなら大丈夫ですが、常に地面が凍っているようなかなり寒いところになると問題も出てきそうです。雪が多い地域であったり、北国、日本海側などになると冬は室内に入れることを考慮して管理をします。

種付けや水やり、肥料について

用土に関しては、草花用培養土の利用が簡単で便利です。植物のショップの他ホームセンター等でも売られています。少ない量であれば100円ショップでも販売されていますから、植木鉢一つだけなどであればそれで対応できることもあります。球根ですから、水仙やチューリップが育つような土を利用するようにします。

ひり量分についてはあまり多すぎるものではなく、適度に入っているぐらいのものが良いとされます。たくさん入りすぎるのは良くないとされています。水やりは9月下旬ころから開始します。夏は休眠をしていますから、日陰などで休ませています。そして秋において、暑さが収まってきた頃に起こすように水を与え始めます。

用土が乾き始めたらタップリと与えるようにします。発芽をしてから開花までの間には乾燥させないように気を配る必要があります。多少乾燥させる分には良いですが、カラッカラになった状態だと花に影響することがあります。花は冬の初めで終わりますが、その後葉っぱなどは残ります。春頃までありますが、5月頃に葉が枯れてきます。

こうなってきたら水やりをする必要がなくなります。この後は徐々に休眠の準備に入ります。夏の間も一切水やりは必要ありません。肥料については最初に気持程度与えるぐらいで良いとされますが、きれいな花を確実に咲かせたいなら少し与えるようにしてもいいでしょう。月に2回から3回程度において液体肥料を与えるようにすると球根が太ります。

増やし方や害虫について

増やし方としては分球があります。球根ですから、分かれた球根を利用するようにします。ただし分球をするにはしっかりと球根を太らせたり、増やすような努力が必要です。ただ花を咲かせるだけならそれ程肥料はいりませんが、分球をしようと考えているなら肥料のあげ方を変えると良いとされます。

あくまでも増やそうとする場合なので、増やさないなら肥料はそれ程必要としません。花から種子をとって種まきをすることで育てることが出来るとされています。通常は球根なので3年くらいで開花するようになります。種から育てる面白さとしては、元の花との違いが発生することです。色合いなどが多少異なってきます。

全く同じ色で育てたい場合は良くないですが、色の変化を付けたい場合には種から育てることにも挑戦してみます。植え付けを行う季節は9月下旬から10月中旬です。晩秋に花をつけますから、この頃に植え付けの準備を開始する必要があります。暑い時期に行ってはいけません。3号鉢ぐらいであれば球根が一つ、4号鉢を利用することが出来るなら3球ぐらい植えることができます。

そのほうが豪快に花を咲かすことが出来るでしょう。植え替えは分球と兼ねて行うようにします。2年から3年ぐらいに行います。分球をして増えてくれば植木鉢の方も大きめの鉢に入れるようにします。病気についてはあまり見られることはありません。秋に育つからかもしれません。気候によってアブラムシが出てくることがあります。

ポリキセナの歴史

花がさくことが多いのは春になるかもしれません。その後夏にはあまり少なくなって、秋には少し増えてきます。そして寒くなるにつれてまた少なくなってきます。寒い時期においては寒さに弱い花などはやられてしまうことがありますから、育てるにあたっては注意をしなければいけないでしょう。その中でも寒い時期に比較的強い花もあります。

日本においても水仙であったり梅などは雪が降っているところでもどんどん咲くことがあります。ポリキセナと呼ばれる花についても比較的寒い季節に強い花といえるかもしれません。原産地や生息地としては南アフリカの地方になります。南アフリカはアフリカの中で最も南の地域になります。

暑いイメージがあるかもしれませんが、南半球でも下の方にいけば当然それなりに涼しくなります。寒いほどではないですが、温暖なところと言ってもよいでしょう。日本においてもいつ頃かに入ってきた歴史があります。ですから、それ以降楽しむことが出来る花として知られています。南アフリカに関しては比較的多くの花が生息していて、

こちらが厳正になっている花が多くあります。日本とはかなり離れていますが、ヨーロッパを通じてであったり、アジアなどを通じて比較的早くに日本に渡来していることがあります。似ている花が来ていることもありますが、花の名称などを確かめるようにするとよいでしょう。花がさく季節が少し変わっていますから、それで区別することが出来るかもしれません。

ポリキセナの特徴

この花の特徴としては、ヒアシンス科になります。種から植えるタイプではなく、球根から育てるタイプになります。多年草のタイプですから、1年を通して育てることが出来るようになっています。花の高さとしては5センチから15センチぐらいなのでそれ程高くはありません。こじんまりとした花を咲かせます。開花時期は晩秋から冬のはじめになります。

秋の花がどんどん散り始めている時にきれいな花を咲かせてくれます。ですから1年中花を咲かせたいと考えている人にはこの花は欠かせない花の一つになるかもしれません。耐暑性については強く、耐寒性についてもそれなりにあるとされています。耐暑性については、夏に暑いさなかを耐えているわけではありません。

この時期は休眠の時期に当たるので特に暑さなどの影響を与えにくいからとされています。花なの色としては白、紫、ピンクなどが知られています。花びらは5枚から6枚ぐらいが多そうです。生え方としては地面から生えているように見えます。そのためにあまり花の高さも大きくならないのでしょう。

葉っぱに関しても同様に地面から直接生えているように見えます。花びらとしては、奥のほうが白っぽくて、外にでるほど色が濃くなります。花びらの中心に色の中心のように線が入っていて、その周りがその色が淡く広がります。葉っぱに関しては花の2倍ぐらいの大きさになります。1輪だけがぽつんと咲くよりも、複数の花がまとまって咲くようになります。

pixta_ramium

ラミウムの育て方

ラミウムは、シソ科、オドリコソウ属(ラミウム属)になります。和名は、オドリコソウ(踊子草) と呼ばれています。ラミウムは...

angeronia

アンゲロニアの育て方

アンゲロニアはオオバコ科の植物でその生息地はメキシコからブラジルといった中米から南米、そして西インド諸島に広がります。原...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_haran

ハランの育て方

ハラン(葉蘭)はスズラン亜科ハラン属の常緑多年草です。名前に蘭という漢字を使用しますが、ラン類ではなく、巨大な葉を地表に...

pixta_nusubitohagi

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っている特質などに違いが見られ、また亜種も実在しています。例に出し...

pixta_zefiransasu

ゼフィランサスの育て方

ゼフィランサスについては、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)タマスダレ属の植物のことをまとめてそう名づけられてい...

pixta_yutyaris

ユーチャリスの育て方

ユーチャリスという名前はギリシア語でかなり目を惹く、という意味があります。日本では、ギボウシズイセンという別名もでも呼ば...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_hasunohana

植物を元気いっぱいに育てるには

どれを選ぼうか迷うほど園芸店などにはたくさんの植物が並んでいます。好みの花色や珍しさで選ぶとうまく育たないこともあり、植...

pixta_momo

桃の育て方

桃の歴史は紀元前にまで遡り、明確な時期は明かされておりませんが、中国北西部の黄河上流が原産地とされています。当時の果実は...

スポンサーリンク

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...

pixta_kaederui

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的に...

pixta_gardenshikuramen

ガーデンシクラメンの...

シクラメンの原産はトルコからイスラエルのあたりです。現在...