サルビア(一年性)の育て方

サルビア(一年性)の育て方

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多年生ではありますが、日本国内において扱いは一年性となります。

育てる環境について

サルビアをスクスクと育てる環境は、太陽の光がよく当たる場所がベストです。土の状態も、水はけが良いことも大切です。日あたりをよくすることは大切なポイントとなりますが、状態が乾燥しすぎないことも必要です。土の質については、うるさいことは言いません。

しかしよく肥えている土地であり、腐植質で弱酸性の土であれば、より理想的ではあります。15℃から25℃暗いが、育てていくのにも、最適な温度環境になります。一年草の扱いではありますが、寒すぎる環境はサルビアにとっては酷なものです。寒さ厳しいい冬の凍結であったり、

霜などにはとても弱いという弱点があります。冬をたくましくこすためには、気温を 最低ラインでも、5℃くらいはキープすることが大切です。暖かいお日様の光が好きですが、暑すぎると花にマイナスの影響が出てきます。気温が急上昇する真夏などは、

30℃を超えても育つには育ちますが、問題は花です。暑すぎる気温は、花のつきをわるくしてしまいます。公園にも植えてある花としても知られる花ですから、かなり強いイメージもあるかもしれません。しかし家庭で管理するのであれば、温度には気を配ってあげたほうが、

花にとっても優しいいです。日あたりが良いのが好きでありながら、若干ナイーブな面も持っている花です。しかし、育つ環境を整えてあげれば、本来が開花時期の長い花ですから、お手入れしだいで長い期間、鮮やかな花を楽しむことができます。

種付けや水やり、肥料について

サルビアの植え替えや植え付けについてですが、タネをまくのは、気温もだんだん上がってくる5月上旬位の時期がベストシーズンになります。20℃くらいが、発芽には適切な気温です。タネは、発芽するために光が必要なタイプですから、土をかぶせるときには、薄くすることです。

くれぐれも、深く埋めてしまわないように気をつけます。タネをまいたら、7日から8日くらいで発芽します。その期間は、乾燥しないようにしてあげましょう。無事に発芽をしたら、お日様の光にたっぷりとあててあげます。日陰で太陽のあまり当たらない環境だと、

植物の茎などが弱々しく間延びしたような感じになってしまいますから、太陽の光は必須です。植え付けkをするにあたり、ポット苗もありますか ら、もっと気楽に作業しようと考えたら、ポット苗を利用してみるのもよいでしょう。水やりの頻度については、

用土をチェックしてみて、乾き始めたと感じたら、水を十分に与えてあげましょう。うっかり水切れ状態になってしまうと、育ちがよくなくなります。下葉のゾーンが枯れ上がってくることにもなりますから、水やりは土の状態を見ながら、たっぷりと与えることです。

日あたりが好きな植物ですから、天気の良い日が続けば、水分もたっぷりと欲しくなります。花が咲く期間も長くて、育つ勢いもある植物ですから、定期的に肥料は施すようにします。もしも肥料が足りない状態になると、生育はストップします。花も順調に咲かせるために、肥料は大切です。

増やし方や害虫について

サルビアを育てるにあたって、つきやすい害虫は、アブラムシを筆頭に、ハダニやヨトウムシなどがいます。一般的な他の草花と同じような害虫のメンバーが名を連ねますが、対策は抜かりなくしておくことです。ヨトウムシやアブラムシなど、防除はしっかりと行うことです。

太陽の日差しが強くなるなるのシーズンともなれば、空気も一気に感想をし始めます。そうなったら、ハダニがつくことがあります。ハダニ対策としては、葉水での予防をすることです。ガーデ人形に霧吹きを用意しておくと良いです。霧吹きに水を入れて、

ハダニ対策で葉っぱにスプレーできるように用意しておきます。害虫対策にもなりますが、植物というのは根っこノッ分だけではなく、葉っぱや花びらから も、密かに水分を吸い込むことが可能ですから、乾燥シーズンには適度にスプレーして、水分補給をしてあげるのも良い方法です。

葉水は病害虫を防いでくれながら、イキイキとしたは葉っぱにしてくれますし、温度調整をするのにも役立ちます。病気に関してですが、サルビアの場合は、ほとんどないので、病気よりも害虫対策をしっかりとしましょう。サルビアの増やし方は、さし芽で行います。

タネで増やすのがメインではありますが、さし芽での作業も容易ですから取り入れてみると良いです。切り戻しをして芽をさしたり、摘心したりすることで、案外簡単に苗ができますから、トライの価値ありです。育てるのにあたっては、太陽の光をサンサンとあたえてあげましょう。

サルビア(一年性)の歴史

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多年生ではありますが、日本国内において扱いは一年性となります。日本では良く、公園などでも栽培されている花です。

育て方のポイントとなるのは、やはり日あたりの良さでしょう。シソ科アキギリ属の一種になります。標準和名としては、緋衣草という漢字もあり、日本ではゴロモソウというネーミングですが、あまり使われることはありません。むしろ、この呼び方で、ピンとくる人の方が少ないかもしれません。

ほかにもスカーレットセージといった呼び方をされることもありますが、アキギリ属のことをセージと表しているも のです。草丈1mにもなる「多年草というのが本来のものですが、今の時代に栽培されているメインは、30cmくらいから50cmくらいの矮性種がほとんどで、

一年性のタイプが多いです。植物の葉っぱの緑には、のこぎりの歯のような、幅が5cmくらいで長さが7cmほどの鋸歯があります。対生している葉っぱです。咲いて可愛らしい花の色は、鮮やかなレッドカラーです。茎の先端が穂になっている形状です。

ガクが筒状になっていて花筒が長いです。唇花には、スイートな味わいの蜜がついています。園芸品種としては、レッドカラーのみではなく、ホワイトカラーからパープルまで、幅広いカラーの花があrます。豊富な品種は、花壇の花としても昔から、馴染みのあるものです。

サルビア(一年性)の特徴

ハッとするような艶やかなレッドカラーで、ギュッと群れになって咲いている花は、サルビアの特徴的なものです。秋の花壇にはメインの花としても輝きを増す花です。育てやすい上に、開花時期も長い花です。日本人にとって特に馴染みがあるのは、ヒゴロモソウという、

真っ赤な花をつけた種類です。サルビア属というのは、非常に種類が覆う、900種程はあります。葉っぱは濃いグリーンでどことなくハートの形状をしています。草丈としては、20cmくらいから160cmくらいです。開花時期は長くて、6月から11月くらいまでの期間楽しむことができます。

カラーは赤が印象的で認識としてもありますが、ほかにも、ピンクやパープル、ホワイトやブルーなどもあります。寒さには若干弱いものの、耐熱性は強いで す。サルビアを育てていく作業としては、水をあげたり肥料を施す他にも、花穂の切り取り作業がります。

サルビアというのは、わき芽をどんどん伸ばします。そして、花を咲かせ続けています。そのため、花が咲き終わったら、それは切り取ってしまいましょう。また、切り戻しの作業もあります。低木の状態で、グングン成長して大きくなっていくので、

夏の時期に花が一段落するときに作業を行います。高さをその時の半分くらいに切り落としましょう。こういったひと手間をかけてあげて、秋に備えると良いです。こんもりとバランスよく、秋の時期のは花を咲かせて、見る人を楽しませてくれます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:シーマニアの育て方
タイトル:サンダーソニアの育て方

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また...

pixta_hakusai

白菜の育て方

白菜は、アブラナ科の野菜で、生息地は他のアブラナ科の野菜類と同様に、ヨーロッパの北東部からトルコ にかけての地域でだと考...

pixta_yuri

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花に...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

pixta_kasumisou

カスミソウの育て方

カスミソウの原産地は地中海沿岸から中央アジア、シベリアなどで、生息地は夏季冷涼なところです。カスミソウの属名ギプソフィラ...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

pixta_tokiwamansaku

トキワマンサクの育て方

トキワマンサクは日本をはじめ中国やインド、台湾などにも生息地があります。もともと日本に自生していた植物ではなく、原産地の...

pixta_snailflower

スネールフラワーの育て方

スネールフラワーの原産地や生息地は中央アメリカから南アメリカの熱帯地域です。ベネズエラであるというのがよく言われているこ...

pixta_pabonia

パボニアの育て方

パボニアはブラジルが原産の植物で、赤い苞が鮮やかな低木の熱帯植物になります。尚、この植物はアオイ科、 ヤノネボンテンカ属...

pixta_habransasu

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。...

スポンサーリンク

pixta_akizaki

アキザキスノーフレー...

オーストリア、ハンガリーなどの南ヨーロッパ西部を原産国と...

pixta_hop

ホップの育て方

ホップはアサ科のつる性多年草で、和名ではセイヨウカラハナ...

pixta_kyoutikutou

キョウチクトウの育て...

キョウチクトウとご存知すか、漢字では夾竹桃、学名はNer...

pixta_bluebell

オーストラリアン・ブ...

豪州原産の”オーストラリアン・ブルーベル”。白やピンクや...