マランタの育て方

マランタの育て方

こちらの植物においては、クズウコン科、クズウコン属となっています。観葉植物としてよく知られるものになります。多年草ですから、きちんと育てれば枯れることはありません。草の高さとしては5センチから20センチぐらいとされています。

育てる環境について

栽培をするときにはどのようなことを気をつける必要があるでしょうか。育て方として環境をどのようにしておいたほうが良いかになります。日当たりについては良い所を好むとされています。夏の日差しなどに関しては必ずしも好まない品種がありますが、この品種に関してはあまり関係ありません。

夏でも冬でもその他の季節においても明るいところに置くようにします。しかし直射日光が直接当たるようなところは避けるほうが良いとされています。半日陰の状態のところ、日陰になるような所が良いとされています。自生しているところにおいても暖かいところですが、それ程日当たりについては良い所ではありません。

暗いところに置く必要はありません。この分場所としては高温多湿のところです。熱帯地域のジメジメしたようなところが生育しやすい場所になります。夏場などにおいては外の日陰などで管理することが可能です。一方で冬になると寒さと乾燥があって弱る原因なるので、場所としては室内などに移す必要があります。

観葉植物として利用することが多いでしょうからあまり外には出さないかもしれません。温度の方は良いとしても湿度管理は難しくなります。多湿の状態でなくても、それなりに湿度を高い状態にするようにします。温度があまりに低下する場合は部屋を移し替えることも必要になります。リビングに人がいなくなって温度が下がるときは寝室に持ってくるなどして気温の調整をするようにします。

種付けや水やり、肥料について

この植物においては用土をどのような配合にするかです。熱帯のジメジメしたところをイメージすると粘土質などの土でも良さそうですが、あまりそういったところは好みません。水はけについてはある程度求める植物になります。腐植質のほうが良いとされています。どのような土が良いかについては、赤玉7割、腐葉土3割の配合土が定番とされます。

あくまでもこれは例になりますから、各家庭の状況によって入れる土を変えたり配合を変える必要があります。水分の与え方によっても変えていく必要が出てくるので、この配合でドンピシャリで育てられるわけではありません。水やりの管理では、鉢の上の部分が乾いてきたら与えるようにします。

乾いた時にたっぷり与えるかですが、あまり水を与えなくてもよく育ちます。乾き美味の管理で良いとされています。冬などにおいては特に水やりは抑えるようにします。水がたまっているようだと根などに影響してきますから、間違ってたくさんの水をいれたりしないようにします。肥料については適度にいれてあげるようにします。

時期としては春から秋の時期になります。どんどん成長を促す時期になります。この時期においてh2箇月に1度のペースを考えて与えるようにします。与える肥料の種類としては緩効性の化成肥料を利用します。肥料の量であったり種類に関しては好みなどもありますから、この植物にあっているものをきちんと使うようにします。間違った運用は避けます。

増やし方や害虫について

植え付け、植替えについて、年1回を目処に考えます。5月から7月の間に植え替えをするようにします。方法としては、鉢から苗の部分を抜き、古い鉢土を3分の1ほど落とすようにします。株と鉢の状態を考えて、少し大きめを目処にして植え付けをするようにします。大きい物にすると育てやすくなりますから、事前に用意するようにしておきます。

増やす方法としてはさし芽があります。行う時期は5月中旬から8月に書けてです。まずは長く伸びている茎を探します。その先端部において10センチ位をカットして挿し穂にします。この枝について葉っぱを2枚から3枚落とします。挿し穂の半分くらいを新鮮な土に差し込みます。日差しが強いところではなく、明るい日陰に置くようにします。

さし芽をした時は水の管理を行います。乾かさないようにしなければいけないとされています。発根に関しては1箇月ほどでするとされていますから、じっくりと待つようにします。発根をしたら株にあったサイズの植木鉢に植えつけるようにします。定期的に行いたい作業として、剪定があります。

伸びすぎている部分をカットするようにします。支柱立てを用意して誘引すればきれいにまとまるようになります。害虫としてはカイガラムシとハダニの発生があります。カイガラムシに関しては季節に関係なく発生することがあります。見つけたらそのままにしないで防除対策を行います。早めに対応する必要すれば広がりません。

マランタの歴史

葉っぱといいますと自然の紙のような役割を果たすことがあります。緑ですから学校の黒板のようかも知れません。白いペンなどで何かを書けばそれで何かがわかることがあります。文字を書くのに使うことがありますが、それ以外には模様を書いたりすることがあるかもしれません。民芸品などでは木片などに色をつけたりしたものがあります。

それだけでも十分装飾品などとして使うことが出来る場合があります。もし葉っぱの状態においてすでに何らかの模様があるとしたらどうでしょうか。さすがにそのようなことはないと考えがちですが、実際にはあります。それはマランタと呼ばれる植物になります。原産としては熱帯アメリカになります。

いくつかの種類があるようですが、それらの種類において全般的に何らかの模様がついています。あるタイプに関しては一見穴が空いているように見えるものがあります。別のタイプのものは白いペンできれいにラインがなぞられている様なものもあります。葉脈に沿ってきれいに線が入っているので、まるで人がわざわざそこに色をいれたように見えることがあります。

それくらいきれいな状態になっています。もちろんこれについては人が入れたものではありません。歴史においては日本にいつ頃入ってきたかがあります。これについては非常に興味があります。入ってきた当初の日本人においても誰かが模様を入れたのではないかと考えたのではないでしょうか。それくらいいろいろな模様になっています。

マランタの特徴

こちらの植物においては、クズウコン科、クズウコン属となっています。観葉植物としてよく知られるものになります。多年草ですから、きちんと育てれば枯れることはありません。草の高さとしては5センチから20センチぐらいとされています。耐寒性としてはあまりありません。熱帯を主な生息地としていますから寒さには慣れていないのでしょう。

耐暑性については一定の対応が出来るようです。逆にこれは熱帯にあるからこそのメリットになるでしょう。観葉植物とされているのは、茎がほふくするタイプの種類とされています。これらについては変種と言われています。鮮やかな緑白色をしていて、左右に黒褐色の模様が入ります。その他には黄白色の反転が入るタイプであったり、

葉っぱが青緑色、葉脈周辺が灰白色となっているものもあります。このタイプにおいては葉脈の間に暗い紫褐色の斑が入ることがあります。どういったところに自生するかですが、薄暗い林のしたなどになります。見た目としては同じ科になるカラテアに似たところもありますが、

ちょっとした構造の異なるところから区別されるようになっています。葉の軸においては、付け根の部分において筒状になっている特徴があることでも知られています。茎においては、這うように伸びるものが多くなっています。そのために植木鉢を置くよりも吊り鉢のようにしたほうが鑑賞しやすくなる植物になります。工夫をしながら鑑賞することができます。

pixta_tomato02

トマトの栽培や育て方について

もうすぐ春がやってきます。そうなると、夏野菜の種まきや栽培を始められる方も多いのではないでしょうか。ここでは、初心者でも...

pixta_ninniku

ニンニクの育て方

ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたよう...

pixta_akarifa

アカリファ(Acalypha spp.)の育て方

アカリファは別名をキャッツテール、ファイアテール、サマーラブ、シェニールといいます。原産地や生息地はインドで、細かく言い...

pixta_sumomo

スモモの育て方

スモモにはいくつかの種類があり、日本、ヨーロッパ、アメリカの3つに分類されます。ヨーロッパではカスピ海沿岸が生息地だった...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。1つは豊年満作というところからきたという説です。マンサクは樹木い...

pixta_erigeron

エリゲロン・カルビンスキアヌの育て方

エリゲロン・カルビンスキアヌはロッキー山脈からメキシコにかけてまでの北アメリカを原産とし、現在生息地を世界中に広げている...

pixta_rakenaria

ラケナリアの育て方

特徴としてはまずは分類があります。キジカクシ科とされることがあります。その他ユリ科、ヒアシンス科とされることもあります。...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_nezumimoti

ネズミモチ(プリベット)の育て方

ネズミモチ(鼠黐・Ligustrum japonicum)は、モクセイ科イボタノキ属の樹木です。 生長すると樹高が4~7...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

スポンサーリンク

pixta_daria

ダリアの育て方

ダリアの原産国はメキシコとされ、ダリアという名前はスウェ...

pixta_fuyusango

フユサンゴの育て方

リュウノタマ、フユサンゴとも呼ばれているタマサンゴは、ナ...

pixta_kabu11

カブの育て方

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草で、アフガニスタン原産...

pixta_kanaoi

カンアオイの育て方

カンアオイは、ウマノスズクサ目ウマノスズクサ科カンアオイ...