ミョウガの育て方

ミョウガの育て方

種類としてはショウガ目、ショウガ科、ショウガ属となっていますから、非常にショウガに近い植物であることがわかります。開花の時期としては夏の7月から8月とされています。地下茎に花の蕾ができて、地上にでて1日で開花するとされています。

育てる環境について

ミョウガを栽培するにあたって、育て方としてどういった場所が好まれるかです。日本において育てようとするときは特に寒さ、暖かさなどは考える必要がないようです。全国的に広く栽培されている野菜になります。場所として好まれるのは日陰になるようなところになります。通常は野菜などを収穫しようとすると、

一度収穫した後には休ませたりする必要があるとされます。しかしこの場合においては続けて育てることが出来るようになっています。5年近くは同じ所でも栽培することができることが知られているので、そのまま利用することができます。自宅において育てようとするときにおいても場所をそれほど選びません。

塀などがあるところなら日陰ができやすくなるでしょう。そういったところを選ぶようにします。もちろん塀などがない、日陰になるようなところがないならわざわざ日陰をつくれば問題無い話になります。実際の栽培の場においてはシートを使って暗くするぐらいですから、自宅においても同じように適している場所を作ることが出来るようになります。

日陰であればある程度乾燥を防ぐことが出来るでしょうが、ちょっと置いておくと乾燥してしまうことがありますから気をつけるようにします。通常は手間がかかるとされていますが、この野菜についてはあまり手間がかからないとしても言われているので、初めて何かを作ってみたい場合にはよいかもしれません。ほんの少し土地があれば始められます。

種付けや水やり、肥料について

種付けに関してはどのように行っていくかですが、ホームセンターに行っても種が売られていないことが多いことがわかります。ではどのようにして育てるかです。こちらについては種ではなく根株、地下茎から育てる事が多いとされています。ですからこれらを購入します。じゃがいもなどにおいても栽培用の根芋が売られている事がありますが、同様に売られています。

それらを利用すれば種付けにすることが出来るようになります。用土に関してはどのような状況が良いかですが、柔らかいタイプを好むとされます。春に植えるとそのうちに葉を出してきます。そして横にどんどん広がるように伸びていきます。夏になると徐々に花穂が伸びてきますからそれを収穫する形になります。

しっかり伸びるようにするには、柔らかい土、伸びやすい土であることが必要になります。水を与えるときには土が乾いてきた時にしっかりと与えるようにします。プランターなどで栽培している時には下からどんどん水が流れ出るくらい水をあげる気持ちのほうがいいでしょう。乾燥にあまり強くありませんから、

水を与えるだけ与えたほうが良いともされます。夏になると表面が乾燥しやすくなるので、それを防ぐために株元にわらなどをしくようにします。そうすると乾燥を防ぐことができます。その上から水を与えて問題はありません。肥料については葉が出始める頃、花穂ができはじめる頃にそれぞれ追肥をすることで成長を促すことができます。

増やし方や害虫について

ミョウガといえば育てる楽しみもありますが食べる楽しみもあります。何時頃に収穫をするかですが、7月下旬ごろに行うことがあります。株元から蕾が大きく膨らみ始めたら刈り取るようにします。花が咲いてしまうと食べられないことはないようですがかなり風味が落ちるとされます。こうなる前に収穫するように心がけるようにします。

いいところとしては多年草であることです。収穫したらそのままにしておきます。すると来年もまた同じように収穫をします。その時には増やすこともできます。冬になると地上部分が枯れて一見全て枯れたように見えることがあります。しかし地下部分に関しては越冬しますから、次の春になると再び芽を出すようになります。

そして前年同様に芽を出してくれます。植えたままでも十分ですが、しっかりと収穫していくことを考えるなら一度掘り出すようにします。地下茎が混み合ってきている場合は分けたりして離すようにします。そうすれば土地さえあればどんどん増やすことが可能になります。害虫においてはどのような対策が必要かがあります。

主に根を中心に生やすことになるので害虫についてはあまり無いようなイメージがありますが発生することがあります。害虫が発生して根などを食い散らせば当然腐ってしまって枯れる原因にもなります。防除をすることが最も必要になります。連作をしないようにするのも防ぐための方法の一つになります。少しずつ場所を変えます。

ミョウガの歴史

食品として食べられるものにおいてはメインの材料として食べられるものもあれば、香辛料であったり、付け合せなどとして使われるものがあります。味が良いもの、栄養があるものについてはメインの食材になることが多いですが、香りが強いものに関してはメインではなく付け合せなどになることが多くなります。

その一つとしては生姜があるでしょう。かけらを利用することもありますが、おろしたりして薬味に使うことがあります。鼻にツンとした香りがするのが特徴の一つになります。生のままで食べることもありますが、炒めることによってまた香りが強くなることがあります。この生姜の種類としてあるのがミョウガになります。

こちらについては生姜のように薬味として食べるよりも漬物などにして一応はメインとして食べることが多くなるかもしれません。日本独特の食品のように感じますが、原産としては東アジアになります。生息地として一応は日本の山野において自生するものもあります。そのことから日本で広く生息していたとも考えられていますが、

大陸の方から取り入れられて栽培を進めるようになったと考えるのが今の一般的な考えになっています。食べられる部分については花穂と若芽の茎の部分になります。雌雄同株タイプになっています。季節としては夏から秋にかけて実を結ぶことがあるとされています。通常食べている部分に関しては花穂で、その内部においては開花前の蕾が存在する状態になっています。

ミョウガの特徴

ミョウガの特徴としてはなんといっても強い香りになるでしょう。大陸から持ち込まれるときにはしょうがと一緒に持ち込まれたのではないかとされています。生姜の方が香りが強いので兄的な存在、ミョウガは弱いので妹的としてこのように名付けられたとされています。種類としてはショウガ目、ショウガ科、ショウガ属となっていますから、

非常にショウガに近い植物であることがわかります。開花の時期としては夏の7月から8月とされています。地下茎に花の蕾ができて、地上にでて1日で開花するとされています。花穂に関しては通常の色としては赤茶色のことがあります。これが非常に可愛らしい食べ物にしている要因でしょう。

これは葉で日差しを遮られているためにこのような状態になっているとされます。この部分においても日差しが強い状態になると緑色に変わってくるとされます。観賞用として育てるのであれば緑色になってもいいでしょうが、きれいな状態で食べようとするのであれば赤茶色の状態で収穫できるようにした方がいいのでしょう。

食用として出荷するときにおいてはシートを被せたりして陽の当たらない状態にしながら育てています。ですから色を保つことが出来るようになっています。自宅においてもそのように育てたいと考えているなら、日差しを当てないようにしなければいけません。葉と茎に関しては秋になってくると枯れてきます。花が咲いてしまうと食用としては難しくなるとされます。

pixta_tuti

植物の上手な育て方は土にある

花・ハーブ・野菜などの様々な植物の育て方や栽培方法は種類によって様々で、土・肥料・水やり・置場所などによって育ち方にも影...

pixta_hemigurafis

ヘミグラフィスの育て方

特徴としてはキツネノマゴ科の植物になります。和名としてはその他にはヒロはサギゴケ、イセハナビと呼ばれることがあります。葉...

pixta_setubunsou

セツブンソウの育て方

節分の頃に花を咲かせるセツブンソウは、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草のことを言います。日本原産の植物で関東地方以西に...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。一つ一つ特徴も異なることでしょう。しかし、一般の人々がサボテンと...

pixta_genpeikazura

ゲンペイカズラの育て方

ゲンペイカズラ(源平蔓) クマツヅラ科クレロデンドロン(クサギ)属シソ目 別名はゲンペイクザギ(源平臭木)。アフリカ西部...

pixta_zeranium

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの主な原産地は南アフリカです。南アフリカを中心にオーストラリアや中東などの広い範囲を様々な種類が生息地としてい...

pixta_harushagiku

ハルジャギクの育て方

ハルジャギクは、キク科ハルジャギク属の一年草になります。学名は、CoreopsisTinctoriaと言います。そして、...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_sekishou

セキショウの育て方

元々はサトイモ科に属していました。しかし実際の姿とサトイモの姿とを想像してみても分かる様に、全くサトイモとは性質が違いま...

スポンサーリンク

pixta_groriosa

グロリオーサの育て方

グロリオーサの育て方は簡単ではありませんが、難し過ぎると...

pixta_kyuuri

夏野菜の育て方と種ま...

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生...

pixta_kikuimo

キクイモの育て方

キクイモは一年中育てることができる多年草の為、一度植えま...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育...

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園...