モヤシの育て方

モヤシの育て方

原産地は歴史的には古代中国ですが、実際は多分世界中で作られていて、生息地も昔から今に至るまで世界中ということになります。とにかく芽が出れば、それはモヤシですから、何処ででも食べることができるということでしょう。

育てる環境について

このスプラウト類の特徴としては、非常に栄養価が高いということもあります。具体的な栄養素としては、様々ありますが、ビタミン、ミネラル、フィトケミカル、酵素などが含まれていて、非常にバランスが取れた野菜ということになります。また新芽ということで、柔らかいのも特徴で、消化するのにも非常に有利ということができ、

病み上がりの胃腸が弱っている人や病人にも、ゆでたりなどして、おかゆや雑炊にもできますし、癖がないのでサラダなどでも食べることができます。またかいわれ大根のように、その植物の特徴である苦味などもあり、栄養としても食感としても優れているということが言えます。また家庭菜園やガーデニングなどでも簡単に育てることができますし、

栽培が非常に楽なので、初心者でも失敗することは余程のことがない限りありえませんし、また食べることができるので、それが何よりの効用ということになります。またブロッコリーのモヤシには、ガンの予防になるスルフォラファンという成分が含まれているということで、その点でも非常に優れている野菜、植物ということができます。

観賞用としても面白いですが、様々な種類を簡単に育てることができ、費用的にも非常に安価ですので、その点でも栽培してみるとスーパーなどで購入しなくても良くなります。また栄養価も高いので願ったり叶ったりの植物ということになります。これほど優れた簡単な植物を簡単に栽培できますから、試してみるべきということになります。

種付けや水やり、肥料について

モヤシの育て方ということでは、暗室の場合には豆類の場合ですが、手順としては暗室などの薄暗い部屋や場所を用意します。地下室などや、カーテンなどで光を遮ることができる個室などが良いですが、棚などを用意すると、たくさん作ることもできます。まず外側から見える透明のガラス瓶などで、蓋ができるものを幾つか用意します。

中が見えるようにです。瓶詰めの食品の大きめなものを洗って利用すると良いようですが、それらはいくらでも用意できるでしょう。その後、豆を瓶の中に入れて、1,2時間ほど浸しておきます。そうすると水分で膨張しますので、その後1,2度洗います。そうして、そのガラス瓶などを横に倒すなどして、

面積を広げ、そこに少量の水を加えて、豆が重ならないように広げておきます。これは適当にしておけば良いようです。芽が出やすいように重ならないようにするということです。理想的な温度は30度程度ですが、1日に1,2度水ですすぐようにします。また水に沈んでいると、豆が呼吸できないので死んでしまいますから、

その点を注意しながら、瓶の蓋を開けておき空気が出入りできるようにしておきます。要するに芽が出やすいような環境を作っておけば良いということになります。子どもたちの夏休みの植物観察にもなりますので、子どもたちに、やらせてみても面白いですが、非常に簡単な栽培方法ですので、道具も少ないですし、安価なので誰にでもできるということになります。

増やし方や害虫について

そして温度と湿度がちょうど良い塩梅であれば12時間ほどで芽が出てきます。非常に早いということですので、その点でも栽培には適しているということですが、今の日本人は結果をすぐに出したいという願望のようなものがありますので、その点でも初心者には良い植物ということができます。そうすると2日ほどで1センチぐらいになり、

3日目ぐらいでもう食べられますが、4,5日過ぎると瓶の中が満タンになりますから、食べごたえのあるモヤシができるということになります。この増え方は非常に早いので、その点でも料理に使うのには便利ではないかということになります。またこの中身は、全て食べられます。殻もありますが、それも食べられます。

後はどの段階で食べるかという好みの問題になりますが、全て食べられるということでは、完全食材ということでもあります。料理では味噌汁や炒め物、おひたしなどやサラダなどでも利用でします。色々と料理でも工夫してみると、とても便利な野菜であることがわかり、これらの方法を見てもわかるように、誰でもできますので、試してみると面白いです。

また食材確保ということでも、非常に有効なモヤシたちということができます。このようにスプラウト類は、栄養価も高いですし、簡単に作れますし、癖もないですので、栽培には適しているということになりますから、できるだけ利用してみると良いのではということになります。またかいわれ大根なども簡単に作れるので、挑戦してみると面白いということになります。

モヤシの歴史

モヤシは、歴史的にも古くから栽培されていたということで、古くは古代中国で栽培されていたということですが、だいたい5000年前だと言われています。一般的にはモヤシと言われていますが、今ではたくさんの種類があるので、全てを含めてスプラウトと呼ばれています。このスプラウトの中には、普段食べ慣れている豆類からのスプラウトや、

かいわれ大根などのスプラウトもあり、その種類は非常に多いと言えます。一般的には穀類、豆類、野菜の種子からの発芽したもの、特にアブラナ科の植物やマメ科の植物などが利用されています。ですので豆のモヤシだけではないということですが、他にはブロッコリーやマスタードなどやクレス、大根なども食べられています。

そのように様々な植物からできているということでは、日常的にも、よく利用しているということですが、理由としては、非常に簡単に作ることができて、環境もそれほど整備しなくても収穫ができるということがあります。植物の場合には、収穫するまで基本的には数ヶ月から1年後で、果物などでは数年とかという植物もあり、

非常に手間もかかり、また時間もかかるということがありますが、このスプライト類は、数日で収穫できるというものもあり、また芽が出た段階で食べることができるので、その点でも非常に便利な植物ということになります。発芽野菜、新芽野菜などとも呼ばれていますので、新鮮な栄養価の高い野菜を、早く簡単に食べることができるという優れた食品ということになります。また癖もないので人気なのでしょう。

モヤシの特徴

原産地は歴史的には古代中国ですが、実際は多分世界中で作られていて、生息地も昔から今に至るまで世界中ということになります。とにかく芽が出れば、それはモヤシですから、何処ででも食べることができるということでしょう。実際に古代中国では、豆のモヤシが食べられていましたし、日本でも平安貴族が、かいわれ大根を食べていたという記録があるようです。

また大航海時代でも船旅では、野菜が不足して苦労しましたが、小麦などを発芽させて、それを食べていたという記録もあるそうです。そのように水と種があれば、何処ででも作れるので、その点も非常に優れた食材ということがわかります。特徴としてはスプラウトは4種類に分類されますが、豆類からのものやアブラナ科などの、

かいわれ大根などの種類や、その中間のもの、また発芽したてのものなどがあります。豆類では、緑豆や大豆などを暗室で育てたものが食べられています。また、かいわれ大根などのアブラナ科のものは、日光をふんだんに与えて、光のなかで育てていますし、暗室で緑化させたものや、

芽が出たそのままに、すぐに収穫して食べられるものもあります。このようにモヤシと言っても様々な種類があることがわかります。また不思議なことに種子の時にはなかった栄養素が、発芽して育つことによって生まれてくるということもあり、なかにはガンに効く栄養素が生まれる植物もあるということで、非常にすぐれた食物でもあります。

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草の植物ですが、分類上の位置が二転三転してきた植物でもあります。昔...

pixta_bakopa

バコパの育て方

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用され...

pixta_kurassura

クラッスラの育て方

クラッスラはベンケイソウ科のクラッスラ属に属する南アフリカ、東アフリカ、マダガスカルなどが原産の植物です。クラッスラ属は...

pixta_gekkabijin

月下美人の育て方

月下美人とは、メキシコを中心とした中南米を原産地とする多肉植物です。名前は、夜に咲き始めた美しい花が翌朝にはしぼんでしま...

pixta_daikondora

ダイコンドラ(ディコンドラ)の育て方

ダイコンドラ(ディコンドラ)は、アオイゴケ(ダイコンドラ・ミクランサ)と言った別名を持ち、ヒルガオ科のダイコンドラ属(ア...

pixta_aptenia

アプテニアの育て方

この花については、ナデシコ目、ハマミズナ科となっています。多肉植物です。葉っぱを見ると肉厚なのがわかります。またツヤのあ...

pixta_sayaendou11

サヤエンドウの育て方

サヤエンドウの歴史は大変古く、古代ギリシャ、ローマ時代にまでさかのぼります。生息地や原産は中央アジアから中近東、地中海沿...

pixta_seironraitexia

セイロンライティアの育て方

セイロンライティアはキョウチクトウ科の植物となります。白くてかわいらしい花がとても素敵なのですが、原産はスリランカとなっ...

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実をつけます。肉厚で甘みのある果実は生のまま食べてもいいですし、お...

pixta_shibazakura

芝桜の育て方

たくさん増えると小さな花がまるで絨毯のように見えることから公園などにも植えられることが多い芝桜は北アメリカ東海岸が原産で...

スポンサーリンク

pixta_asagao

アサガオの育て方

日本で古くから親しまれている日本で最も発達した園芸植物で...

pixta_iwakagamidamasi

イワカガミダマシの育...

イワカガミダマシはソルダネラ・アルピナの和名ですが、漢字...

pixta_stromante

ストロマンテの育て方

ストロマンテと呼ばれている花は日本においてはウラベニショ...

pixta_soramame_01

そら豆の育て方

そら豆は祖先種ももともとの生息地も、まだはっきりしていま...