キツリフネの育て方

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同じなので非常に似ています。生息地も近いので、両方で群生していることもあります。

育てる環境について

育て方として適している環境はどのようなところになってくるかですが、日当たりを特別好むわけではありません。どのようなところに咲いているかですが、平地に比べると少し高い山地などの方が多くなります。このようなところはあまり日当たりが良くないことが多いです。

ですから、環境としてもそういったところを用意したほうが好ましいといえるでしょう。半日陰の状態が良いとされています。半日陰とは、日光があたっている時間と日陰の時間が半分ぐらいになっているところです。1日中当たっていないところとも言えます。住宅においては、建物の陰に隠れることがあったり、塀などに隠れることがあります。

自宅自身に隠れなくても、隣の家に隠れるようなことがあるかもしれません。このようなところが半日陰と言われることがあります。半日陰でも西日は良くありません。直射日光を嫌うとされています。直射日光に当たると葉が焼けてしまうことがあります。焼けると言ってももちろん火で焼いたようになるわけではなく、人が日焼けをするような感じといったほうが良いかもしれません。

朝日などの日光では葉焼けをするようなことは少ないですが、日中の強い光や西日になると日焼けをする葉っぱは多いとされています。よほど日光を好むような草花でない限りには直射日光を当てないほうが良いとされます。ある程度は当てる必要があるので、半日陰で朝の日光をしっかり受けるようなところにします。

種付けや水やり、肥料について

育て方として、栽培をするのに用土としてはどのような配合を試みるかですが、それ程気を遣う必要はないとされています。ですから一般に市販されている花と野菜の土と言われるものでも十分に育てることが出来るようになっています。こちらについてはある程度は万能の土になっていますが、実際のところは細かく調整をしたほうがよいでしょう。

それぞれの家庭で育てる環境は異なります。気温や雨の降り方、日差しの度合いも異なってきます。それに合わせて微妙な調整をするのが好ましいですが、基本としては、赤玉土を6割、腐葉土を4割として配合したものが良いとされます。どこに植えるかに関しては植木鉢と庭植えがありますがどちらでも育てることができます。

水やりをするときに注意としては、できれば少し湿った環境を与えるようにします。乾燥は好みません。ですから乾燥させると弱ることがあります。表面が乾いてきたと感じたらそのときに水を与えるようにしていくといいでしょう。夏を中心に咲くことになりますが、冬などについては特に考えません。

この時期にはすでに枯れてなくなってしまっています。夏の水分が十分あるように育てるようにすればちょうどよくなります。肥料の与え方としては、春と秋に与えるようにします。これは生育期がこの時期に該当するからです。効果がききやすいとされている液体タイプを使うようにします。じっくりよりも早いものを少しだけ利用するようにします。

増やし方や害虫について

肥料に関しては1箇月に2回か3回を目処にあげるようにします。葉っぱが多くなるように感じたら減らすようにします。あまり肥料をあげすぎる様態になると花よりも葉っぱに栄養が行ってしまいます。重要なのは花に栄養分を与えることです。花が咲けばその後に種が付きます。たねに関しても栄養分が必要です。

しっかり育てるために、種のためにも肥料を与えると言ってもいいかもしれません。増やす方法としては種をまく事になるでしょう。1年そうですから株分けをすることはできません。さし芽なども行うことができません。種が唯一と言っていいほど重要なアイテムの一つになります。ただし注意点もあります。

それは種をきちんと取ることが難しいことです。この花は種がはじけ飛ぶとされます。周辺に散らばってそこから次の年に芽が出てきます。一度植えたら毎年のように生えてくると言われますが、それはそのためになります。どうしても管理をしたいなら、花が終わったあとに袋を付けておいてその中に種が落ちるようにしておけばよいでしょう。

そしてそれによってえた種をまくようにします。種をまくタイミングとしてはとったらすぐまいておいて問題ありません。水やりとしては次の年に芽が出てきた時から行うようにすればいいでしょう。病気であったり害虫などはあまり縁の無い植物になります。1年草ですから病気になっても大きな問題にはなりません。新しい種で育てていけば増やすことができます。

キツリフネの歴史

花については同じ種類、同じ仲間において色だけが異なるようなときは特に別の種類とはされません。赤色の花、白の花、青色の花が咲くようなとき、赤だから別の品種、青だから別とはなりません。なぜ別の品種とされるかについては、明らかに異なる品種であることが認められるときです。

これは見た目において葉っぱの形が違う、根の付き方が違うなどでも言えます。花の色だけが異なる場合だと同じになりますが、少しでも違いがあれば、別の種類とされ、別の種類の名前が付けられることになります。キツリフネと呼ばれる花があります。こちらについては、ツリフネソウと呼ばれる花が一定の関係を持っていると言えそうです。

見た目としては非常に似ている花ですが、少し違いがあるとされています。そのために別の種類として管理がされています。同じようだけども黄色い花をつけることからこちらについては頭に黄色の黄が付けられることになります。原産地としてはユーラシア大陸、北米など北半球に広く分布とされています。

日本においては北海道、本州、四国、吸収が生息地になっています。平地で見られるよりも低い山から山地にかけて見られる事になりますから、なかなか見る機会が無いかもしれません。ツリフネと名付けられたのは花が下に吊り下がることからとされています。この部分についてはツリフネソウと同じですが、他の部分について異なることがあるようです。花びらにおいても多少の違いがあります。

キツリフネの特徴

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同じなので非常に似ています。生息地も近いので、両方で群生していることもあります。見た目には同じ種類の花で色違いなだけに見えますが、実際は少し事情が異なります。

花に関しては一年草ですから毎年枯れて、新たに芽を出すことで生育をします。特徴があるのは実が熟すと種子が弾けるように飛ぶことです。そうすることで翌年も芽を出します。花の時期としては8月から9月なので夏の一番暑い時期です。暖かいところでは少し時期が遅れて9月から10月くらいにかけて咲くようなこともあります。

草の高さとしては低いものは40センチ位、大きくなると80センチぐらいになることもありますが、それ程高くはなりません。葉っぱに関しては楕円形から広披針形になります。ツリフネソウと区別されるポイントの一つで、ツリフネソウよりも丸みがある葉っぱになります。葉っぱの下から花序が伸び、

その先に3センチから4センチ位の横長の花が吊り下がるように咲きます。花びら状の萼と唇形の花びらをもちます。黄色い花と後ろに伸びる距の先が巻かずに垂れる部分においてはツリフネソウとの違いとされています。種の小名においては触るなとの意味の言葉が充てられています。種子が飛び散るように広がるのでそれを危ないとしてそのようにつけられているようです。それによって増えることができます。

pixta_nira

にらの育て方

にらの原産地は定かにはなっていませんが、中国西部から東アジアにかけての地域生息地ではなかったかと考えられています。モンゴ...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生...

pixta_tokisou

トキソウの育て方

ラン科トキソウ属の山野草です。和名は朱鷺草(トキソウ)で、別名には朱鷺蘭(トキラン)などがあります。日本の本州や北海道を...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニアの育て方

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物のひとつで、鉢植えにして室内で楽しむ植物としても高い人気を誇ります...

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販されている苗からの育て方が一般的ですが、種から育てる楽しさも子供たち...

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agleonema)の育て方

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の多年草です。インドから東南アジア、中国南部にかけて約50種類が生...

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとし...

pixta_inunaki

イヌマキの育て方

イヌマキはマキ科マキ属の常緑針葉高木で原産は関東から四国、九州、沖縄、台湾の比較的暖かいところの沿岸部を生息地にしていま...

pixta_guzuberi

グーズベリーの育て方

グーズベリーという植物をご存知ですか、日本ではもしかしたらセイヨウスグリの名前の方が有名かもしれませんが、スグリ科スグリ...

pixta_iberis

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの...

スポンサーリンク

pixta_isotoma

イソトマの育て方

イソトマは、オーストラリアやニュージーランドなどの大西洋...

pixta_reirandohinoki

レイランドヒノキの育...

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類とし...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育...

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります...

pixta_homeria

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそ...