アガスターシェの育て方

アガスターシェの育て方

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ科の花になります。別名が沢山ありまして、カワミドリやアガスタケ、アニスヒソップ、ジャイアントヒソップなど、様々です。原産地は主に、北アメリカやメキシコになります。大きくなりますと、50センチから約1メートル近くまで成長をして、葉が、アニスの香りに似ているといった特徴もあります。

育てる環境について

アガスターチェを育てる際に、気をつけなくてはいけないのは、直射日光になります。暑さや寒さには強い花にはなりますが、それでも真夏の直射日光に当たりすぎてしまいますと、元気が無くなってしまう可能性があります。夏の暑さ自体には強い花になりますので、外に撒く事自体は問題ありません。ですが、西日が極端に当たるような場所であれば、

そこは避けてあげたほうが無難です。ですが、一般的に花屋に流通しているアガスターチェの園芸品種は、夏の強さに強く、そして乾燥に強い種になります。乾燥気味を好みますので、そういった土を選んであげる事で、より綺麗な花を咲かせてくれる事でしょう。真夏に育てていて、万が一元気がなくなってきたかもしれないと感じるような事があれば、

その時は半日陰を確保できるスペースに移動させてあげましょう。そうする事で、より元気に育てる事ができます。万が一、日陰のあるスペースがなくて、どうしても直射日光が避けられないといった状況ですと、育つ事もありますが、その時は葉っぱの色が薄くなってしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

アガスターチェは、本来はジメジメとした場所を好む品種になります。ですので、環境をしっかりと見て、栽培をする事で、美しい花を沢山咲かせてくれますよ。ガーデニング初心者の人でも、比較的簡単に育てる事ができる花として、有名ですので、育て方をきちんと理解して、種まきをしてあげましょう。

種付けや水やり、肥料について

アガスターチェを実際に育ててみようと思った時に、気をつけなくてはいけない点とは、一体なんなのでしょうか。それは、まず、アガスターチェにあった土を探してあげましょう。水はけの良い土であれば、何でも育ちます。ですので、花屋さんなどで土を購入する場合には、きちんと水はけの良い土を選んであげましょう。

理想的なのは、市販で売っている花と野菜の培養土を使用する事です。もしも、用意する事ができない、また、自分で土を作りたいという事であれば、赤玉土6に対して、腐葉土4の割合で、土を作ってあげますと、大変よく育ってくれますので、おすすめです。そして、種から育てる場合には、上記でも述べました通り、発芽温度に気をつけてあげましょう。

20度前後を目安にしてくと、きちんと花が咲きます。ポットに種を数粒入れましたら、水をしっかりとあげて、乾燥しない様に気を使ってあげましょう。そうする事で、1週間もすれば発芽致します。種は、団地であれば、秋に蒔いたとしても、十分に綺麗な花を咲かせてくれる事でしょう。

ですが、失敗をしたくないという事であれば、春に蒔く事をおすすめ致します。一度花を咲かせた後は、大量のタネが出来ます。正しい環境で育てていれば、特に収穫をする必要もなく、こぼれダネで勝手に増えていきます。ですので、一度育てあげれば、ずっとアガスターシェの花を見続ける事ができます。是非、正しい育て方を理解して、沢山の花を咲かせましょう。

増やし方や害虫について

一度育ったアガスターチェを、増やしていきたい場合には、どうすれば良いのでしょうか。アガスターチェは、先ほども上記で述べました通り、花が咲き終わる事で、沢山のタネが出来ます。ですので、その時に一生懸命タネを収穫しなくても、こぼれダネで十分に育てる事が可能です。

いつまでもアガスターチェを育てたいという事であれば、あえてそのままにしておくというのも、一つの手ですので、覚えておくと良いでしょう。また、きちんとタネを収穫したりして、また育てていきたいという事であれば、挿し木や株分けをしても、十分に増やす事が出来ます。

ですが、花が非常によく咲く反面、肥料はきちんと気を使ってあげなくてはいけません。肥料を正しくあげませんと、花が弱くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。ですので、開花をする時期には、1ヶ月に1度、暖効性肥料をあげるか、1週間に1度を目安に、液体肥料をあげるようにしましょう。肥料が切れてしまう事で、株の成長にも影響してしまう可能性があります。

そうする事で、せっかく長期間咲く花であるにも関わらず、花の成長が止まってしまいます。そう致しますと、花も増やす事ができなくなってしまいますので、注意が必要です。アガスターチェは、初心者の人でも、環境や育て方をきちんと学べば、簡単に育てる事ができる花になります。肥料や害虫など、しっかりと見てあげて、美しい花を何時までも咲かせてあげるようにしましょう。

アガスターシェの歴史

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ科の花になります。別名が沢山ありまして、カワミドリやアガスタケ、アニスヒソップ、ジャイアントヒソップなど、様々です。原産地は主に、北アメリカやメキシコになります。大きくなりますと、50センチから約1メートル近くまで成長をして、葉が、アニスの香りに似ているといった特徴もあります。

蜜源植物であり、長い穂先にシソ科特有の、小さな唇形花を咲かせます。一般的には紫色の花が多いのですが、園芸品種により、白色や桃色など、様々な種類の色がありますので、自分が育てたい色を探してみるのも良いでしょう。大変初心者にも育てやすく、ガーデニングを始めるのに最適な花です。ですので、観賞用によく育てられるのですが、

中には、葉を乾燥させて、漢方薬やハーブ、カレー料理などの香辛料に使用するなど、食用としても大変活用することができる花になります。マンションなどで育てる場合には、周辺環境に気を使って、正しい育て方を理解した上でガーデニングを始めましょう。特に虫対策などは、きちんと行っておきませんと、

大量発生してしまうことで、隣人に迷惑をかけてしまう可能性があります。以上の配慮をきちんと心がければ、アガスターシェは、初心者の人でも、比較的簡単に育てることができる花になりますので、大変おすすめです。観賞用として育てても良いですし、ハーブなどに使用するために、葉を乾燥させても良いでしょう。

アガスターシェの特徴

アガスターチェの特徴は、なんと言いましても春に巻く1年草扱いの花と、宿根草のものがあるという事です。ですが、一年草のものに関しましては、日本では殆ど流通していないので、もしも一年草を育てたいという事であれば、ネットなどで取り寄せるようにしましょう。宿根草のアガスターシェは、寒さにも暑さにも両方強いといったメリットがあります。

ですので、冬に万が一上層部が枯れてしまったとしても、根自体が枯れていなければ、また時期を越すことで、芽を出して花を咲かせてくれます。ですので、冬に枯れてしまったからといって、安易に摘み取るのはやめましょう。少し待てば、また綺麗な花を咲かせてくれますよ。また、花が咲いた後に切り戻すことで、脇芽が出てきます。

そうする事で、花が沢山咲きますので、一面に美しい花が咲き誇ります。アガスターシェは、こぼれダネでもよく増える事から、一般的に色々な所で見かける事ができます。極端に寒い所でなければ、比較的生息地は沢山ありますので、是非、探してみるのも良いでしょう。そして、ガーデニングを始めるにあたって、

種から育てたいのであれば、発芽温度が20度前後をキープできるような環境を作ってあげましょう。ですので、あまりにも寒い時期に種を巻くのではなく、春頃を目安に種を巻く事をおすすめいたします。水をしっかりとあげて、乾燥させないようにすれば、1週間程度で発芽をしますので、その期間を目安にきちんと見てあげるようにしてくださいね。

pixta_nefurorepisu

部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物

都市部の生活というのは公共交通機関が発達していたり、様々なお店が立ち並んでいたりと地方と比べてずっと快適だと感じている人...

pixta_hanakaidou

ハナカイドウの育て方

ハナカイドウは、原産は中国です。「カイドウ」と呼ばれることもあります。中国では華やかな花を咲かせると言うことから、古くか...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_ekeberia

エケベリアの育て方

エケベリアはその学名を「Echeveria sp」といい、バラ目ベンケイソウ科エケベリア属の植物です。常緑の植物で、多肉...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て方

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの場合は森林の中で自生しているのですが、個性的な葉の色の物が多いこ...

pixta_soyogo

ソヨゴの育て方

ソヨゴはモチノキ科モチノキ属の常緑小高木です。原産地は日本、及び中国、台湾のアジア圏になります。背丈は1.5〜3メートル...

pixta_azumagiku

アズマギクの育て方

アズマギクは東北地方、関東地方、中部地方を原産とする日本固有の植物です。キク科ムカシヨモギ属の植物で、植物の中でも最も進...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生...

pixta_yakon

ヤーコンの育て方

特徴としてはまずはキク類、真正キク類、キク目、キク科、キク亜科、メナモミ連、スマランサス属となっています。キクの仲間であ...

pixta_eria

エリアの育て方

特徴としては、ラン科の植物いなります。開花時期としては春から夏で、草丈は40センチぐらいになることがあります。日本が原産...

スポンサーリンク

pixta_miyamaodamaki

ミヤマオダマキの育て...

ミヤマオダマキはキンポウゲ科のオダマキ属になります。ミヤ...

pixta_jagaimo11

ジャガイモの育て方

ジャガイモの原産地は南米のペルーやチリのあたりだといわれ...

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモス...

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草で...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て...

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、...