エパクリスの育て方

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアになります。開花時期は2月から5月にかけての冬の時期になりますので、夏の暑さが大変苦手な花になります。

育てる環境について

エパクリス科は、オーストラリアが原産の花になります。直射日光や高温多湿が苦手だという事から、日本で育てるのは難しいと言えるでしょう。ですので、育てる際には、より他の花に比べましても、環境の配慮が必要になります。日本で売られているのは、主にエパクリス・ロンギフローラになるのですが、どのようにして育ててあげれば良いのでしょうか。

まず、先ほども述べました通り、太陽の直射日光に当たりすぎないように管理してあげなくてはいけません。通常は、春先になりますと、開花株が売られるようになりますので、それを購入しましたら、できる限り大きめの鉢に植えてあげましょう。ギリギリの小ささや、あまりにも窮屈な環境で育ててしまいますと、せっかくの株も成長しない可能性がありますので、注意が必要です。

そして、日当たりの良いところで花を育ててあげるのですが、直射日光に当たらないように、夏は特に半日陰のある場所に移動させてあげると良いでしょう。そして、冬に関しましては、霜や凍ってしまわないような環境を作らなくてはいけません。ですので、できる限り軒下に移動させてあげて、

冬の寒さを越せるような環境を作ってあげてください。必要に応じて、室内に入れて管理してあげるのも良いでしょう。特に、寒地で育てる場合には、確実に鉢が凍ってしまう可能性がありますので、室内に入れて育てることをおすすめ致します。このように、育てる際には、環境には十分に配慮してあげましょう。

種付けや水やり、肥料について

日本ではあまり売られることのない、エパクリスですが、その中でもエパクリス・ロンギフローラに関しましては、日本でも比較的手に入れやすい花になります。実際に購入をしたとしても、環境にきちんと配慮してあげませんと、すぐに枯らしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。では、どのような点に気をつけて、育ててあげれば良いのでしょうか。

エパクリスは、環境をきちんと整えてあげれば、肥料などは特に必要ありません。必要に応じて、生育期に液体肥料をあげる程度で十分です。気を使いすぎて、色々な肥料を与え過ぎてしまいますと、それが原因で花がつかない可能性がありますので、育てる際には、しっかりと育て方を調べておきましょう。

また、基本的には日当たりの良いところで管理をしなくてはいけませんが、高温多湿が非常に苦手な花になりますので、真夏の直射日光には注意が必要です。ですので、外で育てる際には、半日陰の場所を選んであげると良いでしょう。そして、目が出たとしても、そのまま放置してしまいますと、枝がどんどんと色々な方向に伸びていきます。

特にマンションなどの集団住宅で育てる場合には、枝が伸びてきましたら、きちんと切って整えてあげませんと、近隣住民の迷惑になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。また、きちんと整えてあげる事で、見た目も綺麗な花になりますので、より観賞用として良い花になりますよ。是非、育てる際には、枝の伸びすぎに気をつけましょう。

増やし方や害虫について

エパクリスは、主にオーストラリアが原産の花になります。その中でも、特に荒れ地や明るい林などが生息地になります。適度な日陰を好む花になりますので、日本で栽培をする際には、環境の配慮が十分に必要になります。なぜかと申しますと、日本の気候は、高温多湿な事から、非常にエパクリスにとって育ちにくい環境です。

園芸店に行きましても、一般的には流通しておりませんので、確実に購入をしたいという事であれば、インターネットなどを使って購入する事をおすすめ致します。自生しているエパクリスであれば、大きくなると150センチ程度になります。原産地であれば、一年中花を咲かせてくれますので、いつでも見ごたえのある美しい花です。

ですが、日本で育てる場合には、なかなか自生するだけの環境が整っておりませんので、できる限り育てる事ができる環境を作ってあげなくてはいけません。夏場は、先ほども述べました通り、高温多湿に気をつけて、太陽の光が当たらないように配慮してあげなくてはいけないのですが、その他にも、害虫対策もしっかりと行う必要があります。

特に、夏場になりますと、葉を食べてしまう虫などが発生してしまう可能性がありますので、できる限りこまめに花をチェックしてあげて、必要に応じて虫除けのスプレーを撒くなどをしてあげましょう。また、その際には、集団住宅で育てる場合には、近隣住民の迷惑にならないように、最大限の配慮が必要になりますよ。

エパクリスの歴史

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアになります。開花時期は2月から5月にかけての冬の時期になりますので、夏の暑さが大変苦手な花になります。ですので、どれだけたくさんの種類があったとしても、日本の気候に適していないと言ったことから、あまり流通をしていない特徴があります。

その中でも、エパクリス・ロンギフローラと呼ばれる種類に関しましては、比較的日本でも栽培しやすいということで、専門店などに行けば取り扱っている可能性があります。ですので、どうしても育てたいということであれば、あらかじめインターネットなどで取り扱っているお店をチェックしておくと安心でしょう。

葉が大変小型で、らせん状か四方向に向かって咲きます。色も、様々な色がありまして、緑色や白色、赤や紫、青や黄色などがありますので、主に海外では、観賞用に栽培されることが多いのが特徴です。特に、高温多湿が苦手な花になりますので、できる限り育てる際には、夏の暑さにやられてしまわないように、配慮してあげましょう。

直射日光を避けるといった点では、半日陰など、太陽の光が多少当たらないようなところでも、十分に育てることができます。ですので、マンションなどのベランダで育てる際には、できる限り直射日光が当たらないように、きちんと花を置く位置を考えてあげましょう。そうする事で、日本でも元気な花を咲かせてくれますよ。

エパクリスの特徴

エパクリスの特徴は、なんと言いましても、花が下に垂れて咲くという事です。日本の気候にあまり適していないと花ですので、あまり流通していないのがデメリットになりますが、その中でも比較的育てやすい、エパクリス・ロンギフローラに関しましては、たまに見かける事があります。

筒状の長さで、3センチほどの赤紅色の花が、たくさん鉢植えに垂れ下がって咲く姿は、とても美しいといった点からも、観賞用に育てる人が多いでしょう。そして、花筒の先端に関しましては、白色になりますので、赤紅色と白色のコントラストが大変美しい花になります。葉に関しましては、とても小さくて硬いといった特徴があります。

茎に密生して、その葉の先に花が咲いていきます。このように葉に関しましては大変小さいにも関わらず、全体的には大きくなりますと150センチ程度まで成長する事もあります。性質に関しましては、強健ですので、比較的誰にでも育てやすいとは思うのですが、やや耐寒性が弱いといったデメリットがあります。

ですので、真冬に外に出しっぱなしにしてしまいますと、その事が原因で枯れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。ですが、あまり神経質になる必要はありません。毎朝鉢植えをチェックして、凍っていないようであれば、無事に冬越しをする事ができるでしょう。直射日光や高温多湿の環境を最も嫌いますので、育てる際には、半日陰でも十分です。日本で育てる際には、環境に気をつけてあげましょう。

pixta_kokutan

コクタンの育て方

コクタンは、カキノキ科カキノキ属の常緑葉樹ということですが、柿の木自体も非常に硬い木ですので、同じような特徴を持っている...

pixta_orurea

オルレアの育て方

オルレア(オルラヤ)は、ヨーロッパ原産のセリ科の一年草です。日本でのオルレアの栽培の歴史はまだ浅いですが、最近、急激に庭...

pixta_turiganeninjin

ツリガネニンジン、シャジンの仲間の育て方

シャジンの仲間であるツリガネニンジンはキキョウ科に分類され、和名では釣鐘人参と表されています。日本や朝鮮半島を原産として...

pixta_asarina

アサリナの育て方

アサリナは、つる性植物です。小さな花を付け、その色も白、ピンク色、黄、紫、青といった複数の色があります。また、つる性植物...

pixta_habotan

ハボタンの育て方

ハボタンは日本で改良されて誕生したもので、海外から伝わってきたものではありません。江戸時代の前期に食用のケールがつたえら...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

gibanakosumos

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが...

pixta_heriopusis

ヘリオプシスの育て方

特徴としてはこの花は1年草になります。キクイモモドキの名前の元になっているキクイモに関しては多年草ですから、その面では異...

pixta_marubastram

マルバストラムの育て方

特徴としてどのような属性になっているかです。名前としてはアオイに似ているとなっていますが、種類としては同じと考えられます...

pixta_teikakazura

テイカカズラの育て方

テイカカズラという名前の由来は鎌倉時代初期にいた歌人である藤原定家です。定家は後白河法皇の娘である式子内親王に恋するので...

スポンサーリンク

pixta_dikusonia

植物の育て方や栽培方...

老後の趣味やインテリアの一環として観葉植物を育てる方が増...

pixta_ontaisuiren

温帯スイレンの育て方

スイレンは古くから多くの人に愛されてきた花です。そんなス...

pixta_mint

ミントの育て方

ミントは3500年ほど前の古代ギリシャですでに生薬として...

pixta_pakisutakisu

パキスタキスの育て方

キツネノマゴ科に分類される低木です。樹高は0.5mから1...