ペピーノの育て方

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は真っ白です。特に味は無いですが、油を吸いやすい性質から料理に用いられることがあります。種類としてはナス目、ナス科、ナス属になりますからまさにナスの種類となっています。

育てる環境について

育て方において環境はどのようなところが適しているかです。まずは寒さと暑さへの対応力ですがあまり無いとされています。寒いところも暑いところもそれなりに弱いとされています。そのために育てるのは難しそうです。日本においては暑くもなりますし寒くもなります。ちょうどいい時期が春と秋しかありません。

南の方にいけば夏の暑さも和らぎますし冬の寒さについてもそれ程厳しくないのでなんとか栽培することが出来るかもしれません。現在においては生息地としてニュージーランドが主になっていますから、その気候にあっているところが育てる環境としては良さそうです。日当たりについては確保できる所が良いので、

建物の陰になるようなところでは栽培は難しくなります。庭などでは昼間においてしっかりと日当たりが確保できるところを用意するようにします。では常に日当たりの良い所となるかですが、問題はあまり暑さに強くないことです。真夏になってくると暑さで弱ってしまうことがあります。夏においては風通しをよく出来るところが良いとされます。

日差しが直接当たるところよりも半日陰のようなところが良くなります。こうなると建物の陰のほうが良い場所になるかもしれません。もっともよいのは夏は半日陰の状態で、それ以外の季節に関しては日差しがしっかり当たるようになることです。条件としては必ずしも見つからないかもしれませんが、屋根を少し広げるなどして対策することもあります。

種付けや水やり、肥料について

育てるにあたって土を用意しなければいけません。配合土の用土を用意しておきます。赤玉土が7で腐葉土が3の割合で配合したものにし、そちらに植えるようにします。植え付けの時に注意をすることとしては成長の速さです。非常に成長が早いとされ、小さい植木鉢などであればすぐに根を張ってしまうことがあります。

そのことから最初に植える段階からそれなりに大きめの植木鉢を用意しておきます。そうすれば成長が早くても対応することができます。また成長が進む前に植え替えを行うことも忘れないようにします。植え替えをすればより余裕を持ったところで育てることができますから、どんどん伸びたとしてもそれに対応することが出来るようになります。

問題点も少なくすることができます。水やりに関しては土が乾いた時に行うのを基本とします。常に行う必要はありません。冬場であったり結実前に関しては水分がなくなっていないか、乾いていないかを確認する程度で良いですが、結実するようになると本格的に水が必要になってきます。乾燥しているとせっかくの実も元気を失ってしまうことがあるので、

注意しながら水やりをするようにします。冬においては乾燥気味でも特に問題はありません。肥料については春から秋の成長している時に十分与えるようにします。肥料において重要な要素であるチッソ、リン酸、カルシウムがきちんと入っているかを確認して与えるようにします。置き肥をしておきます。

増やし方や害虫について

栽培中において行うこととして切り戻しをしておきます。冬越しをするときに行うようにします。株全体が半分の草丈になるようにきります。こうすることで次の年の成長を促すことができます。わき芽摘みもしておく必要があります。そのままにしておくと非常に枝が広がっていきます。当然栄養分なども分散して結実などがしにくくなってしまいます。

小さい時にわき芽を積んでおき、主枝を1本から3本にして育てていくようにします。そうすると花もきちんと咲いてくれますし、その中でも結実の可能性を高めることが出来るようになります。増やすときの方法ではさし木を行います。春と秋に行うことができます。枝を5センチぐらいの長さにきります。

清潔な土にさしておけば半年ほどで花がさくぐらいに成長します。元々成長しやすい植物ですから、いつさし木をしたかを忘れないようにしなければいけません。いつの間にか大きくなっているようなことがあるかもしれません。暑さや寒さにあまり強くないですが、病気に関しては特に発生することがないとされています。

強い植物と言えそうです。害虫の対策をしておくようにします。アブラムシとハダニについては発生する可能性があります。見つけた時に防除する方法で問題ありません。見つけられない時は何もする必要はありません。乾燥している時にハダニが出やすくなるので、葉水をこまめにあげるのを心がけておきます。それだけでも発生を減らせます。

ペピーノの歴史

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は真っ白です。特に味は無いですが、油を吸いやすい性質から料理に用いられることがあります。ナスの種類に関しては比較的多く、植物においてもナス科と言われるものが多くなります。

その中の一つとしてペピーノと呼ばれる植物があります。原産は南アメリカとされています。南アメリカといいますとアンデス山脈において文明が栄えたところです。こちらにおいていろいろな文化ができた中でこの植物も栽培されていたようです。歴史においても重要な意味を持つ植物になるかもしれません。

この植物の名前についてはどのように付けられたかですが、エクアドルの公用語であるスペイン語から付けられたとされます。こちらの方ではきゅうりのことを指しますが、それに甘いと付けられています。甘いきゅうりであることを意味しているようです。その他、なしであったり、メロンに似ていると称されることもあります。

南アメリカが原産になっていますが、現在においては南半球のニュージーランドにおいて盛んに栽培がされるようになっています。そして日本にも少しずつ入ってきているとされています。実際にはあまり見かけたことが無いですが、これからどんどん出回るかもしれません。味としてはメロンのような風味があることから、意外に人気がでる食べ物となるかもしれません。

ペピーノの特徴

特徴としては木になる実として知られています。葉っぱは楕円形で互生する形で生えています。花は房状になっていて10個程度咲くことがあります。その全てに結実するわけではなく、そのうち数個が結実するようになります。種類としてはナス目、ナス科、ナス属になりますからまさにナスの種類となっています。

しかし身の部分の見た目においては全くナスには見えません。緑色のまん丸いボールのような身になっています。ナス科ですが、実は果物として食べられることが多いとされます。果物同様に生で食べるのが一般的です。甘い香りがするタイプになっていて、スライスして食べる習慣があるようです。

食べごろとしては果実が紫色になった頃とされます。最初は白かったり、緑色だったりしますが、徐々に紫色の線が入るようになります。そしてどんどん線が増えていって、いつの間にか紫一色になります。その時が絶好の食べごろになります。花に関しては確かにナス科の植物の様は花になっています。

真っ白の花がさくこともあれば、真っ白の中に紫色などのラインが入っているタイプもあります。形は五角形をしていて、一見花びらが1枚もののように見えます。多年草ですから、一度栽培をして収穫をすることが出来るとその後についてもどんどん収穫することが出来るとして知られています。普通の果物では少し物足りないと感じる人であればこういったタイプのものの栽培に挑戦してみても良いかもしれません。

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、日本原産の植物です。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸...

pixta_kurassura

クラッスラの育て方

クラッスラはベンケイソウ科のクラッスラ属に属する南アフリカ、東アフリカ、マダガスカルなどが原産の植物です。クラッスラ属は...

pixta_akanesumire

アカネスミレの育て方

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ目、スミレ科、スミレ属でその中の1種類になります。スミレの中にお...

pixta_tekofirea

テコフィレアの育て方

南米にはたくさんの野生生物が生息しているとされています。そのなかでテコフィレアという植物があります。テコフィレアは、テコ...

pixta_suika01

植物の育て方について

私は幼い頃から、そぼの趣味である、植物の栽培を手伝っていました。そのため、物心ついた頃から、自然と植物の育て方についての...

pixta_tokiwasanzasi

トキワサンザシの育て方

真赤な赤い実と濃い緑の葉を豊かに実らせるトキワサンザシは、バラ科の植物で、トキワサンザシ属です。学名をPyracanth...

pixta_katorea

カトレアの育て方について

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在になっています。ただし、カトレアとバラには大きな違いがあります。...

pixta_isotoma

イソトマの育て方

イソトマは、オーストラリアやニュージーランドなどの大西洋諸国にて自生している植物です。本来は多年草として知られていました...

pixta_hiiraginanten

ヒイラギナンテンの育て方

ヒイラギナンテンの原産地は中国や台湾で、東アジアや東南アジアを主な生息地としています。北アメリカや中央アメリカに自生する...

スポンサーリンク

pixta_akinokirinsou

アキノキリンソウの育...

アキノキリンソウは、古くから日本にありました。キク科植物...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方に...

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息...

pixta_oukotyou

オウコチョウ(オオゴ...

オウコチョウの特徴を記載すると、次のようになります。植物...

pixta_dyuranta

デュランタの育て方

クマツヅラ科ハリマツリ族(デュランタ属)の熱帯植物です。...