植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培においてどうしても必要であるとは言い切れないものの、あれば育て方が充実する道具を、以下に記述することとします。まず温室棚は充実した植物の育て方を実践するために導入して損がない道具であります。

道具を使った栽培方法

ポットが数個入る程度の小さな温室棚であれば、使用の際に日光を除いて何の熱源も必要としない場合もあります。数千円程度で購入することができる温室棚も珍しくないので、健やかな植物の生育を考えればそのコストパフォーマンスは決して低いと言えません。

水栽培用キットも快適な育て方を助ける道具として注目されております。特に茎の辺りに土を被せ、根本だけ水に接触させ、エアレーションで酸素を含ませた水を供給するといったシステムのキットが一般化しつつあります。

こうした道具があれば週1回程度の管理を除いて全自動で栽培を図ることが可能です。こうしたキットはその性質上、庭が無い、忙しい、土で汚れることを躊躇う、といった意見を持つ層にこそ必然と喜ばれます。

蛍光灯を使用することもまた育て方の1つとして知られており、栽培用の蛍光灯システムは安くて数千円、高くても3万円程度で調達することが可能です。土地家屋の構造上満足な日照を期待することができない居住環境にある場合であってもこれならば栽培に不自由しないで済みます。

農薬を使った育て方

農薬を使用することも育て方として決して間違いであるとは言い切れません。特に育てた植物が人間の口に入らない前提においては農薬の使用が絶大な効果をもたらします。公的な認可を受けた農薬を適切に使用すれば、虫害や病害と無縁の栽培を実現することがまるで不可能でもありません。

道具だけでなく栽培を行う人間そのものの努力も手段として否応なしに重要視されるものであり、以下に記述される内容の中には上記と異なり無くてはならないものもいくつか含まれております。

まずこまめな観察が望まれます。育てている植物の状態を写真に収め、成育不良や病気などに陥った個体の資料と比べることで、順調に栽培されているかどうかを判断することも決して悪くはありません。

水やりについて

次に水やりを丁寧に行うという努力も疎かにできません。大量の水をまとめて与えた後は数日間水やりを行わない、バケツで土が抉れるように撒くなど雑な水やりをする、といった方法を恒常的に行っている場合、それをやめるだけでも植物の生育が大なり小なり改善されます。

何より植物を育てることにおいては純粋にその行為を楽しむことが絶対不可欠であります。自ら育て方が充実していると納得することも大切な要素となります。育て方を試すことや育て方の効果ばかりに夢中になってしまって精神的な余裕がなくなっている場合には、一旦立ち止まって自身に妥協を与えることも一つの道筋と言えます。

下記の記事は花の育て方について詳しく書いてあります♪
タイトル:ボタンの育て方

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育て方

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約120種類あると言われています。記録によれば、古代ギリシアの時代...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、エクアドルなどを中心に温帯地方に約40~70種類ほど自生している...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひとつですが、ハーブでもあり、花も鮮やかなのでファンもたくさんいる矢...

pixta_karatati

カラタチの育て方

今から約1300年前に伝来していて、和名の由来はからたちばなという言葉が略されたとする説が実在しています。ただ、からたち...

pixta_minibara

バラ(ミニバラ)の育て方

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バラ、ミニチュア・ローズ、パティオ・ローズ、マイクロ・ミニなどとも...

pixta_oonisogaram

オーニソガラムの育て方

オーニソガラムはヨーロッパから西アジア、アフリカが生息地で、約100種類ほどがある球根植物です。ヒアシンス科、オオアマナ...

pixta_faiusu

ファイウスの育て方

花においては、ラン目、ラン科、カンゼキラン属とされています。園芸上はランになり、多年草として育てることができます。花の高...

tyurip_01

チューリップの育て方

チューリップといえば、オランダというイメージがありますが、実はオランダが原産国ではありません。チューリップは、トルコから...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目、アヤメ科、ホザキアヤメ属となります。この花においては旧名、もし...

pixta_jigitarisu

ジギタリスの育て方

ジギタリスの原産地は、ヨーロッパ、北東アフリカから西アジアです。およそ19種類の仲間があります。毒性があり、食用ではない...

スポンサーリンク

pixta_itii

イチイの仲間の育て方

イチイの仲間は日本を含め世界各地に生息地があり、日本も沖...

pixta_hatuyukisou

ハツユキソウの育て方

ハツユキソウは背丈がおよそ1メートル程の高さに延び、その...

pixta_toritereia

トリテレイアの育て方

トリテレイアは、ユリ科に属する球根性の多年生植物で、かつ...

pixta_porigonamu

ポリゴラムの育て方

ポリゴラムはヒマラヤを原産とする多年草です。タデ科の植物...