ペンツィアの育て方

ペンツィアの育て方

特徴としては、種類はキク科のペンツィア属になります。1年草として知られています。花が咲いたあとに種をつけて枯れますから次の年にその種からまた次の花を咲かせることがあります。

育てる環境について

栽培をするにあたっての育て方として良い環境についてどういったところが適しているかです。原産の南アフリカにおいてどのようなところで咲くかとしては砂地に自生しています。どんどん根をはることができて、特に栄養分などは不要な花といえるかもしれません。花の咲き方としてはどんどん太陽に向かうようになっています。

ですから日当たりがいいところに置くのが良くなりそうです。風通しが良い所を選ぶほうが良さそうです。あまり密集して育てようとするのは厳禁になります。砂地を好むことから、乾いた土壌にしたほうが良いとされています。かと言って水が無くても育つわけではないので、それなりに水があるところで育てなければいけないでしょう。

暑さに対してはそれなりに強さを持っていますが基本的には夏にはどんどん枯れていく花になりますから特に暑さは気にする必要はありません。それよりも寒さに対してどのようになっているかを考える必要があります。寒さに対しては半耐寒性とされています。日本においては北部などでは少し寒くて外で育てるのが難しいところもありますが、

本州の南部などであればある程度冬を越すことが出来るとされています。水をやり過ぎたりするとそれによってしもができたりして傷んでしまうことがあるので、それに気をつけていれば冬も越すことができそうです。冬を越した上でその次の春に咲くことになりますから、寒すぎたり、雪がふるようなところは注意します。

種付けや水やり、肥料について

種付けに関してはいつ頃からまき始めるかですが、この花については10月ごろにまくようにします。自然の状態においては春に咲いてから花が枯れます。その時に種を持っていますからそれが落ちて再び咲く形になります。それがちょうど秋ごろになります。連続的に咲かせようとするのであれば、夏に枯れた時に種をとっておきます。

種を取るのを忘れていたとしてもそこに種が落ちていれば次の年に咲くこともありますが、そうなると雑草のようにどんどん生えてしまって密集してしまうことがあります。ある程度は管理をしながら植えるようにした方がいいでしょう。寒冷地と南部では場所も考慮します。南部であれば庭などに地植えをしても冬を越すことができます。

寒冷地だと寒さにやられてしまうことがあるので植木鉢を利用したほうが良さそうです。秋ごろに植えて寒くなるまでは外に置きますが、冬においてはフレームなどに入れるようにして越冬するようにします。水やりをどのようにするかですが、必要ではありながらやり過ぎないようにしなければいけません。乾燥気味に育てる必要があります。

他の植物の近くに育てるとき、それらの植物と一緒に水を与えてしまうことがありますが、あげ過ぎないように気をつけます。他の植物においても水をあまり必要としないものがあります。自然の雨だけで十分なものもありますからそういったものの近くであれば水を与え過ぎないで済みます。あげすぎると根腐れになります。

増やし方や害虫について

増やし方としては種まきが基本になります。多年草ではないですから枯れればそれで終わりです。でも花からは種が複数取れますから、それをうまく採取すれば増やすことができます。そのままにしていると無駄に増えてしまうことがありますから気をつける必要があるでしょう。花をきれいに咲かせるには計画的に管理をする必要があります。

発芽に対する適温としては15度から20度ぐらいとなっています。寒冷地などは冬が早く始まることがありますから、あまり寒いところであれば早めにまいておいたほうが良いこともあります。一方で南の方なら11月ぐらいでもそれなりに暖かい気温のことがあるのでその頃でも間に合わせることができるかもしれません。

用土を用意するときに気をつけることとしては水はけを良くします。赤玉土、軽石、腐葉土などを混ぜますが、軽石などの割合を増やすことで水はけを良くすることができます。周りに植える植物との兼ね合いを考えるなら他の植物よりも水はけがよりよい配合にしておくといいかもしれません。病気に関してはそれ程気にすることはありませんが、

水をあげすぎたり、水がたまりやすい状態になっていると腐りやすくなります。それを気をつけていれば健康的に育てることができます。害虫に関してはあまり気にすることはなさそうです。発生する前に蕾であったり、花が咲くことが多いです。日差しと水の管理に注意をすることで、問題なく咲かせることができます。

ペンツィアの歴史

花には花びらを豪快に開いて咲くものもあれば、こぢんまりと咲くもの、小さな花びらがたくさんあるようなキクのように咲くような花もあります。どういった花が良いか、可愛らしい、きれいと感じるかは人それぞれ異なりますが、見たことがない花であれば興味が出てくるかもしれません。

ペンツィアと呼ばれる花についてはこじんまりした花の一つになるでしょう。あまり自己主張などをすることはありませんが、非常に可愛らしく咲く花として知られています。原産としては南アフリカとされています。アフリカ大陸においても南部のほうです。アフリカといいますと砂漠があって乾燥しているような印象がありますが、

この辺りについては必ずしも乾燥をしているわけではなく、温暖なこともあって比較的たくさんの草花を楽しむことが出来るとされています。歴史において、日本にも渡来をしてきていますから育てられることがあります。いくつかの種類があるとされていて、日本に来ているものとしてはグランディフロラと呼ばれる種類になるようです。

生息地としては南アフリカの北部、ナマクアランド地方において栽培されていました。当初については切り花として栽培されることがあったようですが、今は花壇に咲かせる花としての利用が増えてきているようです。その他にはドライフラワーのように利用することも出てきています。用途としては広い範囲になっているので、これからも複数の用途で利用できるかもしれません。

ペンツィアの特徴

特徴としては、種類はキク科になります。1年草として知られています。花が咲いたあとに種をつけて枯れますから次の年にその種からまた次の花を咲かせることがあります。そのために多年草のように感じることもあるようです。花の草の丈としては40センチぐらいから60センチぐらいなのでそれ程大きくなるわけではありません。

自然によく生えている草花の中の一つに見えることもあります。花が咲く時期としては主に4月から5月ぐらいとされています。春の中でもかなり暖かくなった頃から咲き始めます。桜などだと気温がまだ寒い時から蕾などができてくることがありますが、こちらの花については暖かさが落ち着いてきた頃に徐々に咲き始めてきます。

花の色としては黄色い花がメインになります。キク科の事もあって、小さい花びらが沢山ある花です。花びらが均一についているので、まるで洋服のボタンのように見えることもあります。花の付き方は茎に対してまっすぐ上を向いています。通常のキクなどは横を向いていたりしますが、こちらの花は背丈があまり大きくなく、

花も小さいからかしっかりと植えを向いている花です。ですから生命力を感じる花でもあります。葉っぱの特徴としてはそれ程大きな葉っぱをつけるわけではありません。羽状に細かく切れ込まれた葉っぱになっています。花自体があまり大きく無く、葉っぱも非常に細いタイプのものがたくさんついています。茎などもそれ程太くありません。

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_gakuajisai

ガクアジサイの育て方

一般名として、ガクアジサイ(額紫陽花)といい学名はHydrangeamacrophyllaf.normalis。分類名は...

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て方

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知られています。また日本では古くから南西諸島や硫黄島などに自生が見ら...

pixta_rikorisu

リコリスの育て方

種類としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科、ヒガンバナ連、ヒガンバナ属になります。園芸上の分類としては...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミヤマハナシノブの育て方

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています。しかし、食物繊維が豊富に含まれている事からも便秘の解消などに最...

pixta_besseraeregans

ベッセラ・エレガンスの育て方

この花については、ユリ科のベッセラ属に属します。花としては球根植物になります。メキシコが生息地になっていますから、暑さに...

pixta_hakusai

白菜の育て方

白菜は、アブラナ科の野菜で、生息地は他のアブラナ科の野菜類と同様に、ヨーロッパの北東部からトルコ にかけての地域でだと考...

pixta_ichigo11

苺の種まきや苺の育て方や苺の栽培について

冬になると、苺がスーパーなどで店頭に並ぶため、苺の種まきは夏に行っていると思う人も居るかも知れませんが、ハウス栽培でなけ...

pixta_hahakogusa

ハハコグサの育て方

このハハコグサは育て方といっても、日本で自生している野草なので、一般的な育て方で十分で、ガーデニングでも家庭菜園でも、庭...

スポンサーリンク

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て...

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布...

pixta_mituba

みつばの育て方

みつばの特徴としてはセリ科に該当します。せりといいますと...

pixta_endou_02

エンドウとツルレイシ...

エンドウの原産地は、エチオピアから中央アジアや中近東でさ...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧...