栽培が簡単な植物の育て方

栽培が簡単な植物の育て方

花も植物も育てたことがない人にとっては、花壇いっぱいの花や植物の栽培はとても難しいもののように思われることでしょう。しかし、花や植物は人の心を和ませてくれます。咲いている花から季節の移り変わりを楽しむこともできます。ホームセンターなどに行くと様々な花の球根や苗木が売られています。

球根の魅力

中には栽培の難しいものや管理にコツが必要なものもありますが、ほとんどの場合は決して難しいものではありません。ここでは初心者におすすめの球根の花の育て方について紹介します。9月、10月ごろになると、ホームセンターには様々な球根が売られるようになります。

チューリップ、水仙、クロッカスなどが球根の代表的な花です。初心者に球根をおすすめする訳は、球根はその中に必要な栄養分をぎっしりと抱え込んでいるため育てやすいからです。また、一度植えると来年も花を咲かせるものが多いのも球根の魅力です。

チューリップの栽培の仕方も是非見て下さい♪

球根の準備

植えっぱなしで勝手に咲いてくれるので初心者向きなのです。逆に、たっぷりと時間をかけて植物の世話をしたいという人には物足りないでしょう。売り場に行くと球根1個からでも買えますが、球根は密に植えた方が良いので、初めての場合は10個ほどのパックになっているものがよいでしょう。

チューリップなら同系色が集まったものや様々な色が入ったもの、花が大きいものや小さいものなどパックもいろいろで選ぶのも楽しみです。初心者の人がどうしていいか悩む物の一つが土づくりでしょう。ホームセンターには土も肥料もずらりと大袋が並べてあり、どうしていいかわからないものです。

しかし決して大変なことはありません。球根売り場に行けば、球根を育てる土も近くに置いてある場合が多いのです。「チューリップの土」などとはっきり書いてあるものもあります。球根を育てるのに最適な肥料が配合されており、花壇やプランターに入れて、その中に球根を埋めるだけという手軽さです。

球根からの育て方

球根を埋める際は、あまり土の奥深くに埋めすぎないようにするのがポイントです。いろいろな色がある場合は、埋める前に土の上に球根を配置して咲く色のバランスを考えると良いでしょう。球根を植えた後はたっぷり水やりをしますが、その後はあまり頻繁には水やりする必要はありません。

また、チューリップは寒さにあたらないと芽が出ないので、雪が降るような地域でも覆いをしたり室内に入れたりする必要もありません。春になって花が咲いた後は、そのままでも来年咲くものもありますが、

チューリップは花が散ったら球根を掘り出して、ネットなどに入れて涼しいところに置いておき、また秋になってから改めて植えるといいでしょう。一度きれいに花が咲くと、植物を育てるのがどんどん楽しくなることでしょう。

下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:スイセンの育て方

pixta_osteospermam

オステオスペルマムの育て方

オステオスペルマムは南アフリカを生息地としているキク科の草花です。従来は「ディモルホセカ」の仲間に入っていたのですが、形...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方について

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息地は北米や中南米です。チリソケイやディプラデニアという別名もあり...

pixta_attuzakura

アッツザクラの育て方

アッツザクラはアッツという名前はつきますが、アッツ島にあるものではなく、原産や生息地は南アフリカです。ではなぜアッツザク...

pixta_sawagikyou

サワギキョウの育て方

キキョウ科の多年草で,アジア東部の冷温帯を生息地としている”サワギキョウ”。学名”Lobelia(ロベリア)”とも呼ばれ...

pixta_soba

ソバの育て方

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているという...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_katoreakoku

カトレア・コクシネアの育て方

カトレア・コクシネアは、ブラジルの中でも、標高1,000mから1,500mという高地の中の雲霧林に自生している樹木に着生...

pixta_pakira

鉢植え乾燥地帯原産地「パキラ」の栽培方法について

鉢植え「パキラ」は東急ハンズ等で購入できる乾燥地地帯である中東が原産地の鑑賞植物です。高さが5cm以下の小型の植物で、手...

pixta_panzy03

パンジーの育て方について

冬の花壇を美しく彩ってくれる植物の代表格は、なんといってもパンジーです。真冬の街にキレイな彩りを与えてくれる植物としては...

pixta_zakuro

ザクロの育て方

ザクロの歴史は非常に古く、古代ギリシャの医学書では、すでにザクロの効能が書かれていました。また、パピルスに記されているエ...

スポンサーリンク

pixta_kifugetou

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウ...

pixta_asagao11

植物の栽培について ...

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て...

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑...

pixta_bikakusida

ビカクシダ(Plat...

ビカクシダは年間を通して日当たりが良い場所で育てるのが基...