アルストロメーリアの育て方

アルストロメーリアの育て方

特徴として、ユリ目に該当します。ユリズイセン科の種類にはいる花になります。草丈に関しては50センチから1メートルほどの花になります。花の大きさは4センチ位から8センチぐらいで開ききるタイプではありません。ユリといいますと花の根元の部分がきれいに開き切らない事が多いですが、この花についても同様に開ききるタイプではありません。

育てる環境について

南国といえばやはり太陽の国が多いです。栽培をする時の育て方の環境においては太陽が当たる場所が良いようです。日陰のところよりもしっかりと日がさすところに置くようにします。湿気を好むタイプもありますが、全般的に見ると水はけの良い所を好む花になります。寒いところに比べると温暖な所が良いようです。

温暖とはあくまでも心地よい暖かさであって、暑すぎるところはあまり良くないとされています。日本においては本州などではかなり暑くあることがありますが、沖縄などの南の方に行くと温暖な気候になりますから、育てるのに良い環境になるかもしれません。高温多湿の環境においてしまうと根腐れをしてしまうことがあるので、そのようなところは環境としては適しません。

寒いところになると株が凍結してしまうことがあります。寒さにはあまり強くないとされるので、やはり寒いところも適さないことになります。根の部分に関しては地中に深くまで潜った状態になっています。生育するのに不具合な季節においては花などは枯れてしまいますが根は残っています。

ですからまた気候が良い状態になればそこから新しい芽が出てきて花が咲くことがあります。根が残っていれば咲かせることができるので、根をいかに残しながら栽培するかがポイントになってくると言えるでしょう。この花においては季節によって移動をさせてあげると良いので、地植えで行うよりも鉢植えで行ったほうが良いかもしれません。

種付けや水やり、肥料について

育てる上での用土では、水はけが良いようにしておきます。小粒の赤玉土、小粒の鹿沼土、腐葉土を同じような割合で配合した土を使うことがあります。場合によっては軽石を少し混ぜて更に水はけを良くすることがあります。こうすれば根腐れをすることは少なくなるでしょう。種まきに関しては熟するようにすることが必要です。

適さない時期になると休眠状態になり、その状態でまいたとしても発芽までに時間がかかります。また発芽のタイミングもばらばらになり、咲く株もあれば咲かない株も出てきてしまうことがあります。予め熟するようにしておいて、それを一緒にまくようにすれば揃って咲いてくれます。きれいに見応えよく咲いてくれるでしょう。

植え付けにおいては鉢植えが好ましいのですが、用土の劣化、目詰まり、根詰まりをしないようにする必要があります。その方法としては植え替えを行います。デリケートな植物なので、1年から2年ごとに新しい用土に変えてあげるようにします。植え替えの作業をするのに適しているのは休眠中です。

生育が始まる直前の9月から10月、3月から5月辺りに行うのが良いとされています。鉢植えで行う場合の水やりについては水切れをしないようにします。土自体は水はけがいいように設定していますから、水をやったとしてもすぐに流れるようになっています。まめに水をやるようにしなければいけません。ねぐられをするのは嫌いますから、過剰に上げ過ぎないよにします。

増やし方や害虫について

増やすために必要なものとしては肥料になるでしょう。積極的に行うことはありませんが、芽出しの頃から開花までにおいて置き肥をしておきます。それによって土に栄養分が行き渡り、効果を得ることができます。月に数回液体肥料を行うのも成長にはいい影響を与えてくれます。花の種類によっては四季咲き性、秋に葉が茂るタイプなどがあります。

10月から11月ぐらいに追肥をするようにしておけばこれも成長にはいい影響を与えてくれます。増やす方法においては種で行うこともありますが株分けをするのが簡単で確実になります。9月であったり3月ごろに芽を確認しながら行うようにします。根だけを分けたとしてもそこから成長して花を咲かせるわけでは無いので、芽がきちんとついているかどうかを確認しなければいけません。

芽と根がセットになっている必要があります。病気に関しては土壌菌と呼ばれる病気になることがあります。根腐れ、茎腐れの原因になります。これは自分自身の育て方によって起こすことがあり、気をつけることによって対応できる場合があります。高温期において

多肥多湿の状態にしてしまうと枯れてしまうことがありますから水や肥料のあげ過ぎには注意が必要になります。害虫としてはアブラムシに注意が必要です。ガーデニングとして作るときは多の植物にアブラムシがついていてそれがこちらに広がってくることがあります。他からもつかないようにしておく必要がありそうです。

アルストロメーリアの歴史

南米といいますと情熱の国として知られています。サッカーが強い国が多いところとしても知られています。北米に比べるとどちらかと言えば発展が遅れているイメージがありますが、古くにおいては文明が栄えているなどとくとくの文化を持っている地域であることがわかります。

こちらにおいて原産になっている植物は結構あり、それが健康食品になっていることもあります。また非常に美しい花などはフラワーアレジメントの一つとして使われることが多くなります。アルストロメーリアに関しては原産が南米の花として知られています。非常に鮮やかな花を咲かせてくれるので、見た目を彩りたいときに使うことがあるようです。

幾つかに属する花で、ほとんどが南アメリカ原産となっています。こちらにはアンデス山脈の寒冷地があり、こちらにおいて自生することが多いようです。歴史としては、1700年台に南米を旅行していた人がこの花の種を採取したとのことです。その人が知り合いのスゥエーデン人の名前をとってこの花の名前にしたとされています。

日本においてはいつ頃やってきた花かといえば大正15年頃とされています。フラワーアレンジメントが盛んになってから来たのかと考えがちですが、比較的古くに日本に来ていたようです。その後日本において広められたかどうかについてはわかりませんが、最近においては花の使われ方も非常に広がっていますから、それによって知られるようになったのかもしれません。

アルストロメーリアの特徴

特徴として、ユリ目に該当します。ユリズイセン科の種類にはいる花になります。草丈に関しては50センチから1メートルほどの花になります。花の大きさは4センチ位から8センチぐらいで開ききるタイプではありません。ユリといいますと花の根元の部分がきれいに開き切らない事が多いですが、この花についても同様に開ききるタイプではありません。

花の色に関しては非常に様々です。桃色、赤、白、黄色、紫色などタイプがたくさんあります。一色だけで咲くことは珍しく、一つの花において色がかなり混ざった状態になっています。白とオレンジ色、桃色と黄色などが混ざっているので更に鮮やかさを引き立ててくれるのかもしれません。

アンデス地方を生息地とすることから寒さに関してはある程度強いと考えられていますが、実際のところは暑さや寒さに対してはどちらも強くないとされています。ですからどこにでも生えてくれる花ではありません。花に関しては多年草になっていますから、一度花が咲くようになればどんどん咲くことがあります。その点では楽しみやすい花の一つかもしれません。

南米を中心に咲いていることから、こちらの中でもいくつかのタイプがあるとされています。チリタイプ、ブラジルタイプがあるようです。生育環境に関しても必ずしも一つの地域に咲いているわけではなく、高地に咲いているものから低地に咲くもの、乾燥地に咲くものもあれば湿地に対応したものまであるとされています。

pixta_eremofila

エレモフィラの育て方

エレモフィラと言う植物は比較的最近になってもたらされた植物として知られています。オーストラリアを生息地としている植物であ...

pixta_kuromoji

クロモジの育て方

クロモジは原産国が日本の植物になります。本州や四国、九州といった幅広い地域を生息地としている植物です。クロモジはその独特...

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育て方

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの名前からもわかるように、花を咲かせた姿が白鷺が舞っているようにも...

pixta_kumamosou

サルビア・レウカンサの育て方

サルビア・レウカンサの原産地はメキシコや中央アメリカです。別名を「メキシカンブッシュセージ」「アメジストセージ」といい、...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_goya_02

グリーンカーテンの栽培方法。

地球は温暖化の一途を辿っています。日本では、温暖化対策の1つとして、グリーンカーテンを導入している家庭や市区町村が増えて...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_motinoki

モチノキの育て方

モチノキは樹皮から鳥や昆虫を捕まえるのに使う粘着性のあるトリモチを作ることができるため、この名前がついたといわれています...

pixta_aberia

アベリアの育て方

アベリアはハナゾノツクバネウツギのことで、ラテン語の属名アベリアで呼ばれています。公園などで植え込みとしてよく植えられて...

pixta_zeranium

ゼラニウムについての説明と育て方

フウロウソウ科であるゼラニウムは、南アフリカに自生する温帯性の宿根草であり、欧米ではベランダや窓辺の花として最も多く目に...

スポンサーリンク

pixta_mamusigusa

マムシグサの育て方

マムシグサは、サトイモ科テンナンショウ属です。サトイモ科...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニ...

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物の...

pixta_buruclover

ブルークローバーの育...

ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古...