ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っている特質などに違いが見られ、また亜種も実在しています。例に出して言えば、変種だと言われているヤブハギという草は高さが短く、葉っぱが薄く、茎にくっついているという特質を持っています。

育てる環境について

秋のシーズンに草むらへ行けば頻りに見かけますし、雑草としても扱われる場合も少なくないです。草むらは言うまでもなく森林近くにも生えている場合も大半です。木陰に生えていますが、太陽の光が当たるところにも生えていて、またプラントが集まっているという様子が見られます。

花はかわいいと言われていますが、鑑賞目的で栽培されるというのは少ないとされています。とりわけ、近年繁殖しているとされているアレチヌスビトハギは繁殖力がかなり強いとされていて、荒地のようなところでも育つと言われています。一部では邪魔なプラントとして扱われる場合も珍しくないです。

繁殖力が強い訳としては、ウェブ上の記述によれば、草を刈っても、再生するという事柄、刈る行為を行なうタイミングが遅れてしまうと余計に数が増えてしまうという事柄が考えられています。再生するのは、地下に養分を蓄えているからだとされていて、新しく生えてくる際に、蓄積していた養分を利用すると言われています。

また新しく芽生えたばかりで小さくてもしばらくしたら生長しだして、大きくなります。こういう種類のプラントはグラウンドなどといった乾燥している場所にも生えているので、乾燥にも強いと考えられます。なお、もともと棲息しているヌスビトハギはやや湿った場所に生えているとされているので、湿度が少し高い場所を好むと考えられます。開発によって乾燥した場所が増えたために、繁殖したのではないかと言われています。

種付けや水やり、肥料について

育て方としては、種類ごとに違っていますが、我が国にもともと棲息しているヌスビトハギの場合は、既述したようにやや湿った場所に生えていると言われているので、土を可能な限り、乾かさないように水を与えるのがベターだと思われます。しかしアレチヌスビトハギの場合は、名前の通り荒地、道端だけにとどまらず、

グラウンドなどの乾燥しているところにも生えているので、水やりはさほどしなくとも育つと考えられます。地下の部分に養分を貯めるという特質を持っているので、肥料も要らないのではないかと考えます。受粉に関してですが、虫によって花粉が運ばれて行なうという虫媒花の特質を持っています。

アレチヌスビトハギの場合は、日陰でも日向でも生えてくるとされています。地下に実在している根っこが張ってしまうと、根っこごと引き抜くのが困難になるほど根付くので雑草として取り除く際に苦労します。花が咲きだしても、しばらく経てば果実が出現し、またさほど経過しなくとも緑色から茶色に変わります。

衣服にひっつくとされる種子は粘着力が高いとされているので、いっぱい付いていると取り除くのに苦労します。またひっついたままで洗濯しても取れないというケースも実在しています。アレチヌスビトハギの場合、栽培されるというのは少ないですが、育てるとしたら水やり、肥料といった部分に関しては神経質にならなくとも大丈夫ですし、繁殖に関しても、いとも簡単に行なえると考えられます。

増やし方や害虫について

外来種、とりわけアレチヌスビトハギの場合、繁殖力が強く、もともと我が国に棲息しているプラントを圧迫させるほどだとされています。しかし、乾燥している場所にも生えているアレチヌスビトハギを食べる虫は実在しています。どういう虫なのかといえば、マメコガネという種類の昆虫です。マメコガネは我が国にもともと棲息している昆虫ですが、

ガーデニングの際に植えられている草花、野菜などを食い荒らすので害虫として嫌われている昆虫だとされています。マメコガネは国内総生産第一位の国にも棲息していて、そこでも嫌われています。幼虫は地下に棲息していて、プラントの根っこを食べているので害虫として扱われています。

国内総生産第一位の国では1910年代後半に発見されたと言われていますが、そういう国に伝来してきた訳としては、アヤメの球根が我が国から買って持ち込まれた際に、紛れ込んでいたという事実が実在しています。国内総生産第一位の国へ伝来して以来、数を増やしました。しかし、天敵も実在していて、幼虫の場合はカラス、アリなど、

成虫の場合はアブの仲間などが列挙されています。栽培するにあたっては、そういった天敵を利用してマメコガネを駆除するのがベターだと考えます。なお、我が国ではマメコガネの天敵となる虫、鳥類などが棲息しているので、一定のバランスは保たれていますが、国内総生産第一位の国の場合、そうした天敵が少ないので悪名高き害虫になりました。

ヌスビトハギの歴史

ヌスビトハギというプラントは我が国のほぼ全土に至るところまでを生息地としていて、我が国以外にも、国内総生産第2位の国、キムチで知られている国が属している半島などにも棲息しているプラントです。またひっつき虫と呼ばれているプラントの一つであり、うかつに草むらへ行くと、知らない間にこういうプラントの種子が付いていたというケースは珍しくないとされています。

こういうプラントの仲間にはいくつか列挙されていますが、最近数を増やしているとされる種類はアレチヌスビトハギという種類であり、20世紀前半に発見されたプラントですが、原産は国内総生産第一位の国を始めとした地域だとされていて、今では我が国の大半の地域で見られるようになりました。

どういう経緯をもって、我が国へ渡ってきたのかに関しては未だ分かっていないと言われています。こういう種類のプラント以外にも酷似している種類のプラントが実在しているとされています。別の種類ではハナヌスビトハギという種類のプラントが棲息しています。

こういう種類はかなり新しい年代に伝来したプラントであり、1990年代に帰化したと言われています。原産地は国内総生産第二位の国、世界で最も標高が高い山が実在している地帯などですが、今から90年ほど前に園芸のためのプラントとしてやってきた植物だと言われています。なお、プラントの名前の由来は果実の形が、盗人が残す足跡に似ているからだとされています。

ヌスビトハギの特徴

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っている特質などに違いが見られ、また亜種も実在しています。例に出して言えば、変種だと言われているヤブハギという草は高さが短く、葉っぱが薄く、茎にくっついているという特質を持っています。また枝分かれがさほどなされておらず、木陰に見られるとされています。

以上に記述したアレチヌスビトハギは背丈が高いとされていて、花は派手ですが、種子に発生しているくびれは浅いとされています。こういう記述から、当該プラントは種類によって特質などが異なっていますが、基本的な特質は、草の大部分は花が穂のような形になっている部分であり、秋のシーズンに花が咲くとされています。

花の色はピンク色、または紫っぽい色をしていますが、たまに白い色の花を咲かせる場合もあるとされています。最大の特色といえば、ひっつき虫などの異名を持っているように、衣服などにくっつくという部分です。種子を触るとざらざらとした触感を味わいますが、こういうざらざらとした触感が衣服にくっつくのを可能としています。

ひっつき虫と呼ばれているプラントはこういう種類のプラントだけではなく、オナモミ、ヤブジラミの仲間、ヤエムグラなどのようなプラントにも見られます。なお、ひっつき虫と呼ばれているプラントの仕組みにはいろいろなタイプが実在していて、ヌスビトハギの場合は種子に小さな鉤があるタイプですが、オナモミなどの場合は針状の突起の先端が鉤状になっているタイプになっています。

pixta_guaba2

グアバの育て方

皆さんはグアバという果実をご存知ですか。あまり聞きなれない人も中にはいるかもしれませんが、最近では健康食品や女性の美容健...

pixta_snowpol

手まりかんぼく(スノーボール)の育て方

手まりかんぼくとは、名前からも分かるように手毬のような花が咲く肝木(かんぼく)です。原産地は朝鮮半島だと言われています。...

pixta_ninjin_01

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心...

pixta_kingsari

キングサリの育て方

キングサリの科名は、マメ科 / 属名は、キングサリ属です。キングサリは、ヨーロッパでは古くから知られた植物でした。古代ロ...

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て方

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチヤクソウ科、APG分類体系ではツツジ科に分類されています。属名の...

pixta_katakuri

カタクリの育て方

カタクリは従来片栗粉の原料として利用されていた植物であり、現在でも片栗粉の原料として利用されていますが、希少性が高い事や...

pixta_rubapu

ルバープの育て方と注意点とは。

ルバープは和名をショクヨウダイオウといい、シベリア南部地方原産のタデ科の多年草です。大型の植物で高さは1メートル以上にな...

pixta_hourensou_01

おいしいほうれん草の育て方

野菜の育て方を覚えれば、誰でも美味しい野菜を誰でも育てることが出来ます。そこでほうれん草の栽培について説明します。ほうれ...

pixta_asagao11

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較...

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Ficus elastica)の育て方

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では鉢植えで育てます。ミニサイズの鉢から大型のものまで、様々な趣のあ...

スポンサーリンク

pixta_tiriayame

チリアヤメの育て方

チリアヤメ(チリ菖蒲/知里菖蒲 Herbertia la...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことで...

pixta_shunran

シュンランの育て方

シュンランはラン科シュンラン属の植物で、洋ランとして馴染...

pixta_karataneogamata

カラタネオガタマの育...

カラタネオガタマはモクレン科の植物で、樹高4mから5mに...