リビングストンデージーの育て方

リビングストンデージーの育て方

リビングストンデージーの特徴として、まずは原産地となるのが南アフリカであり、科・属名はツルナ科・ドロテアンサスに属しています。リビングストンには別名が存在しており、ベニハリソウやヘラマツバギク、ケープデージーなどの名でも親しまれている花植物です。

育てる環境について

リビングストンデージーは、南アフリカが原産地である一年草であり、育て方として育てる環境も原産地同様の環境が最も適しています。秋口にタネを撒くのですが、霜枯れしやすいために通常は春に苗を植え付けるなど、育てる環境としては霜が降りない場所を選ぶ必要があります。リビングストンは、日当たりの良さはもちろん、

水ハケの良い環境下であれば開花しやすく、ガーデニング初心者でも栽培に苦労することの少ない花植物でもあり、日当たりの良い場所で花が開花し、曇り空では花は閉じたままであることから理解できるように太陽の日差しを良く好むため、暖かい場所で育てます。リビングストンデージーは原産地同様に過湿を嫌うために、

日陰やジメジメした環境下では花付きや大輪の花を咲かせることに繋がらないため、育て方としては日だまりのある環境が適しています。直接庭へ植え替える際には時期を見極めることが必要であり、寒さに弱く、霜だけではなく冬の冷たい風にさらされることで株が傷み、枯れる要因に繋がるため、冬の間は霜などを避けられる玄関口などの室内に置き、

庭へ植える際はできる限り春まで待つのが適しています。霜が降りなくなる適期を選択する他、鉢やプランターに植え替えることによって日当たりの良い場所に鉢ごと移動させ、開花を促すことも適しています。ですので、育てる環境が半日陰などの場合には、こうした植え替えによる移動法や環境下で育てるのが適しています。

種付けや水やり、肥料について

リビングストンデージーの種付けとしては、基本的には秋口に入ってからタネを撒きますが、苗から育てる場合には春の植え付けがポイントになります。リビングストンのタネはとても細かく、タネ撒きでは市販されているタネ蒔き用土を用いり種付けを行います。発芽後の間引きを行うことを配慮し、

種付け方法としては細かな砂を3割程度タネに混ぜあわせて種付けを行うことで比較的ラクに植え付けを完了させることが可能で、まばらに種付けが可能です。さらに過湿に弱い性質であるため、用土には水ハケの良い小粒の赤玉土と腐葉土を混ぜた土に植え付けます。リビングストンデージーの水やりとしては、多肉植物でもあり、

葉っぱが肉厚であるために葉自体が水をたっぷり溜めこめる特徴があるため、土が濡れている状態や半乾燥時には水やりは行わず、土が乾いた状態でやや湿らせる程度の水やりに留めることにより、根腐れや枯れる要因を取り除くことに繋げられる魅力があります。さらにビギナーにも栽培しやすいリビングストンは、

原産地の過酷な環境下同様に肥料を余り必要としないのも特徴で、秋口の10月頃から冬の間、月に1回程度の液肥を与える程度に留め、花が咲く頃には次々に花を咲かせるために土に含ませた栄養が花に吸収されるために月に2回程度、様子を見ながら液肥を与えて管理します。鉢で楽しむ場合や庭へ植え替える場合には、あらかじめ肥料を混ぜ込むことで冬の間しのぐことが可能です。

増やし方や害虫について

リビングストンデージーは増やすことによる楽しみ方として、一年草であることからタネからの増やし方と挿し木での増やし方の2パターンが提案されており、タネから増やす場合には間引きの手間を省くためにタネ同士が重ならないように砂に混ぜ、彼岸花が開花する時期となる9月中旬から10月頃にタネを蒔き増やすことが適期です。

さらに発芽適温となるのが15度から20度であり、比較的ビギナーの方でも発芽させやすい特徴を持っています。一年草であるものの管理として花ガラを切り取り、緩効性肥料を与えて管理することにより次回の栽培がラクになります。挿し木による増やし方としては、若過ぎない茎枝を5cmから10cm程度成長具合にあわせて切り、下葉は取除いておきます。

葉が大きく成長している場合には蒸散を予防する目的で半分に葉を切り、肥料を含まない用土に挿し、日陰の涼しい場所で管理して増やす方法も適しています。高温多湿となる地域では寒冷地に比べて株が大きく育たないケースもあるため、温度管理には気をつける必要もあります。

リビングストンデージーを好む害虫としてはアブラムシやアオムシが大敵であり、害虫被害を防ぐために定期的に株元となる用土に殺虫剤を散布することが必要であり、ポイントとして過湿による根腐病にも注意が必要であるものの、病害虫による被害は他の草花よりも少ないため、管理を徹底することにより長く楽しめるのもリビングストンデージーの特徴の1つです。

リビングストンデージーの歴史

リビングストンデージーと呼ばれる花植物は、ヒナギク科であるデージーと同じような名前がついていますがデージーとは全く異なる花植物であるのが特徴であり、その歴史は19世紀頃にまで遡ります。宣教師であり探検家でもあった人物によって、生息地となる南アフリカで分布しているところを発見され、国内には昭和10年頃に入ってきた花植物です。

当時はリビングストンデージーとしての名ではなく、ベニハリソウやヘラマツバギクとなる和名で栽培され、現在でも黄色い花を咲かせるリビングストンデージーはルミネという品種や花色ミックスとして出回っています。リビングストンの名の由来としては、初めて発見した宣教師・探検家としても活動していた人物の名を取りつけられた歴史が存在します。

リビングストンはベニハリソウの和名を掲げていた歴史があり、学名の種名はヒナギクのような形に意味が属されているものの、キク科とは全く似て非なるものでもあります。またメセンと呼ばれる多肉植物に属しており、品種改良が加えられるようになり、よりカラフルで色鮮やかなカラーバリエーションが展開されるなどの

歴史の変遷もリビングストンデージーの特徴です。原産地から宣教師・探検家でもあった発見者の手によって、生息地から自身の出身国へと持ち帰えり伝えられると、一年草でありながらも栽培の手軽さから世界中にリビングストンが輸出されるようになり、国内でも昭和30年頃には定着した植物になっています。

リビングストンデージーの特徴

リビングストンデージーの特徴として、まずは原産地となるのが南アフリカであり、科・属名はツルナ科・ドロテアンサスに属しています。リビングストンには別名が存在しており、ベニハリソウやヘラマツバギク、ケープデージーなどの名でも親しまれている花植物です。花の特徴としては、草丈は約15cmから20cm程度の植物であり、

枝を張り巡る分枝を行うのも特徴で、株張りは約25cmから30cmで原産地同様に寒さや過湿に若干弱く、乾燥に強い多肉植物です。リビングストンの花色には、赤紫をはじめ、ピンク系が一般的な花色として知られていますが、その他にも光沢のある黄色や花の中心に近い部分がオレンジやホワイトなどの蛇の目となる2色咲きなど、

バリエーション豊富なカラー展開も特徴の1つです。開花期は春から初夏で、花の大きさは直径約3cmから大きいもので5cm程度に咲き開きます。カラフルで鮮やかな色だけではなく、葉や茎にも特徴を持っており、ぷっくりとした多肉質であり、ザラザラとした固めの毛が茎に生えています。

リビングストンデージーの最大の特徴と言えるのが日に当たることで花が開き、曇り空また雨の日など日光が当たらない環境下では花は閉じたままです。分枝するため、広い面積での栽培に適しており、株姿をまとめるには困難なため、整形花壇への植え替えや寄せ植えではなく、プランターまたは庭への植え替えや植え付けが適しているのも特徴です。

pixta_guroriosa

グロリオサの育て方

グロリオサはアフリカ、熱帯アジアが生息地で5種が分布するつる性植物です。グロリオサの名前はギリシア語の栄光ある、名誉ある...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表されます。漢字の由来から日本には、飛鳥時代~平安時代現在の中国...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

pixta_pakira02

パキラの育て方について

大鉢仕立てにすることもできれば、手のひらサイズのミニ観葉に仕立てることもできるので、いろいろな場所で目にすることができま...

pixta_murasakigoke

ムラサキシキブの育て方

この植物の特徴では、シソ目、シソ科、ムラサキシキブ属となっています。英語の名前はジャパニーズビューティーベリーです。日本...

pixta_sanzasi

サンザシの育て方

サンザシの原産地は中国で、主に北半球の温帯を生息地としています。日本や中国に自生している種類の中には、花や実が美しいもの...

pixta_beisugi

アメリカネズコ(ベイスギ)の育て方

特徴としては、裸子植物になります。マツ綱、マツ目、ヒノキ科です。属はスギではなくクロベ属、ネズコ属と言われることもありま...

pixta_trenia

トレニアの育て方

トレニアはインドシナ半島原産の植物で、東南アジア・アフリカなどの熱帯の地域を生息地として約40種が分布しています。属名t...

pixta_hetima

ナーベラー(ヘチマ)の育て方

ヘチマ(学名:Luffa cylindrica (L.) Roem)はインド原産のウリ科の1年草です。ヘチマの歴史は大変...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

スポンサーリンク

pixta_ibukijakousou

イブキジャコウソウの...

イブキジャコウソウなどのタイムの原産地は南ヨーロッパで、...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨー...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て...

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地...

pixta_tobera

トベラの育て方

”トベラ”は日本や朝鮮半島、中国を原産とする植物です。名...