カミソニアの育て方

カミソニアの育て方

カミソニアとは北アメリカの西部を原産とする植物であり、62種類もの品種があります。アカバナ科ですが、開花後に枯れてしまう一年草と呼ばれるものと毎年開花することが出来る多年草が存在します。

育てる環境について

育てるベストな環境についてなのですが、元々アメリカのカリフォルニアが原産とされており乾燥した砂地で育った経緯がありますから、乾燥した場所を好む傾向があります。湿度の高い場所などでは上手に育たないということもありますから、栽培するときには環境を選んであげましょう。

多花性の品種でもありますから、植える時はプランターや花壇などが向いているとされています。その方が全体的に華やかな印象になること間違いなしです。暖かい土地で育てる分には特に対策を取らなくても大丈夫なのですが、寒い土地で育てる場合は種まきをしてから霜よけなどが必要なのでしっかりとメンテナンスをしてあげましょう。

特に苗が小さいうちを気を付けましょう。開花した花の色は鮮やかな黄色で、ひとつの花の命は短いのですが、毎日新しい花を咲かせることが出来るので全体としてみると常にたくさんの花が開花していて色鮮やかな見た目も楽しむことができます。生命力があり、初心者でも育てるのが簡単と言われている植物でもありますが、あまり有名ではありません。

強い品種ですから害虫もほとんどつかないといった傾向があります。苗のうちは大丈夫なのですが、成長するにつれて茎が這うように育ちますから、植える時には間隔をあけて埋めてあげたほうがよいかもしれません。あまりにも間隔が狭いと成長の妨げになってしまいますから気を付けましょう。埋める時は種が隠れる程度で大丈夫でしょう。

種付けや水やり、肥料について

種付け、そして水やりや肥料に関してなのですが、基本的には暖かくて湿度のない場所を好みますから環境には気を付けてあげたほうが成長は良いでしょう。種はあまり深く埋めなくても大丈夫です。種が隠れる程度で大丈夫ですので浅埋めで十分です。肥料は種を受け付けるときにゆっくりと効果のあるようなものを混ぜておけばそれ以上の肥料は与えなくても大丈夫でしょう。

あまり栄養を与えすぎても成長しすぎてしまいますから、最低限にしておいてください。開花が終わった時期に再度肥料を与えるようにすれば問題ありません。乾燥した環境をこのむ傾向が強いのですが、種を植えてからは表面が乾燥したらたっぷりと水分を与えてください。水はけの良い土用を選んで頂ければ問題ないのですが、

水分をたくさん含んだ土用の場合は成長の妨げになってしまうことがありますので注意しましょう。種を植え付けるときのポイントとしては成長すると茎が地面を這うように成長する傾向が強いので出来るだけ20センチ前後は間隔をあけて埋めたほうが良いと言われています。生命力が強い植物でもありますから、

神経質にならなくても自身の生命力で力強く成長してくれるでしょう。出来ることならば日が当たる環境で湿度が少なく暖かい土地で育てたほうが成長は良いでしょう。秋に種をまいて春から夏にかけて開花するのが一般的とされています。ひとつの花の命は短く一日も持たないのですがたくさんの花を咲かせるという特徴もあります。

増やし方や害虫について

カミソニアは栽培が簡単な植物でもあるので、増やし方についてもそこまで難しくありません。開花後に種が実りますのでそれを巻いて増やすのが一般的な増やし方でしょう。夏に開花がほとんど終わりますから、そのあとに種を収穫してまた秋ごろに植え付けを行います。そうすることによって次の年の夏にまた開花させることができるとされています。

一番適した温度は15度から20度とされていますから寒い地域では温度の管理に気を付けたほうが良いでしょう。こぼれ種からもよく育つことができますから、たくさんの苗を育てることが出来ると言っても良いかもしれません。とくににぎやかに見せるためには鉢植えではなくて庭やプランター、そして花壇などを利用したほうがカミソニアの良さが出ますからより魅力的に花を魅せることが出来ます。

水分が少なくても成長する品種でもありますし、生きる力も強いので特にかかりやすい病気などはありません。そして害虫もあまり寄せ付けない傾向が強いので特に害虫対策などはしなくても大丈夫でしょう。たまにチェックしてあげて害虫がついているようならば取る程度で平気です。

育て方、増やし方のポイントとしては水はけの良い土用と使用して温かい土地で育てるのならばコツもほとんど必要とせず成長させることができます。水分を与えすぎたり、寒い地域、湿度が高い地域などでは育ちにくいとされていますから環境には気を付けてあげたほうが良いかもしれません。

カミソニアの歴史

カミソニアとは北アメリカの西部を原産とする植物であり、62種類もの品種があります。アカバナ科ですが、開花後に枯れてしまう一年草と呼ばれるものと毎年開花することが出来る多年草が存在します。原産のアメリカではサン・カップやサン・ドロップなどと呼ばれています。鮮やかな黄色の花を咲かせる植物ですが、短命という事で昔から有名です。

朝に開花して夕方にはしぼんでしまいますが、毎日開花します。開花時は鮮やかな黄色ですがしぼむにつれてオレンジ色変色していくという特徴をも持ちます。生息地として有名なのがアメリカのカリフォルニアですが、カリフォルニアの特徴は乾燥して暑い地域でもありますので、カミソニア自体乾燥や暑さに強いと言われている植物です。

割と強い植物ですから栽培するのもそこまで難しくありません。原産地では特に砂地に咲くと言われています。日本ではあまりメジャーな花ではありませんが、海外ではフラワーミックスに時々混ざっていることもあります。現在日本で園芸で栽培される品種はカミソニアのどの品種かは定かではありません。

たくさんある品種の中の一種としか記されていませんから正確には把握できていない部分もあるくらいです。品種ははっきりしていませんが秋まき一年草として扱われるようになっているでしょう。あまり一般的には栽培されていませんが、開花するととても綺麗ですし、短命ですが毎日開花しますので一部の方にとても人気がある植物でもあります。

カミソニアの特徴

カミソニアは秋にまく一年草とされていますが、一般的にはあまり知名度がない植物かもしれません。短命という特徴を持つ植物でもありますから、一日の間で開花している時間は数時間ととても短い傾向があります。しかし毎日新しい花をさがせることが出来る生命力をも持っております。

実はカミソニアは一種類だけではなくて原産のアメリカでは62種類もの品種があるとされていますが、人工的に栽培されるものにかんしてはどの品種が使用されているのかハッキリしないとも言われています。秋に種まきをするのですが、開花は4月から6月の間にされます。

開花してそのまま一年草として終わってしまうものもあれば、毎年開花をし続けることが出来る多年草に分類することが出来ます。一般的に知られている品種は一年草でもあります。基本的に生命力のある花でもありますから、育て方は難しくないともされています。もともとアメリカの乾燥している地域で育ったというのもあり、乾燥や暑さには特に強い植物でもあります。

水分が少なくても育つことが出来る品種なので、水やりは控えめでも大丈夫でしょう。水分を多く上げすぎてしまいますと逆効果になってしまう可能性がありますから、カミソニアを栽培するときには水やりに注意してください。じめじめした場所よりもカラッとした環境を好みますので、育ちやすい環境を作ってあげたほうが元気に育つことが出来るでしょう。湿度には十分注意をしましょう。

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み自生しています。日本ではドライフラワーなどに良くつかわれています...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽しみ方

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森のバターとしてもよく知られています。美容効果もあり、女性にとって...

pixta_tatunamisou

タツナミソウの育て方

タツナミソウはシソ科の仲間で世界中に分布している植物なので日本でも全国的に見ることができます。花の形が独特であるという理...

pixta_ayame

アヤメの育て方

アヤメは日本国内でも非常にポピュラーな植物として知られており、歴史的に見ても日本とは非常に深い関係があります。日本人とア...

pixta_hakubai

梅(ハクバイ)の育て方

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外には桜のような薄いピンクがあります。白っぽいピンクから真っ白のもの...

pixta_turiganeninjin

ツリガネニンジン、シャジンの仲間の育て方

シャジンの仲間であるツリガネニンジンはキキョウ科に分類され、和名では釣鐘人参と表されています。日本や朝鮮半島を原産として...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

pixta_hahakogusa

ハハコグサの育て方

このハハコグサは育て方といっても、日本で自生している野草なので、一般的な育て方で十分で、ガーデニングでも家庭菜園でも、庭...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

スポンサーリンク

pixta_kyuuri

キュウリの育て方のポ...

水分を豊富に含むキュウリは、原産地はインドやヒマラヤであ...

pixta_flkuraea

フルクラエアの育て方

フルクラエアはリュウゼツラン科の植物で原産地は熱帯や亜熱...

pixta_riparis

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキ...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...