ヤグルマギクの育て方

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。ですから種名においてはあさぎいろの花であることが記されています。生息地としてヨーロッパとなっていますが、ヨーロッパにおいては改良がどんどん進められていて青色以外の色についてもどんどん出されています。

育てる環境について

この花については比較的寒いところでも咲くようになっています。栽培をする時の難易度としてはそれほど高くはなっていません。ですから誰でも比較的容易に育てることが出来るとされています。日当たりをよく好み、水はけの良い土壌であればどんどん育てることができます。冬に寒くても生育をさせることができますから、日本においては東北地方などでも栽培がしやすくなっています。

発芽の適温としては15度から20度となっています。北海道の場合であれば春よりも初夏の辺りにこの辺りの温度になってきますから、通常の花の時期よりも少しずらしたほうが良いかもしれません。暑さに対してもそれほど問題があるわけではないですが、あまり暑い状態が続くと発芽が悪くなることがあります。

発芽をさせる状況としては涼しい環境が適しているとされていますからそれを十分考えて行うようにします。日本においては春に気温が高くなりすぎるようなことはないでしょうが、一部都市部においてはヒートアイランド現象になることがあります。それを避ける必要があるかもしれません。

山の中よりも平らな風通しや日当たりの良い所がより育ちやすくなるとされているので、庭などにおいても日当たりの良い所を選ぶようにして置けばいいでしょう。植木鉢であればそれなりに動かしやすくなりますが、庭に植え付ける時などは動かすことができなくなりますから、その後にどのような状態になるかを考えておきます。

種付けや水やり、肥料について

栽培において、育て方としてはどのように種付けを行うかです。地域によって少しずつ変えるようにします。まずは寒い地域においてどのようにするかですが、春から初夏にかけて行うようにします。暖かい地域では春の涼しい時期に行います。3月から4月までになってくるでしょう。種に関しては花の割には大きくなっていますから巻きやすいです。

土をいれた播種箱に点まきにして種が隠れるほどの土をかぶせるようにします。その後に水やりを行うようにします。水やりについては最初は豆に行います。季節としては春ですから涼しい時もありますが、少し芽を離すとすぐに乾いてしまいます。そうならないように発芽までの間に2週間ぐらいにおいてはきちんと水を与えるようにします。

この時期に水を切らしてしまうと発芽ができなくなってくるので、水分を保持するように気をつけなければいけません。葉が出てきたところで土の入れ替えを行います。肥沃な土を好みますから配合をして適切な土をいれます。この時には植木鉢で行うとよいでしょう。日当たりと水はけの良い場所に置くようにします。

肥料としては完熟堆肥、苦土石灰、化成肥料などを混ぜたものを与えるようにします。こちらについては植え付けるときに入れることで問題ありません。後は水やりについても適度に乾かないことを気にしながら与えるようにしていきます。暑い季節になってくると特に対応が難しくなります。水をあげすぎるのも良くないとされます。

増やし方や害虫について

管理をしていくにはどうすればいいかです。温度管理が必要とされています。25度以上の暑い状況の場合には発芽が悪くなるとされています。そのことから涼しい場所、時期での種まきが言われています。日当たりの風通しの良い場所を探してそちらに大きくなるまで育てるようにします。寒さにはそれなりに強いですが、霜にはあまり強くありません。

霜よけのための対策をきちんと行うようにします。増やし方としては株分けがあります。株分けをすることができるので、3年から4年をめどに少しずつ行っていくと増やすことが出来るようになります。追加の肥料としては春の芽吹きの頃に化成肥料を与えるなどすることで育成しやすくなります。病気であったり害虫に対する対策ですが、あまりしなくて良いとされています。

比較的それらには強い品種になります。芽吹きの時期に出てくるのが多の草花においても発生しやすいアブラムシやアオムシになります。アオムシといいますと将来的には蝶になるとしてそのままにしてしまうことがありますが、増え方が半端無く一気に葉を食い尽くしてしまいます。

こうなるといくら病気に強い状態としてもそれ以上生育するのが難しくなります。一つついた時には2つ3つとどんどんついてくることになりますから、それを考えて駆除するようにします。一つもついていなければ対策がきいている証拠です。1つでもいれば周りに隠れている可能性が高くなるので注意しながらとってしまいます。

ヤグルマギクの歴史

花においては色が何色かによって特色が出ることがあります。まずは自然の状態でどのような色があるかがあります。全く色がない状態の白色のものもあれば、鮮やかな赤、黄色と言った色、その他の色が複数入ったりすることもあります。それ以外の色としては青であったり紫色のものもあります。元々がそういった色の花を持っていることもあれば、

元々持っていない場合は品種改良などによって青色などを出させることがあります。日本において菊が知られていますが、一般的な色としては白や黄色がメインになるでしょうか。その中で鮮やかな青色の花を咲かせる種類があるとされます。それがヤグルマギクと呼ばれる花になります。原産としてはヨーロッパ、特に地中海の辺りとされています。

更に名称としては以前はヤグルマソウと呼ばれる時期もあったとのことです。ヤグルマソウに関しては別途ユキノシタ科のヤグルマソウがありますから同じ名前のものがあると混同します。そのことから日本においてはキクと付けられるようになったとされています。日本においてはいつ頃入ってきたかですが、

こちらについては明治時代あたりに入ってきたとされています。日本では元々は白や黄色などのシンプルな色のものが中心でしたから、この花が入ってきた時にはびっくりしたかもしれません。これまでにはあまりない色だったからです。それだけめずらしいからこそどんどん栽培して広げていこうとの考えも出てくるのでしょう。

ヤグルマギクの特徴

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。ですから種名においてはあさぎいろの花であることが記されています。生息地としてヨーロッパとなっていますが、ヨーロッパにおいては改良がどんどん進められていて青色以外の色についてもどんどん出されています。

青の他に紫、紅、ピンク、白などのいろいろな色の花を楽しめるようになっています。また特徴の一つである花の模様もあります。矢車のような模様が花の真ん中にあることからこの名前が付けられています。ヤグルマソウに比べると模様ははっきりしていないこともありますが、色が鮮やかなのではっきりと分かることもあります。

基本的には一年草として育てられますが、品種改良の過程で多年草のタイプも登場してきているようです。このタイプであれば何年も続けて同じ花を楽しむことができそうです。草丈については30センチぐらいから大きい物で1メートルぐらいとされています。開花時期としては春の中でも少し遅目です。

4月の終わりから5月にかけて咲くようになってきます。一見一つの花が見事に開いているように見えますが実際には小さな花びらが沢山ついています。これについては頭花と呼ばれるタイプいなります。外側の小花の部分は雌しべが無く、花びらの先端が大きく切れ込まれています。これが矢車の形をより美しく見せています。他にはない形になっています。

pixta_datyura11

エンジェルストランペットの育て方

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、ラッパのような大きな花が下向きに咲いていく姿が印象的な植物です。...

pixta_erigeron

マンションやアパートでの植物栽培

マンションやアパートなどに住んでいる場合も植物を栽培することはできますが、その際はベランダも小さかったりと小規模ながらも...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キサントソーマの育て方

この植物の特徴としてはサトイモ科の常緑多年草になります。生息地の熱帯のアメリカにおいては40種類近く分布するとされていま...

pixta_naganegi_01

長ねぎの育て方

長ねぎの他、一般的なねぎの原産地は中国西部あるいはシベリア南部のアルタイル地方を生息地にしていたのではないかといわれてい...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっています。現在でもこれらの地域が生息地となっています。ミャン...

pixta_amarisu

アマリリスの育て方

アマリリスが世の中に知られたのは17世紀の後半。ヨーロッパでオランダ人が紹介したことが最初と言われているのが通説となって...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_mekonopusisu

メコノプシスの育て方

ヒマラヤの青いケシと呼ばれる、メコノプシス・グランディスは、その名の通り、原産地がヒマラヤ山脈かチベット、ミャンマーなど...

pixta_sarupigrossis

サルピグロッシスの育て方

サルピグロッシスはナス科サルピグロッシス属(サルメンバナ属)の一年草または多年草です。その名前はギリシャ語のsalpin...

pixta_shikuramen

シクラメンの育て方

シクラメンはもともと地中海沿岸地域の山地を生息地としている、サクラソウ科の原種であるシクラメンを基にして、品種改良を加え...

スポンサーリンク

pixta_porigonamu

ポリゴラムの育て方

ポリゴラムはヒマラヤを原産とする多年草です。タデ科の植物...

pixta_yaburan

ヤブランの育て方

ヤブランはスズラン亜科ヤブラン属に属する多年草です。別名...

pixta_bazeria

バーゼリアの育て方

バーゼリアのいくつかの特徴を挙げていきます。植物としては...

pixta_shikuramen

植物の育て方について...

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫...