リクニス・コロナリアの育て方

リクニス・コロナリアの育て方

花の特徴として葉、ナデシコ科、センノウ属となっています。いくつかの花の名前が知られていて、スイセンノウの他にはフランネルソウ、ローズキャンピオンなどもあります。園芸上の分類としては草花に該当します。生息地においては多年草として知られていますが、日本においては二年草として扱わえています。

育てる環境について

育て方として適している環境としてはまずは日当たりがあります。地中海地方を中心に生息しています。1年を通して比較的暖かく、そして乾燥している地域とされています。あまり高い木などが生い茂ることがないので、日当たりで生活することが多くなります。そのこともありこの植物も日当たりを好むとされています。

更には水はけも良いのが好まれます。土質については特に選ばないとされています。日当たりの良い所であれば、それなりに肥沃なところ、痩せているところでもどんどん育つことができます。乾燥しても安心なのは水不足が多少あっても耐えてくれることを意味します。土においては特に気にすることはないですが、

湿り気があるのであれば多少湿り気を解消したほうが育てやすくなることがあります。それは高温多湿状態を好まないからです。この植物は本来は多年草ですが、一年草、二年草とされることがあります。梅雨の時期において長雨が続き、更に日照不足となって株が弱ります。それらになってすぐに枯れることはないですが、古くなればなるほど弱りやすいことから、

数年ぐらいでダメになってしまうことがあるようです。湿り気が強いような土壌においては乾燥しやすいような、水はけの良いような土作りで対応することがあります。湿気にはあまり強くないですが、耐寒性と耐暑性はあるとされています。そのために冬においても葉っぱを緑色にキープしてくれています。冬の庭も多少は活気づきます。

種付けや水やり、肥料について

栽培をする上では、市販の草花用の培養土を使うことで対応ができます。梅雨の時期が長いような地域においては雨対策を施した土のほうが安心できます。夏越しを意識して、水はけが良くなるようにすることもあります。これには培養土において山砂であったり、鹿沼土を入れることで対応出来る場合がありますから行うようにしてみましょう。

水はけを良くしておけば、雨が続いたとしても水分が土から抜けやすくなりますから、あまり株が傷みにくくなります。日当たりが少なくなるのは仕方がありません。晴れるのを待つしか無いでしょう。水やりに関しては積極的に行う必要はないとされています。特に庭植えにしているときはほとんど必要ないとされています。

真夏に乾燥している状態でもそのままで良いとも言われます。土の中にある水、雨水などで十分とされています。鉢植えにおいては用土が乾いて葉がしおれるくらいになるまで水を与えないようにします。この前にいれてしまうと加湿状態になって弱ることがあります。ギリギリまで待って、水がなくて困っているときに一気に与えるようにします。

種から育てる場合においては、つぼみができる春の時期には水分が必要になってくるので、水分を切らさないようにします。あまり乾かしすぎるとつぼみができないかもしれません。肥料は、庭植えではほとんど無くても済ませられます。秋に与えると次の年までに元気を保つことができ、夏越えに備えることができます。

増やし方や害虫について

増やす方法はいくつかありますが、意識的に行わなくても増えていることがあります。それは種が勝手に落ちて、それが勝手に芽が出てくることがあるからです。夏の多湿で弱りやすいので適度に株が消滅することがありますが、その代わりに新たな株がどんどん出てくるのでいつの間にかかなり増えているようなこともあります。

きちんと管理をしながら育てるようにした方がいいかもしれません。種を花が終わった後に取っておき、それを春や秋にまいておきます。最初はポットなどに植えて、その後成長とともに植木鉢などに植え替えるようにします。そうすると増やすことができます。株分けをすることができます。

この花に関しては通常は種がとれて自然に増えることもありますが、品種改良した八重咲きなどは種ができないことがあります。たねができなくても増やす方法があります。それが株分けです。株分けのいいところは特定の色で増やせることです。種の場合、親の色と異なることがあり、花壇にいろいろな色が混じることがあります。

株分けだと親と同じ色で咲かせることができるので、統一的な花壇づくりが可能になります。挿し芽でも増やせます。時期としては秋に行うことが多くなります。伸びた茎の節を利用して挿すことがあります。病気に関してはあまりありませんが、高温多湿の夏に弱いため、この頃になると一気に株が弱って枯れてしまうことがあります。害虫に関しては特に気になるものはありません。

リクニス・コロナリアの歴史

ガーデニング、庭造りをするときにはどのように花を置いていくかがあります。メインになる花を置いてその周りに別の花を置くこともありますし、特にメインの花を決めずに全体的なイメージを作ることもあります。花の中にはメインとして役立つような花もあれば、メインを引き立たせる役割が中心になるものもあります。

それらをうまく組み合わせることによって個性的な庭造りをすることができることもあります。リクニス・コロナリアに関しては決して庭においてメインに咲かせるような花ではないかもしれませんが、ガーデニングにおいては欠かせない花の一つとして知られています。この花については原産はヨーロッパの南東部、北西アフリカ、中央アジア付近となっています。

地中海沿岸などを中心に生息地が広がっいる植物になります。日本に渡来してきたのは意外に古く江戸時代とされています。まだ外交などがあまり活発でない頃に入ってきた花として知られています。この花の名前の由来としては、リクニスはギリシア語のランプ、炎、ともしびを意味するとされています。

そしてコロナリアは花冠の意味のようです。花の色として炎のような赤い色であることからこのように付けられているのかもしれません。和名としてはスイセンノウとの変わった名前があります。漢字だと酔仙翁です。水仙が関係しているわけではありません。ほろ酔いの仙人を連想してこの名前がついたとされます。やはり赤い花が名前に関係しています。

リクニス・コロナリアの特徴

花の特徴として葉、ナデシコ科、センノウ属となっています。いくつかの花の名前が知られていて、スイセンノウの他にはフランネルソウ、ローズキャンピオンなどもあります。園芸上の分類としては草花に該当します。生息地においては多年草として知られていますが、日本においては二年草として扱わえています。

草丈としては1メートルくらいの高さになることがあります。花が咲く時期としては5月から7月なので初夏の時期になります。花の色でよく知られるのは赤です。この色が花の名前の由来にもなっています。赤以外にもピンク色や白などの色も見ることができます。耐暑性、耐寒性共につい良いとされています。常緑性の花になります。

冬においても花は残りませんが葉っぱだけ楽しむことができます。乾燥したところが生息地で寒さにも強いですが、弱い環境としてあるのが高温多湿とされています。日本では梅雨の時期などに多湿状態になることがあるので、この時期に弱ってしまうことがあります。花に関しては、花茎の先端に5枚の花びらをつけるようになります。

花の直径自体は2センチから3センチぐらいになります。花びらは比較的大きく、互いの花びらが少し重なるぐらいに咲きます。花の色としては、真ん中のほうが少し異なる場合がああります。白の花だと真ん中が少しピンクっぽくなることがあります。葉っぱに関しては披針形になっていて、対生で映えるタプです。葉や茎には毛が生えて白く見えます。

pixta_denfare

デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ)の育て方

デンドロビウム・ファレノプシスとはデンファレとも呼ばれる洋ランの一種です。着生植物の一種で、熱帯地方の木の上が生息地のも...

pixta_erachiour

エラチオールベゴニアの育て方

エラチオールベコニアのことをよく知って、育て方をしっかりと学んでおきましょう。栽培をする上ではマメに世話をしてあげること...

pixta_jigopetaram

ジゴペタラムの育て方

ジゴペタラムの科名は、ラン科で属名は、ジゴペタラム属となります。また、その他の名前は、紫香蘭(しこうらん)と呼ばれていま...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

pixta_satsumaimo_01

さつまいもの育て方

さつまいもは原産が中南米、特に南アメリカ大陸やペルーの熱帯地方と言われます。1955年にさつまいもの祖先に該当するイポメ...

pixta_yusuraume

ユスラウメの育て方

ユスラウメの特徴としては真っ赤な赤い実をつけることです。見た目はさくらんぼにそっくりです。漢字で充てられるのは梅桃、山桜...

pixta_rikorisu

リコリスの育て方

種類としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科、ヒガンバナ連、ヒガンバナ属になります。園芸上の分類としては...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_kannyou01

植物の上手な育て方を知る

生活の中に植物を取り入れることで、とても豊な気持ちになれます。また、癒しの効果もあって、育てていく過程も楽しめます。キレ...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

スポンサーリンク

pixta_fukurokazura

フウセンカズラの育て...

フウセンカズラは、熱帯地方原産の植物です。アメリカ南部、...

pixta_bururesu

ブルーレースフラワー...

ブルーレースフラワーはオーストラリア西部を原産とする植物...

pixta_fenix

フェニックス(Pho...

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れてお...

pixta_aronsoa

アロンソアの育て方

この花については、ゴマノハグサ科、ベニコチョウ属になりま...