アメリカアゼナの育て方

アメリカアゼナの育て方

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが花や葉の姿形や生育地はほとんどが同じです。特徴はたくさんあります。種子は多数入り、繁殖する能力の高さが伺えます。花が咲く期間は6月から9月で野に咲くことからもわかるように、とても生命力が強い植物の一つともいえます。

育てる環境について

雑草としてみている人が多い植物でもあるので、育てようとしている人はそう多くはないです。それどころか枯らそうとしているような人が多くいるような植物の一つでもありますが、中には観賞用の一部として栽培したり育てる場合もあります、育て方としては、野生の時と同様に湿り気のある環境をつくってやることがポイントといえます。

雑草として多く見られていることからもわかるように、一般的に人の手で大切に育てられなくては枯れてしまったり芽が出ないよいなものではなく、生命力も強いとはいえますが、強く丈夫なものを育てるためには乾燥しているところでは、あいません。日本は湿度は高い国なので、わりと育つのには適している環境がはじめから備わっているともいえます。

雑草として生えている植物ということもあり、基本的には世話をする必要というのも特にはないので、育てたい人にとってはとても楽な植物の一つであるとも言えます。しかし、そうはいっても弱ることはあるので夏場などは乾燥しないように気をつけてみておいてあげることも大切です。

構い過ぎは枯れてしまう原因のもととなりかねないほど自力で生きていける強い植物の一つではありますが、構わないにしても病気などがゼロということではなく、野生のものでも稀に枯れたり枯れるまではいかなくとも、弱ってしまうこともあるので、植物を育てる中では当たり前ではありますが、そのあたりは注意してみておいてあげるということは必要ともいえます。

種付けや水やり、肥料について

野生で生えている植物なので特に気にしなくても勝手に繁殖しては行きますが、増やしたい場所には種付けなどをすることもあります。水やりの頻度は、一般的な植物と同様に、朝と夜の二回に分けてやることが望ましいですが、そこまで世話を焼いてやる必要もないほど元気でたくましく育っていくことができる植物です。

あまりに気にかけて世話をしすぎることにより、水のやりすぎなどが原因となり枯れてしまうことも稀にあるので、そういった点には注意するべきとも言えます。植物を育てるためには肥料が必ず必要だという考えがある人も多く、肥料をやることもありますが、基本的には肥料などはなくても立派に育つことができるので、無理にありませんげる必要はありません。

どうしてもやりたいという場合や、やらなくてはならないと感じた時にも、あげすぎることにより逆効果になり枯れてしまうということを頭に置いておいて、あげすぎないということが一番です。なにをするにしても、アメリカアゼナの場合には、過剰に世話をやきすぎることは逆効果になることだということです。

湿っているところを好むとはいえ、水もやりすぎはよくありません。ですが、水をあたえることよりも、数倍やりすぎに関して注意をしくてはいけないのが肥料の存在です。やりすぎることによりアメリカアゼナを苦しめることはもちろんですが、弱らせてしまうだけではなく枯らしてしまうこともあるということを忘れないようにしておかなくてはなりません。

増やし方や害虫について

アメリカアゼナは雑草の一部としてみている人が多く、野生にも多くさいていて、野生ならばわざわざ枯らしたり抜いたりすることはないレベルの被害がない植物といえますが、自分の家の敷地内である庭に生えてきた際には、抜こうとする人も多くいる植物でもあります。しかし、時には観賞用の一部ということからアメリカアゼナを育てているという人もいます。

一般的に観賞用にぴったりといわれるような植物とは違い、増やし方も難しくはありません。一般的に観賞用とするバラなどだと育てることが難しいのはもちろんですが、増やす際にはさらなる気配りと管理が必要となり、育てる人にかかってくる負担は計り知れないものがあります。

しかし、その点から考えるならばアメリカアゼナは増やすのがとても簡単です。もともとは雑草として生き延びてきている植物なので、放っておいても勝手に増えていってくれます。それほどまでに生命力は強いです。それだけではなく、害虫にも強く負けることというのはあまりありません。

害虫被害より枯れたとみなされるような酷い状態になったとしても、そこから再びはえてくる生命力があります。こういった点をみてもわかるように、あえて人間の手で増やしたり害虫による被害を気にして、育ている間ずっと気にしなくてはならないような弱い植物ではないです。増やしたいならば、下手に世話をしすぎず見守る程度の気持ちでのぞむということがアメリカアゼナには必要です。

アメリカアゼナの歴史

アメリカアゼナは名前さあまり知られていませんが、歴史としては以外と長く日本にもある植物の一つです。名前の通りに、北アメリカ原産の植物で主な生息地としては北アメリカや南アメリカです。日本でも、名は知られていないことが多いが、各地で見られます。しかしこの花が昔からあったということではなく、

戦後に各地で見られるようになったことから、戦争中に誰かが持ち込んだなど、なんらかの形で紛れ込んだのではないかとされています。詳しいところになると、1936年に神戸市で採取されたものが、書面に残る一番古いものとされています。一年草ということから、少しの量から繁殖していったとされています。

しかし、日本では雑草の一部という扱いを受けることもあり、アメリカアゼナが育つには日本は過酷な環境ともいえるかもしれません。このように戦後からの長い歴史を日本と共にしてきたアメリカアゼナは、日本とアメリカを繋ぐものといっても間違いではないのではないてしょうか。このように、

植物によって国と国が親密になったり親近感をもつことになったことはよくありますが、アメリカと日本のように戦争など過酷なことを体験してきた国としては、特にこういった植物のつながりというものは重要なポイントといえます。こういった悲しい歴史があるからこそ、植物による国と国の関係性が良くなることもうまれたともいえます。アメリカアゼナは、人と人、国と国を繋ぐための架け橋になったともいます。

アメリカアゼナの特徴

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが花や葉の姿形や生育地はほとんどが同じです。特徴はたくさんあります。種子は多数入り、繁殖する能力の高さが伺えます。花が咲く期間は6月から9月で野に咲くことからもわかるように、とても生命力が強い植物の一つともいえます。淡い紅色や淡い紫色をしたものが多いですが、

中にはほとんど白いといってもよいほど白色に近いものもあります。水田などの、やや湿り気があはりようなところにあるのも特徴です。湿っているところわ好むので田の近くによくあります。どういったところにあるかによっても差は出てきますが、高さはおおよそ10センチから30センチほどで葉っぱは卵状の長い円形です。

脈が目立つのも特徴のひとつといえます。アゼナとも似ているので、一瞬みたくらいでは見間違えてしまいそうにもなりがちですが、よく見ると葉柄もきちんとあるので見分けることができるようになっています。このように、雑草としても多く見られる植物ではありますが、その他の雑草とはちがい、見分けがつきやすいのがアメリカアゼナの特徴ともいえます。

他とは違う雑草ということから、注目を集めている時期もあり、植物に興味がある人ならば知っている人がほとんもでもあります。特徴があるぶん、見つけやすくそのことから雑草という扱いをされるだけではなく観賞用のものとして扱われることも多くなってきていて、近年ではわざわざ栽培している人もいます。

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味とし...

pixta_seironraitexia

セイロンライティアの育て方

セイロンライティアはキョウチクトウ科の植物となります。白くてかわいらしい花がとても素敵なのですが、原産はスリランカとなっ...

pixta_hageitou

ハゲイトウの育て方

熱帯アジア原産の植物である”ハゲイトウ(葉鶏頭)”。暑い地域を生息地とし、春に種をまくと秋頃には枯れてしまう一年草になり...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似ているのでシャカトウとも呼ばれているプラントです。ちなみに英語で...

pixta_erigeron

エリゲロンの育て方

花の特徴として、種類はキク科になります。和名でキクの名前が入っていることからキクに似ていることはわかりますが種類に関して...

pixta_sarubia14

サルビア(一年性)の育て方

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多...

pixta_afendra

アフェランドラの育て方

アフェランドラはキツネノゴマ科でアフェランドラ属に属します。ブラジル、ベネズエラ、エクアドルなどの熱帯、亜熱帯アメリカを...

pixta_konronka

八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の育て方

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチがたくさん舞っているように見えるのでハンカチの花と命名されたとい...

pixta_buddorea

ブッドレアの育て方

ブッドレアはイギリスのエセックス州の牧師であり、植物学者でもあったアダム・バドル氏の名からとられたものです。名付けたのは...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、エクアドルなどを中心に温帯地方に約40~70種類ほど自生している...

スポンサーリンク

pixta_koropsuma

コプロスマの育て方

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オース...

pixta_datyura

ダチュラの育て方

ダチュラといえば、ナス科チョウセンアサガオ属、あるいはキ...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メ...

pixta_nekutarin

ネクタリンの育て方

ネクタリンの語源はギリシャ神話に出てくる神々の酒であるネ...