ソバの育て方

ソバの育て方

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているということですから、相当前の時代から育てられていたということになりますが、作物として奨励されたという事実はなく、あくまでも地方の貧しい人たちの副食的な存在だったということのようです。

育てる環境について

ソバを育てる環境ということでは、農民が飢饉の時の非常食として育てていたということからもわかるように、非常に栽培しやすい植物なので、ガーデニングということでも、初心者でも育てやすく、あまり環境的にも選ばなくてよいのが、日本での状況のようなので、初心者が育てる場合でも育てやすいということが言えます。

地域ということでは、例えば江戸時代に幕府に献上された国を見てみると、今のように農業技術が高くなくても、その地方では今でも育てられるということですが、例えば長野県も多く、今も信州そばということで人気ですが、昔から伝統的に作られていたということがわかります。非常に寒い地域もあり、農業が盛んな地域でもあるので栽培も多かったのでしょう。

また群馬県の上野の国も献上が多いようですし、面白いところでは、出羽国、今の山形県ですが、北の国からも特産品として献上されているので、寒い地方でも栽培出来たということから寒さにも強いということがわかります。また日本ソバというくらいですから、日本だけかと調べてみると、そうでもなく、

例えばフランス、イタリア、中国、朝鮮半島、ブータン、ネパールなどでも食べ方は違いますが、利用されているということで、世界中の気候にも対応した植物ということもわかります。育て方としては、種を蒔いてから2,3ヶ月で収穫ができるということもあり、年に2回とかの収穫も可能なので、初心者には非常に成功しやすい、試しやすい植物ということがわかります。

種付けや水やり、肥料について

ソバを具体的にガーデニングなどで育てるということでは、収穫まで早いので、年に2回種を播くことが出来ますが、最初は4月から5月ぐらいで、次は7月から8月ぐらいになります。そうすると収穫がいつになるかということですが、最初は7月から8月、次には10月から11月という頃で、最初の種まきから収穫が終わった頃また種を蒔いて収穫ができるということで、

特に後半の栽培では、大晦日の年越しそばにちょうどよい時期に収穫ができるということで、自宅で栽培したソバで年を越すのも楽しめます。これはたまらない年越しになるでしょう。またソバは小麦粉などを入れたりしながら、好きなように配分していろいろなソバを作ることが出来ます。そば粉10割とかもできるので、

自家製の場合には色々と試すことも出来ますので、そば好きにはたまらないガーデニングにもなります。また生育温度は0~45℃ということで、日本の環境では、よく育つ植物ですので、日本のほぼ全土で栽培できるということですが、適温は季節からもわかりますように、20度から30度ぐらいが最適ということだそうです。

これならば初心者にも体験できるでしょう。また連作障害もなく、暑いところのほうがよく育つそうなので、日本の夏の暑さは格好の条件ということが出来ます。また肥料関係では、肥料が多すぎると育ちにくいという面白い性質があり、

他の野菜を育てた畑ならば、肥料をやらずに育てることができるということで、確かに飢饉用の食物として農民に重宝されたのもよくわかりますが、それは素人でも育てやすいという事も言えるので、ガーデニングには最適ということになります。

増やし方や害虫について

育て方での注意点としては、畑での種まきでは、種をひと粒ずつ5センチぐらいの間隔で、ちまちまと蒔いていきます。そして種が完全に隠れるようにして十分に水を撒きます。そうすると適温の20度前後であれば、一週間ぐらいで発芽するということですので、非常に簡単でもあります。

また注目のガーデニングの目的の花ですが、3週間ぐらいで茎の下の方から咲いていくということで、これも非常に簡単なので、例えば子どもたちと一緒に種を蒔いて育てるということでも、満足感を得られますし、家族の絆も強くしやすいということになります。子供の自然教育にもなり、夏も育てられるので、夏休みの宿題にも最適です。

また花は1ヶ月ぐらい咲いているので、そのことでも楽しめますが、注意点としては、あまりにも早く育つので、成長しすぎて全体が倒れてしまうこともあるということですから、土寄せなどで土台をしっかりと守ってあげるということも大切です。

元気が良すぎて困るぐらいの植物ということになりますので、そのことからも、初心者向きと言えます。またもうひとつの注意点は受粉で、別の花の花粉を手で付けてあげるということが必要なので、そのことも忘れずにしておかないと、

身が実らないということになります。自分の花では駄目で、他の花の受粉が必要になります。しかし簡単に撫でる感じでよいとのことです。そしていよいよ収穫ですが、実が黒くなりますのでその時が収穫時期で、その後天日干しをして完成ということになります。

ソバの歴史

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているということですから、相当前の時代から育てられていたということになりますが、作物として奨励されたという事実はなく、あくまでも地方の貧しい人たちの副食的な存在だったということのようです。

また原産地や生息地も日本全国にあり、育てやすい植物でもあるということです。また面白いのは、貴族の人たちには、食べ物として認識されていなかったらしく、その料理が出された時にも、食べ物とは思えないものが出されたと素直に驚いたりしていたということで、今では考えられない状態だったということですし、

食べ物としても植物としても非常に面白い歴史をたどってきたということでも、興味を惹かれる植物のように感じます。その点からもガーデニングや、ソバを栽培から初めて、味を堪能したいという人には、垂涎の的の植物ではないかとも感じられます。このように歴史的にも、あくまでも飢饉などに備えて、

非常食として農民などに栽培されていた植物だったということがわかります。それはそのまま栽培も簡単で、何処ででも育てることができるということで、簡単すぎて貴重に感じられなかったということもあるのでしょうし、

何よりも美味しい食べ方がわからなかったということがあったのでしょう。その頃は不味かったということです。今の感覚だと、非常にもったいない扱いだったということがわかります。その頃の農民たちが、今の人気を知ったら先を争って育てたのではないかと考えられます。

ソバの特徴

この植物は、日本人には非常に馴染みが深い植物で、歴史的に見ても米やうどんなどと並んで、重要な食物であり、日本での栽培もしやすいことから、米が取れない地域などで、米の代替食料として栽培されてきた歴史もありますし、その後の日本文化でも、非常に色々な食べ方を生み、また美味しいので、今でもとても人気がある食べ物になっています、

その他でも趣味としてソバを打って自分たちで食べるということも人気で、今でもソバ打ち教室などが盛んです。そうなるとソバを食べたり、作ったりするだけでは満足できず、ソバを栽培したいという人も出てきますし、ガーデニングということでも、ガーデニングで鑑賞するというイメージが珍しいので、興味を持たれる人も多いということになります。

この植物の穀物の実を原料にすることで、食べることができる食べ物ですが、日本で注目されだしたのが江戸時代で、江戸患いと言われていた白米ばかり食べている人たちに起こるビタミンB1の不足での脚気を解消するということで流行したそうで、それ以来ますます人気が急上昇していったということになります。また縁起物ということでも大晦日に年越しそばということで今でも多くの家庭で食べられているということもあり、

相変わらずの人気がありますが、趣味としての栽培も試してみると、ソバの味もまた格別になるでしょう。またある昔の書物には肉と一緒に食べると体に良くないという記述もありますが、科学的な根拠は全くなく、そうであれば今のメニューは成り立たなくなります。その点も面白い認識の特徴でもあります。

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_coffenoki

コーヒーノキ(Coffea arabica)の育て方

コーヒーノキには栽培品種ごとに年代や経路が異なっていることや、栽培されている過程での突然変異等によって作られた品種が数多...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

pixta_purimurapowansa

プリムラ・ポリアンサの育て方

プリムラ・ポリアンサは、ヨーロッパを原産でクリンザクラとも呼ばれています。17世紀には、プリムラの野生種から幾つかの品種...

pixta_sanseberia

サンセベリア(Sansevieria)の育て方

サンセベリアの原産地は、アフリカ、南アジア、マダガスカルなどです。熱帯の乾燥した地域を好んで生息地としており、約60種類...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロスラツムの育て方

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろに渡来してきました。鑑賞用として入ってきたのですが、繁殖力が強い...

pixta_ibyzeranium

アイビーゼラニュームの育て方

特徴としては多年草です。基本的には冬にも枯れません。非常に強い花です。真冬においても花を維持することもあります。ですから...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属するとの考えもあります。更にヒアシンス科としていることもあります。園芸...

pixta_kuushinnsai

クウシンサイの育て方

クウシンサイは中華料理やタイ料理などで使われる野菜で、主に炒め物やおひたし・天ぷらなどの料理として食べられています。その...

スポンサーリンク

pixta_pirea

植物の育て方について

タイトルにもあるように、私達に生活に溶け込んでいる植物で...

pixta_tatutasou

タツタソウの育て方

タツタソウ(竜田草)は別名イトマキグサや、イトマキソウ(...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べる...

pixta_riparis

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキ...